リレー日記 2015/4

<<前へ

伝統繋ぐ

 written by 南 隆広 投稿日時:2015/04/26(日) 19:54

南です。南きんにくんと名乗るにはまだまだマッスルが足りないので自分を追い込んでいるところです。
この一週間は部活決定で部員7人マネージャー5人が入部してくれて、その後は春訓練で沖縄へ行くというとても充実した楽しいものでした。自分は小隊長という立場のため一年生と同じ寮に住んでいることもあり、この三週間アイロンやベットメイクに精を出す一年生に煙たがられながらもそんな事情を一切無視して(笑)一生懸命勧誘をしていたので、それが良い結果につながってとても嬉しかったです。

今回は自分が勧誘の際によく言っていたラグビー部の良いところのひとつである「縦のつながり」について、今週一週間であった出来事を話そうと思います。
まず一つ目の出来事として部活決定前夜、BANBAN会の後なのですが、今幹部候補生学校で頑張っておられる去年卒業した遠藤先生から一年生への熱いメッセージが届いたことです。その内容の9割は今まで自分たちが勧誘で伝え続けてきたことと同じでしたが(笑)。でも大事なのは、自分が忙しい状況の中でもOBとしてチームに何かできないかといつも気にかけてくださる先輩がおられること、顔も名前も知らない一年生に対してそのようなことをして下さる先輩がいるということです。
二つ目に春訓練で那覇病院の研修に行ったのですが、そこでOBの中西先生に沖縄料理を御馳走になる機会がありました。今も昔も変わらないFWの待遇であるとか、それでもプライドを持ってチームのために体を張るFWのかっちょいい生き様であるとか、医者としてどう生きるかという卒後の話を聞いて、とてもためになる楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
これらの出来事から自分が感じ、また現部員に強く伝えたいことがあります。それは「one for all,all for one」の中には今までずっとラグビー部の伝統を繋いできてくださったOBやマネージャーやコーチの意思も含まれているということです。たくさんの方々が防衛医大ラグビー部のために尽力してくださっている、その重みを感じる機会はなかなか少ないですが、忘れてはならないとても大事なことです。全員が一緒に戦っているんです。

では具体的に何ができるのか?ご飯食べてプロテイン飲んで筋トレして、そして走りましょう。とにかく走りましょう。走るしかありません。伝統を誇りにノーサイドまで走り続けましょう。
 
次は3年生の小林洋太君お願いします。
 

部活決定!

 written by 小林 和貴 投稿日時:2015/04/19(日) 22:14

2幕かつ学友会運動系委員長として大活躍中の小林です。
立場的に、1年生の前で話す機会が多いのに、なかなか覚えてもらえません。
すごく悲しいです。部員からは影薄いとか言われるし。

さて、前置きはこれくらいにして。
明日は、いよいよ!待ちに待った!

部活決定日です!!!!

勧誘かなり頑張りました。1年生はたぶんラグビー部員の熱い思いを受け取っていると思います。
こんなにも手厚く、一生懸命勧誘している部活はほかにないです。
これを読んでてまだ迷ってるって子は、えいやって入ってみてください。時には考えるんではなく、直感で動くっていうのも大切です。
防衛医大に入ろうってなったとき、そんな風に入ってきた子もいるんじゃないですか?
20人いる部員全員が、入部して後悔はしないって言ってるんだから、だまされて入ってみましょうよ。
だまされてよかったって、来年の今頃は1年生を勧誘してると思います。

悩んだ末にやめたって子も、明日からは各学友会の一員として活躍するわけです。
それならそれで、後悔がないように頑張ってください。もし、やっぱラグビーが楽しそうだなってなったら、いつでもグラウンドに来てください。ウェルカムです。


気づいたら4年生になってて、自分らが1年生として入部したときの、最強世代といわれた先輩方とおんなじ学年です。
自分らが1年生だったとき感じたことを、そのまま新しく入部してくれる子が感じてくれるか不安です。
ただ、全く同じようにはできないでしょうけど、自分には頼もしい同期が6人もいますから、何とかなる気もします(笑)。
楽観的すぎますかね。でもone for all,all for one.がラグビーの精神なんで、きっと大丈夫でしょう!

