マッシードリーム号 2011/8

<<前へ

世界陸上

 written by 益子 俊志 投稿日時:2011/08/31(水) 11:05

韓国テグに於いて世界陸上が開催されていますが、いろんなドラマがありますね。ウサイン・ボルトの100mには期待しましたが、あっけなくフライングで失格。駆け引き防止のため一発失格としたそうですが、テレビの放映時間との兼ね合いでそうしたという話もあります。現代スポーツは商業主義を抜きにはできないというのもわかりますが、ほんとにそれで世界一を決めていいのか疑問に思うこともあります。ハンマー投げの室伏はあっぱれでした。この種目はドーピング疑惑でメダリストが失格になったりモヤモヤしていましたが、室伏の圧勝の金メダルはすっきりしました。彼の長年のコンディショニングの維持、ピークの合わせ方には脱帽です。また競技中に他の種目の表彰式でアメリカ国家の吹奏では気をつけをして正対したてことにも感動。今後の日本選手の活躍に期待したいと思います。学校は夏休みも明け通常の生活に戻りました。9月定期試験もありしっかりと勉強もしてもらわないといけませんが、学友会活動も積極的に活動してもらいたいと思います。試験明けの10月には並木祭もあります。充実した学生生活を過ごして欲しいと思っています。

綺麗なジャージでイメチェン?

素敵な髪形ですよ

練習の写真も撮ろうと思ったら電池が切れたごめんなさい
 

週末大忙し

 written by 益子 俊志 投稿日時:2011/08/29(月) 12:37

週末は充実した時間を過ごしたというかバタバタしていました。木曜日の夜に茨城・水戸に向けて出発。山口国体関東ブロック予選のためです。全埼玉は金曜日に試合。この時期なので夕方からの試合でしたが、全茨城の試合が朝9時からだったため応援に行きました。地元茨城の関係者はほとんどが知り合い。高校時代の恩師も来られて「どうもどうも」で大変でした。惜しくも茨城は東京に負けてしまいましたが、全埼玉は全群馬に快勝。日曜日の決定戦に臨みました。しかし、私は日曜日所要のため土曜日の夜の決戦前ミーティングに出て帰宅。決定戦はトップリーグNEC全員の全千葉に惨敗でした。3年連続本国体出場はなりませんでしたが、全埼玉のメンバーは地域のクラブで本当にラグビーが好きで週末楽しんでいる奴の集まりでいろんな人間がいます。仕事も年齢も違う連中がひとつのチームとなって果敢に強敵に挑みました。とてもアットホームなチームで仲良くそれでいて試合には豹変してタックルに行く。こんなチームが大好きです。来年はどうなるかわかりませんが、これまた心をくすぐってくれた心地よい時間でした。全埼玉の選手・スタッフには感謝しています。日曜日は27期の佐々尾先生の結婚式。洒落た青山学院大学の教会アイビーホールでの挙式でした。奥様が敬虔なカトリックで神父様も自分の教会からお招きした本格的な挙式でした。ラグビー部の仲間は賛美歌など歌えるはずもなく、当然クチパクでした。乾杯の発声を頼まれていましたが、披露宴が少し時間的に押し気味で時間が気になってしょうがありませんでしたが、無事乾杯。直後ご両親に挨拶もほどほどに市ヶ谷に移動。関東医歯薬ラグビーリーグの理事会でした。理事会は当然間に合わずでしたが、ラグビー文化講演会を主催し、その司会を私がやることになっていたので少し慌てました。講演してくれるのは大学同期でスポーツジャーナリストの藤島大氏。学生時代からよく一緒に飲んでいましたので気心は知っているとは言え公の立場では講演者を待たせるわけにもいかずと思っていたらすでに到着。ごめんなさい。講演内容は医療の世界とラグビーは深いつばがりがあって、世界最古のラグビークラブはイギリスのガイズ・ホスピタルの医学部のチームだったそうです。1995年までアマチュアリズムを堅持していたラグビーでしたがその後プロ化の波に仕事との両立は難しくなっていますが、今回のW杯の南ア代表のプロップは現役の医者であり練習の合間にクリニックで診療をしているそうです。私も常々言っていますが、医者になる人間がラグビーをすることが良き人間・医者を作ることで大変いい選択をしたと藤島氏も言っていました。その後懇親会(主将メインのディナー)に移り、各校から主将が今季の豊富やチーム事情をスピーチしました。ラグビー界でのキャプテンの立場は他のスポーツとは全く違います。監督よりも部長よりも尊敬され責任があります。代表としてスピーチするのは大統領演説と同じくらい価値があります。我防医大山崎主将もきちんと話していました。さすがです。帰りは藤島氏を送ってから帰宅しました。夏合宿から国体予選、医歯薬のイベントが終わると夏も終わったという感じです。さあこれからがシーズン。9月18日の第1戦東京医科歯科大学戦勝利に向かって頑張りましょう。

