ブログ一覧

rss

ブログ 2013/10

rss
次へ>>

自衛隊中央観閲式!![リレー日記]

 written by 武川 和樹投稿日時:2013/10/31(木) 22:35


アメリカからビッグになって帰ってきた想さんに代わりまして3年の武川が書かせていただきます。

10月27日に陸上自衛隊中央観閲式がとりおこなわれました!
観閲式って何?という方もいらっしゃると思いますので簡単に説明させていただきます。
観閲式とは自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣に、その統制下にある部隊や装備を見てもらうための式典です。
以前は毎年行われていましたが、1996年以降、陸海空の各自衛隊が持ち回り制で行っており、陸自の中央観閲式、海自の観艦式、空自の航空観閲式があります。
各式典を一言で表しますと
中央観閲式→歩兵部隊、戦車などのパレード(行進)
観艦式→戦艦が海上で規則的に航行
航空観閲式→戦闘機やヘリが並んで飛行(空飛ぶ広報室的な)

今年は陸自による中央観閲式の年で、我らが防衛医科大学校は陸上自衛隊の管轄下に入り、パレードに参加しました。
防医大生は1~3年生が式典に参加します。
各学生は、実際に歩く列員、列員の指導を行う指導員、そしてあらゆる準備やサポートを行う作業員にそれぞれ振り分けられており、私は指導員として今回の観閲式に臨みました。

パレードを行う際最も重要になってくるのは、列員全員が少しも違わぬ動きを行うことです。
足の歩幅、腕を振る角度、歩くスピードやタイミングにいたるまですべてを統制して合わせなければなりません。
普通に生活していてはわからないのですが、一人一人歩き方には個癖があり、その修正を行うことに苦労しました。
そして今回最も苦労したのが列員のモチベーションの維持です。
普段は医学生としての勉強に励んでいる(⁇)学生が180度異なる行進の練習を行うのですから、そんな簡単にやる気を出してもらえるわけではありません。
事実、観閲式は10月末に開催されましたが、練習は6月から始まっており、指導部は3月から計画を練っているのです。
そんな時こそ指導員の腕の見せどころなわけです!!

また、本番が近付くと実際に朝霞駐屯地にいっての訓練も行われたのですが、総員4000人の隊員が集まるので、移動用のバスや車両にも到着時間や駐車場所が厳密に決まっており、各部隊との兼ね合いもあって、
まさかの朝3時半起き、、、(もはや27時半、)
そんなこんなでさまざまな困難がありましたが、本番では列員のみんなが納得のいく行進を披露してくれました。
さすが防医大生、やるときはやってくれますね!!

一方で現在4年生は定期試験中。
やるときはやってくれるでしょう!!
6年生も国家試験がそう遠くないところまで迫っている。
やるときはやってくれるでしょう!!

そして我らが防医大ラグビー部も日曜に公式戦の初戦を控えています。
やるときはやる!!常にやる!!!絶対にやる!!!!
何としても勝利をおさめて1部昇格!!
気合い入れて頑張りましょう。

次は実際に列員として参加した内川君に書いてもらいます。


 
201310312338_4-300x0.jpg201310312338_5-300x0.jpg
                                  防衛医大の行進!!
                                  かっこいいですね。
 
201310312338_6-300x0.jpg
                                戦車によるパレードも!!

 

                                                        画像:陸上自衛隊HPより引用




 

USUHS帰国報告[リレー日記]

 written by 遠藤 想投稿日時:2013/10/26(土) 07:56

 5年の遠藤想です。今回USUHSに研修に行って参りましたので、そのことを書きたいと思います。
 
 まずUSUHSといっても何のことか分からないと思いますので、軽く説明を。USUHSはUniformed Services University of the Health Sciencesの略で、日本語に訳すと米国軍保健衛生大学です。規模は全然違いますが、アメリカの防衛医大みたいなところです。こっちでは皆ユーザスと呼んでいますが、向こうではユーシス(ユースィス?)と呼ばれています。1ヶ月間生活し、本当に貴重な経験をさせていただいたのですが、ここではラグビーに関係する話を書きたいと思います。
 
 初日に食堂に並んでいる時でした。初めての場所でこの列に並んでいいのかどうかも分からない時に、後ろにきた男の人が話しかけてきました。
(タイ人の留学生もいたので)「タイからきたの?」
振り向いたら顔の前に名札があったので、見上げて顔を確認。1年の番長を190cmにした感じでかなり怖かったです。
「いや、日本からです。」
その後はいつ来たかなど適当な会話が続き、会話が途切れたので、どうせアメフトかバスケなんだろうなとは思いつつも
「体大きいけど、何かスポーツしてたんですか?」
と聞いてみました。すると
「I・・・・・・・・・・・・・rugby・・・・・」(・・・の部分はよくわかりませんでした)
「rugby!?!?」「僕もラグビーやってるんですよ!」
ここからはもうポジションから始まるお決まりのパターンですね。彼はロックでジャンパーでした(発音が違うのかジャンパーが3回言っても伝わらず)。後で分かったのですが、200人のクラスにラグビー経験者は彼1人だったみたいです。やっぱり何か引き寄せる力があるのか。違う中隊だったため、あまり会うことができず、写真のチャンスを逃してしまいました。すみません・・・
 
