リレー日記 2019/8/15

初ブログ…ども…

 written by 草間 和心 投稿日時:2019/08/15(木) 12:32

上妻学生からバトンを受け取りました、医学科第一学年の草間です。
永遠に続くかの様に思えた合宿も今日で終わりを迎え、今は菅平からの帰路に就いたバスの中でこの文章を書いています。
私はこの合宿でデビュー戦を飾らせていただいたのですが、思うような動きが全くできず、自分の未熟さを痛感しました。これからラグビーについてよく学び、精一杯練習に励む所存です。

さて、初めてのブログ更新ということで軽く自己紹介をさせていただこうと思います。
親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしています。
嘘です。
実際両親は無鉄砲ではありませんし、そんなに損もしていません。でも無鉄砲なのは本当です。
高校に進学する際、「一番特待生の待遇がよさそう」という理由で、受験するまで名前すら知らなかったところへ進学しました。
大学受験の時には、将来の目標が何もなかったので興味のある学部を無造作に選んで受験していました。
そして大学進学の際には、早稲田と慶応のどちらに行くか迷っていたのですが、「兄が早稲田だし、弟の自分は慶応に行った方が映えるな」という安直な考えで慶応に行こうとしていました。しかしながら、入学直前に防医からの電話で繰り上がり合格したことを伝えられ、入学するか辞退するかを問われました。電話には母が出たのですが、私に聞くまでもなくYesと返答したことを事後報告されました。やっぱり親譲りの無鉄砲だったようです。
結果、慶応ボーイではなく防医ボーイになりました。

思い返せば、ラグビー部に入ったのも無鉄砲が理由でした。
私はラグビーの他に入りたかった部活が2つあり、部活決定の時にも1つに決めかねていました。
刻々と時間が差し迫る中で、ふとこんな考えが脳裏をよぎりました。
「どの部活もキツいんだし、どうせなら一番キツそうなところに入ろう」
そしてラグビー部に入ることを決めた次第です。

このように後先考えない選択ばかりしてきた私ですが、その選択に後悔したことは一度もありません。寧ろ、却って良い選択をしてきたと感じています。
高校では生涯の恩師と呼べる先生に出会えましたし、防医では社交性に乏しい私でも気の置けない友人を作ることができました。ラグビー部に入ったことも、今ではベストな選択をしたと思っています。

見切り発車で書き進めた所為で全然軽い自己紹介じゃなくなってしまったので、そろそろバトンを譲りたいと思います。
次は、最近順調に体重が増えていてノリにノッている中島学生がお送りします。

<< 2019年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31