賛美歌歌えません

指輪の交換

決定的瞬間です

君たちも間もなくかあ

稲村先生は結婚は先輩です

末永くお幸せに

藤島氏の話はいつも知と熱を感じます

今年戦う3部の主将
 

菅平合宿4日目

 written by 益子 俊志 投稿日時:2011/08/18(木) 20:14

いよいよ菅平も最終日。午前中医歯薬2部上位と思われる、独協医大との試合でした。昨年菅平ではボコボコにされて屈辱を味わいました。独協医大もメンバーがベストとはいきませんでしたが、前半リードされましたが、後半怒涛の追い上げ逆転。前後半では勝つことができました。満身創痍の身体で誰も弱音を吐かず、多少足を引きずりながらもグラウンドに立ち続けた姿はなかなかのもんです。午後は最終戦、昨日も対戦した習志野第一空挺団。最終戦という気持ちが前へ前へと身体を動かし、大接戦でした。大きな怪我人もなくこの合宿を終えることができたのは、学生の精神力だと思います。上級生も下級生も今までにないハードなトレーニングを強い気持ちで耐え、毎日試合に臨み、この合宿で、このチーム個人は大きく成長したと確信しています。必死で戦う彼らの姿をみていると自分の学生時代の合宿を思い出しました。身体が千切れそうになっても毎日毎日練習したウン十年前菅平の空気と水は変わっていません。卒業して考えるとこんなに身体をいじめて追い込まれた時はありません。こういう経験が人間を強くし、人の痛みのわかる素晴らしいドクターになるのでしょう。天候にも恵まれ、OBの暖かい愛に包まれ無事合宿が終了し、明日所沢に帰ります。自分自身も心の洗濯ができ、また来年の菅平に期待しています。皆さんお疲れ様でした。

朝一番のウォームアップ

澤村先生も駆けつけてくれました

何が嬉しいの

新旧監督そろい踏み

宮崎県人会

よく伸ばして

痛くてももっともっと

入間市民会

大分県人会

魚住先生は名古屋から

よくわからない集団

空には何もありません

第一空挺団の高機動車。どこでも走れます

第一空挺団監督も大分県人

セガちゃん白ひげ?

ほんとにほんとにご苦労さまでした。元気だね

よく頑張った

達成感で一杯です

AKBとイケメン

爽やか?

二人ともよくタックルしてたよ

ゴリ何なんだよ

キャプテンとして頑張りました。大変でした

6年生は帰ったら猛勉強

和やかな雰囲気ですね

かわいいー

廣瀬がファイヤー

みんないいね

監督似合わない

 

