リレー日記 2011/7

<<前へ

夏季訓練も残り1日!!

 written by 武川 和樹 投稿日時:2011/07/25(月) 19:46

内川君から引き継ぎまして武川が書かせていただきます。

水泳訓練が終わってから今日までの3日間は、基本教練や徒歩教練、統制走と自衛隊らしい訓練に移行しました。
強い日差しが予想されていましたが、武川の訓練態度のおかげか3日間を通して比較的過ごしやすい天候の中実施することができて本当に良かったです。
徒歩教練最終日の今日は、分隊教練の試験を行いました。
自分が命じたとおりに分隊が動くので、ちょっとだけ背伸びしてるような気分になります。
将来はこんな風に自分が指揮を執る日が訪れるのかなぁともおもいましたが、まだ大して実感はわきません。

明日はいよいよ訓練最終日。
横須賀基地に海上自衛隊研修に行きます。
朝5時起きというハードスケジュールなので起きられるかかなり不安です。。。
聞いた話によると、富士登山に行っている2年生は午前2時半頃に起床しFUJIYAMAに挑むそうなので、まだましなのかな、とも感じます。
きっと三好さんなら、日本一の山を制覇して帰還してくれるはずです。

訓練が終われば夏休み!!
ちょっと短い気もしますが、益子先生がいつもおっしゃっている通り遊ぶときは遊ぶ精神で満喫してきたいと思います。

最後に私事ですが、ラグビーと夏季訓練に背中を押され、なんと体重が2桁に戻りました。
喜んでいいのか微妙なところですが、無駄がなくなったということで良しとしたいと思います。

それではこの辺で失礼します。
99キロの僕、”久しぶり”
そして0.1トンの僕、”さようなら”

水泳訓練終わり!

 written by 内川 貴太 投稿日時:2011/07/22(金) 21:14

橋本君からバトンを受け継ぎました内川です。今日は2年生、3年生が校外訓練から元気に帰校し、つかの間の独り部屋生活もあっという間に終わってしまったようです。

今回は訓練の内容を書くということなので、1年生の訓練の様子を書こうと思います。

今週の火曜日には午後から相馬ヶ原演習場で陸自衛生部隊実習をしてきました。移動は2時間に渡って異常にガタガタ揺れる大型トラックで行いました。こんなトラック移動の後災害支援などに当たっている陸軍の方々の凄さには恐れ入ります・・・
現地では実際に昨年行われた軍隊訓練のビデオを見たり、応急処置所設置の様子を見学したりと有意義な時間を過ごせました。

水曜日から3日間は一日中水泳訓練でした。とにかく疲れてその上眠いっっ!ひたすらクロールと平泳ぎを泳ぎ続ける訓練が終わってホッとする暇もなく今度は部活というストイックな3日間でした。


やっと土曜日で休めると思いきや、明日0630から部活をした後一日基本教練です・・・もう今日は早くぐっすり眠りにつきたいのでこの辺りで終わりにさせていただきます。ではまた武川にバトンを渡そうと思います。

こんばんは。

 written by 橋本 悠 投稿日時:2011/07/15(金) 21:58

 こんばんは。駿さんから、バトンを受け継ぎました橋本です。僕は、海とカレーが大好きなので、海上自衛隊以外には全くと言っていいほど興味がないのですが、今日までに行った訓練(といっても、陸上自衛隊の富士学校と航空自衛隊の入間基地を見学しただけなのですが・・・。)について大雑把に書くことにします。徒歩教練などについては他のメンバーに書いてもらうことにします。
 
 
 さて、まずは陸上自衛隊の富士学校について。ここは「総合火力演習」で有名な富士駐屯地の中にあります。広報的な内容は、「続きはwebで。」という形で、防衛省のhomepageなどに譲ることにして、僕が実際に見てきたことを書くことにします。(ちなみに、慶応の教授のデータによると、「続きはwebで。」というのを見ると、大多数の人が不快感を覚えるそうです。でも、いい機会なので、ぜひ防衛省のhomepageなどを参照してみてください。)学校内の資料館では、旧陸軍の貴重な資料や、陸上自衛隊の装備品、陸上自衛隊の歴史などミリオタには垂涎の内容となっています。明治天皇が実際にお召しになった軍服などもあり、規模は靖国神社の遊就館よりは断然小さいのですが、なかなか見ごたえのある場所だったと思います。ちなみに資料館内の自販機はジュースが80円で買えます。行ったときは財布を忘れないようにしてください。次は、装備品の見学です。残念ながら、実際に戦車に乗ることはできなかったのですが、まだ世間に出ていない最新式の戦車や対艦ロケットを積んだ車など、なかなか僕らが車道を走っていても見られないような「車」が見られました。音もすごかったな。「轟」という漢字は車が3つ集まってできているけれど、実際に轟音を聞いてみて、漢字の成り立ちがよくわかりました。勉強になりました。あと、富士学校ではレンジャーの教育も行っていて、実際にレンジャーの方がかついでいる荷物を持たせてもらったのですが、極限状態で40キロの荷物を背負うなんて普通の人間にはできないなと思いました。正直なところ、荷物自体は重くなかったのですが、食料も水も睡眠も制限されている中で、ということを考えると、ずっしり来ると思われます。陸上自衛隊には興味はないですが、見学自体は普段経験できないことばかりだったので、とても有意義でした。
 
