リレー日記 2017/11

上級生へ

 written by 小林 和貴 投稿日時:2017/11/16(木) 18:24

こんばんわ。
ずっと溶連菌で寝込んでてブログの更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
ここ3ヶ月で3回なってるんですよね、なにが原因なのやら。

さて、今回書く日記がおそらく現役で最後の日記になるかと思いますので、まじめな内容でも書こうかなと思います。

6年間やって考えるのは防衛医大ラグビー部でラグビーをする意味です。
まだ6年しかたってないので、生意気かもしれませんが、今の僕の考えをいうと、防衛医大ラグビー部の文化を知り、そこから学んで、自分の中で昇華することではないでしょうか。

当たり前のことではないのか、とも思われますけども、これを強く意識するようになったのは今年に入ってからです。

ご存知の方も多いでしょうが、防衛医大ラグビー部の戦い方、練習の内容はこの1年でがらりと変わりました。
今まで体が大きくて走れる奴が勝つ!ということで走りまくって筋トレしまくって…でしたがスキルの部分を伸ばすような練習が増え、戦い方も変わり、5年間続けてきたラグビーが変わったものですから、軽くショックを覚えました。
今思えば、監督変われば戦術も考え方も変わるなんて当然のことなんですけども。

そうなったときに防医のラグビー部で部活としてラグビーをやる意味って何だろうと考えたら、確実に戦術ではないなと。
今の自分がラグビーで一番影響を受けたのは何だろうと考えたら、部活の文化、メンタルの部分だなと思い当たりました。

端的に言うと益子先生を中心として、多くのボウイOBの先生方が作り上げてきた文化です。

簡単なところでいうと、ラグビーは、ブラックシューズにホワイトカラーだし、試合前はスパイクを磨け、毀誉褒貶、物をとるな、うそをつくな、言い訳するな、潔くあれ(もっとありますが割愛します)。
こういったことをずっと言われてきて、それだけは守ってきたつもりです。

しかしながら益子先生もいらっしゃらなくなり、それを伝えるのは強く影響を受けてきた4,5,6年生の役目なのではないかなと。
戦術とか、スキルの部分は話し合いながらチームで高めあえばいいことですが、文化に関しては違う。
こういうものは先輩しかわからないことだし、伝えていかなければならないものです。(もちろん明らかにおかしいものは変えていくべきですが)

具体的に、一つどうしても言いたいので書かしてもらいます。スパイクに関して、今時カラースパイクしかない、黒スパイクはださいとか、そんなもん守ることにどんな意味があるんだとかいろいろありますが、黒を基調としたスパイクを履くのはボウイの文化だと思います。そこにごちゃごちゃゆってくるのは見当違い。
履かないにしろ、黒を履くことの意味と理由を知ったうえで違う色のものを履くべきです。

気づくのがおそすぎて、どれほど後輩にボウイのラグビーはこういうところ、っていうのを伝えられたかわからないので、これは今の5,4年生にパスしたいと思います。なのでタイトルは「上級生へ」です。
ノックオンはせんといてください。

最後ですが、僕が人生でラグビーに対して、真剣に試合に臨めるのもあと2戦。
できれば6年全員で出たいものですが、気合入れてがんばります。

次はどんだけさぼるんだってくらいさぼり倒してる海士にバトンを渡します。

おかげさまで六年目です!

 written by 南 隆広 投稿日時:2017/11/13(月) 20:00

岩間君からバトンを受け取りましたナース好きの南です。ストレスフルな職場においても愚痴をこぼさず、患者さんに対して優しく看護している姿を見ると本当に尊敬します。
今回も他の同期たち同様に私の6年間を少し振り返ります。

私が防衛医大ラグビー部に入部したのは、先輩方のような強い男になりたいという思いがあったのと、益子先生の「青春するならここしかない」という発言が大きかったです。もちろん先輩方の熱い勧誘があったのは言うまでもありませんが(笑)

しかしいざ始めてみると初心者ばかりだった同期と比較しても身体は小さく、足は遅く、フィットネスがあるわけでもない上、圧倒的に球技センスがないことに入部してから気づいてしまいました。強い男になるどころか自分自身の何もできなさに気づかされる日々でした。チームは強くて勝ち続けている、なのに私には何一つ武器といえるものがなく、相変わらず練習はきついし、チームの勝利に少しも貢献できていないと感じていたため、自分はいてもいなくても変わらない存在なんだなと、辞めてやろうと思ったことは一度や二度ではありません。

しかしそこで思いとどまれてここまで六年間やってこられたのは同期の存在があったからだと思います。きつい経験を本当の意味で共有できるのは同期だけですし、弱い自分を恥じることなくその時の感情をストレートにぶつけ合えて笑いに替えてこられたからこそ今の自分があると思います。

先生方、先輩方との出会いでラグビーを始めて数え切れないほどの大事なことを教わり、後輩たちのおかげでここまでこられて、同期たちのおかげで六年間楽しく青春を送ることが出来ました。そして私がラグビーをできるのもあと2週間となりました。今できること、今しかできないことを全力でやり抜き、後悔の無いようにします!