 留学生はタイからの他に、イギリス、メキシコからきていました。イギリス人(スコットランド)とはかなり話す機会があり、こちらは当然ラグビー大好きで、
「15人制ではスコットランドの方が上だけど、日本はセブンズでもっとやれるはずだ!」
と熱く語っていました。確かになぁとは思いつつも、下に見られている気がしたので
「15人制でも日本は強くなってる!この前ウェールズに勝ったし」
と言い返しておきました。彼は僕達より少し早く帰ってしまったのですが、11月9日の強化試合で日本が勝つことを伝えてお別れしました。
 
 アメリカというラグビーが圧倒的にマイナーな国でも、こうしてラグビーを通じて仲良くなれる。本当に素晴らしいことだなと思いました。もう一つ思ったのは、ラグビーの歴史、種類についてもう少しだけ知っておいたほうがいいなということです。今回出会った2人にもセブンズかユニオンか、と聞かれてここまでは分かったのですが、~ルールでやっているのか、など聞かれてよく分からなかったので、一番メジャーなやつだと答えるしかありませんでした。13人制が意外とメジャーであったり、サッカーゴールを使ってやるラグビーもあるみたいなので、もう少し勉強したいなと思います。
 
 最後になりましたが、責任学年のシーズン中にも関わらず、快く送り出してくれた先生方、メンバーの皆さん、本当にありがとうございます。今回の経験をラグビー部に生かしていきたいと思います。まずは今シーズンなので、いち早く体を戻して頑張ります!次は観閲を翌日に控えた武川くん、観閲のreviewをお願いします。
 
201310260804_1-450x0.jpg

授業の一風景。

201310260804_2-450x0.jpg

スコットランドのギャビンと。イギリス英語に苦戦。

201310260804_3-450x0.jpg

sponsor(対番)のマイクと。橋本??

遠藤学生帰国[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2013/10/24(木) 14:57

9月より1ヶ月間、米陸軍保健大学へ研修に行っていた5年遠藤学生が昨日帰国しました。時差ボケも治らない昨晩も練習に参加しました。5年生の中で英語が堪能で人格者が4名選抜されて防医大代表として行きます。ラグビー部からは初めての選出です。これは大変栄誉なことでラグビー部としても誇りに思います。常々言っていますが、ラグビーが忙しいから勉強ができない。勉強が忙しいからラグビーができないというのは言い訳です。時間の使い方を工夫して切り替えをしっかりすればできるのです。ラグビーは生活の一部です。それを体現した遠藤学生は後輩へいい影響を与えてくれるでしょう。向こうでも走っていたとは言えラグビーから離れていた身体を早くラグビーに慣らして試合に望んで欲しいと思います。おつかれさまでした。詳細は本人がアップすると思います。
 

英語ペ~ラペ~ラです?

観閲行進訓練[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2013/10/23(水) 21:08

27日、中央観閲式典が朝霞駐屯地であります。3年に1回ですが防医大学生も参加します。授業の合間をぬって短い時間でしたが精度の高い訓練をしてきました。今日は最後の学校長点検でした。先週の予行では高い評価を受けていました。私も観ましたが非常にレベルの高い行進でした。日曜日は防医大ここにありを見せつけてきてほしいです。
 

敬礼もキリッとしています。目線も揃っています

背の高い学生が最前列。1年小林学生が先頭です
 

4学年テスト期間![リレー日記]

投稿日時:2013/10/23(水) 07:40

 芹沢君からバトンを受けました、安武です、東大戦では3本目のゲームキャプテンをやらせてもらいました。簡単に振り返ると、ゲームキャプテンとして試合の状況をしっかり判断できてなかったり冷静にものを言えなかったりと、まだまだだなーと思うところが多々ありました。シーズンが終われば責任学年になります、僕も含め4年生にはもう少ししっかりしてほしいですね…

 さて、前期も終わり後期も1か月が過ぎようとしているところですが、役付きに体育祭や並木祭など、面倒な…じゃなくてやりがいのある仕事を次々と終えていき、ようやくラグビーに集中できるぞ!と思いきや……
そうなんです、4年生には大事なアレが待っているんです、そう、あのテストという恐ろしいマモノが。
4年生はこの時期、まず定期試験をクリアしなければなりません!これが恐ろしいことに、後に控えるCBTという全国統一試験の何倍も(下手したら国試の何倍も)難しいものが出題される教科がいくつもあります。学生のうちから奥ふかーくまで(半強制的に)勉強できるなんてうれしいなぁ、いつかきっとこれが生きる時が来るんだろうなぁ、そう暗示をかけて乗り切りましょう。落ちればオフが再試で削られるという悲しい結末が待っています。
 そうして、定期試験を乗り切ったとしても、次に控えるのが先に少しふれたCBTです。これに落ちるともうどうしようもありません、ホントにどうしようもなくなります。もう一回がんばりましょう。定期試験が終わって2週間とたたないうちにこのテストが控えているというから驚きです。学校長、カリキュラムの見直しよろしくお願いします。
 まあしかし、今までの4年生たちはラグビーもちゃんとやりつつ試験もしっかりクリアしてきています。僕たちにだけできないということはないでしょう。たとえ定期試験のとある教科が特に37期に鬼のように厳しかったとしても、たとえCBTの基準が今年から上がったとしても、ラグビー部のU君もM君も難なく通ってくれるでしょう。

 このへんで僕のリレー日記を終えさせていただきます。次はアメリカでもっといかつくなってきたであろう遠藤先輩にブログを回したいと思います、よろしくお願いします!
次へ>>

<< 2013年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック