フォワード日和

卒業に寄せて

投稿日時:2020/03/22(日) 22:44

先日、卒業した海曹長得津です。
少しばかりFW日和にとりとめもないことを綴って行こうと思います。

今や、ゆとり世代と言われた世代をこえさとり世代なんて言われてる時代ですが、当たり前と思ってることをしろといったとき何の意味があるんですか?なんて言われることが多々あります。
初めはなんだこいつなんて思いましたが、最近そのことについて深く考えるようになりました。

たとえば、何のために部活をやるんですか?問われた時、普通なら絆とか社会人としての能力をやしなえるとか答えるのが普通なんでしょうし、自分も今までそのように答えて来ましたがこの回答は逃げなんではないかと最近思います。
自分はパチンコとか釣りとかをやるんですが、パチンコでお金を得られるとは思ってないですし、釣りで効率よく魚を得られるわけではありません。
パチンコなんかより地道に働いた方がお金は儲かるし、お魚を買った方が釣りより効率は良いです。

ではなぜ自分がこれらをするかというとそもそもパチンコという大当たりがでるかもという高揚感、釣りだったら未知の魚がかかって竿を引く高揚感のためにやってる。つまり釣りやパチンコ自体が主産物であり勝ったお金や釣れた魚は副産物ということになります。

すこしそれましたが本題に戻りますが、この考えをもとにするとラグビー部をやって自分がすこしずつ上手くなりやれることが増え、自分の身体一つでフィールドのある局面を支配できることの達成感や興奮こそが主産物であり、紳士になれること、絆が深いこと、いい仲間と出会えること、社会性を身につけられることはあくまで副産物なんだと。。
結論づけますと、ラグビーは副産物だけでとんでもないものなので、主産物と副産物を合わせてたからそれはもう∞ということなんです。
これがずっと僕がラグビーを続けた真の理由なのかもしれないと。
なので来月からの勧誘で後輩は無理に副産物をアピールしなくても主産物のラグビーの魅力をバシバシ自信を持って伝えていって欲しいと思います。

以上卒業生予後不良重症ラグビー症候群25歳男性の一例の症例報告でした!

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