リレー日記 2012/5

体育祭などなど

 written by 武川 和樹 投稿日時:2012/05/30(水) 22:25

 ブログの更新が遅れてすいません。最近は部活に勉強に体育祭にとなかなか忙しかったので・・・
さて、私は体育祭の実行委員長補佐という役職に就いておりました。一見すごい役職のようですが、まあ簡単に言えばただの置物みたいなものです。実質は実行委員長のはるおががんばっておりました。
 まあ体育祭の話はどうでもいいんですが、やはり最近のみなさんの注目は新しく入った一年生のことでしょう。
今年は七人も入ってくれました。その一人一人がやる気に満ち溢れ、少しでも他の一年よりもうまくなりたい。早く試合に出たいという気持ちがひしひしと伝わってきて、自分が一年のころを思い出し、うれしい気持ちと同時に、自分も上級生になったんだとしみじみしております。この一年の加入により熾烈なレギュラー争いが勃発することでしょう。ますます防衛医大ラグビー部の未来は明るいものになるでしょう!!
それではわたしの話はこのへんにつぎは、はるおお願い!

えのき眼科に行って参りました。

 written by 田中 阿利人 投稿日時:2012/05/18(金) 09:44

 お久しぶりです。第5学年の田中阿利人です。
 先日、毎年新入生勧誘のために御支援をいただいている榎先生(14期)に御挨拶するため、えのき眼科の方に主将の廣瀬学生と2人でいって参りました。
 榎先生には、現役時代はどのような練習をしていたのか、チームを強化するためにどのような練習をしていけばよいのかということについてアドバイスしていただき、「7人も新入部員が入ったのだから、さらに上のリーグにいけるように頑張ってください」という激励の御言葉をいただきました。
 榎先生どうもありがとうございました。今年も新入生勧誘のために多大なる御支援をいただきました。御都合がよろしければ、是非グラウンドの方にもいらしてください。

 また、榎先生の他にも、綾織先生をはじめOB会の方からも御支援いただきました。7人も新入部員が入部したのは、決して部員の力のみではなく、たくさんのOBの先生方の御力添えがあってのことだと思います。改めて、御礼申し上げます。

榎先生とキャプテン

中はこんな感じでした

金環日食にむけて

 written by 北川 裕也 投稿日時:2012/05/17(木) 21:27

瀬川からバトンを受けました、つい最近復帰しました北川です。

いろいろな方々にご心配やご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありませんでした。

人間時に立ち止まったり失敗したりいろいろ経験して成長していくのかなって思いました。

今はセブンスのレギュラー目指して体力を戻しながら、楽しくラグビーをやらせてもらっています。



さて、話は変わりまして・・・

来週5月21日(月)朝7時半頃、とても珍しい金環日食が見られます。

金環日食では太陽の前を月が通過することで中心部が隠れ、太陽がドーナッツ状に見え、辺りが薄暗くなる様子が観察出来ます。次は18年後北海道で見られるらしいです。

ところが金環日食を見るにあたり専門家が注意喚起していることがあります。

1つ目には日食網膜症にならないように直接太陽を見ないようにとのことです。サングラスや下敷き越しに見てもいけません。日食専用のグラス(ちょっと派手)がありますので、週末にでも購入をお勧めします。Amazonで450円くらいで買えます。

2つ目に全寮制の防衛医大では関係ありませんが、金環日食の時間帯がちょうど通学時間中ということで、子どもたちが空を見上げて歩いて事故が起こらないかといった懸念があります。学校によっては通学時間を前後にずらすといった措置がとられているみたいです。

防衛医大ではちょうど朝礼の時間帯なので、皆派手なグラスをかけて整列して空を見上げているといった異様な光景が見られるのではないかといった楽しみもあります。やっぱりダメでしょうか?