菅平合宿4日目

 written by 益子 俊志 投稿日時:2011/08/18(木) 20:14

いよいよ菅平も最終日。午前中医歯薬2部上位と思われる、独協医大との試合でした。昨年菅平ではボコボコにされて屈辱を味わいました。独協医大もメンバーがベストとはいきませんでしたが、前半リードされましたが、後半怒涛の追い上げ逆転。前後半では勝つことができました。満身創痍の身体で誰も弱音を吐かず、多少足を引きずりながらもグラウンドに立ち続けた姿はなかなかのもんです。午後は最終戦、昨日も対戦した習志野第一空挺団。最終戦という気持ちが前へ前へと身体を動かし、大接戦でした。大きな怪我人もなくこの合宿を終えることができたのは、学生の精神力だと思います。上級生も下級生も今までにないハードなトレーニングを強い気持ちで耐え、毎日試合に臨み、この合宿で、このチーム個人は大きく成長したと確信しています。必死で戦う彼らの姿をみていると自分の学生時代の合宿を思い出しました。身体が千切れそうになっても毎日毎日練習したウン十年前菅平の空気と水は変わっていません。卒業して考えるとこんなに身体をいじめて追い込まれた時はありません。こういう経験が人間を強くし、人の痛みのわかる素晴らしいドクターになるのでしょう。天候にも恵まれ、OBの暖かい愛に包まれ無事合宿が終了し、明日所沢に帰ります。自分自身も心の洗濯ができ、また来年の菅平に期待しています。皆さんお疲れ様でした。

朝一番のウォームアップ

澤村先生も駆けつけてくれました

何が嬉しいの

新旧監督そろい踏み

宮崎県人会

よく伸ばして

痛くてももっともっと

入間市民会

大分県人会

魚住先生は名古屋から

よくわからない集団

空には何もありません

第一空挺団の高機動車。どこでも走れます

第一空挺団監督も大分県人

セガちゃん白ひげ?

ほんとにほんとにご苦労さまでした。元気だね

よく頑張った

達成感で一杯です

AKBとイケメン

爽やか?

二人ともよくタックルしてたよ

ゴリ何なんだよ

キャプテンとして頑張りました。大変でした

6年生は帰ったら猛勉強

和やかな雰囲気ですね

かわいいー

廣瀬がファイヤー

みんないいね

監督似合わない

 

菅平合宿3日目

 written by 益子 俊志 投稿日時:2011/08/17(水) 19:55

菅平合宿3日目、午前中は防衛大学校戦。尻上がりに良くなっているチームの雰囲気がはじめから爆発。練習通りのパターンでトライを重ね大きくリード。後半防衛大はメンバーを大幅に入れ替えてきたが、衰えることなく攻めて守って勝利。3ハーフ目は1年生も活躍していい試合でした。冗談で話していたのは防衛大学は選手がたくさんいていくらでも交替はできるが、防医大は少ない人数で戦う。まるで1個小隊が相手の1個中隊に戦いを挑んでいるようだと。そんな気持ちが通じたのか、午後からの習志野自衛隊第一空挺団との試合も相手の大きさパワースピードに圧倒されるも怯むことなく果敢にタックルして負けはしましたが、学生には達成感と出し切ったことで涙している選手もいました。これまた青春。菅平も練習、試合は明日一日になりましたが、充実したこの合宿の成果を来月から出すためにも集中して明日を過ごしたいと思います。ちなみに第一空挺団は3月の東日本大震災で福島第一原発対応で6月まで災害派遣に行って練習を再開したのは7月に入ってからでした。精鋭無比の空挺団の選手は今ラグビーに頑張っていますが、原発10㎞圏内に入り捜索活動などに従事し大変な任務をやってきたのです。自衛隊だから当然だと思う人もいるでしょうけど、話を聞いたら想像を絶します。ほんとに頭が下がります。シーズンまで準備期間は少ないですが、習志野ラグビーの活躍を祈ってます。

防衛大戦。スクラムからもプレッシャーをかける

爽やかな天気でした

午後は笛吹きました

ハーフタイム監督からの指示にも気合が入る

疲れていても元気です

彼女たちの声援が選手のパワーアップに

橋本さんも駆けつけてくれました

いい試合に自然と笑顔も

ほんとにご苦労さん

試合後全員集合!

食欲旺盛です

もっと食え!

1年生もガンガン行きますよ

みんな元気ですよー
«前へ

<< 2011年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31