リレー日記 2009/12

rss

負けてられん

 written by 塚本 旬 投稿日時:2009/12/21(月) 23:32

さてさて、Mr.マッスル赤尾氏から故郷について書けとの司令が来ました。

我が故郷京都には若かりし頃のいろんな思い出がありますが、今回は観光スポットについてではなく、自分が幼少期に過ごしたラグビースクールについて話したいと思います。

自分は幼稚園の年中の時ぐらいに親父に 「男やったらラグビーやってこんかい」 と言われ始めました。普段から5歳年上の兄がおもしろそうにやっていたのを見ていたので全然抵抗はありませんでした。その時自分は4歳くらいだったんで、そのスクールの中でも一番年下です。ユニフォームも練習着も持っていなかった自分は幼稚園の体操服でやり始めるはめになったのですが、その体操服がダサくてダサくて嫌だったことを今でも覚えています。

初日から試合形式の練習に混じりました。もちろんルールもパスの投げ方も何もわかりません。最初は訳も分からずボールを持っている選手に向かって走って行ってました。鬼ごっこみたいなもんです。

そしてついに自分のところにボールがまわってきました。足の速さは誰にも負けん!!と意気込んで走り出した瞬間、何者かに横からタックルされて転んでしまいました。 「離せやこのボケ!!」 途端に小学校の上級生たちに囲まれ、ボールをとられそうになりました。それはもう袋叩きみたいなもんですよ。人生初めての洗礼です(笑)。

ノットリリースなどのルールも何も知らない自分は本能のまま 「絶対渡すかボケ!!」 と思い、 「離せや!!」とボールを奪ってくる上級生と格闘していると、おじさん先生が 「離しなさい。」 と言ってきたんです。 

「なんで!?」

悔しかったです。前日の雨でグランドの状態が悪く、全身泥だらけになっていたことも悔しさを倍増させました。帰ってからお風呂につかりながら泣きました。

でもそれからずっとラグビーに夢中です。小学校6年生までお世話になったんですが、いろんな事がありました。同期もだんだんと人数が増えました。ちっちゃいけどパスがやたらうまいやつ、足が速くてステップキレキレのやつ、いつも相手チームにケンカ売ってる亀田みたいなやつ、やたらデブくて暴れたら止まらないやつ、多種多様でした。でも不思議なもんで、そんな個性あふれて一見バラバラそうに見えるメンバーもラグビーやると一つにまとまるんです。自分たちはだんだん結束力が強くなり、毎年開催される府内のスクール対抗ではいつも優勝してました。神戸製鋼の大八木選手や堀越選手に教えてもらったこともありました。ほんとに楽しかったです。

あの時の仲間は今、東芝(吉田朋生)、トヨタ(北川俊澄)、NEC(櫻谷勉)、ホンダ(西垣友博)などなどいろんなところで活躍しています。この前、秩父宮にホンダヒートの試合を見た帰りに西垣と話をする機会がありました。何よりもまず、体格があの頃とは比べものにならず、やばかったです。血のにじむような努力をしてあの鎧を手に入れたのでしょう。(チューとAKAOにも見せてあげたかった)あと、プロップのくせにやたら足が速かった。試合中盤に少し疲れていたので、 「もっと走らなあかんぞ」 とだけいって別れました。それでも、山田の100倍は走ってたぞ。。

なぜか声は・・・・・・昔のかわいい声のままでした(笑)。懐かしかったです。

さて俺らもガンバらなあかんな!!

いや違う。 ガンバるのはどこのチームもしてる。それにガンバるって言葉もあんま好かん。

さらにその上やな。 

血のにじむような努力。魚住先生がいつも俺らに言い聞かせているコツコツ努力する才能をもっと磨いていこうぜ!!

次のバトンは今年のフィットネス番長、長野先輩!!故郷についてお願いします!!

