• HOME
  • BLOG
  • 下級生のみんなも四年生になったら並木祭頑張ってな

リレー日記

下級生のみんなも四年生になったら並木祭頑張ってな

投稿日時:2019/10/31(木) 21:49

どーも、八木君からバトンを受け取った需要のないブログ職人こと本摩です。

さすがに趣味全力投球の内容を白線流し以外で記すのは躊躇われるので書くことがなくて困ってます。
でもまあ白線流しで書こうと思っていたネタの中に唯一趣味とは関係ないものがあったのでそれを書いていこうと思います。

皆さま、先の10月12日、13日は何の日だったか覚えてますか?
そう、防衛医科大学校学園祭「並木祭」でした。
並木祭は四年生が中心になって運営していくイベントで僕も今年は「コンサート部門長」として初めて並木祭を主体的に運営していく側に回りました。

コンサート部門の仕事は外部からアーティストや自衛隊音楽隊を招致しコンサートを運営することです。正直並木祭の部門の中で準備委員長に次いでぐらい忙しい仕事だったと思います。
僕はコンサート部門の仕事を今年の3月から始めました。
最初にやったのは僕ら並木祭実行委員会と外部アーティストを仲介してくれる業者さんと連絡を取ることです。
連絡して10日後くらいに最初の打ち合わせを行いました。その打ち合わせではまだ具体的なことは話し合わず、全体の大まかなスケジュールや、招致したいアーティストの候補を取りあえず片っ端から上げていくだけでした。
三回目の話し合いくらいから具体的にどのアーティストを招致するかの検討に入り、6月ごろには決定しました。それまでの間に僕は予算案の作成や他部門との調整も少しずつ進めていきました。

アーティストが決まってからは具体的な日程や会場等の調整に入り、それと同時進行で自衛隊音楽隊の招致についても手続きを進めました。(日程の調整でちょっとしたトラブルがあったんですが協力して何とか解決できたので省略)
10月に入って正式に業者と契約を交わしてからは一気に忙しさが増し、当日の細かいタイムスケジュールの調整、控室の確保、JASRACへの楽曲使用申請などの雑務に追われました。
何より一番大変だったのはチケットの配布です。学内外からメールでチケットを受け付け、500通近くのメールをexcelでデータ処理していくのは本当に大変でした。
それでも何とか準備を進めていき並木祭当日、、、



台風で中止になりました。




オアトガヨロシイヨウデ
次は福森君です。

因みに「おあとがよろしいようで」というのは「次の人の準備が整ったようなので」というのが本来の意味らしいのですが、ここで使うのが正しいのかはよくわかりません。

あとコンサートのために業者に支払った㊙円を中止なった分取り返せないかいまだに交渉中です。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

トラックバック一覧