フォワード日和

<<前へ

ようやく春休み☆

 written by 井階 正惇 投稿日時:2019/03/23(土) 16:19

お久しぶりです。数週間のテストを乗り越えようやくようやく春休みに突入した医学科3年井階です。
世の中の大学生はもうとっくの昔に春休みに突入しているというのに。。。
あっ、我々は大学校生でした(てへ)


受験生の皆さんは大学受験本当にお疲れ様でした。
我々は春休み期間中ではありますが着々と皆さんの入校の準備を進めております。
防衛医大に入ると学生隊という組織に所属して上級生や同期との学生舎生活を営んでいくことになりますが、その中心となるのが長期勤務学生というポジションの学生です。簡単にいうと生徒会長みたいなものです。
各学年で一人ずつ学生長というポジションの子が選出されるのですが、新4年生が私井階、新3年生がエリオくん、新2年生が八木くんと全員ラグビー部で固められたのです!
1年生の学生長もラグビー部だったら嬉しいなと個人的には思っております

新しい生活でわからないことがたくさんあるとは思いますが、僕も含めて初めはみんなそうでした。
僕たちは自分たちが先輩方にしていただいたように、きちんと皆さんが防衛医大の生活に馴染めるよう全力でサポートしていくつもりです!
もし何か相談したいことが質問してみたいことがありましたら、このブログのmail form、また、ツイッターをやっている方は防衛医大ラグビー部のアカウントもありますので気兼ねなく相談してみてください!

皆さんの入校を心からお待ちしています!

研修会に行ってきました

 written by 斎藤 謙太郎 投稿日時:2019/03/11(月) 12:10

医学科六年生・看護学科四年生の皆さまご卒業おめでとうございます。
桜舞い散る中の卒業式というわけではありませんでしたが、花粉吹きすさぶ晴れやかな空の下無事に先輩方を送り出すことができ嬉しく思います。
どうも、最近花粉に敏感になってきた第四学年齋藤謙太郎です。
今回初めて近くでしっかりと陸の新制服を見たのですが、意外とかっこいいですね。
人を選ぶ柄だとは思いますが、特にネクタイの柄が好きです。
卒業したての曹長では無いのですが、階級が上がるとズボンの側面に金線が入るようになります。
こればかりはどうしてもP〇MAやad〇dasのジャージにしか見えないのが...


さて卒業式の様子は他で更新されると思いますので、今回は卒業式の翌日の日曜日の話をしたいと思います。
僕と第二学年の橋渡君とで埼玉県の行っている「スタートコーチ資格認定講習会」に参加してきました。
ラグビーのコーチ制度はJRFUによって定められており、スタートコーチ・C級・B級・A級・S級があります。
今回の講習では座学と実習を通してコーチングにおける基礎を学びました。
今回はその内容の一部をご紹介いたします。


コーチングとは概して「ひとにものをおしえる」行為を指しますが、押しなべて基礎基本が大事であると言われています。
ではその「基礎」「基本」とは何でしょうか。
他のスポーツにおいてもよく使われている言葉でありますが、使用法が統一されているとは言い難く明確な区別はされていません。
そこでJRFUコーチ委員会はラグビーにおける「基礎」「基本」を以下のように定義しました。

「基礎」
ラグビーをプレーする上での土台であり、向上のための必須条件を意味するがプレー要素は含まれない。
具体例)
・「体を動かすのが好きだ」「スポーツが好きだ」「ラグビーが好きだ」といった身体活動に対する積極的な心構え
・「上手になりたい」といった向上心
・「難しいことや新しいことに挑戦したい」といったチャレンジ精神
・他の者と協調、共同して活動する社会性、知的能力
・ラグビーのレベルに応じた体力や健康度              など

「基本」
プレー要素を意味する。
安全に行うこと、判断を行うこと、動作自体に関係するものが含まれる。
発展的・創造的プレーの素となる。
具体例)
・安全な倒れ方
・ノーマークプレイヤーにパスをする
・手を伸ばしてボールをキャッチする
・レシーバーの前のスペースにパスをする              など

『「基礎」は樹木の根であり、「基本」は上空に伸びていく幹である。
 根がしっかりしていれば太く逞しい幹が育ち、その幹からは幾多の枝葉が伸び、やがては大樹になり、たくさんの豊かな実がなることだろう』


