ブログ一覧

ブログ

<<前へ次へ>>

夏合宿、あっついっす![リレー日記]

 written by 渡部 祐也投稿日時:2019/08/08(木) 13:55

杉山さんからバトンを引き継ぎました、渡部です。
ラグビーは大学から新しく始め、中高ではバレーボールをやっていました。
夏休み、実家に帰っていた時、インターハイのバレーの試合をいくらか見たので、その中でも決勝を見て思ったことを書きたいと思います。松本国際と東北の強豪同士の対決でしたが両校で最も差が出ていたのがブロックだと思いました。松本国際は伝統的にバンチリードブロックというシステムをとるチームですが監督が変わったこともありシステムが変わっていて1枚は相手のクイックあるいはライトからのバックアタックにコミットでつき、あとの2枚はしっかりリードで追っていくという基本に忠実ではあるものの1番難しいシステムがしっかり機能していました。対して東北は相手が前衛に2枚しかいない時でもマークが曖昧になっていたり、相手が試合中盤にエース任せになった時もタイミングが遅れたりしていました。
バレーはスパイクをバシバシ決めるのが花形のように思われがちですが、僕はブロックが1番重要だと思っています。ブロックが機能しないと後衛は守備の形が作れません。ブロックは相手のセッターの癖を見抜き、攻撃パターンを考え、マークし、素早く動きブロックの形を作ります。強いチームはブロックのようなディフェンスがしっかりしていてそこでリズムを作り攻撃に持っていきます。
僕はまだラグビーのことは分からないですが、積極的に先輩方から吸収し、やがては試合のテンポなどを読み、考えながらプレーできる選手になりたいです。
堅い感じになりましたが以上とさせていただき、次は最近コンタクトレンズが届き、「やっと俺の本気が出せる」と言っていた鹿児島仕込みのイケメン上妻楽くんにバトンを渡したいと思います。

ハクセンさんの休日~森倉円展~[ハクセンさんの白線流し]

投稿日時:2019/08/07(水) 22:30

お久しぶりです。ハクセンさんです。

あのですね………どうやらラグビー部ブログの更新が少なすぎるとお叱りを受けてしまったようで……
そんなら「おう!やってやんよ!更新してやんよ」の精神で久しぶりに書いてみたりしてます。
そんでですね、内容なんですけど「もう更新してくれんなら内容はラグビーと関係なくてもいい」(意訳)といった感じのお達しがあったので今回は本当にラグビー部と関係ないことをメインで書いていきます。

とは言いつつまあ最初は部の近況報告のようなもの

夏合宿始まりましたね。それで今日二日目が終わったところなんですけど
暑い
もうそれしかない
グラウンドにいるだけで汗かくのにいざ練習が始まるとまあ言わずもがな。夏休みで増えた体重が一瞬で戻りました。これが後三日続くとは正気の沙汰じゃねえぜ!

昨日も汗をだらだら流しつつ二部練を夕15時くらいに終えて「もう疲れたとりあえず寝る」ってなる

と思ったら大間違い
ここからが今日のメインの話
ハクセンさん思ったんです「折角夏休みなのに部活だけで一日を終えるのは違う!」
練習が終わるや否や光速でシャワーを浴びて着替えて出かけました。
(ここから若干オタク趣味の話になるんで興味ない人は読まんでいいぜよ)

向かった先は秋葉原ですね。はい。
秋葉原、最近観光客の人めっちゃ多いですよね。国外からだけでなく国内からも街の雰囲気を味わいに多くの人が訪れているように感じます。ただね、秋葉原は目的もなしに何となく来て楽しめる場所じゃないのね。ハクセンさんの兄もね「東京来たぜ!秋葉原行くぜ!」って言って行きましたけど「ただ行ってもそんな楽しくねえな」とのことで。
じゃあハクセンさんが今回秋葉原に来た目的は何なんだと。