ま、1年生云々の前に自分がもっとうまくなってレギュラー取らなきゃいけないんですけどね(笑)。

最後に、1年生の入部を祈念して、4年随一のマッチョマン、南きんにくんにバトンを渡したいと思います。

勧誘期間大詰め

 written by 岩間 公隆 投稿日時:2015/04/16(木) 00:00

どうも御無沙汰してます。チーム1おしゃれな髪型の岩間です。
僕が今から書く内容も以前書いたブログの内容とほぼおなじなんですが、今年は勧誘期間が短く、さらに学生舎が離れてしまったということもあり、一人一人とじっくり話するのが難しいので、このブログを見てくれた新入生のためにもう一回書きたいと思います。


新入生のみなさんは受験生活を終えて少し燃え尽きているかもしれません。それはほとんどの人がいままでの生活の中心は「勉強」で自己承認の方法も「勉強」であったのがこの学校に来たことで崩れつつあるからだと僕は思います。
それはプレスとか点呼とかのせいもありますが、上級生になったとしてもそれはおそらく変わりません。

そこで!これからは自己承認の方法を「自らの人間性」にしてほしいと思います。ラグビー部にはすばらしい先生方、先輩、後輩、そして同期がいます。その雰囲気の中で6年間過ごすことができれば間違いなく優れた人間性をもったいい医者になれると思います。

仮入の残り日数は少ないですが「ラグビーは自分には無理だ」とか「武道系に入るときめているから」などと悲しいことを言わずに是非とも仮入に足を運んでラグビー部の雰囲気を味わってください。まってます!…というか誘いにいきます!(笑)

それでは次は大隊幕僚2係として権力をふりまわしている小林君に回します。

 

勧誘シーズン到来!

 written by 湯浅 章 投稿日時:2015/04/15(水) 07:30

湯浅です。残念ながらチーム一の巨漢ではありません。頼りがいのある武川主将には勝てないです笑。


早いもので防衛医大での生活の半分が終わりました。一大隊で最高学年ですから、学生生活も終盤に差し掛かった気がします。


今年は昨年の一部優勝から追われる立場であり、今年もシーズンはもちろん、シーズンまでの過程でも厳しい戦いが待っています。春合宿を終えて、チームが確実に強くなっていることは皆が実感できていると思います。自分もできることから少しずつ進歩していきたいと思います。

まずは東薬セブンスとメディカルセブンスが目の前に待っています。特にメディカルセブンスでは昨年の雪辱を果たしたいです。


なかなか固い文章となってしまいましたが、今年のリーグ戦で連覇を達成するには新入生の多数の入部が必要です!今は勧誘シーズン真っ盛りであり、部員一同、全力で勧誘しています。ただ、毎日の雨でグラウンドでの仮入部ができていません。そろそろ晴れるみたいなので、その際には仮入部に来たことがある人もまだない人もグラウンドに足を運んでもらいたいです。


自分が一年の頃もかなり迷ったので、新入生には悩みぬいてもらいたいです。ここで一番いいたいのは、僕はラグビー部に入って本当に良かったと思っていることです。益子先生を始め、久米村コーチ、森監督と、平日はもちろん、休日にまでグラウンドに足を運んでいただいて指導してくださる方々がいる部活は他にないです。また試合会場へOBの方々や他の部活の学生がたくさん見に来てくれる部活はラグビー部だけです。運動したことがない人も、全然心配いらんからぜひ入ってほしいと思います。経験者もほとんどいないので、皆同じスタートラインですよ。自分を変えられるラストチャンスです。


さらに、ラグビー部は学年の垣根を越えてプレーするので、信頼できる同期となんでも言える後輩、なんでも教えてもらえる先輩方に出会えます。2年の夏は先輩方と同期とLAへ、今年の春は後輩とハワイに行ってきました。プライベートでも一緒にいたくなっちゃうようないい人たちばかりです。絶対に後悔させないので、ぜひ入ってください!


