ブログ一覧

ブログ 2020/2

次へ>>

1年後の自分に[リレー日記]

 written by 上妻 楽投稿日時:2020/02/21(金) 00:12

バトンを受け取りました1年の上妻楽です。



今回僕は好きなアーティストを紹介しようと思います。



それは、史上最年少の18歳でグラミー賞受賞5冠を達成し、ポップ界の神童と呼ばれ、世界中で最も注目されている歌手のビリー・アイリッシュです。彼女の代表曲「Bad Guy」は多くのチャートで1位を獲得し、グラミー賞の年間最優秀楽曲と年間最優秀レコードを受賞してます。



彼女の魅力は、簡単に言うとカッコいいところです。MVにしても、ファッションにしても、歌詞にしても、全て独特な自分の感性を大事にしており、何者にも真似できない凄みがあります。



そんなことよりも、僕が彼女を好きなのは、人間性がとてもかっこよく、尊敬できるからです。



僕はある動画を見ました。



それは、「1年前と同じインタビューを受ける」というものです。



彼女はこのインタビューを16歳の頃から3年間続けています。



その中で、初めて自分の変化に驚いたりしています。でも、自分が大事にしているものは変わらない、過去の自分を否定せず、成長を素直に喜ぶ、その姿がかっこいいと思いました。



そこで、僕は、1年前の自分を振り返って変化したものはものはあるのか、変化の中にも貫いているものはあるのか、考えさせられました。変化が決して良いものではなかったとしても変化すること自体が大事だと、この動画を見てそう思いました。苦悩や失敗も未来につながるのではないかと。



彼女も苦悩をいっぱい経験したと語っていました。彼女は16歳の頃、ただ有名になりたいと言っていたのですが、17歳になって有名になることの苦悩を知っています。しかし、18歳になるとその苦悩すらも受け入れられるようになり、それ自体がとても楽しいと語っていました。苦悩したことも含めて成長だと僕は解釈しました。



人間誰しも1日1日変化している。ただその変化を自覚できるということはとても難しい。自分のことを一番知り、理解できるのは自分であるはずなのに、その自分でさえ分からないことが多い。だから、過去あるいは今の自分を振り返り、些細な変化にも気付いてあげることは、とても大事だと思うのです。例えば、部活においてもその日のコンディションなど気遣っていなければ、怪我もしやすくなります。



今、ラグビー部では1ヶ月ごとに細かい目標設定をして、部活に取り組んでいます。目標設定や先月の反省などを振り返ることで、やっと気づけることもあります。そういった分析を大事にして、高みを目指していきたいです。



部活に限った話ではなく、1年後の自分が振り返って後悔しない今を生きようと思います。



次は、2年生の杉浦先輩にバトンを渡したいと思います。

意識[フォワード日和]

 written by 斎藤 謙太郎投稿日時:2020/02/19(水) 12:54

先日各々が使っているサプリメントの調査が行われました。

大体みんなプロテインは飲んでいるといった印象でしたが、プロテインって地味に高いんですよね。

一時期それで買うのを渋りかけたことがあります。

ちなみに1ヶ月の犬猫の食費は平均で犬が4834円、猫が4277円だそうです。

体に犬か猫を飼っているとでも思えばちょっとは気も紛れるかもしれません。

どうも、めでたく進級が確定した第五学年斎藤謙太郎です。

医学科六年、看護学科四年の皆様国家試験お疲れ様でした。もう自分たちが国試受験生だと思うと震えが止まりません。

ちなみに42期ラグビー部は全員進級確定しました。やったぜ。

さて現在我々は来たるOB戦に向けて日々基礎練習を重ねてきています。

以前と比べて最近は「意識しよう」という言葉が多く聞こえてくるようになりました。

「〇〇を意識しよう」「意識して取り組もう」というフレーズは日頃何となく使うのですが、実際どういうことなのか考えたことはありますでしょうか。

今回はこの「意識する」ということについて、個人的な因縁もあるので書こうと思います。

「意識する」ってなんだ

もちろんE4M5V6のことではありません(隙医語)。

ググってみるとこんな解説が出てきます。

[名](スル)

1 心が知覚を有しているときの状態。「意識を取り戻す」

2 物事や状態に気づくこと。はっきり知ること。また、気にかけること。「勝ちを意識して硬くなる」「彼女の存在を意識する」

3 政治的、社会的関心や態度、また自覚。「意識が高い」「罪の意識」

4 心理学・哲学の用語。

㋐自分自身の精神状態の直観。

㋑自分の精神のうちに起こることの知覚。

㋒知覚・判断・感情・欲求など、すべての志向的な体験。

5 《〈梵〉mano-vijñānaの訳》仏語。六識・八識の一。目や耳などの感覚器官が、色や声など、それぞれ別々に認識するのに対し、対象を総括して判断し分別する心の働き。第六識。