こちらですね

森倉円展@秋葉原とらのあなB館
ハクセンさんが尊敬するイラストレーターの一人である森倉円先生のイラスト展です。
森倉円先生知らない人のが多いと思いますけどその道じゃあかなりの大物でハクセンさんもイラスト集をしっかり持ってます。

ちょっと話それますけどこの「ILUSTRATION MAKING VISUAL BOOK 森倉円」めっちゃおすすめです

森倉円先生のイラストが厳選して載せてありますしも森倉円先生がイラストを作成する行程なども詳しく書かれていてとにかくイラストに興味がない人にもオススメです

そんで行きました森倉円展
このイラスト展自体ももうそろそろ終わりという時期と平日の午後という時間帯もあいまってかなり空いてましたね。イラストを一枚づつゆっくり見れましたね。ハクセンさんの他もお客さんがちらほらいたんですけど中には外国の方とかもいましたね。
それで肝心のイラスト展の内容なんですが

まあめちゃめちゃ良かったです。最高でした。
森倉円先生の絵はキャラが可愛いですし肌や髪の毛、服の質感や色彩が非常に細かく描かれていて見ていて飽きないですし単純に惹きこまれる存在感がありますね。よき。森倉円先生の既刊の同人誌やイラスト集の中から厳選されて展示されているようでしたね。森倉円先生のイラストはテーマを決めて描かれているのでそれを意識しながら見るのも面白かったですね。
会場はそこまで広くなかったので展示されているイラストの数はそこまで多くはなかったんですけど十二分に満足のいく内容でしたね。

それでまあちょっとグッズ販売みたいなのもやってたんですよ。イラスト入り色紙やキャンパスボードなどが販売されていたんですが
まあ買いますよね
ポスター的のものと、同じく森倉円先生が好きな同室君へのお土産にイラスト入りの眼鏡拭きを買って帰りましたよ。

で、帰ってお部屋に飾るわけですよね

めっちゃええやん
A2サイズいっぱいのイラストでもうね、これ1枚で部屋の雰囲気がガラッと変わりましたよ。ちょっと高かったけどホント買って良かったと。
部活の練習前にですね、これをちらっと見て「今日も一日がんばるぞい」とそんな気持ちにさせられましたね。
そしてお土産も同室君には非常に喜んでもらえたようでよかったです。

まあ今回はこんな感じでハクセンさんの余暇活動的なものを紹介してみました。
今後もお上からストップがかからなければこんな内容を書いていければと。
とりあえず数日後にイラストレーターのAnmi先生の個展に行くんでそっちについても書くつもりです。
どこに需要があるのか知らないですけども
 

始まってしまった…[リレー日記]

 written by 杉山 正乙投稿日時:2019/08/06(火) 21:13

お久し振りです。バトンを受け取った5年生の杉山です。

今年もついにやってきてしまいました!夏合宿です!
…ビックリマークで無理やりテンション上げようとしてもダメでした…今年で5回目になるはずなんですが未だに慣れません。
このままツラい夏合宿の話をするより、夏休みの楽しかった思い出について語らせて頂きたいと思います。

この夏休み、初めてボルダリングに挑戦しました。
ボルダリングはフリークライミングやスポーツクライミングの一種で…といった堅っ苦しい説明はGoogle先生やウィキペディアにお任せして、実際に感じたことについて話していきます。

以前はアスレチックのようだと興味を持っていたのですが、実際にやってみると頭をしっかりと使うスポーツだということが分かりました。ボルダリングは「身体を使うチェス」と評されることもあるほどなのです。
壁に登る前に観察して、どっちの手でどのホールド(壁の突起物のこと)をどんな順番で掴んでいくか、しっかり下見をしてルートを考えておかないとすぐに握力が疲れてしまい、登り切るのが困難になってしまいます。事実、初めての日は力押しで登ったせいで、最後に指にマメを作ってしまいました…