次は女好き前期学生隊学生長の小林君にバトンを渡します。

6年目

 written by 岩間 公隆 投稿日時:2017/11/10(金) 00:00

ご無沙汰しております。岩間です。
湯浅君の記事にもあったように引退が少しずつ近づいてきました。

思い返せば僕は今から5年半前にラグビー部に入部しました。特にやりたいスポーツがなかったので猛烈な勧誘をうけて入部した日を昨日のことのように思い出します。
昨日のことのようにと言いましたがその道は決して短いものではなかったし、平坦なものでもありませんでした。
先輩に励ましてもらったり、同期に支えられたりしながらなんとかここまでこれました。

思い出を振り返ると枚挙にいとまがありません。1つ言うなら練習の終わりに行われているフィットネスです。これはみんなに言うと変人扱いされますが、僕は1年生のときからフィットネスがわりと好きでした。もちろんやっているときはきついし阿鼻叫喚な雰囲気の時もあります。しかし終わったあとに訪れる一体感のようなものが心地よかったです。後輩のみんなはこれからも頑張って下さい。笑

「普通に楽しく過ごした大学生活だと何も残らない。辛いことも含めてのりこえるからこそ後で振り返ったときに濃い時間だったなと思える。」
これは1年生のときの夏合宿で聞いた益子先生の言葉です。まさにその通りだと思います。
シーズンもあと二週間と少し。悔いを残さないようにしたいです。

次はナース好き(?)の南君に回します。

ラストシーズン

 written by 湯浅 章 投稿日時:2017/11/05(日) 20:48

川先からバトンを受け取った湯浅です。気づいたら勧誘してくださった先輩方はご卒業され、最高学年になっていました。
11月に入り、シーズンもあと1ヶ月。引退を強く意識し始めています。

 私は入部する前からこのラグビー部のブログを読んでいました。二次試験で3学年上の赤尾さんにお世話になって、初めてこのサイトを開いたのを覚えています。なぜ、ラグビーに転向することになったのかは、なんとなく過去のブログに書いた気がするのでここでは割愛させていただきます。ただ、最後まで勧誘してくださったバレー部の先輩方には本当に感謝しております。改めまして、入部せず、すみません。

 ラグビーとバレーボール、どちらかといったら私はラグビーの方が楽しいと思います。どちらも6年間プレーしましたが、これから新たに部活をするならラグビーを続けたいと思います。理由はここでは書ききれないくらいの理由がありますが、一番大きいのは本校のラグビー部での経験からだと思います。

 ラグビーのほうがいいといっても、楽しいことばかりではなく、辛いことの方が多かったと思います。あまり今の下級生には知られていませんが、下級生の頃は怪我ばかりでまともにプレーができたのはごくわずかな期間だったと思います。その期間があったからこその今、なのかもしれません。しかし、下級生の頃にもっと練習ができていたら、もっとまともなプレイヤーになれた、と思うと残念な気持ちの方が大きいです。
 
 何と言っても、第3学年のころの左前腕の手術は僕の人生の中でかなり大きな出来事だったと思います。その年に1部で優勝しましたし、二部から一部に上がった時はピッチの中にいたのに、一部での優勝の瞬間に怪我で外にいたのは今でも苦い思い出です。しかし、あの長すぎる離脱のおかげで「チームを客観視する」ことが少しずつできるようになったのだと思います。それまではボールを持って走って突っ込めばいい程度しか理解していなかったと思います。(笑)その意味で少しは意味があったと考えたいと思います。

 喜怒哀楽、どんな場面であっても常に本ラグビー部の方々に支えられてきました。先輩にしていただいたことは後輩にも還元したい、一番の恩返しはプレーで見せること、という思いで、昨年の責任学年の時から活動してきましたが、まだまだ足りない部分もあると思います。今年は今田新監督の下で日々練習を重ねてきました。新しいことも多く、悩むことも多かったですが、今は迷いなく、プレーをすることができています。まずは残りの試合をきちんと勝って、今田監督、そして支えてくださった方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います!

 今日は日本大学医学部との試合でした。とりあえず勝つことができてほっとしていますが、自分のプレーはミスばかりで全く満足できていません。(なぜ、日大さんは僕をMOMにしたのでしょうか・・笑)残り二戦、全員で勝ちに行きましょう!!


次は、一番良い奴で、一番悪い岩間にバトンを渡したいと思います。

6年目の抱負的な何か

 written by 川先 康太 投稿日時:2017/11/04(土) 11:42

どうも、洋太からバトンをもらいました、川先です。

久々にブログを書きますし、もう最終学年なので6年目の抱負みたいなのを書きたいのですがあんまり大層なことは書けそうもありません・・・

僕は中学高校とほとんど運動はせず、勉強ばかりやって生きてきました。生まれつき要領はいい方だったので特に苦労することもなく人生を歩んできました。大学に入って、社会人になる前に何か苦労をしなければ、と思って絶対無理だと思っていたラグビー部に入りました。安武さんが怖かったから入ったわけではないです笑

練習初日からもうきつすぎて、やっぱりやめようって思いました。初日でやめるのはさすがにダサいのでもう少したってからやめよう、って思ってるうちに、気付いたら6年目を迎えていました。スポーツに向いてない自分にとっては本当に本当にきつい毎日でしたが、楽しいことも数えきれないほどあったし、人間的にも少しは成長できたんじゃないかな、とも思います。そして何より、普段きついことして頑張ってる分、勝ったときの喜びはその何倍にもなるし、今まで「最小限の努力でそこそこの成果を」を座右の銘にしていた自分にとっては本当に貴重な経験をできました。

4年生の最終戦、昭和大学戦でしたがドロドロのグラウンドで死闘の結果負けてしまい、生まれて初めて試合の後泣いてしまいました。公式戦の負けは許されませんが、今でも思い出す、とても印象に残る試合になったのも事実です。
負け試合でも得るものはあるし、今年の初戦の負けがそういう負けであってほしいですが、やっぱり最後のシーズンなので、残りの試合は全部勝ちたいです。明日の試合、頑張ります。

とりとめのない文章になってしまいました。次は、チームのエース、湯浅に回します~~

<< 2017年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30