リレー日記

<<前へ

入学を迷っている受験生へ

 written by 八木 兵真 投稿日時:2019/03/27(水) 00:20

リレー日記を引き継ぎました八木です。更新が遅れてしまい申し訳ありません。

最近は、1日の気温差や花粉がひどいですね。
花粉症の僕は、涙と鼻水が止まらない毎日です。しかし、そんな中でも防衛医大のラグビー部は活動します。1月頃から新チームに代わり、これまでやってきた基礎練習の成果が表れ始める時期になってきました。自分はどうかというと、大学に入って始めたラグビーでしたが、まだまだ拙いところはあるものの結構上達したのではないかと実感しています。ただ、自分よりもストイックな同期に囲まれており、うかうかできない日々が続いています。
1日でも早くチームに必要とされるよう精進していかなければなりません!

さて、ラグビーの話はここまでにして、今日は去年の今頃の自分について書きたいと思います。
そろそろ国公立後期の発表が出てきたころでしょうか。去年の僕といえば、第1志望に落ち、防衛医大かもう一年浪人するか悩んでいました。この時期は、様々な人に相談に乗っていただきました。その中で、最も心に響き、今でも参考にしてよかったと思う言葉を紹介したいと思います。「浪人というのは、それはそれで学ぶことがたくさんあるが、人生というものを大局的に見ると、ただの停滞期でしかなく、そこからは何も生まれない」ということでした。初めは、この言葉を聞いても素直に受け止められませんでした。防衛医大は、他の大学と違い特殊です。全寮制ですし、自衛隊に属していて訓練もありますし、入った時点で親の扶養から外れ同じ世代はたまた兄弟よりも先に社会人の仲間入りをしてしまうのです。そんな特殊な環境の中で、ちゃんと医者になれるのか心配でした。本当に、防衛医大に入るべきなのかとても悩んだのを思い出します。最終的にそんな僕の背中を押してくれたのは「浪人は何も生まない」という言葉でした。
そして、入学して1年が経ちました。確かに、訓練や不慣れなことで疲れることもありますが、入学してよかったとつくづく感じます。受験生の頃は狭まっていた視野が、受験から解放されることで広がり、あの頃、無駄にもう1年浪人してでも志望校に行きたいと思っていた自分がばからしく思えます。医学部なんて入ってしまえば、どこもそんなに変わらないのではないかなと思います。
また、「防衛医大に入ったらあれこれやりたいことができないからな」という人もいると思います。しかし、1つ言えるのは、防衛医大以外の大学でできることは、どこの学校でもできますが、防衛医大で出来ることは防衛医大でしかできません。個人的な意見としては、防衛医大に入ってそういった経験をすることの方が「かっこえー!」と思いますし、他の大学で出来ることはユニークさもなく「しょーもな!」と思います。

以上、この1年防衛医大に入って感じたことや思ったことを書きました。ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。来年は、第2学年大隊学生長付といって、着校してから1週間、新1年生のお世話をする2年生の代表に選ばれているので、そこでこの記事を読み入学を決心したという人は声をかけてください!もれなく、アメちゃん贈呈しちゃいます!

それでは、長くなってしまいましたが、僕のリレー日記はここまでとして、次は同期の森田君にバトンを渡したいと思います。受験生の皆さんは、この1年ほんとうにお疲れ様でした!

ラグビー部は家族。

 written by 海士 洋平 投稿日時:2019/02/23(土) 01:26

お久しぶりです。6年生の海士です。


11月の末で防衛医大ラグビー部での最後のシーズンを終え、国試も終わり、ついに明日の追い出しコンパで卒部となりました。国試の勉強に追われ最後のリレー日記をかけていなかったので、この機会に卒部にあたって、少し偉そうではありますが後輩たちに残したい言葉を書きます。

(*つらつらと書いてしまったのでまとまりのない長い文章になってますすいません。)



卒部に際して、一番思うことは何か、と考えましたがやはり題名に書いた「ラグビー部は家族」であるという精神に僕は帰結するなと思いました。

入部したとき、益子先生に、「ラグビー部は家族だから困ったことは部員に何でも言え」と言われました。それはグラウンドの中に関することはもちろん、日常生活でもプライベートでも家族であるという事です。ラグビーのうまい下手は関係ありません。家族だから、隠し事はしてはいけないし、言わなければならないことはしっかりと言うし、そこから生まれる責任もあります。家族にとってプラスになるように常に考え、家族の中での自分の役割を果たす・・・。

例えば、自分の弟が間違ったことをしていたら、絶対に注意をして直そうとするように、下級生にも言うべきことはしっかりと言わなければいけません。付き合ったら報告をするという制度もありました(笑)。また困っている部員がいれば無償で助ける、そこに自分の損得勘定などはなく、家族だから助けて当たり前という事です。

2014年のシーズンで優勝したとき、チームは間違いなく「家族」であったと思います。そこにはラグビーというスポーツが嫌いだった部員もいたかもしれません、またラグビー偏差値はとてつもなく低かったかもしれませんが、確実に防衛医大ラグビー部のことを全員が好きで誇りに思い中谷監督、安武主将を先頭として全員が家族としての自分の役割を果たしていたからこその優勝だったと思います。

しかし最近チームに少しみられる傾向が(ラグビー部に限ったことではないですが)、間違っていると思っているが言わない方が角が立たなくて楽だから言わない、後輩に注意すると自分もちゃんとしなければならなから言わない、助けを差し伸べたとしてもそれは自分が得する算段の元といった精神が少しあるということです。これは馴れ合いです。時代の流れと言ったらそれまでかもしれません。しかし、ラグビー部がそうなるのは少しさみしいなと思います。ラグビーをうまくなるためだけにラグビー部に入っているわけではないからです。もちろん他の部活に比べるとラグビー部の「家族度」は高いと思います。でもまだ家族にはなれていないかな、と思っています。全員が全員に対して妥協をしなくなったとき1部優勝は目の前にあると思います。今は特に学生だけでやっているのもあり、馴れ合いはとことん排除すべきだと思います。

これを聞くと絶対にそんなのは関係ない、うまくなれば勝てる。と思ってる下級生が多いと思います。僕もかつてはその一員でした。しかし7年間やってきてそれが必要と感じているので僕はそれを特に最後の2年間は後輩に対して態度で示してきたつもりです。何か感じとってくれ、次に伝えてくれればうれしいなと思います。



僕が過ちを犯した時、ラグビー部やかかわってる人たちに対して本当に迷惑をかけてしまいました。その時、ラグビー部は家族として救ってくれました。帰る場所も与えてくれました。普通なら考えられないことだと思います。人生を救ってもらったと思っています。いまだに許せない人がいるのは承知ですし、後輩たちやかかわっている人たちもよく迎え入れてくれたと思います。本当に感謝しています。そして本当に申し訳ありませんでした。
卒業しても家族であることに変わりないので、全力で応援し恩返しをしていきたいなと思っています。そしていい医者になることで少しでも返せればな、と思います。



具体的な練習とプレイの考え方について思ったこともあります。
自分は初心者で入ったので、7年間自分にとってどういった練習や戦術が適切かを試行錯誤し実践してきました。特に初心者から入った下級生、チームをこれからまとめていく責任学年の人たちは参考にしてほしいと思います。
今田先生が2年間という短い時間でしたが防衛医大にいてラグビーを教えてくれたという事は技術面において本当に素晴らしいことだったと思います。僕自身もそこからさらにうまくなったように感じています。

プレーにおいて一番大事なのは「余裕」です。かつて今田先生は「判断」が重要と言っていましたが、基礎ができている経験者、上級生はそこでかなり伸び、下級生はスキルがなくその判断をする余裕がなくあまりものにできなかったのでは、と思っています。
要するに一番大事なのは基礎的な部分です。パス、キャッチ、タックル、キック、体力。
簡単に例を挙げると、パスか突っ込むかの選択肢があって、ここは突っ込むという選択をするのと、パスに不安があるから突っ込むというのは全然違う。またキャッチに自信がない人はキャッチをすることに精いっぱいでスピードが落ちたり、その間周りが見えないので、判断する材料をそろえることができない。また、体力がなくて正確な判断ができない、ポジショニングが遅れて余裕がなくて選択肢が減る、といったところです。簡単に言えば判断する時間(余裕)を多く作るために基礎を完璧にしろ。ということを言いたいです。

しかも基礎的な部分は完全に練習量に比例します。だから個人で足りないところはしっかりと分析して埋めるべきやと思います。さらにここに関しては格別すごい指導者は必要ないと思います。また後輩は自分に今何が足りてないのか何の練習が必要であるかをわかっていないことが多いので簡単な練習でも先輩がしっかりと後輩を見て、教えてあげてほしいなと思います。

後は、筋トレ。これに関しては僕は入部したとき一番体が小さかったこともあってみんなより頑張らないといけないと思ってやってきました。その結果どうなっているかは見て判断してほしいと思います。一番大事なのは継続で、テスト期間や休みも含めて、マジでやりたくない時にどれだけいつも通り週2でやれるかにかかっているかなと思います。




今シーズンは最後のシーズンであるにもかかわらず、けがからの復帰ができず最後までずるずる行きかけていて、メンタル的にも試合に出れない状況でした。そんな時に主将得津の半ば無謀な起用で結果的に2年ぶりに公式戦に復帰することができて、最後3試合、試合に出て終われて本当によかったなと思います。出ることを許してくれたチームメイトにも感謝してます。

また、4年生から入部してくれた春日と清瀬、3年生で入ってくれた森田も今シーズン大変だったと思いますが本当に頑張っていてすごいなと思いました。4年間学校にいて一番いい部活だと思われたから入ってくれたと思うと感慨深いものがあります。今シーズンも活躍に期待したいと思います。


そしてもう一つ、日大歯学部ラグビー部。
遠いところから来れるときは1時間でもグラウンドに顔をだし、防衛医大の誰よりもひたむきに練習をしているアツイやつらです。本当に3人の存在は大きかったと思います。いまやチームの中に垣根なんてものはありません。ラグビーの力は本当にすごいなと痛感しました。これからの長い付き合いにも期待したいと思います。


最後に、洋太と番長には特に僕がいやなタイミングで留年してきて最上級生をあまりできなかったことに対して申し訳ないなと思います笑
自分にかかわったすべての先輩、後輩、同期、首脳陣、先生方、マネージャ達に感謝して、卒部したいと思います。そしてこれからもよろしくお願いします!



今シーズン1部で優勝を奪還できることを期待しています。

指導者

 written by 橋渡 恵理夫 投稿日時:2019/02/14(木) 18:23

 同期の山本君からバトンを受け取った橋渡恵理夫です。
 肩が外れやすくなってしまったためスキー訓練に行かずに手術を受け、退院後指導官に報告したところ、訓練の参考を100ページ写経することを命じられました(笑)。

 本日は本校の合格発表日ですね!合格者はおめでとうございます!!!補欠だった人も回ってくる可能性は大いにあるので期待して待っていてください!
 おそらくほとんどの人は本校が第1志望ではなく、今も国立の2次試験に向けて頑張っていることと思います(笑)。精一杯頑張って、それでもだめだったらぜひ防衛医大に入校し、ラグビー部に入ってください!笑

 さて、防衛医大とラグビー部の魅力は次に書いてくれる1年生に任せるとして、今回は少し違うことを書きたいと思います。
 本ラグビー部は長い間指導者に恵まれており、今田先生、益子先生といった代表レベルの監督をはじめ、自衛官でもあるコーチ陣やOBの方などのご指導を賜っていたのですが、異動や他の仕事の事情により、現在は常勤の指導者がいない状態になってしまいました。しかし、チーム登録にはコーチ資格を有する人が最低1人は必要だというのです。
 そこで、僕と4年生の齋藤先輩がスタートコーチ資格を取得することにしたのです!僕自身はラグビーが大好きなので、3月の講習を受けて新しい視点でラグビーを見ることになるというのがとても楽しみです。また、今のようにプレーができない時でもよりチームに貢献できることがすごく嬉しいです。
 今年のスローガンは”dedication”、すなわち献身です。プレーできるときはもちろん、できない時も少しでもチームに貢献できるよう、献身的に働きたいと思います!

 では、次は1年の八木君に防衛医大ラグビー部について説明してもらおうと思います!

肉離れ

 written by 山本 悠太朗 投稿日時:2019/02/03(日) 15:12

久しぶりにリレー日記を書いています、医学科2年の山本悠太郎です。
2年生もそろそろ終わりにさしかかり、3年生へ進級出来るかがとても心配です🙄
つい最近、山形の蔵王にスキー訓練に行ってきました。今までの訓練の中で1番楽しくて、色々な事件がありましたが良い思い出になりました。

ラグビーに関する話をすると、僕はつい2週間前ほどラグビー部に入って何回目かわからない肉離れをしてしまいました。去年の同じ時期に一回肉離れしてしまい、そこから治る前に練習をしたりして何回も再発してしまっています。肉離れで去年もチームに迷惑をかけてしまったので、今年はこの肉離れを完治させてもうこれからは一回も肉離れせずシーズン終わりまで行こうと思います。

今年のチームは早くから試合があるので、みんなやる気がとてもあり1年生も冬の間にとても成長しているので後々が楽しみなチームになりそうです。今年はメディカルセブンスも関東医歯薬も優勝したいと思います。

次は、スキー訓練中に肩の手術をして訓練要綱100P写経の課題を課された橋渡エリオくんにバトンを繋ぎたいと思います。

6年間のラグビー生活を終えて

 written by 小林 洋太 投稿日時:2018/12/28(金) 17:57

輿石くんからバトンをいただきました、6年の小林です。

先月末にやっと防衛医大ラグビー部での最後のシーズンを終えて引退となりました。
もちろん辛いことは沢山ありましたが、多くの先生方や先輩、後輩、マネージャーさん達そして素晴らしい同期に恵まれた6年間でした!!
今年は日大歯学部の仲間たちともプレーでき、最高の締めくくりになりました。
このような体験をすることはこれからの人生でもうないと思うので、ラグビー部の仲間達との日々は人生においてかけがえのないものになると思います。この経験を病院でも活かし、良い医師になりたいとおもいます。
その前に国家試験に合格しなきゃですが…

少し寂しい気持ちもありますが、時間がある時は遊びに行くのでその時は快く迎え入れて欲しいです!!
6年間、本当にありがとうございました。

次は先輩として、同級生として6年間一緒にラグビーをしてきた海士さんに回したいとおもいます。
«前へ

<< 2019年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31