我が故郷、京都

 written by 今井 大輔 投稿日時:2009/12/20(日) 23:22

更新が遅くなってしまいすみません。第二学年の赤尾です。

故郷について何か書いていこうというテーマなわけですが、ぶっちゃけあんまり京都のことはよく知らないんですよ・・

あんまり外に出て遊びまわるタイプでなかったというかひきこもりみたいなかんじだったので(笑)

そういえば、この夏に同期の友人たちと京都観光をしましたんですが地元なのに何も知らんと友人からあきれられました。

というわけで特に故郷に愛着があるというわけではないのです・・・

でも浪人時代によく通っていた道や、毎日のように通っていたレンタルCD屋などに行ったりするとやっぱり懐かしい

かんじはします。

でも一番の思い出は毎日のように部屋にこもってガンダムを作っていたあの日々です。今もそうですけど。

さて次のバトンは同じ京都出身の塚本先輩にお願いします。

 

 

 

現役ラグビー部新企画!!!

 written by 山田 真海 投稿日時:2009/12/02(水) 22:27

こんにちは。ラグビー部一年の山田です。OBの方々がリレー日記を回されるということで現役のほうもあるテーマに沿ってドンドン回して行こうと思います!!そのテーマはズバリ・・・「故郷」です!!!                           

僕の故郷は「京都」です。京都でラグビーが強いと言えば皆さんもご存知の通り「伏見工業高校」です。この高校は我等がラガーマンのバイブル的ドラマである「スクールウォーズ」のモデルとなった高校です。僕の小・中一緒やったやつに和田ってやつがいたんすけど、そいつの親父はまさにその時にラグビーをしていたんです!ドラマでもあるように本当に校内を単車が走っていたそうです。その和田ってやつもラグビーをしていたんですが、小・中の時はめっちゃ体小さくて一緒に遊びでラグビーしててもすぐ吹っ飛ぶようなへなちょこやったんすよ。そんで高3のときにパッとテレビつけたら高校ラグビーの全国大会がやっててなんとそいつがめっちゃイカチィー体でグラウンドに立っとったんすよ!!!マジカッケかったっすよ。やっぱラグビーすげーって思いました。なんか小学生の作文みたいになっちゃいましたがこれで終わります。

次は、同じ京都出身で今インフルエンザに苦しんでいる赤尾さんお願いします!!!

来シーズンへの飛躍!

 written by 魚住 洋一 投稿日時:2009/12/02(水) 19:49

 こんにちは、ご無沙汰しております20期魚住です。現役の皆さん、シーズンお疲れさまでした。益子部長、コーチの皆様、ご指導ありがとうございました。OBの先生方は現役への暖かいご声援ありがとうございました。今年は残念でしたが、来年につながるシーズンだったのではないかと思います。

 さて先週末の土曜日、現在欧州ツアー中のオールブラックスとフランス代表のtest match生中継をTV観戦しました。学生時代はこの人達はまね出来ないって思っていましたが、最近は「野球でもラグビーでも世界トップクラスのプレーは多いに勉強になる」んじゃないかと思ってます(当たり前ですね)。今回の試合は39-12で好調オールブラックスがフランスをノートライに押さえて勝利しました。タックルで激しく肩を当てつつ相手の手も一緒にパックすることで、ノックオンを誘発したりする個々のプレーのレベルの高さ(スピードとテクニック)も感動しましたが、それ以上にオールブラックスの選手が基本プレーを淡々とこなすひたむきさに考えさせられるところ大でした。例えばBKのディフェンスは、相手がボールをパスしてボールが空中に浮いてる間に文字通り全速力で相手との間合いを詰め、パスをキャッチした瞬間にタックルに入ります。FWblind FLがこれも全速力で相手SOに向かって行きます。タックルやポイント周辺で寝た選手は目の覚める様な俊敏性で起き上がり次のポイントに全速力で戻ります。おそらくビーチフラッグやっても世界が取れるくらいquickです。これらを一回だけでなく試合開始から終了までの80分間、集中力を切らす事なく最後まで続けてました。この鉄壁のディフェンスを崩せないフランスは後半敵陣22mライン付近からドロップゴールを奪うのがやっとのようでした。

オールブラックスの選手はみな体も大きく、足も速く俊敏でタレントぞろいですが自分のタレントに決して奢る事なく、当たり前の地味な基本プレーを高いレベルで黙々とこなすところが実に恐ろしいです。

 現役のみなさんもシーズンオフはまず痛んだ体をケアしながら、是非いい試合をたくさん見て勉強して来シーズンの飛躍につなげて欲しいと思います。そして来年は今年以上に新入生を勧誘して、戦力をアップさせましょう!これが一番大事です。

OBOB用のブログが開設されたようですので、次の日記は、是非6年間の総括を中野渡君にお願いします。

<< 2009年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31