フォワード日和

責任感

投稿日時:2016/11/17(木) 22:05

私は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し
一致団結、厳正な規律を保持し
常に徳繰を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき
強い責任感をもつて専心その職務の遂行にあたり
事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に努め
もつて国民の負託にこたえることを誓います

 
これ、何かわかりますか?
これは「自衛隊法第52条”服務の本旨”」の宣誓文です。
入隊時にはこれに記名をして<覚悟完了>となるわけです。

先日再(再)試験達が一段落したところで、第二学年は「訓育」(自衛隊員としての科目)がありました。
普段ならばボーっとして(ごめんなさい)終わるわけですが、久々にこの文章を見て「ああラグビーだなあ」と勝手に思ってしまいました。


”事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に努め”
相手がどれだけ強そうに見えても猛然としてタックルに向かう
激しいディフェンスを喰らっても必死に足を前に出して1cmでも前に出る
衝突を厭わずこぼれ球にセービングで食らいつく
どれもこれも「チームの勝利」という責務を果たすためにプレイヤーに必要なことです。
「責任」とは「自分の持ち場を死守すること」でもあると私たちの教官はいいました。
自分の持ち場が破られることは、戦場において作戦の崩壊、部隊の崩壊、敗北につながる。
自身が責任を果たさねば、チームは敗北へ向かってしまう。
今更ながらですが、戦うための心意気というものを再確認しました。

シーズン真っ只中に心構えの話をするというのは御門違いかもしれませんね。
しかし僕自身気を入れなおしたかったので投稿させていただきました。
自分の「責務」をよく考え、チームの勝利に少しでも貢献したいと思います。
勝つぞ!防衛医大!!















追記:誰だ訓育の資料持って行った奴

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