リレー日記 2019/6/10

とものうです。

 written by 友納 惇之介 投稿日時:2019/06/10(月) 02:28

ラグビー部4年生1番の人気者、栄君からご紹介に預かりました、看護学科4年の友納(とものう)です!ブログは久しぶりです!
今は令和初の体育祭も栄君のおかげで無事に終え、メディカルセブンズも準優勝で幕を閉じひと段落、といった感じですかね。そんなわけで今日は
①「消えた前十字と悔しすぎたメディカルセブンズ」
②「看護ラグビー部員、絶滅の危機!」
③「実習きっつ…」
の3本立ててお送りしようと思います!

それでは1つ目のお話から……わたくし、昨年の11月に怪我をしまして手術を経て4月から試合復帰する予定だったのですが、なんと3月末の練習中に右の前十字靭帯を断裂してしまいました。復帰して大学生活最後のメディカルセブンズを優勝で飾ろうと意気込んでいた矢先のことで、もうラグビーが出来ないのではないか等、ここには書き尽くせないほど色々なことを考えてしまい、文字通り“絶望”し、恥ずかしながら涙が止まりませんでした。手術を選択しては秋のリーグ戦に間に合わないので、保存療法を選択することとなりましたが、筋トレやリハビリを経て現在ガチガチのテーピングにてラグビーを続けております。(試合も出てます!)
そんな状態で5月末のメディカルセブンズを迎えたのですが、我が防衛医大は厳しいトーナメントを勝ち抜き、見事熊谷ラグビー場のAグラウンドで決勝戦を行うこととなりました。相手は私たちと同じく関東医歯薬リーグ1部の東邦大学。私はスタメンで出させていただいたのですが、結果は29-7で敗北。最後のメディカルセブンズは、自分の未熟さを痛感させられた非常に悔しい準優勝でした。秋までの残り数ヶ月、必死にトレーニングを積んで、15人制では必ずリベンジすると固く誓ったのでした…

はい、続いては2つ目のお話、看護ラグビー部員の絶滅についてです。なんと今看護学科の1~4年の男子で、ラグビー部員は私と飯田君の2人しかいません。しかも2人とも4年生です!卒業です!いなくなります!私たちの力不足により、今年も看護男子からの入部者はおらず、ガチやばいです。何故ガチやばいか簡単に言うと、医学科と看護の寮は離れており(ちなみに全寮制です)、医学科は看護の寮に立ち入れないため非常に勧誘しづらいのです!このままだともし看護に身体能力ゴリッゴリの男子が入ってきたとしても、勧誘に力を入れれず取り逃がしてしまうかもしれないのです!どうなっていくんでしょうか…このまま医学科だけの部活になってしまうのは寂しいですね…私自身医学科の先輩にとてもお世話になったので医学科と看護の繋がりがなくなってしまうのは少し残念です。まぁ在校生がなんとかしてくれるっしょ!ってことで期待しときます笑

そして最後になりましたが、3つ目は看護の実習のお話です。看護の実習マジできついんですよ。何がきついかって精神的にすり減ったり睡眠時間がすり減ったりするわけですよ。ネットとかで調べればいっぱい出てきます。ツイッターにも載ってます。ヘトヘトなんす。そこんとこ色んな人に知っていただきたいなってそれだけです。そして実習中も何食わぬ顔で部活に来てる私を崇め奉ってください。嘘です。自分で選んだ道なので苦労を慮れとはもちろん決して言いません。医学科のように勉強は出来ないですが、ちょっときつめなんだよ~って知っていただけたら幸いなのです。4年生はまだまだ実習があるのですが、負けずにラグビー頑張っていきます!!!

長くなりましたが私からは以上です。
読んでいただきありがとうございます。誤字脱字はチェックしておりませんので、ありましたら申し訳ございません。
続いては、最近タピオカにハマっているとかいないとか、5年生の齋藤先輩に繋ぎたいと思います!!!では!!!

<< 2019年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30