コーチングを行う際はこの二つの概念を常に考えて行うべきとのことです。
今回の講習では小学生を題材にすることが多かったのですが、初心者で始める人が大多数の我が校でも当てはまるように感じることも多くありました。
特に強調されていたように思えたのが「ボールを持ったプレイヤーが前進すること」です。
ボールを前に投げられないという競技の特性上(キックという手段はありますが)ボールを持った人が前に出なければ攻め込むことはできません。
初心者ですとボールをもらったはいいもののパスを回すことばかりに気を取られてしまうことがよくあると思います。
まずは自分が前に出るという意識を持つことで「攻める」意識、「トライを狙う」意識といったラグビーの一番楽しい部分を最初に学ぶべきでしょう。
「JRFUのコーチングの指針」においても「ボールをスペースに向かって前進させる」ことを最重要視するとされています。
cf.コーチングの指針
1.ボールの争奪
 ゲームではボールの争奪が最初にある
2.攻撃の目的
 最終的に得点を挙げることである
 そのために以下の点に留意すること
 ・ボールをもってスペースへ前進すること
 ・ボールを前進させるのに有効なスペースにボールを運ぶこと
 ・ボールキャリアーをサポートすること
 ・ボールを失わずに攻撃を継続すること
3.防御の目的
 ボールを奪い返し、攻撃権を得ること
 そのために以下の点に留意すること
 ・相手に時間的空間的余裕を与えないこと
 ・継続的かつ執拗に防御し続け攻撃権を奪い返すこと


先輩後輩の関係こそあれ代々我が部は学生主体で互いに評価しあい、技術を高め合う土壌があります。
それこそが防衛医大ラグビー部の良き伝統であり、学生スポーツの意味の一つであると僕は思います。
ですが新入生が入ってくる前に今一度互いが互いの「コーチ」であるという意識を持ち、更なる切磋琢磨をしていくべきでしょう。
偉そうに書いてきましたが僕もまた気を引き締めなおします。
とりあえず目下の春合宿(?)がんばりましょう!!

朝9時から午後3時までのハードワークでも余裕の表情橋渡学生
























追記:セレクション組もお疲れさまでした!

春のぞむ

 written by 斎藤 謙太郎 投稿日時:2019/02/21(木) 12:35

年が明けあっという間に一月が過ぎついには二月も終わろうかという時期になってまいりました。
日中は少しやわらかな温かさを感じられるようになりましたが、我々の練習時間である日没後はまだまだ重ね着が必要です。
皆様お久しぶりです。31年度シーズン副主将となりました第四学年齋藤謙太郎です。
やれテストだなんだとわちゃわちゃしていたら更新をすっかり忘れていました。
どうやらラグビー部42期は全員無事に第五学年になれそうです。やったぜ。

定期試験、CBT、OSCEと試験三連打を終えた後は研究室配属が始まりました。
各科に2名前後で配属され「研究」の体験をしてみるというものです。
内容は科毎・担当の先生毎に非常に多様で、とても良い体験ができたと話す同期もいました。
下級生の皆は事前にしっかりと情報収集をして貴重な経験をものにしてほしいとおもいます。

今週からはついに病院実習が始まりました!
一年生の時は遥か先のことだと考えていたのに...
実習着を着て病院に行くと何もしていないのにあわわわと緊張してしまいます。
そういえば廊下を普通に一人で歩いていたら挨拶されました。僕は先生ではないです。

先日の筑波大学(医)さんとの試合では全くもって情けない姿を見せてしまいました。
ですが現在の力の差がはっきりしたことでより見通しが明るくなりました。
秋のシーズンではきっちりお返しできるようにしてやりましょうとも。

そろそろ受験生たちが防衛医大のことを検索し始める季節がやってきますね。
今年も素敵な新一年生達が入ってきてくれることを願っています。
























追記:今年もPVがんばるぞ!

