ブログ一覧

rss

ブログ 2010/1

rss
次へ>>

看学国家試験[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2010/01/29(金) 18:04

昼休み、看護学生3年生のマネージャーが遊びに来てくれました。午後から模擬試験だそうですが、余裕があるのか焦っている様子は全くなし。自信があるのかな。医学生の国家試験は2月の13,14,15日にありますが、看護学生は2月21日です。あと3週間ですが、風邪ひかなよう頑張ってほしいですね。3月には卒業生を送る会もあります。ラグビー部になくてはならない存在でした。学生が心配なくラグビーができるのもマネさんがいてくれるからです。そして卒業後、防衛医大病院勤務して誰からも愛される看護師になってくださいね。

みんな若いね[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2010/01/28(木) 12:26

昨日、防衛医大ラグビー部OB総会がグランドヒル市ヶ谷で開催されました。毎年、防衛衛生学会に合わせてやっています。卒業されて何年も経っているOBも最近卒業したOBもラグビー部で集合すると昔とあまり変わりなく元気でした。見た目は太ったり、多少髪が薄くなってたりししてますが、自分の学生時代に戻ってしまうのでしょう。いつになっても先輩後輩の関係は変わらず、楽しい会でした。4年生以上の学生は参加しましたが、今年の意気込みをOBが聞いてしっかりと物心両面の支援を約束してくれました。みんな3月7日のOB戦に向けてしっかり走りこんでください。

青森・大湊病院から駆けつけた中西先生

 

BSLで遅れるかもと言い訳に来た長野前主将

若手から年寄りまで

 

遅れまして[リレー日記 ~OB編~]

 written by 市川 良和投稿日時:2010/01/27(水) 22:31

平素より大変お世話になっております。26期眼科の市川です。ログインが出来ず今日に至っていました。
佐々尾先生に確認したところ、私はもともとIDを持っていなかったようです…。急遽作ってもらいました。
更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

私の勤務する眼科病棟のエレベーターホールからグラウンドがよく見えます。時々眺めてはいますが、数年前は自分がほぼ毎日あのグラウンドにいたのかと思うと懐かしい気持ちになります。

37日のOB戦に向けて今年の初めに医局にスパイクと運動着を持ってきました。運動の出来る日が週末に限られるので、土曜日は早く診察と病棟業務を終えてなるべく体を動かすようにしています。体は同期の栗岡君と同じで徐々に小さくなっていますが、バックスは走って何ぼなので頑張って体を鍛え直してOB戦に望みたいと思っています。


国試やばい…[リレー日記]

 written by 石坂 隆博投稿日時:2010/01/26(火) 19:57

こんにちは。

国試のヤバイ順位2位の石坂です。

本当は1位だと思うのですが…


中野渡君が6年間の心に残ったラグビーの楽しい思い出を語ってくれたので、自分もそんな感じで振り返ってみたいと思います。


6年間、益子先生に幾度と無く訓育の授業をしていただいたお蔭で色々な事を教わった気がします。グランドの中だけでなく、私生活にも続くような。

益子先生から教わった言葉の中で印象の強いものをいくつか書いてみたいと思います。


 1.人のものはとるな。嘘はつくな。

その通りだと思います。気をつけます。

 2.ただ淡々とやれ。

試合中のことで良く言われた気がします。トライを取った、取られたとかいちいち一喜一憂するのではなく、60分間黙々と試合に集中。

私生活でも同じな気がします。最近国家試験が近づいて焦るのですが、やることは変わらないし、淡々と。1日目出来が良くても、良くなくても、3日間淡々と。笑

 3.お祈りするんじゃなくて、照覧あれ、って御参りするんだぞ。

初詣で益子先生がおっしゃるのですが、自分で努力しなきゃなにも始まらない、神様に頼ってばかりじゃダメだと。

はい。努力します。

 4.怪我したら、俺が殺すぞ。

100回ぐらい殺されてます。。

 5.毀誉褒貶論ずるに足らず

   巧妙栄達我が事にあらず

   生無く死無く任務有り

   粉骨砕身、完遂を期す

その昔、第一空挺艦隊司令長官 角田覚治 海軍中将 が残した言葉です。責任学年の時の夏合宿で初めて聞きました。淡々と、とにかく死ぬ気で成し遂げろ!と。

 6.結婚するならラガーマン。それも特にFw

最後はCTBでしたが、Fwもやってました。そのうちきっと付加価値が…


まだまだ、本当に沢山あるのですが、長すぎるのも良くないと思いますので、これぐらいで。笑


自分は小、中、高校と部活を通じて様々なスポーツをやりましたが、防衛医大でラグビー部に入った事は非常に重みがあったように感じます。今までの部活みたいに、ただスポーツをするのと違って、生き方とか心の持ち方とか人間的なものを教わった気がします。

これからも「防衛医大ラグビー部」の名に恥じない生き方をしていきたいと思います。


それでは次は国試がやばいとなると、4年の佐々木くんのような気がしますが、やっぱり6年でまわそうかと思うので、成績優秀な岩永君、お願いします。


スキー訓練[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2010/01/25(月) 18:12

今年最初の記事で遅ればせながら今年もよろしくお願いします。先週は、2年生のスキー訓練同行して来ました。毎年毎年、学生が楽しい想い出を作ってくれる楽しい訓練です。1週間でスキーが特段上手くなるわけではありませんが、教えてくれるのは、陸上自衛隊第6師団のスキーの精鋭の隊員で伸び率はとっても高いです。私が学生にいつも言っているのは、普通の訓練では経験できない部隊の陸曹の方々と親密な交流ができることで、部隊というのはどのように動いているのかどのような人たちがどんな仕事をしているのか、そのために部隊における医官のあり方などスキー以外の事を感じてくれることが大事であると話しています。今回も熱心に指導を受け最後の別れの際は感動的でした。いつも感じることは、医官は階級で仕事をしてはいけないということ。誰に対しても同じ気持ちで同じ目線で仕事をする事だと。今年も防医大の訓練に昔指導に来ていただき退官された方が多数訪れて頂き大変うれしい気持ちになりました。ラグビー部員も想像以上にスキーは上達し、ラグビーもそのくらいスキルアップしてほしいと強く思いました。今週からまたラグビーに集中して頑張ろう。

プロスキーヤー?

6師団の皆様

山中先生苦労してます

検定後のみんな

次へ>>

<< 2010年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最新トラックバック