ブログ一覧

ブログ 2016/3

皆さん、お世話になりました[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2016/03/15(火) 10:32

皆さん、長い間「マッシードリーム号」お世話になりました。今回が最終回です。
私ごとですが、この度、3月で防衛医大を退職することになりました。平成5年に奉職して23年余り、たくさんの方々にお世話になりここまでやってこられました。特にラグビー関係者の学生、卒業生、防衛省関係者には、私のわがままを許して頂き、自分の好きな事を散々やらせて頂きました。ラグビーに関わってたくさんの思いでも創っていただきました。いい歳したオジサンが学生の勝ち負けで一緒に涙できる。最高の環境で青春を共有できました。こんな素晴らしい仲間と出会えて私は幸せ者です。ラグビーというツールで世界中に仲間ができる。それも固い信頼関係は万国共通です。私はラグビーを通して自衛隊と世間の垣根を低くしようと思ってずっとやってきました。大きく言えば世界平和にも繋がる事だと確信しています。スポーツを通して外交する。そこに思想・宗教・民族・貧富の差別はありません。これは卒業生の「医師の誓い」と一緒です。みんなが同じ目線で対等にコミュニケーションできる、そんな楽しい環境にラグビーはあります。身体を張る、痛い事ですが、そんな奴ほど信頼できます。この仲間は金では買えない掛け替えのないものです。そんな仲間と死ぬまで付き合いたいと思っています。

3/12、盛大に送別会を開いてくれました。学生も含めて100名以上の方々が、北海道から沖縄まで忙しい中集まってくれたOB。挨拶では感謝の気持ちをうまく言えませんでしたが、本当に本当に私は幸せ者です。防衛医大ラグビー部の歴史の1ページに私も参加できたことも良き想い出です。最後に海士主将の音頭でラグビー部歌を歌ってくれました。自画自賛ですが私が作詞しましたが、いい歌だなあと思います。来年は創部40周年を迎えます。ここまでラグビー部を支えてこられたOBの皆さんに敬意を表するとともに、これからのラグビー部と防衛医大の益々の発展をご祈念申し上げます。ありがとうございました。


 

マネさん花束です[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2016/03/07(月) 12:56

高等看護学院最後の卒業式が明日行われます。それに先立ち、卒業するマネさんに花束の贈呈がありました。看護学科の設立に伴い、高等看護学院が閉校されます。最後の優秀な学生の卒業です。
病棟でお世話にはなりたくありませんが、病院であった時は気軽に声掛けて下さい。
素敵な笑顔で仕事頑張って下さい。
卒業おめでとう!!

後輩マネさんから

清々しい笑顔です

最後の円陣

全員集合~~~~~!

医学科同期と

後輩マネさんと

37期謝恩会[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2016/03/07(月) 08:27

卒業式翌日、37期謝恩会がありました。卒業生は気分も晴れやか女子は衣装も艶やか素敵な会でした。卒パビデオは毎年恒例の楽しみ。懐かしい写真なども盛り込まれ本当に6年間って長いんだなあと感じました。学生部の方々も転勤された方も見えて懐かしく交流できました。最後に私まで花束頂き感動でした。とてもとてもほんわかした気持ちになり素敵な時間でした。今回の写真は自分が写りすぎです。

期成会係の小林学生、ご苦労様でした

5年生はみんな参加です

セガちゃんも満面の笑みです

元指導官室勤務竹田さんも。芹ちゃんは司会でした

今回も期成会長三好君の頑張りが。

綾瀬はるかと杏に囲まれて????

6ね生指導官の矢内1尉と鈴木准尉

バレー部牧さんと廣瀬先生

指導官室の皆さん

茨城県人会

本当に三好君ありがとう

このドヤ顔いいです

保健管理室の坂上さんお世話になりました

こんな写真初めてです。ありがとう~~~~~~~~!

37期卒業式[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2016/03/06(日) 12:57

昨日、医学科37期卒業式が挙行されました。ラグビー部は5名の卒業。一人ひとり名前を呼ばれて壇上で学校長から卒業証書を授与される姿をみて6年間という時間を振り返って思いがこみ上げてきました。彼らが入部した時は4部。そこから快進撃で責任学年で1部優勝。決して彼らだけの力だけではありませんが、怒涛の時代を駆け抜けて行きました。そんな中でいろいろな事がありました。嬉しい事、感動した事、悔しい事、嫌な事。すべてが想い出です。毎年思いますが、6年間と言う時間で少年から立派な大人になります。ラグビーというツールが人間的にも大きく成長させてくれる一つになっています。しかし、彼らは今スタートラインに立っただけです。社会と言う荒波にもまれ、まだまだ大きな壁にぶち当たるでしょう。それをぶち破る力を持っています。ラガーマンだったと言う誇りを心の奥底に秘めて、これからの人生頑張ってほしいと思います。
卒業おめでとう!!!!

さあこれから入場です

梅ちゃん

芹ちゃん

安武

みよし~~~~

セガちゃん

中谷防衛大臣

両親への挨拶

期成会長三好君

落とすなよ




















最後の別れです

全員集合~~~~~~~~~!
 

卒業生ラグビー所感[リレー日記]

投稿日時:2016/03/05(土) 23:03

ラグビー部に捧げたこの6年間は決して楽な道程ではありませんでしたが、多くの大切なものを得ることができた、充実した日々でした。

私は怪我に弱く、夏合宿が終わる直前で骨折し、シーズン中の試合に出場出来なくなるといったことを何度も経験しました。悔しい、不甲斐ないと自己完結で終わらないのがチームスポーツの特性で、他の部員、指導陣に沢山迷惑をかけてきたことと思います。山崎先輩、安武、馴れないポジションを押し付ける形になって本当にすみませんでした。そして安武、優勝してくれてありがとう。私が5年生の時のシーズンで1部優勝が決まった時は、嬉しいながらも、フィールドでプレーすることが叶わなかった寂しい思いを感じていました。

こんな私が後輩に伝えたいのは「万全の準備を心掛けて欲しい」「怪我に負けない」「次にやることは何か、今何をすべきか」の3つです。

「万全の準備を心掛けて欲しい」
万全の準備は心の隙を小さくする。良きプレーのため、怪我をしないために事前にやれることは済ましておきましょう。

「怪我に負けない」
怪我をすると気持ちが凹みます。痛みでも凹む、身体が思うように動かないのにも凹む、同期、後輩が上手くなっている中、自分だけ取り残されたように感じて凹む。そこでいじけないで下さい。なにくそ!と思った分、怪我が治った時に爆発させて下さい。

「次にやることは何か、今何をすべきか」
怪我をしてもやれることは沢山あります。自分を高めるために、ラグビー部のために今何ができるかを常に考えて下さい。

また、4部から1部まで這い上がるために大変多くの方々のお世話になりました。1部でプレーができることをあたりまえと思わず、感謝の念を忘れないで下さい。

今後のラグビー部の健闘を願っています。

37期 芹沢悠介

<< 2016年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ブログ最新記事

フォワード日和 若人  2018/11/03(土) 22:06
フォワード日和 怒涛の10月  2018/10/29(月) 23:39
リレー日記 いよいよ筑波戦!  2018/10/27(土) 23:31
フォワード日和 初めての公式戦  2018/10/27(土) 18:47
リレー日記 公式戦2戦目まで後1週間!  2018/10/20(土) 01:15

最新トラックバック