ブログ一覧

ブログ

<<前へ次へ>>

入部おめでとー[リレー日記]

投稿日時:2019/04/26(金) 16:00

やあ、諸君。
待ちかねたかい。
久し振り、という事になるのかな―――
ああ―――前回の振りに反応するつもりはないよ。僕はそういうのがニガテでね。名前の漢字が間違ってたことすら僕からすれば小さな問題さ。

まずはこのラグビー部に入部してくれた聡明にして英明にして賢明なる1年生の五名に入部おめでとうと言うべきなのかな?彼らがどういう経緯をたどって、そしてどんなことを思って入部してくれたのか、正直に言って、確実にはわからない――僕にだって全てがわかるわけじゃあ、ない。むしろわからないことだらけだ。
だけど彼らは入ってくれた。それは自分であり続けるためなのか、はたまた自分を変えるためなのか。いづれにしてもかんたんなことじゃあない。僕は最大限の敬意を表してやまないよ。
あんまり長々と話すのは性に合わないからね。
手短に行こう。
手短に聞いてくれ。
僕は1年生の彼らと一緒に部活動にいそしむのを楽しみにしているよ。
僕はこう見えてここに来るまで運動なんてからっきしやってこなかったけど今はこうして元気にやってるからね。彼らについても心配することはない。ここの人達は見てくれに反して繊細、もとい優しいしね。すぐに僕達みたいなオジサンは追い抜かれてしまうんだろうね。彼らがこの秋早速活躍してくれるようになってくれればもう言うことはないよ。


さて、言いたいことも言ったし早くこの冗長な文章を締めくくりたいんだけど生憎僕は次誰がこのリレー日記とやらを書くのか把握していなくてね。
もしかしたら早速1年生が書く、なんてこともあるのかな?
何だか無責任な終わり方になっちゃったかい。まあそれも一興ということで。

それじゃあ何かいいことあったら睡眠。本摩臨でした。

部活選択[リレー日記]

 written by 代 昂史投稿日時:2019/04/16(火) 18:19

一年生こんにちは!
高橋くんから任された四年代です。
ただ今沖縄訓練で沖縄に来ております!今日は天気があまり良くなかったのが残念ですが、これから部活の先輩方のメッセージを見に行ってきます。一年生も入ったら分かると思います笑笑
さて、記事のタイトル通り部活選択の話をしたいと思います。
高校で運動をしてこなかった人や、高校でラグビーをしていなかった人にとって、大学でラグビーを選択するということはかなり勇気のいることだと思います。その理由として、ラグビーはゴリゴリの人がぶつかり合うイメージが強いからだと思います。しかし、そんなことはありません。なぜなら、ラグビーは15人でやるものでその選手それぞれには特徴があって、しっかりとそれを活かせるポジションがあるんです。例えば、自分の様に、体がそこまで大きくなく、足が速くなくても、パスが他の人より投げれるだけで試合に出ることができます。大事なのはチームに貢献したいという気持ちなんだと思います。ちなみに、今シーズンのチームのテーマはdedicationです!
皆さんも自分の特徴を活かして一緒に一部優勝を目指しましょう!
次はアタックでセンスを発揮しまくっている同期の本磨君に回したいと思います。

入校おめでとう![リレー日記]

 written by 高橋 徹成投稿日時:2019/04/11(木) 22:03

新入生のみなさん入校おめでとうございます!
飯田くんのご紹介のとおり、医学科第3中隊長筋肉モリモリの高橋徹成です!
さて、入校式も終わったということでそろそろ部活の勧誘が始まるのではないでしょうか?
僕も三年前、どこに入るか非常に悩んでいました。
高校までずっと野球をやっていたので準硬式野球部に入ろうかと思っていましたが、そこで当時の四年生の先輩や五年生の先輩に熱烈な勧誘を受けて、思い切ってラグビー部に入りました!
入部当初72キロしかなかった僕の体は今となっては90キロとなり、入部当初55キロしかあがらなかったベンチプレスは今となっては130キロあがるようになりました。
当時の写真を見るといまは見違えるような身体に成長しました!
ラグビーの技術も先輩の指導のおかげでメキメキ上達し、今ではどちらかといえば教える側の方になりました。
仲のいい友人、先輩後輩もたくさんできて、非常に充実した生活を送っています。…彼女はいませんが。
防衛医大の生活は平日は外に出られないので、その環境の中で充実した生活を送るためには部活が大事だと僕は思います。
ラグビー部は、先輩後輩の仲の良さ、練習量、部活に対する姿勢、これらを総合して考えると間違いなく最も充実した部活だと思います。
夏合宿やゴールデンウィーク合宿、部旅行など楽しいイベントもたくさんあります!
先輩後輩で私的に旅行に行くこともあります!これもめっちゃ楽しいです!普段から先輩後輩の仲がいいラグビー部ならではのイベントだと思います!
新入生のみなさんには是非ともラグビー部に入って欲しいですね。
僕からの話はこれくらいにして次はラグビー部の司令塔、医歯薬ナンバー1の実力と言われている天才スタンドオフの代くんに回します。
史ちゃんよろしくね。

新年度&着校日![リレー日記]

 written by 飯田 将康投稿日時:2019/04/01(月) 13:36

天気も良く防衛医大の桜も満開の中、新入生が着校してきています。
新入生の皆さん、着校おめでとうございます!

