• HOME
  • BLOG
  • 「責任」のなんたるや

リレー日記

「責任」のなんたるや

投稿日時:2019/12/16(月) 23:40

櫻井先輩に続いて、新責任学年1発目の栄です。(ほんとうは1発目は代君の方が良いのでは…?)
それはさておき、全責任学年の先輩方は4人とも本当にお疲れ様でした。これからの運営で不安に思わせてしまうことも多々あるかもしれませんが、「無責任学年」としてのびのびとやりたいプレイをやっていただけると嬉しいです。

さて、今回は「責任」という言葉について少し書きます。「大辞泉」によりますと、
立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての責任がある」「責任を果たす」
自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。「事故の責任をとる」「責任転嫁」
法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上の制裁を受ける負担。主要なものに民事責任と刑事責任とがある。
今回の意味は1です。「当然」とありますから、発生する仕事に嫌だとか文句を言うことは出来ません。
僕個人としては義務よりも任務の側面が強いと思っています。GMである益子先生も「毀誉褒貶」を語っておられますが、そこにも「生無ク死無ク任務有リ」と出て来ます。
思いの外話が拡がりませんでしたが、ここで次回に繋ごうと思います。
次回は前副キャプテン齋藤先輩にお願いします。


最期になりますが、この1年は「粉骨砕身」の覚悟で臨んでいきますので、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。



P.S.先日とうとう「新サクラ大戦」が発売されました。部活も頑張りながら太正ロマンに浸りたいと思います。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

トラックバック一覧