ブログ一覧

rss

ブログ 2012/11

rss
次へ>>

2週間突っ走れ!![リレー日記]

 written by 内川 貴太投稿日時:2012/11/28(水) 01:56

 
お久しぶりです。橋本くんからバトンを引き継ぎました内川です。なんとまあ、泣いても笑っても今シーズンの残りも2週間を切ってしまいました。とはいっても、ここまできたからには絶対順天堂大学に負けるわけにはいきません。最終調整を進めている今日この頃です。
 
 
昨日、防衛医科大学校は第39回創立記念行事があり、観閲行進がおこなわれました。来年自衛隊観閲式本番に参加するということもあって今年は2ヶ月に渡る訓練もかなり気合が入っており、練習時間もかなりながく割かれていたため、正直終わってホッとしています。出来としてはなかなか良かったんじゃないかと。ぜひ来年度の本番には多くの方々に見にきていただきたいと思います。

これで重荷が降りてあとはラグビーに専念出来ると思いきや、橋本くんも言っていた通り実習や試験の日々が始まり、勉強の方でもこれからかなり追い込まれる様です。しかし4年生もCBTに向けて一生懸命頑張っていることですし、負けずに文武両道を貫ける様努力します。

なんだかんだまとまりの無いぶ文章を書いてしまいましたが取り敢えず言いたいことは「ぜっっったいに勝つ!!!」ということです。ラストスパート全力で突っ走りましょう!!


では次武川君、よろしくお願いします。

創立記念日[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2012/11/27(火) 21:23

防衛医大39周年創立記念式典が挙行されました。体育館で学校長訓示後、グラウンドにおいて観閲行進が行われ3年生以下の学生が寒風吹き荒む中、元気に行進しました。陸上自衛隊中央観閲式は3年に一回朝霞駐屯地で行われますが、それは来年です。それがない年は創立記念日に学校内で実施しています。いままで学生は朝早くから朝礼前に訓練を重ね、短い期間でしたがさすが集中力があるのかビシッと決めました。大したもんです。やるときはやるもんです。これで学校行事は一段落。今週から決戦モードに突入です。廣瀬主将を中心に今年一年一生懸命練習してきました。この思いは今年の学生だけでなく卒業していった先輩の熱い思いも背負っています。12月9日の60分に全てを出して締めくくりたいものです。絶対にやってくれます。

これを見ると立派な自衛官になると思いますが・・・・

第一学生隊第一挺隊指揮官「安武学生~」格好良い~
 

最終確認試合[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2012/11/24(土) 16:47

リーグ戦群馬大学が棄権したため5週間入れ替え戦まであいだが空いてしまいました。そのため試合感を忘れない、チームとしての確認も含めて、昨日、横須賀まで行って防衛大学と試合をしました。急遽入れたので皆さんにアナウンスできずすみませんでした。11月23日は晴天の特異日(早慶戦はそれで決めました)になっているのに冷たい雨。見ている方も凍えるような中、学生は元気にプレーしていました。防衛大学は日曜日のレギュラーメンバーを除く2本目。簡単に得点できない試合と思いきや、結果は39-0の完勝。ディフェンスも機能し、いい試合でした。それでも細かいところの修正点はありました。そこを9日までにしっかり改善してベストの試合をしたいと思います。1年生中心の試合も7-7の引き分け。久しぶりの試合にも1年生も元気に頑張っていました。それにしても寒い一日でした。風邪ひかなように!

日比野さんお誕生会[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2012/11/19(月) 12:53

大先輩日比野さんのお誕生会にお招きされ土曜日に日比野さん宅におじゃましました。11月20日で78歳元気です。かれこれ私がが学生の時からのお付き合いですから30数年です。3年前に一時体調を崩されて防医大の入院して心配しましたが、元気に復活され、そんなに食べて呑んでいいのかと思うくらいです。青戸さん、久米ちゃん達とラグビー仲間が集い祝福しました。そこにまさか前日解散してお忙しいと思っていましたが、森先輩が登場。少しの時間しかいられないと言いながら結構な時間楽しく過ごしていました。ラグビー仲間は、社会的地位や階級で付き合いません。みんな仲間です。お互いそれを理解しているから、肩を張らずに付き合える。最高です。面白い裏話なども聞けて大いに盛り上がりました。

また、森先輩のお父様も早稲田ラグビーの大先輩です。昭和8年卒業でその後戦争に行き、トラック島守備隊の大隊長として従軍しました。もちろん過酷な生活を強いられていましたが、森大隊長は、島民や周りの島で捕虜になっている英国人などを集めてラグビーをしていたそうです。敵国スポーツであり、英語を使うラグビーを激戦地域でやっていたのは驚きです。その当時から「One for All, All for One」と言って鼓舞していたそうです。そこで終戦を迎え戦犯として逮捕されましたが、島民や捕虜だった英国人の証言で森大隊長は、一切ジュネーブ条約に違反することなどしていないということで、日本への帰還はすぐだったそうです。これまたいい話ですよね。

ラグビーは相手に勝つことはもちろん大目標です。しかし、戦術やスキルだけを習得するのではなく、ラグビーの歴史や文化に触れることで、ラグビーの奥深さや精神を感じることができるでしょう。そうすれば、相手に対する思い、自分自身を律することの大事さをもっともっと強くなるのではないでしょうか。日比野さん、来年もおじゃましますよ。

久米ちゃんも最初は緊張気味でしたが、あとはお友達のようでした。

嘘をつくな!![マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2012/11/19(月) 08:16

先週の金曜日、電撃的に衆議院を解散した野田首相。野田さんの解散した意気込みの根底は嘘をつかないということだったのだろう。「近いうち」という言葉が独り歩きして、嘘つき呼ばわりされることに耐えられなかった。自分が嘘をついていないなら、周りからそう言われても動じなかったのに、今回は自分自身が一番わかっているから行動を起こしたのだろう。党首討論の時に、野田さんはお父さんから通知表のことで褒められたと話していました。成績は下がったけれど、先生からのコメントが「バカがつくほど正直だ」と。人として何が大事かをお父さんは教えてくれたのでしょう。野田さんのお父さんは、陸上自衛隊習志野駐屯地第一空挺団で勤務したバリバリの自衛官でした。世の中には立派なお父さんはたくさんいますが、嘘をつくなと教えた方が自衛官だったというのは、何か嬉しくなりました。国を守る自衛隊、国を治める政治家、嘘をつかないで頑張って欲しいですね。
「嘘をつくな」「物を取るな」「言い訳をするな」「潔くあれ」!
次へ>>

<< 2012年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最新トラックバック