リレー日記

<<前へ

めっちゃホリディ

 written by 斎藤 謙太郎 投稿日時:2019/06/17(月) 11:59

ウキウキな夏を希望しています。
どうも、救急実習から解き放たれて久々に自由な休日を過ごしました第五学年齋藤謙太郎です。
タピオカですが消化しにくいので食べすぎには気をつけてくださいね。
僕はタピオカの列に並ぶくらいならパンケーキの列に並びます。

先程申しました救急実習ですが、なんと土日にも実習があります。
救急搬送メールが届けばどこで何をしようと即病院に駆けつけなければならないのです。
グラウンド練習終了五分後に呼ばれたときは思わず天を仰ぎました。


今回は久々にリレー日記ということで、僕なりに「ブログを書く意味」について考えてみようと思います。
まずブログという「他人に見せる」形式をとっていることについて。
これはOB・OGの方々や、部員のご家族知人に活動を知らせることが主な目的です。
Topやtwitterに試合結果などは掲示されますが、それだけではどうにも無味乾燥です。
そこで所属する部員が何か一言ブログを書くことで少しでも身近に感じることができると僕は考えています。

次に「書く」ということについて。
じゃあ他人に見せるためにブログを書くのかというと、それもなんだか味気ない。
僕は文章を書くのは「思考の整理」の一手段だと考えています。
ブログ書かなきゃ、となった時。おそらく(何個かの)テーマとそれに伴ういくつかの項目・感想が頭に浮かぶと思われます。
しかし文章を書くときは記述する順番を決めなければいけません。
この時アイデアA,B,Cとある場合それが
A→B→C
なのか
A+B→C
なのか
B→A(C)
なのかと整理しなければ文章として支離滅裂になってしまいます。
そんなこと考えたことねえよ、という人は無意識に順番づけができているだけです。
時々上のような形式に囚われずに流れるような文章を書く人がいますが、それは普通にすごい人だと思います。
別に大長編の文章を書く必要はないと思うので頭の体操だと思って軽い気持ちで皆書けばいいんじゃないかなあと感じています。僕が比較的文章を書くのに抵抗が無いから、と言ってしまえばそこまでですが。
そろそろお昼の時間になりましたのでご飯を食べてきますね。
次回は同じく第五学年櫻井君が担当です。よろしくー。














追記:今回は推敲一切なしで書きました。
   終わってからまんま思考の生理学のパクリということに気づきました笑

とものうです。

 written by 友納 惇之介 投稿日時:2019/06/10(月) 02:28

ラグビー部4年生1番の人気者、栄君からご紹介に預かりました、看護学科4年の友納(とものう)です!ブログは久しぶりです!
今は令和初の体育祭も栄君のおかげで無事に終え、メディカルセブンズも準優勝で幕を閉じひと段落、といった感じですかね。そんなわけで今日は
①「消えた前十字と悔しすぎたメディカルセブンズ」
②「看護ラグビー部員、絶滅の危機!」
③「実習きっつ…」
の3本立ててお送りしようと思います!

それでは1つ目のお話から……わたくし、昨年の11月に怪我をしまして手術を経て4月から試合復帰する予定だったのですが、なんと3月末の練習中に右の前十字靭帯を断裂してしまいました。復帰して大学生活最後のメディカルセブンズを優勝で飾ろうと意気込んでいた矢先のことで、もうラグビーが出来ないのではないか等、ここには書き尽くせないほど色々なことを考えてしまい、文字通り“絶望”し、恥ずかしながら涙が止まりませんでした。手術を選択しては秋のリーグ戦に間に合わないので、保存療法を選択することとなりましたが、筋トレやリハビリを経て現在ガチガチのテーピングにてラグビーを続けております。(試合も出てます!)
そんな状態で5月末のメディカルセブンズを迎えたのですが、我が防衛医大は厳しいトーナメントを勝ち抜き、見事熊谷ラグビー場のAグラウンドで決勝戦を行うこととなりました。相手は私たちと同じく関東医歯薬リーグ1部の東邦大学。私はスタメンで出させていただいたのですが、結果は29-7で敗北。最後のメディカルセブンズは、自分の未熟さを痛感させられた非常に悔しい準優勝でした。秋までの残り数ヶ月、必死にトレーニングを積んで、15人制では必ずリベンジすると固く誓ったのでした…

はい、続いては2つ目のお話、看護ラグビー部員の絶滅についてです。なんと今看護学科の1~4年の男子で、ラグビー部員は私と飯田君の2人しかいません。しかも2人とも4年生です!卒業です!いなくなります!私たちの力不足により、今年も看護男子からの入部者はおらず、ガチやばいです。何故ガチやばいか簡単に言うと、医学科と看護の寮は離れており(ちなみに全寮制です)、医学科は看護の寮に立ち入れないため非常に勧誘しづらいのです!このままだともし看護に身体能力ゴリッゴリの男子が入ってきたとしても、勧誘に力を入れれず取り逃がしてしまうかもしれないのです!どうなっていくんでしょうか…このまま医学科だけの部活になってしまうのは寂しいですね…私自身医学科の先輩にとてもお世話になったので医学科と看護の繋がりがなくなってしまうのは少し残念です。まぁ在校生がなんとかしてくれるっしょ!ってことで期待しときます笑

そして最後になりましたが、3つ目は看護の実習のお話です。看護の実習マジできついんですよ。何がきついかって精神的にすり減ったり睡眠時間がすり減ったりするわけですよ。ネットとかで調べればいっぱい出てきます。ツイッターにも載ってます。ヘトヘトなんす。そこんとこ色んな人に知っていただきたいなってそれだけです。そして実習中も何食わぬ顔で部活に来てる私を崇め奉ってください。嘘です。自分で選んだ道なので苦労を慮れとはもちろん決して言いません。医学科のように勉強は出来ないですが、ちょっときつめなんだよ~って知っていただけたら幸いなのです。4年生はまだまだ実習があるのですが、負けずにラグビー頑張っていきます!!!

