リレー日記 2012/5

次へ>>

久しぶりのリレー日記です

 written by 今井 大輔 投稿日時:2012/05/16(水) 21:01

瀬川君がだいぶ前から更新を忘れてて放置されてるのでやってまいりました今井です。

さて、何について書こうか悩んだのですが本日は私の趣味の一つであるプロレスについてお話したいと思います。

プロレスとか今のは知らないと言う声をよく聞きます。猪木とかしかわかんないとかばっかりです。

これではいけない!!  というわけで少しだけ選手の解説をいたします。

いろんな団体があるのですが、その中でも私の愛する新日本プロレスの二人の注目選手について語ります。

画像等は貼り付けていいかわかんないので公式サイトにてご確認ください。


1、棚橋弘至

今の新日本の顔といえばこの人!100年に1人の逸材、棚橋選手です。IWGPヘビー級のベルトを11回防衛という新記録を樹立した素晴らしい選手です。

残念ながら2月12日のタイトルマッチでオカダカズチカに敗れてしまいそこで防衛がストップしてしまったのですが、6月16日

の大阪大会にて再戦が決定しております。

必ずやベルトを再び彼は取り返してくれるでしょう!

棚橋選手の特徴としてはまずその鍛え上げられた肉体です。ヘビー級のレスラーの中で最もキレた体をしているといっても、過言ではないでしょう。
機転のきいた相手の技の切り返しやスピーディーで鮮やかな丸めこみ技なども注目していただきたいです。


得意技はドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールド、ダルマ式ジャーマン、スリング・ブレイド、そしてフィニッシュホールドはトップロープからのフライングボディプレスのハイフライフローです。


2、オカダ・カズチカ

現IWGPヘビー級チャンピオン、レインメーカーことオカダ・カズチカ選手です。

彼は長期のアメリカ武者修行から帰国してすぐに棚橋選手のベルトに挑戦表明、そしてまさかのベルト奪取をなしとげました。
まだ24歳と若く将来も非常に楽しみな選手であります。

オカダ選手の特徴は190センチの長身、高い身体能力です。
特にドロップキックの高さ、打点はともに素晴らしいものいがあります。

得意技はドロップキック、ツームストン・パイルドライバー、リバースネックブリーカー、そしてフィニッシュホールドは相手を引っ張り
その勢いのまま放つアックスボンバー ”レインメーカー” です。


というわけで長々と書いてまいりましたがまずはこの二人に注目してみてください!


地上波では土曜深夜にテレ朝で新日本の試合を放映しているワールドプロレスリングという番組がありますのでぜひ見てみてください。


それでは次のブログはこんどこそセガちゃんおねがいします。






次へ»

<< 2012年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31