リレー日記 2019/3

入学を迷っている受験生へ

 written by 八木 兵真 投稿日時:2019/03/27(水) 00:20

リレー日記を引き継ぎました八木です。更新が遅れてしまい申し訳ありません。

最近は、1日の気温差や花粉がひどいですね。
花粉症の僕は、涙と鼻水が止まらない毎日です。しかし、そんな中でも防衛医大のラグビー部は活動します。1月頃から新チームに代わり、これまでやってきた基礎練習の成果が表れ始める時期になってきました。自分はどうかというと、大学に入って始めたラグビーでしたが、まだまだ拙いところはあるものの結構上達したのではないかと実感しています。ただ、自分よりもストイックな同期に囲まれており、うかうかできない日々が続いています。
1日でも早くチームに必要とされるよう精進していかなければなりません!

さて、ラグビーの話はここまでにして、今日は去年の今頃の自分について書きたいと思います。
そろそろ国公立後期の発表が出てきたころでしょうか。去年の僕といえば、第1志望に落ち、防衛医大かもう一年浪人するか悩んでいました。この時期は、様々な人に相談に乗っていただきました。その中で、最も心に響き、今でも参考にしてよかったと思う言葉を紹介したいと思います。「浪人というのは、それはそれで学ぶことがたくさんあるが、人生というものを大局的に見ると、ただの停滞期でしかなく、そこからは何も生まれない」ということでした。初めは、この言葉を聞いても素直に受け止められませんでした。防衛医大は、他の大学と違い特殊です。全寮制ですし、自衛隊に属していて訓練もありますし、入った時点で親の扶養から外れ同じ世代はたまた兄弟よりも先に社会人の仲間入りをしてしまうのです。そんな特殊な環境の中で、ちゃんと医者になれるのか心配でした。本当に、防衛医大に入るべきなのかとても悩んだのを思い出します。最終的にそんな僕の背中を押してくれたのは「浪人は何も生まない」という言葉でした。
そして、入学して1年が経ちました。確かに、訓練や不慣れなことで疲れることもありますが、入学してよかったとつくづく感じます。受験生の頃は狭まっていた視野が、受験から解放されることで広がり、あの頃、無駄にもう1年浪人してでも志望校に行きたいと思っていた自分がばからしく思えます。医学部なんて入ってしまえば、どこもそんなに変わらないのではないかなと思います。
また、「防衛医大に入ったらあれこれやりたいことができないからな」という人もいると思います。しかし、1つ言えるのは、防衛医大以外の大学でできることは、どこの学校でもできますが、防衛医大で出来ることは防衛医大でしかできません。個人的な意見としては、防衛医大に入ってそういった経験をすることの方が「かっこえー!」と思いますし、他の大学で出来ることはユニークさもなく「しょーもな!」と思います。

以上、この1年防衛医大に入って感じたことや思ったことを書きました。ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。来年は、第2学年大隊学生長付といって、着校してから1週間、新1年生のお世話をする2年生の代表に選ばれているので、そこでこの記事を読み入学を決心したという人は声をかけてください!もれなく、アメちゃん贈呈しちゃいます!

それでは、長くなってしまいましたが、僕のリレー日記はここまでとして、次は同期の森田君にバトンを渡したいと思います。受験生の皆さんは、この1年ほんとうにお疲れ様でした!

<< 2019年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31