 次に入間基地。いろんな形の飛行機がありました。個人的には、現在の飛行機はデザインが好きではないので、記念館内のゼロ戦や隼がとても素敵に見えました。伝統や作戦ばかりをを重視し、行き過ぎた精神主義に走ってしまった旧日本軍が犯した失敗を見つめなおすという意味で、非常に参考になる資料がたくさんありました。正直なところ、これだけの技術力がある頭のいい日本人が、どうして勝てっこないアメリカとの戦争に突入してしまったのか、全然わかりませんでした。ただ、僕らにできることは、平和な世の中に感謝し、これをずっと守り続けていくことではないかと思います。たくさんの若い人たちが、戦争によってなくなりましたが、その方たちの死を無駄にしないためにも、僕らの努力が必要だと切実に思いました。
 これらの施設を見て、僕の海とカレーに対する情熱は全く動きませんでしたが、普段見られない展示物を見たり、教官方のお話を聞いて、僕らが今生きている世の中についてや、過去に対する反省というものについて、改めて考えることができたという点で、非常に有意義な訓練であったと思います。
 
 次は内川学生に回します。よろしく。
  

夏期訓練中。

 written by 佐々木 駿 投稿日時:2011/07/15(金) 07:00

マネージャーさんたちに代わり、3年の佐々木駿学生が代わりにリレー日記を書きます。

只今の時期、防衛医大は「訓練期間」という時期となっています。これは春と夏(二年生は加えて冬も)に、まとまった期間で訓練を行うというもので、校内にとどまらず、日本各地で訓練を行います。

最も多くの場所を移動する2年生については、叉の機会にその学年に書いてもらうことにして、3年生の訓練について書きます。

三年生の訓練は、その目玉として江田島にある海上自衛隊の「幹部候補生学校」に行くことがあります。まだ行っていないので詳細はかけませんが、それ以外にも、校内で救急法や教育法の訓練があります。普段医学の授業をみっちり受けている私たちとしては、非日常を感じる2週間強となっています。

それでは、各学年の訓練の様子をリレー日記で書いてもらおうと思います。まずは1年生で同じフロアの橋本学生、お願いします。

新入部員の武川です!

 written by 武川 和樹 投稿日時:2011/07/07(木) 22:07

内川君からバトンを引き継いで武川が書かせていただきます。

改めまして今年度からラグビー部に入部しました武川和樹です。
益子先生と同じ茨城県出身、出身高校は井中先生と同じ水城高校です。
体が大きいので制服のサイズが無く、特注で作っていただきました。
今まで経験してきたスポーツは柔道、相撲、水泳で、好きな食べ物はカレーライス(中辛)、好きな三好さんの仕草は、〝クーッ〝と言いながらはにかむところ。ちなみにゴリさんの武川の好きなところはえくぼ。

体育祭が終わって本格的に練習に参加し始めて早1ヶ月。新勧も盛大にしていただき、1年生が正式に2年生から仕事を引継ぎました。
最近気づいたことは、安武さんがとても厳しいこと。そして安武さんに注意されたあとに声をかけてくださる三好さん、梅原さん、芹沢さんの優しさ。武川は2年生の温もりに包まれて日々励んでいます。

仮入部当初は柔道部に気持ちが傾きかけていましたが、ラグビー部の先生方、先輩方の情熱的な勧誘でアットホームな部の雰囲気に心奪われ、自分はラグビー部で頑張っていきたいと決めました。学友会決定のときラグビー部と書いて戻ってきた武川を山田さんが熱い抱擁で迎えてくれたことは今でも忘れません。
まだラグビーの「ラ」の字もわからない初心者ですが、精一杯努力して先輩方に負けないフォワードに成長したいと思います。
まずは、山田さんと重ねられないようなボディーを手に入れ、三好さんに負けないギャグセンスを身につけるところからはじめていきます。

皆様、武川和樹をよろしくお願いいたします。

次は新マネージャーさんたちにバトンを渡したいと思います。
«前へ

<< 2011年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31