新しいスタート

 written by 井階 正惇 投稿日時:2019/02/12(火) 00:14

お久しぶりです。
せっかくの祝日を12時間以上寝倒したおかげで悩まされていた口内炎が一気に治った井階です。

この土日は医師国家試験が行われ、ラグビー部からは海士先輩、小林洋太先輩、輿石先輩が臨まれました。本当に本当にお疲れ様でした!!!!
3名とも本当によくしてくださった先輩方ばかりなので合格を心から祈ってやみません。

さて、下級生はというと、日曜日に筑波大学医学ラグビー部さんと練習試合を行いました。
新チーム発足後初戦ということで、自分たちがこの1ヶ月やってきたことを全力でぶつけてくることを目標としていました。


























結果は7対42で敗北
6年生の引退や怪我人などで大きくメンバーが変わった新チーム、その初戦はほろ苦いスタートとなってしまいました。

しかし!決してダメだったことばかりではありません!
今回の試合では1年生の活躍が目立ちました。













試合後に焼肉に行ったそうで、その写真をもらいました。
左手前杉浦くん、真ん中森田就くん、右奥八木くんがこの試合に出場。
杉浦くんは本来バックスですが、人数不足や将来性を鑑みてなんとフランカーにて先発出場。強健な筑波のフォワード相手に鋭いタックルを決めていました!その後はセンターとしても強いタテの当たりを炸裂していました。
森田くんは今回初めてのポジションとなるスクラムハーフを経験。相手から強いプレッシャーをかけられる中、必死にスタンドオフにボールをつないでいました!ウイングとしてはチーム随一とも言われる俊足を存分に発揮していました。
八木くんはセンター、ウイングとして出場。ラグビーを初めて1年目とは思えない低い強烈なタックルを連続で決めていました!
写真左奥吉川くんと右手前福森くんは今回怪我もあって出場できませんでしたが、新チームはまだまだ始まったばかりです。まずは怪我を治して、早く試合で一緒に闘えることを楽しみにしています!!!

また、今回3年生の森田諒くんがラグビーの試合デビューをしました!

ちょっと今回の試合の写真がなかったので、昨シーズンの最終戦での写真をもってきました汗
左から2番目が森田くんです。ちなみにチームには現在森田就と森田諒と森田が二人いるので覇権戦争が勃発し、その結果1年生の森田は「もりしゅー」、3年生の森田が「森田」を名乗っています。

森田くんはラグビーデビューの相手が筑波ということでかなり大変だったと思います。この試合のために毎日ハーフの練習に勤しんだ姿はチーム全員が見ていたと思うので、今回できたこと、できなかったことを大事にして、また頑張って欲しいです!

最後にこれまた同期の栄くんもこの試合に出場しました。













これまた全く関係ない写真です笑
1年生の時からずっと怪我に苦しんで苦しんでようやくやっと試合に出たと思ったらまた怪我をしての連続で今日まで来た栄くん。過去のブログを見返していただくとわかりますが、栄くんは筑波に対して人一倍強い思いを持っています。なのでこの試合は彼にとってただの復帰戦以上に思い入れの強い試合になったのではないかなと思います!

すごく上から目線な記事となってしまいましたが、後輩や新しく入った同期の活躍・成長はしっかりブログに残しておきたかったんです!ご容赦ください!笑

まもなく新入生を迎えることもあり、このブログも活発に更新していこうと思っています!
それでは!

フォワード日和初投稿

 written by 飯田 将康 投稿日時:2018/11/24(土) 23:50

昨日は目覚まし時計と格闘しつつも結局練習開始7分前に井階君に起こしてもらってギリギリ遅刻回避できた飯田です。
今日は自力で起きれて遅刻もせずほっとしてます。

最近急に寒くなってきて布団の外に出るのが億劫になりつつありますが、季節の変わり目ということで皆さん体調管理には気をつけてください。
僕は少し前から風邪っぽい感じがあるのでこれ書たらすぐに寝ます。

さて、明日はいよいよシーズン最終戦です。6年生の先輩とは最後の試合となります。
最初から100パーで悔いの残らぬよう自分のできることをやりたいと思います。
最後なので後先考えず思いっきりやるつもりなので60分間グラウンドにいれて試合の記憶が残ってるかが心配ですが、何かあっても清瀬先輩や本摩君がなんとかしてくれるでしょう!


短いですがフォワードにコンバートしてからの目標だったフォワード日和の更新ができました。
明日はがんばりましょう!


 
«前へ

<< 2019年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31