ブログ一覧

rss

ブログ 2017/2

rss
次へ>>

はしもとの日々雑感⑮[フォワード日和]

 written by 橋本 悠投稿日時:2017/02/26(日) 13:32

 はしもとの日々雑感と題して、私が感じたことや考えたことを書いてきたブログも今回で最終回。卒業まで1週間を切った今、6年間ラグビーをやってきて、後輩のみんなに伝えたいことや考えてほしいことがあるので、最後の機会にのこしておくことにする。
 
①防衛医大でラグビーをやる意味を考える
 防衛医大というのは、ご存じのとおり、特殊な学校だ。医師・看護師という医療職を育てるというほかに国防に関わる人間を育てる点において。
 これらの特殊な職業において必要とされるのは、技術や知識はもちろんだが、一番重要なのは『信頼』なのではないかと思う。そして、その信頼というのは、知識や技術に加えて人間性というものがあって初めて形作られるものだと私は考えている。
 この人間性というのは、もちろん教室では身に着けることのできないもので、だからこそ、ラグビーを通して学び、身に着けていくことが大切なのだと思う。ラグビーはそれを可能にしてくれるスポーツだと思うし、独自の文化や伝統から学び、日々の生活に生かしていくべき点も非常に多いと思う。
 後輩のみんなには、ラグビーがうまくなることももちろんだが、時折、『自分は何のためにラグビーをやるのか』ということを考えてみてほしい。
 そうすれば、自然と、ラグビーに対する取り組み方はもちろん、日々の生活や勉強に対する姿勢もより素晴らしいものになっていくはずだ。私たちが、他のスポーツをやっている人間と同じではいけない。ラグビーをやっているからこそ得られるものを、日々の生活に活かしていかなければいけない。

②体を張ったラグビーをする
 私自身は体が大きいとか足が速いとか何かスキルがあるプレーヤーではなかったが、体を張るプレーは割と得意だったと思っている。今の練習を見ていて思うのは、みんな確実にスキルは上達しているということ。でも、これはある意味当然のこと。たくさんの時間をかけて、いいコーチに教わって、何回も反復練習しているのだから。基本的なスキルや戦術をしっかりと落とし込んでいけば、いい結果が待っていることだろう。
 しかしながら、目立たないけれども、体を張ることの重要さも忘れないでほしい。一発のタックルやルーズボールへのセービングで試合の流れが変わることはよくあることだ。こういうプレーは練習ももちろんだが、『気持ち』の占める割合が高いものだと私は考えている。自分よりも大きな相手に、怖がらずに刺されるか。相手が押し寄せる中に頭から突っ込んでいけるか。これらは、スキル云々の問題ではなく、自分の壁を越えられるかどうかという問題な気がしている。だからこそ、その壁を越えられれば、ラグビーは私たちを大きく成長させてくれるはずだ。

 いろいろと説教たらしいことを書いてみて、伝えたいのは、ラグビーを通して「信頼できる人間」になってほしいということ。私も、人間としてはまだまだ未熟だけれど、ラグビーを通して多くのことを学んだと思っているし、ラグビーをやっていない人間には持っていないものをたくさん持っていると自負している。
 後輩のみんなも、どうせラグビーをやるなら、プレーだけではなく、いろいろな面で大きくなっていってほしい。ラグビーはそれを可能にしてくれる素晴らしいスポーツだから。
 
 ラグビーに明け暮れた6年間はあっという間だった。ラグビーを通していろいろな人に出会い、様々なことを考え、たくさんのものを得ることができたと思っている。今まで本当にありがとう。
 最後になったが、今後の防衛医大ラグビー部のさらなる発展を願っています。
 

そういえば・・・[のぞみの覗き見]

 written by 小林 のぞみ投稿日時:2017/02/25(土) 12:18

こんにちは。

最近はテスト前ということで自分の部活の活動はお休みですが、ラグビー部はありますのでマネに専念しております笑
また、テスト前なので部員さん方は勉強会があるみたいです!!
自分一人ではついつい怠けてしまいがちですが、勉強会ではさすがに怠けられないので羨ましいなと思います笑
そんな私は一人で部屋にこもって勉強をしています・・(本当にちゃんとやっているかどうかはご想像にお任せします)

では、本題に入っていいきたいと思います。
何が「そういえば・・・」なのかと言いますと、それはいっぱいあります。
いつもネタにしたくても更新し損ねて結局流れてしまっているのですが、それを今回はまとめて軽く紹介しようと思ったのです!!