以上、勧誘の話でした。昨年はいろいろな場面でチームに迷惑をかけてしまったので、今年はその分、勉強そっちのけでラグビーに取り組みたいと思います笑。とはいえ、CBTやOSCEもあるので、こちらも同期と力を合わせて乗り切りたいです。長くなってしまいましたが、このへんで終わりたいと思います。
次はチーム一、オシャレな髪型の岩間頼む!
 

部活決定について

 written by 海士 洋平 投稿日時:2015/04/14(火) 10:58



どうもこんにちわ。川先から紹介のあった通り、
ラグビー部で一番面白い第4学年海士学生です。笑



今日、久しぶりにブログを書くにあたって昔のブログを読んでいたのですが、
去年もこの時期に記事を書いており、やはりこの時期に考えることは同じ、
勧誘のことについて書いてました。




仮入部の時にホームページ見てといわれてここにたどり着いた
新入生も多いと思うので今回もラグビー部のPRをしたいと思います。
特に僕がこの部活に入る決め手になったところを書きます。


今年は勧誘期間が短いということもあり、しかも今のところ毎日雨で
グランドを走り抜ける爽快感を1年生に味わってもらえないのが本当につらいのですが、
ラグビーというスポーツの一番楽しいところは敵の合間を縫って前にでる爽快感です。
(まれにタックルで相手を倒すことに快感を感じる変態もいます(笑))
晴れの時の仮入部ではタッチフットをやってそれを感じてもらうのでぜひ来てください。


また、ラグビー部はほかの部活よりも一番部員の雰囲気が良い!
これはずっと一緒に練習してるからで一番信頼できる同期はもちろん
言いたいことを言える後輩、またどんな時も助けてくれる先輩がいます。
この学校はいろいろなことがありますが、
困った時に本当に頼れる仲間を絶対に作れます。


また、大学からしかも今まで何もやったことのない自分が
ラグビーなんてできないだとろうという人も多いと思います。
しかし、そういう人も安心してください。
ラグビー部は今20人ほどいう部員のうち、経験者は2人のみで、
しかも中高でなにも部活をせず、勉強ばかりしていた運動音痴の集まりです(笑)


でも防衛医大のラグビー部は去年の関東医歯薬リーグ1部で優勝しています。

どうして素人集団でもここまで行けたのか。これはどの医学部ラグビー部より
最高の環境でラグビーができるからです。
まず、指導者として、益子先生がいます。
益子先生を知らない人は益子俊志でググって下さい。
すごい人なのがすぐにわかります。
また指導官室にも森一曹(現監督)、久米村一曹がコーチとして
生活面からも多大な支援をしていただいています。
このおふた方もラグビーで国体に出た経験があり指導力には全く異論がありません。
また練習には病院での仕事の合間を縫ってたくさんのOBの方々もグラウンドによく来てくれ
後輩のために練習に来ていただけます。
また自衛隊という面でも、合宿で駐屯地を利用したりと、
たくさんの方々に支援していただけます。


このように大人がたくさんからんでいる部活は防衛医大でラグビー部が一番であると思うし
この環境なら誰がラグビーを始めても自分が活躍する選手になれます。
これは僕が保証します。それだけではなく、僕たちはラグビーを通して
人として人生を学び、いい医者になるというのもモットーにしてます。




このようにラグビー部のいいところをあげるとほんとうにたくさんあるので
書いていくと日が暮れます。
ですのでちょっとでも興味のある人は仮入にきていろいろ聞いてください。

ラグビー部に入ったら絶対に後悔しません。
新入生がラグビー部を選んでくれることを期待してます。


少し長くなってしまいすいません。
次はラグビー部一の巨漢、湯浅君に回します。
«前へ

<< 2015年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30