次は同じポジションの遠藤にバトンをつなぎます。待たせてホントにごめんな。

リレー日記

投稿日時:2012/05/16(水) 23:41

大変遅れて申しわけありませんでした。瀬川です。

まずは最近の練習について。最近はメディカルセブンスに向けてセブンスの練習を主に行なっています。セブンスと15人制では特にディフェンスの仕方が大きく異なり、自分はバッキングについ行ってしまったり、すぐ詰めてしまったりと、まだセブンスのシステムに慣れないでいます。あと2週間あるので、それまでにはマスターします。

あと、話がガラッと変わるんですが、僕はテレビをよく見るんですが、最近スギちゃんという芸人がよくテレビに出演してます。「ワイルドだぜぇ~」といってワイルドさを売りにする芸人なんですが、例えば1.5リットルのコーラを持って「飲みきれないのにキャップすぐ捨ててやったぜぇ~、ワイルドだろぅ~」とか言ってます。こんなんですがR-1グランプリというピン芸人日本一を決める大会で準優勝してます。バラエティのゲストに最近よく出演してますが、ワイルドなことはあまり言わず、「全然ワイルドじゃねえじゃん」とツッコまれてウケることがよく見られます。僕はやはりワイルドキャラで売っていくんならワイルドを徹底した方が例え一発屋としてでも、まだ長続きすると思います。有吉(元猿岩石)が再ブレイクしたての時、毒舌キャラや、あだ名をつけることを徹底し、ここまでブレイクしたのだと考えられます。
長々と書いてますが、要は何事も、徹底的に極端にやることが大事だ、ということが言いたいのです。これだけは他人に負けないという特化した能力があると、うまく言えないんですがなんか面白いですよね。自分もそういう「これだけは誰にも負けない」スキルを身に着けていきたいと思います。

次は、いろいろありましたが無事ラグビー部に戻ってきてくれた北川にバトンを渡したいと思います。

久しぶりのリレー日記です

 written by 今井 大輔 投稿日時:2012/05/16(水) 21:01

瀬川君がだいぶ前から更新を忘れてて放置されてるのでやってまいりました今井です。

さて、何について書こうか悩んだのですが本日は私の趣味の一つであるプロレスについてお話したいと思います。

プロレスとか今のは知らないと言う声をよく聞きます。猪木とかしかわかんないとかばっかりです。

これではいけない!!  というわけで少しだけ選手の解説をいたします。

いろんな団体があるのですが、その中でも私の愛する新日本プロレスの二人の注目選手について語ります。

画像等は貼り付けていいかわかんないので公式サイトにてご確認ください。


1、棚橋弘至

今の新日本の顔といえばこの人!100年に1人の逸材、棚橋選手です。IWGPヘビー級のベルトを11回防衛という新記録を樹立した素晴らしい選手です。

残念ながら2月12日のタイトルマッチでオカダカズチカに敗れてしまいそこで防衛がストップしてしまったのですが、6月16日

の大阪大会にて再戦が決定しております。

必ずやベルトを再び彼は取り返してくれるでしょう!

棚橋選手の特徴としてはまずその鍛え上げられた肉体です。ヘビー級のレスラーの中で最もキレた体をしているといっても、過言ではないでしょう。
機転のきいた相手の技の切り返しやスピーディーで鮮やかな丸めこみ技なども注目していただきたいです。


得意技はドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールド、ダルマ式ジャーマン、スリング・ブレイド、そしてフィニッシュホールドはトップロープからのフライングボディプレスのハイフライフローです。


2、オカダ・カズチカ

現IWGPヘビー級チャンピオン、レインメーカーことオカダ・カズチカ選手です。

彼は長期のアメリカ武者修行から帰国してすぐに棚橋選手のベルトに挑戦表明、そしてまさかのベルト奪取をなしとげました。
まだ24歳と若く将来も非常に楽しみな選手であります。

オカダ選手の特徴は190センチの長身、高い身体能力です。
特にドロップキックの高さ、打点はともに素晴らしいものいがあります。

得意技はドロップキック、ツームストン・パイルドライバー、リバースネックブリーカー、そしてフィニッシュホールドは相手を引っ張り
その勢いのまま放つアックスボンバー ”レインメーカー” です。


というわけで長々と書いてまいりましたがまずはこの二人に注目してみてください!


地上波では土曜深夜にテレ朝で新日本の試合を放映しているワールドプロレスリングという番組がありますのでぜひ見てみてください。


それでは次のブログはこんどこそセガちゃんおねがいします。






<< 2012年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31