まず、実は、もうすでに一度ネタとして取り上げさせて頂いている某KWSK先輩がとても面白い方であるということが最近分かったのです。。今までは気遣いのできる優しい先輩という認識だったのですが、最近は面白いということも分かってきたので、実は積極的に観察しています(笑)また、今田監督ともとても打ち解けており、二人のやりとりが面白かったりします。(笑)

最近そのKWSK先輩に関してあった面白いことがあったので、それをここで紹介したいと思います。

それは先日の部でのタックル練習の時のことです。
そのタックル練習の方法は、タックルする側と受ける側に分かれ、タックルし終わったら受ける側の列の後ろに並んでいき、終わったらタックル側の列の後ろに……というものです。一見、してるうちにペアが変わりそうに思えるかもしれないが、実際はタックルする人は毎回同じでタックルされる人も毎回同じというふうになるのである(笑)

そしてKWSK先輩は毎回あの体格の良い元主将のYAS先輩にタックルされ続けておりました( ;∀;)
タックルされる瞬間も言葉では表せないような声をあげ、その度ごとにKWSK先輩はおしりをさすりながら「いてぇ~」と痛がっていました(笑)
本当に痛そうでした…
2回目からは、タックルを受ける前に胸に手を当て、「ふぅ~ー…」と深呼吸をしてからタックルされに行ってました(笑)

こんなに面白い方はいないと思うので、これからもKWSK先輩を観察していきたいと思います( ̄ー ̄)笑

 
そして2つ目は、そういえば実は私、風邪をひきました・・・(笑)
正確にいうとほぼ治ってきているので、「風邪をひいてました」の方が正しいかもしれません(笑)
今週の火曜日と水曜日にテストがあったのですが、まさかの月曜日の朝から具合が悪く、熱があることに気づいたのは昼休みで、その時はまだ37.8位と、微熱でしたが、それからは頭痛や咽頭痛、全身倦怠感など、とにかく「THE 風邪」という感じで、38.5位まで熱が上がり勉強どころではなくなり、その日は22時過ぎに寝てしまいました(笑)
火曜日のテストはなんとか乗り越えましたが、水曜日は二科目もテストがあり、火曜日はさすがに24時くらいまではなんとか粘り頑張りましたが、体調を治すためにも結局早く寝ました。
そして水曜日のテストもなんとか受け終わり、午後の授業も寝ずにしっかり出席し、その日の夜も早く寝たところ、木曜日の課業後には36.2まで熱が下がってました!!(笑)
熱が高かったり長引いたりしたら、インフルの疑いもあるかもと思い受診するつもりでしたが、早く治ったので結局受診せず、薬もなかったので自然治癒力で治しちゃいました……( ✌︎'ω')✌︎

しかも私、防衛医大に来てから風邪をひいたのが実は3回目なんです。
1回目はなんとあの観閲式の前日に熱を出して寝込んでおり、夜までに熱が下がらなかったため、友達から解熱剤などを頂いたりして当日の朝は37.1くらいだった気がします。。。(?)
予備悌での待機になるかもしれなかったのですが、大丈夫な気がしていたので、「大丈夫です!」と言ったら本悌として出させて頂けました。良かったです。ちなみに、なぜかは分かりませんが、いつもよりむしろコンディションは良く、全く体調が悪くなったりしませんでした。。。(笑)

私の話が長くなってすみませんでした。。。
今日は追いコンなので色々書けることがあるかもしれません!!
いってきまーす!!!