頭で考えて、身体で実行する。出来なかったら次は別の方法を試してみる。そして最後の手段は力押し。
ラグビーにも通ずるなぁなどと考えました。

次は期待の新人、渡部君にバトンを渡したいと思います。

夏休み![リレー日記]

 written by 櫻井 陸投稿日時:2019/07/19(金) 16:23

お久しぶりです。
今日から夏休みに入り、ワクワクしている第五学年の櫻井です。まだ夏休みに入っていない学年もあるそうですが。

さて、3週間前のことになりますが、6/30にメディカルセブンズの優勝校対各校の選抜メンバーによるセブンズの試合が秩父宮ラグビー場で行われました。我が校からは各校の選抜メンバーとして第二学年の山本悠太郎君と、現在弊部と混成チームを組んでいる日大歯学部第三学年の松浦孝将君が出場しました。結果は選抜メンバーが負けてしまいましたが、山本悠太郎君が2トライを決め大変盛り上がりました。またその日はそれだけでなく、関東大学リーグによるセブンズの試合及び15人制の試合が行われました。すべての試合がハイレベルでこのような試合を繰り広げてみたいと思わせる内容でした。

話は変わりますが、試合を見終わった後に関東医歯薬リーグ出場校による第2回主将会に参加しました。今回の会議は秋のリーグ戦の日程を決めるものでした。まだ仮決定ということなので詳しくは後日ブログにて発表ということにさせていただきますが、具体的な日程が決定したことでより練習でフォーカスを明確にしていきたいと思います。夏合宿も8/6から始まりますので、応援よろしくお願いいたします。
ではこのあたりでリレー日記を終わらせたいと思います。次は同じ第五学年の杉山君、お願いします。

めっちゃホリディ[リレー日記]

 written by 斎藤 謙太郎投稿日時:2019/06/17(月) 11:59

ウキウキな夏を希望しています。
どうも、救急実習から解き放たれて久々に自由な休日を過ごしました第五学年齋藤謙太郎です。
タピオカですが消化しにくいので食べすぎには気をつけてくださいね。
僕はタピオカの列に並ぶくらいならパンケーキの列に並びます。

先程申しました救急実習ですが、なんと土日にも実習があります。
救急搬送メールが届けばどこで何をしようと即病院に駆けつけなければならないのです。
グラウンド練習終了五分後に呼ばれたときは思わず天を仰ぎました。


今回は久々にリレー日記ということで、僕なりに「ブログを書く意味」について考えてみようと思います。
まずブログという「他人に見せる」形式をとっていることについて。
これはOB・OGの方々や、部員のご家族知人に活動を知らせることが主な目的です。
Topやtwitterに試合結果などは掲示されますが、それだけではどうにも無味乾燥です。
そこで所属する部員が何か一言ブログを書くことで少しでも身近に感じることができると僕は考えています。

次に「書く」ということについて。
じゃあ他人に見せるためにブログを書くのかというと、それもなんだか味気ない。
僕は文章を書くのは「思考の整理」の一手段だと考えています。
ブログ書かなきゃ、となった時。おそらく(何個かの)テーマとそれに伴ういくつかの項目・感想が頭に浮かぶと思われます。
しかし文章を書くときは記述する順番を決めなければいけません。
この時アイデアA,B,Cとある場合それが
A→B→C
なのか
A+B→C
なのか
B→A(C)
なのかと整理しなければ文章として支離滅裂になってしまいます。
そんなこと考えたことねえよ、という人は無意識に順番づけができているだけです。
時々上のような形式に囚われずに流れるような文章を書く人がいますが、それは普通にすごい人だと思います。
別に大長編の文章を書く必要はないと思うので頭の体操だと思って軽い気持ちで皆書けばいいんじゃないかなあと感じています。僕が比較的文章を書くのに抵抗が無いから、と言ってしまえばそこまでですが。
そろそろお昼の時間になりましたのでご飯を食べてきますね。
次回は同じく第五学年櫻井君が担当です。よろしくー。














追記:今回は推敲一切なしで書きました。
   終わってからまんま思考の生理学のパクリということに気づきました笑
<<前へ次へ>>

<< 2019年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新トラックバック