リレー日記 2018/3

なぜラグビー部なのか

 written by 橋渡 恵理夫 投稿日時:2018/03/02(金) 21:15

同期の上村君からバトンを受け取った橋渡です。彼に引き続き、入校希望者に向けて書かせていただきます。

多くの方は、先日国公立大学の二次試験を終え、結果を待ちながら後期日程の勉強をしたり、のんびりしたりしていると思います。皆さんの中には、防衛医大が第一志望という方はほとんどいないのではないかと思います。私自身第二志望でしたし、同期にも第一志望だったという人はあまりいません(笑)。
しかし、ラグビー部がどういう部活なのかを知った状態であったなら第一志望だったかもしれません。
ラグビー部員は、いい医者になるためにラグビーをしているのです。
そもそも、イギリス発祥のラグビーは紳士のするスポーツとされてきました。公式戦の前にはユニフォーム授与式を行い、対外試合には統一のブレザーを着ていきます。そうした中で、相手に対して敬意を払うこと、礼儀を学びます。また、全体の準備の中で足りていないものを素早く判断したり、相手の様子から次のプレーを判断したりすることからは、注意深い観察力と素早い判断力が養われます。いずれも臨床の現場において大切になってくるものです。

私たちはこのようなことを念頭に置き、ラグビーをやっています。
皆さんも防衛医大に入ってラグビーをやればいい医者になれると思います!

次は看護学科2年の友納先輩につなぎたいと思います。

皆さんの入校を心待ちにしています!!

<< 2018年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31