ごきげんよう 1マネの平塚雅子です。[リレー日記]

 written by 平塚 雅子投稿日時:2017/02/25(土) 10:48

島影くんからバトンもらいました。どうも、恋人募集中の1マネの平塚雅子です。
入校してから早1年。入校時を思い出します。その頃について少し。

この学校に行くと決めたとき、某少女漫画の影響もあり迷わず入寮をきめました。実はわたくし、実家がさいたま市、祖母宅が所沢市にあるという完全ホームなのです。ちなみに弟が鉈で足を怪我したとき、運ばれた病院は防医大病院はでした。(診療拒否されましたが、)

話をもとにもどして、意気込んで入った寮でしたが、入ったとたんホームシックに襲われました。部屋で泣くわけにもいかず、うさぎの森で密かに泣いていました。
試験で泣きたいのに涙がでないのは、きっとこの時流してしまったせいでしょう。

まぁ、そんな私でもなんだかんだ慣れてしまい、今では母親と喧嘩すると家出先はこの寮です。
通学しようか入寮しようか迷っているあなた、寮はオススメです。
有留と私のラグビー部への勧誘が待ってます。笑笑

長々と失礼しました。次は明日19才のお誕生日という本摩くんお願いいたします。

防衛医大のいいところ[リレー日記]

 written by 島影 一輝投稿日時:2017/02/23(木) 22:56

更新遅れてすみません。有留さんからバトンを受け取った島影です。ちなみに本人曰く、一年の中ではイチオシでもラグビー部の中では3番目だそうです…


ここ数回のリレー日記を見てみると、新入生に向けた防衛医大のPRの記事が続いているようなので、私もそれにならって防衛医大の魅力を少し語ろうと思います。


まず第一に、他の人も書いているように、お給料をもらいながら勉強できるというのが一番の魅力でしょう。一般の大学生の大半は親からの仕送りとバイト等により生計を立てているでしょうが、防衛医大では親の援助がなくとも十分暮らしていけます。それどころか、自由に使えるお金は普通の大学生より多いでしょう。お給料の使いみちは様々ですが、例えば最近私は、余った給料で優待目的で株を少し買ったりしています。

もう一つ私が感じる魅力は、防衛医大では他の大学生が絶対できないような体験ができることです。例えば、3年生の夏期訓練では硫黄島に行くのですが、ここには一般人は上陸することができません。去年の10月には朝霞駐屯地で行われた中央観閲式に参加しましたが、総理大臣の目の前で行進するなど普通の人には一生できない経験です。


防衛省の機関ということで入校を躊躇ってしまう方も多いとは思いますが、いいところもたくさんある学校だと私は思います。

ではそろそろ次の方にバトンを渡したいと思います。次も1年マネさんシリーズ第三弾で平塚さんにお願いします。

フランス語☆[フォワード日和]

 written by 井階 正惇投稿日時:2017/02/22(水) 10:18

お久しぶりです!
現在1年生でリレー日記を回しておりまして、あんまりでしゃばらないようにしておりました笑
改めて、防衛医大2次試験合格者の皆さん、おめでとうございます^^
医学科・看護学科ともに新入生をお待ちしています!!!
国公立2次試験を控えている方が多いと思うので、あと少し頑張ってください!

さて、僕はつい先ほどフランス語の後期試験を受けてきました。
選択外国語はフランス語、中国語、ドイツ語、英語(英会話)があります。
フランス語はテストが非常に難しいことで知られています。
僕はフランス語の係(その教科のテスト対策を中心となってする人)なので、後期試験に向けて過去問を研究し、対策プリントを作りました。

予想問題が何個か的中したのですが、例年と比べて問題のバランスが変わってしまい…
60点以上で合格なのですが自己採点62点泣
点数が開示される1週間後が心配です。。。

いよいよ金曜日から本格的にテスト週間の始まりです。
気持ちよく2年生になれるよう、頑張ります!

追伸 受かりました

次へ>>

<< 2017年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

最新トラックバック