• HOME
  • BLOG
  • 菅平夏合宿日記 ~初日編~

イマダの今だから言えること

菅平夏合宿日記 ~初日編~

投稿日時:2017/08/21(月) 11:51

お久しぶりです。
あまりに更新していなかったので、北海道にいらっしゃるNAKAYA元監督から
「ブログはもう飽きたんですか」
というプレッシャーが。。笑

さて、すでに何名かの部員が書いていますが、我々は
8/6~10の校内合宿
8/11~15の菅平合宿を行いました。

今回は菅平合宿の様子を4回ほどに分けてご報告させていただきます!!
このシリーズは、妻鳥先生が撮ってくださったすばらしい写真を中心に更新していきたいと思います!!!
なので、いつも以上に文章はつまらないかもしれません。。
(戸田先生すみません。。)

では張り切っていきましょう!!

まずは初日。
8/11は山の日。
お盆の初日。
予想通り関越道の大渋滞に巻き込まれながら何とか昼過ぎに菅平へ到着。

そして、到着後すぐに慶応大学医学部との試合を行いました。

この試合は前日午後に横浜市立大との試合を行った後、さらに長時間の移動後すぐの試合とあって、コンディション的に難しい試合。
しかし、そんなことは百も承知。

横浜市立大との試合で浮き彫りになった課題をこの試合でどこまでそれが修正できるか。

このコンディションの中、どれだけ自分たちのパフォーマンスにフォーカスできるか。
非常に重要な一戦。

マネージャーが仕切るウォーミングアップからすでに勝負は始まっている。

気合の入った表情で進むウォーミングアップ。

マネージャーの表情にも気合が入る

どのような試合になるのか、非常に楽しみな気持ちでキックオフを迎える。

しかし、いざキックオフの笛がなると簡単なミス、コミュニケーション不足、身体を張らないDFから先制トライを許す。。

試合に出ていないメンバーも心配そうな表情で試合を見つめる

しかし、徐々に自分たちのペースを掴み始める。

ボールがつながれば確実にゲインラインを超える。

セットプレーも安定。
攻撃に安定感をもたらす。

そして、いい形の攻撃が見られるように

4年生中村が豪快にトライを決める。

その後、チャンスはありながらもなかなかトライに結び付けられない展開が続く。。
しかし、オフロードを有効に使いながら、相手にプレッシャーを与え続け、スコアを重ねていく。

DFも相手に差し込まれながらも懸命に守る

ルーズボールにも必死で飛びつく

そして、何とか勝利を収めノーサイド。


試合内容としては決して褒められるものではなかった。
前日の試合に続き、DFでは不満を感じる場面が多かった。
このチームが始まってから拘ってきたATもミスが多かった。

そんな中、いい場面もたくさんあった。

スピードをもってボールをもらう


ボールを持って前に出る意識

安定したセットプレー

練習してきたことの成果は出ている。
が、課題も多い。
まだまだやらなければいけないことはたくさんある。

2日目以降、どのような物語が待っているのか。
とても楽しみになった菅平合宿初日の報告は以上です、

思っていたよりも、ひどい文章になってしまったので、修正していきたいと思います。
見捨てることなく、次回の更新をお待ちください。。
 

この記事を書いたメンバー

コメント


もっと面白い文章お願いします!!


冗談です。いつもありがとうございます。

Posted by 戸田裕之 at 2017/08/21 15:29:44.506994+09 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