長くなりましたが私からは以上です。
読んでいただきありがとうございます。誤字脱字はチェックしておりませんので、ありましたら申し訳ございません。
続いては、最近タピオカにハマっているとかいないとか、5年生の齋藤先輩に繋ぎたいと思います!!!では!!!

体育祭お疲れ様でした

 written by 栄 裕介 [行事] 投稿日時:2019/05/26(日) 22:38

森田君からバトンを受けました、令和元年度体育祭準備委員長ことM4栄です。
ブログ更新遅くなり申し訳ありませんでした。
準備委員長は昨年度の齋藤先輩から、当初の予定では他の部員が引き継ぐ予定だったのですが、気づけば僕が引き継ぐことになってしまい、内心「僕にやり遂げられるかなぁ…」と思いながらのスタートでした。
詳しいことは後日別のブログでも更新しようと思っているので省略しますが、新元号「令和」の最初の体育祭と言うことで、平成の伝統を引き継ぎつつ、新しい伝統を作ることを目標に計画しました。
今年は断腸の思いで「棒倒し」を廃止して、「玉入れさせない」という新競技を導入し、更に騎馬戦のルールを大きく変更しました。特に騎馬戦の新ルールは、変更による多少のグダりは有ったものの、参加者、観戦者から大きく歓声が沸くような、エンターテイメント性の高い、いいルール変更が出来たと自負しています。
これはラグビー部に入ったからこそ回ってきた役回りですが、入校当初では想像も出来ないようなとても素晴らしい人生経験が出来たと思います。サポートしてくださった先生方、先輩後輩の皆様にお礼申し上げます。

一端ここで区切って、今日行われたメディカルセブンスの話に移ります。
今年は昨年準優勝だった悔しさをバネに優勝するべく、練習を積んできました。昨年敗れた獨協医科大学にはリベンジを果たしましたが、決勝戦で健闘むなしく、東邦大学に優勝を譲り二年連続の準優勝となりました。
秋のリーグ戦でこそ優勝できるように、明日からまた再スタートを切りたいと思います。

それではここで、体育祭桃団でもクッキングパパとして大人気、今日のセブンスも最後の年と言うことで全力で頑張っていた、N4友納君にバトンを渡したいと思います。
友納君よろしくお願いします<(_ _)>

援団練習始まってます!

投稿日時:2019/05/14(火) 11:01

初めまして、1大隊学生長様からのバトンを受け取ったM4森田です。
3年の秋にやってきたのですが早くも半年が経ちました。慌ただしい日々だったのであっという間に過ぎ去っていきました。今まではラグビー歴では1番の後輩でしたが、先日5人の1年生が入部してくれてようやく後輩ができた気分です。早く一緒に部活をして仲良くしていきたいものです。
さて、リレー日記のタイトル通り体育祭の援団練習が始まっています。
あと3日で体育祭となる訳ですがどの団も気合が入っており休日もいとわず練習しています。1年生のやる気も高くフロアの廊下で自主練習している子もちらほら。なので今年もレベルが高そうで期待しできそうです!ラグビー部の1年生の活躍も楽しみです。
また今年の体育祭は変更点も多く、例年とは少し違う仕上がりとなっていますのでどのような体育祭になるか楽しみです。
こんなところで次は今年の体育祭準備委員長の栄くんに回させていただきます。
最高の体育祭にしてくれることでしょう!

令和もよろしくお願いします。

 written by 井階 正惇 投稿日時:2019/05/08(水) 01:56

お久しぶりです。
本摩くんからバトンになってないバトンを受け取りました、井階正惇です!
時代は平成から令和になりましたね。僕を含め今の学生は改元を経験していないのでとても新鮮でした。
合宿の最中でしたので平成最後に行ったことも令和初に行ったこともラグビーでした笑(ちなみに僕は新元号をトイレの中で迎えました)
どうそ令和でも防衛医大ラグビー部の応援のほど、よろしくお願いいたします。

GW合宿は前半5日間でしたが、個人的に3月から4月にかけて病気や怪我を繰り返していたので久しぶりに思いっきりラグビーができる喜びでいっぱいになりました!
もちろん大変なこともたくさんありますし、一筋縄ではいかないこともいっぱいあって悩むことも多いですが、それ以上の楽しさや喜びというのがラグビーという競技や防衛医大ラグビー部にはあります。
体育祭が終わると1年生が部活に参加するようになりますが、防衛医大ラグビー部に入ってよかったと思ってもらえるように僕も上級生として頑張っていきたいと思います!

GW合宿についての詳しい記事は写真付きでフォワード日和に後日まとめようと思っております!今はこれが精一杯です!ごめんなさい!
次はGW直前にインフルエンザB型に罹患し、GW初日に部活どころか外出もできなかった同期の森田くんにバトンを渡します!
«前へ

<< 2019年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30