リレー日記 2015/7

<<前へ

初登場です!

投稿日時:2015/07/25(土) 01:25

こんばんは!

杉山くんからクセのあるパスを受け取ったトビウオ(?)こと医学科一年の仲西雄大です。
(コートを駆け抜けるマグロと呼ばれたいです笑笑)

中学高校では、バスケットボール部とハンドボール部に所属しておりました。
正直、ラグビー部に入る気は全くなかったのですが、先輩達の熱意に押され入部を決意しました。練習メニューはなかなかきついですが、入部したことに対しては、まだ後悔していません。(夏合宿中に後悔することがあるかもしれませんが笑)

さて、今日は一年生の4日間の水泳訓練の最終日でした。二年生になると海に行き4kmを泳がなくてはならないので、それに向けてクラス分けをして、訓練は行われました。
私のクラスではクロールと平泳ぎをそれぞれ1日ずつ、基礎から泳ぎ方を確認しました。そこで、速く、無駄なく泳ぐにはどうすれば良いのかを教えてもらいました。クロールや平泳ぎは、足のみで泳いだり、手だけで泳いだりというメニューもあったので全然進まず結構疲れました。その後に部活があり大変ではありましたが、なんとか乗り切りました!
高校では全員でプールに入らなかったので中々充実した4日間でした!

ここでバトンタッチします。
次は、まだベールに包まれてはいますが、将来絶対活躍すると期待される希望の星、丹原くんです!

初めまして!!

 written by 杉山 正乙 投稿日時:2015/07/22(水) 23:20

初めまして。櫻井くんからのキラーパスを受け取った医学科一年の杉山正乙です。
高校でもやっていたラグビーを防医でも続けることを決意して、ラグビー部に入部しました。

さて、どうして櫻井くんにラグビー部のマスコットキャラクターと呼ばわりされたかというと、自分の身長が152cmしかないからです。
なぜこんな体格でラグビーを続けることを決めたのか疑問でしょうが、個人的にはもっと大きなナゾがあります。
どうして自分がここ、防医に入れたのか?というナゾです。

この防衛医科大学校は、医師である幹部自衛官となるべき者を育成(省略)設立されました。
そのため、この大学校の入試には面接の他に身体検査があります。
もう一度言います。身体検査があります。

この身体検査の項目の一つに、身長,体重,胸囲の判定があります。
募集要項を見ると…身長155cm以上になってますね。
3cmも足りません。もはや、誤差で片付けられる数値じゃないですね。
なんで防医に入れたんでしょうね?ナゾです。

何一つ疑問がとけないまま、バトンタッチしたいと思います。
次は、防医のトビウオこと(すみません、ウソです)医学科一年仲西くんです。水泳訓練のこととか書いてくれるんじゃないでしょうか。

初!こんばんは!

 written by 櫻井 陸 投稿日時:2015/07/22(水) 00:11

初めまして!四年の海士先輩からバトンタッチされた医学科一年の櫻井陸です。
小中高と体育以外にスポーツをほとんどしたことがありませんが、なにを思ったのかラグビー部に入部しました。
最近の悩みは、タックルがうまく入れないことです。しかし努力あるのみ、しっかり練習してうまくなりたいと思います。

さて、海士先輩にふられたように、夏季定期訓練の話をしたいと思います。
私たち医学科一年は九日間の間、防衛大学校に研修に行きました。防大では、防医大のOBの方の話を聞いたり、防大のラグビー部員とタッチフットをしたりしました。防大研修が終わると、横須賀基地や富士学校、入間基地に研修に行きました。さらにそれが終わると、朝霞で野営を行いました。野営を行った日はものすごい雨で、私たちのテンションはだだ下がりでした。しかし、全員で協力して天幕を張ったり不寝番をしたりなど、将来の自衛官としてよい経験をしたと思います。まだまだ訓練は続きますが、しっかりやりきりたいです。

それではこのあたりで終わりたいと思います。次はラグビー部のマスコットキャラクター、医学科一年の杉山君です。

熱中症

 written by 海士 洋平 投稿日時:2015/07/16(木) 21:22

どうもこんばんは、湯浅からバトンを受けとった4年海士です。
最近は1~3年生は訓練で忙しく、とても大変そうですが
僕たち4年生はもう夏訓がないので、通常通り授業を受けつつ
何かさみしいような気持ちで日々を過ごしています。
終わってみればたくさんの思い出がある、夏休みのような夏訓だったなと感じています。


さて、タイトルにもありますが、先週の日大歯学部戦で熱中症になってしまいました。
午前の練習からそのままアップをし、初めの時点で頭が痛かったのですがそのまま続けていると
試合中にどうしようもなくだるくなり、立っているだけできついという状況になりました。
少し動くと足がつってしまいどうにも動けないという、
16年間外でスポーツをやっていましたが初めての体験でした。
いつもはそういうとき、仲間に励まされたり、OBの先生方に激を入れてもらったりして
奮闘できるのですが、この日はそれすらも無理で、ただひたすらに耐え忍ぶことしかできませんでした。
本当に情けないことをしてしまいました。

実際試合のあと動いたらつってしまうため動けなくなり
3時間くらいグラウンド横で寝たきりになっていました。
アフターマッチファンクションも行けずじまい。
他の人がなっているところは見たことがあったのですが
自分がなると、ほんとうに死ぬかと思いました。

試合の方は僕のせいで、やろうとしてたことがなにもできず、そのせいで反省もしづらいという
内容になってしまい、味方だけでなく相手方や首脳陣の方々、
応援に来てくれたOBの先生方に多大な迷惑をかけてしまいました。


見に来ていただいていたOBの先生方の言葉でもありましたが、
体調管理は試合をする以前の問題です。暑かった、とかは言い分けでそれは相手も同じ。
それに僕たち4年生以上は、体調を万全にするだけでなく、プレーでも引っ張っていかなければいけないし、
下級生が同じような状況になった時に助けてあげれるような体力、精神力がなくてはなりません。
その当人が動けない状況で、迷惑をかけてしまうということは本当にあってはなりません。
この試合を受けて、僕は猛省しています。それとともに、今後このようなことが起こらないように
対策をしなければ意味がありません。


僕は中学生の時から足がつりやすく、これは体質なのか、食生活なのか
そこのところは定かではありませんが、
中谷先生のアドバイスや自分で調べたことなどを参考にして
これからはこのようなことが起こらないように試合の一週間前から
水分量や食生活を気にして体調を整えたいと思います。


いろいろメンツが変わっていますが、これを成長できるチャンスととらえ、
今週の日曜日の試合である慈恵大学戦にもちろん体調万全で、
納得のいくプレーをして、チームとしても完成形に持って行って
春シーズンラスト1戦を締めくくりたいと思います。
また明日からも練習頑張ります。



長々と自分の事ばかり書いてすいませんでした。
次は1年生の櫻井君に回したいと思います。訓練の感想などを書いてくれることでしょう!

近況

 written by 湯浅 章 投稿日時:2015/07/09(木) 21:48

小林からバトンを受け取った湯浅です。最近は学生舎内外問わずいろいろなことが起きました。その中で一番インパクトがあったことを書きたいと思います。

先日、幼稚園の同級生が結婚しました。自分が結婚なんて考えたこともありません。準備やらなにやらで、そこでも色々ありましたが結婚式当日。雨が降っていましたが結婚式は素晴らしいものでした。ブーケトスが別の同級生の手に渡るハプニング?もあって、終始充実した時間を過ごすことができました。「幸せを分ける」というフレーズがありますが、幸せそうな新郎新婦を見ていると自分も幸せな気分になりました!
それにしても同級生が結婚なんて驚きです。もうそんな年かあ。

さて、新入生も入って気づけば後2ヶ月でシーズンです。焦る気持ちがありますが一つ一つ課題をこなしてチームを仕上げていきたいです。去年は怪我に泣いたので今年はなんとしても健康体でシーズンを迎えたいです。来シーズンは責任学年もあるし、今年は僕らの学年もプレーで引っ張れるようにします!

次は海士、お願いします。
«前へ

<< 2015年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31