TOEICの再試と学年唯一の再実習を乗り越えて無事?進級して看護学科の最高学年である4年生になることが出来ました、飯田です。


さて、今日4月1日は世間的にも防衛医大としても大きなイベントがある日です。

まず前々から騒がれていた新元号の発表についてですね。
今テレビで中継を見ながら書いてますが新元号は「令和」だそうです。
万葉集からの引用で
意味は「人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開く」とテレビで安倍首相が言ってました。

現在ラグビー部は常に練習に来て下さる指導者の方がおらず、学生が中心になって活動しています。
中々厳しい状況だとは思いますが、是非新入生諸君にはラグビー部に入部してもらって一緒に努力していき、良い伝統、文化をつくっていきたいですね。

かなり無理矢理ですが元号については以上です。


話を戻して今日は待ちに待った着校日です。
改めまして、新入生の皆さん着校おめでとうございます!

色々な人が言ってますが、防衛医大は特殊な学校で、他の大学では出来ないような経験が出来ます。
その特殊性のせいか、初めの数ヶ月で辞める人も毎年何人かいますが、住めば都と言うか慣れるまでの辛抱です。
しんどくて辞めたくなったりしたら近くのラグビー部の先輩に相談に行ったりしてください。
顔とかいかつくてガタイの良すぎる怖そうな人でも親身になって話を聞いてくれて入部を勧められます。(適当)
そのまま入部したら卒業するまで嫌という程面倒見て貰えます。がんばりましょう。


珍しく結構書けたので僕のリレー日記はこんなもんにしときます。
多分次はシーズンの前後に書くかもしれません。

次は筋肉モリモリマッチョマンでラグビー部のキン肉マンこと医学科3中隊中隊長の高橋徹成君にお願いしたいと思います。
よろしく!














P.S
日が変わってすぐ、同期の幸せいっぱいなヤツにひどい嘘をつかれました。
エイプリルフールでもやっていい事と悪い事があると思います。
皆さんはせめて人を不幸にしない嘘をついてください。
おわり

入学を迷っている受験生へ[リレー日記]

 written by 八木 兵真投稿日時:2019/03/27(水) 00:20

リレー日記を引き継ぎました八木です。更新が遅れてしまい申し訳ありません。

最近は、1日の気温差や花粉がひどいですね。
花粉症の僕は、涙と鼻水が止まらない毎日です。しかし、そんな中でも防衛医大のラグビー部は活動します。1月頃から新チームに代わり、これまでやってきた基礎練習の成果が表れ始める時期になってきました。自分はどうかというと、大学に入って始めたラグビーでしたが、まだまだ拙いところはあるものの結構上達したのではないかと実感しています。ただ、自分よりもストイックな同期に囲まれており、うかうかできない日々が続いています。
1日でも早くチームに必要とされるよう精進していかなければなりません!

さて、ラグビーの話はここまでにして、今日は去年の今頃の自分について書きたいと思います。
そろそろ国公立後期の発表が出てきたころでしょうか。去年の僕といえば、第1志望に落ち、防衛医大かもう一年浪人するか悩んでいました。この時期は、様々な人に相談に乗っていただきました。その中で、最も心に響き、今でも参考にしてよかったと思う言葉を紹介したいと思います。「浪人というのは、それはそれで学ぶことがたくさんあるが、人生というものを大局的に見ると、ただの停滞期でしかなく、そこからは何も生まれない」ということでした。初めは、この言葉を聞いても素直に受け止められませんでした。防衛医大は、他の大学と違い特殊です。全寮制ですし、自衛隊に属していて訓練もありますし、入った時点で親の扶養から外れ同じ世代はたまた兄弟よりも先に社会人の仲間入りをしてしまうのです。そんな特殊な環境の中で、ちゃんと医者になれるのか心配でした。本当に、防衛医大に入るべきなのかとても悩んだのを思い出します。最終的にそんな僕の背中を押してくれたのは「浪人は何も生まない」という言葉でした。
そして、入学して1年が経ちました。確かに、訓練や不慣れなことで疲れることもありますが、入学してよかったとつくづく感じます。受験生の頃は狭まっていた視野が、受験から解放されることで広がり、あの頃、無駄にもう1年浪人してでも志望校に行きたいと思っていた自分がばからしく思えます。医学部なんて入ってしまえば、どこもそんなに変わらないのではないかなと思います。
また、「防衛医大に入ったらあれこれやりたいことができないからな」という人もいると思います。しかし、1つ言えるのは、防衛医大以外の大学でできることは、どこの学校でもできますが、防衛医大で出来ることは防衛医大でしかできません。個人的な意見としては、防衛医大に入ってそういった経験をすることの方が「かっこえー!」と思いますし、他の大学で出来ることはユニークさもなく「しょーもな!」と思います。

以上、この1年防衛医大に入って感じたことや思ったことを書きました。ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。来年は、第2学年大隊学生長付といって、着校してから1週間、新1年生のお世話をする2年生の代表に選ばれているので、そこでこの記事を読み入学を決心したという人は声をかけてください!もれなく、アメちゃん贈呈しちゃいます!

それでは、長くなってしまいましたが、僕のリレー日記はここまでとして、次は同期の森田君にバトンを渡したいと思います。受験生の皆さんは、この1年ほんとうにお疲れ様でした!
<<前へ次へ>>

<< 2019年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック