ブログ一覧

ブログ 2010/6/29

仲間の絆[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2010/06/29(火) 12:37

すでに中谷先生が書いていますが、昨日移動する先生方と送別会?と称して飲み会をしました。詳細は中谷先生の文でわかりますので省略しますが、卒業して何年経っても、学生時代のラグビーの事はもちろん私生活まで良く覚えています。それは同期、先輩、後輩の垣根を越えた仲間としての絆でしょう。たぶんあと10年、20年経っても同じ話題で盛り上がり懐かしい想い出になるでしょう。それはみんな同じ目標に向かって頑張った証です。こういった仲間の輪に入れてもらうのも喜びの一つです。学生時代は、一日一日大事にして今やるべきことに集中して頑張ることで苦しいことも素敵な想い出になるでしょう。学生は今日も練習頑張りましょう。

OB集合。そして22期主将[リレー日記 ~OB編~]

 written by 中谷 創投稿日時:2010/06/29(火) 12:00

昨日、「90kg台?ガリガリだ。夢の二桁」と褒められた?、なかやつくるです。

先日、益子先生の部屋に集まったメンバーで飲みにいきました。

益子先生、広瀬先生、鷲見さん、白石、畠中、市川、そしてなかや。

新しい道に羽ばたくもの、別の土地に転属していくもの、まだまだ所沢の地に残るもの、立場はそれぞれですが、学生時代にともにラグビーをした仲間が、この夏、再び各地へ離れ離れになります。

酔った勢いで、僕らが下級生のころ非常にお世話になった先輩に電話をしました。

22期 主将 原 康之

現在は仙台でご活躍です。

原さんとの学生時代を思い出し、電話口で泣くやつまで出る始末。言葉では表せないさまざまな思い出がよみがえりました。

現役部員のみんなも、数年間会わなくても、電話で声を聞くだけで思わず涙が出てしまうようなそんな信頼関係を持ったチームになってほしいと思います。

 

「ラグビー部の同期が理解してくれるなら、どんなことだって頑張れる。」

昨日、30歳を越えたあるOBの口からでた言葉です。

この言葉が、ラグビーの良さであり、そこらの仲良しクラブとは違う防衛医大のラグビー部の素晴らしさだと感じています。

 

この夏、現役部員の前には、きっと厳しいことしか言わない鬼コーチがグラウンドに現れることでしょう。

鬼に負けない、ただの仲良しクラブで終わらない、いいチームを作ってください。

 

 

 

 

 

<< 2010年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ブログ最新記事

リレー日記 今年もおしまいですね  2019/12/09(月) 12:27
リレー日記 1stジャージ  2019/12/05(木) 18:50
リレー日記 激戦を終えて  2019/12/02(月) 21:35
リレー日記 今年を振り返って  2019/11/28(木) 22:38
リレー日記 意欲に燃えたい  2019/11/25(月) 22:58

最新トラックバック