フォワード日和

公式戦へむけて☆

投稿日時:2016/11/03(木) 14:45

橋本先輩の胸が熱くなる文の次に投稿するのは大変恐縮なのですが、僕も試合に対する気持ちを述べようかと思います。

僕は中学高校とラグビー部に所属しておりましたが、今まで先輩と共に最後の公式戦を闘うという経験がありません。
在籍していた名古屋市立志賀中学校にラグビー部が出来たのは僕が中学に入学したのと同時でした。創部メンバーであるため、先輩に勧誘され、先輩から学び、先輩と競い合うというどのラグビー部でも行われていることが出来ませんでした。勿論その代わり、創部メンバーとして今後受け継がれていくであろう伝統を創るという貴重な経験ができたのはあります。

高校では打って変わって伝統ある愛知県立明和高等学校ラグビー部に入りました。レギュラー争いもシビアで、1年生時、2年生時共に花園予選を先輩と闘うことはありませんでした。憧れの先輩方をグラウンドの横で応援することしかできず、先輩のために自分は何もしていないんだと自己嫌悪に陥ったこともありました。

そして今、僕は防衛医大ラグビー部の公式戦を迎えようとしています。
6年生の先輩方をはじめとして、先輩方の中に混じって試合に出ます。今までにない経験。チームのため、先輩のためにプレーをする。勝利の先には一体何が見えるのか。緊張しつつもワクワクした気持ちでいっぱいです。

そしてもう1つ。
試合は決してグラウンド内の15人だけで闘っている訳ではありません。
リザーブメンバー、怪我人、マネージャー、監督、コーチ、OBの先輩方、応援してくださる関係者の皆さま、全てが合わさってチームです。公式戦はチームで闘っているのです。
青臭いと思われるかもしれませんが、これはラグビーを通して僕が学んだことの1つです。

チーム全員で勝ちにいきます。
応援のほど、よろしくお願い致します。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