(デジタル大辞泉より)

今回は2の意味での使用ですね。

意識することは「気づくこと」「はっきり知ること」「気にかけること」である。まずこれをおさえましょう。

「気づくこと」

人間気づくことができれば、大体なんでもできます。

手が汚れていることに気づけば手を洗いますし、具合が悪そうな人がいれば声をかけるでしょう。

逆に言えば、気づかない限り何もできません。

スポーツでも同じことで、何らかのフォームが悪いということに気づかなければその人はずっとそのフォームが悪いままです。

さて周りの状況に気づくことは自分がアンテナを高く張ればなんとかなりますが、自分のこととなるとどうしても偏りや限界が生じます。

そういったことのフォローのためにも周りの人(プレイヤー)が気づいてあげましょう。

「気づくこと」は自分と周りに対してすることです。

「はっきり知ること」

ぼんやりとしたイメージなのか、確固たるイメージなのか。どちらがより習熟するにあたって有効化は明らかでしょう。

練習中に与えられる時間はわずかですが、なるべくはっきりとしたイメージを得るように訓練しましょう。

「気にかけること」

気づいたところでそこで終わってしまっては絶対に進歩はありません。

まずは「次はこうしよう」と強く気にかけるところから始めましょう。

ところがラグビーというものは何かと要求されることが多く何でもかんでも気にかけていたらキリがありません。
(特に試合中なんかほぼ意識がトんでる時がある)

ここで先日森監督がおっしゃられていた「意識の無意識化」という段階が必要となります。

思うに本当に「無意識」というわけではなく「ほぼ無意識」であり、徹底した意識づけの結果意識するプロセスが極端に短縮された状況に至るのではないでしょうか。

とまあいろいろありますが千里の道も一歩から、正直しんどいですがまずは一つずつを「気にかける」ところから始めましょう。

 

つらつらと随分意識の高い文章になってしまいましたが皆様いかがでしたでしょうか。

「意識して」日々の練習に取り組めているでしょうか。

自分が偉そうに書いておいてなんですが、書きながら全然できてないなあと反省しております。

特に「気にかけること」はついつい頭パー視野狭窄でプレーしがちな自分にとってはなかなか大変です。

チーム発足当初から代主将が「プレーのレビューをしろ」と口酸っぱく言っていますがこれは「意識すること」の三要素が深く関わっていると個人的には思います。

こんなもん当たり前だぜ!という人は大丈夫です。少しでも思うところあるならば是非取り組んでみてください。

「意識すること」を「意識する」。今からでも十分間に合いますからみんなで「意識して」頑張りましょう!
























追記
9割中学時代の恩師の受け売り

趣味人による需要のないお宝物紹介[リレー日記]

投稿日時:2020/02/17(月) 20:53

どーも、最近部屋にこもってたら寝てるだけで一日が終わってしまうことに気づき、週末はラノベを二、三冊持って出掛けてマックやスタバに長時間居座ってる本摩です。
遂に責任学年になってしまいましたね、、、、
まあ代キャプテン以下同期の皆々様の足を引っ張らない程度には汗を流そうと思っております。

今回はですね、相変わらず私は部活関係で話すネタなどを持っていないのでまた趣味の話でもしようかと(そこ!またか、興味ねえよとか言うな

はい、今日は私所蔵の、死んでも手放さないお宝もの紹介します!

まずはこちらの商品!(商品ではない)

これ全部イラスト集です。昨年くらいからイラスト見るのにハマって最近はこうやってイラスト集買い漁ったり、pixiv眺めて過ごしたりしてます。
これ確か全部で100冊は余裕で越えていたと思います。中には今では入手困難なものや、作者様に直接サインして頂いたものとかもあるので大切なコレクションです。

続いてはこちら!


イラストレーター藤ちょこ先生の直筆サイン入り20点限定ジークレーとニリツ先生直筆イラストサイン色紙ですね。

ジークレーってのは簡単に言うとめっちゃ手間のかかった方法で印刷されたポスターです。(雑な説明)
これどうしても欲しくて買ったんですけどそんじょそこらのポスターとか印刷物より圧倒的に色彩が綺麗ですよほんと。豊かな色彩と幻想的な世界観で絶大な人気を誇る藤ちょこ先生のイラストを十二分に楽しめますよ。

イラストサイン色紙の方はですね。これホント凄いですよ、人気イラストレーターのニリツ先生が作家デビューした記念に行われたキャンペーンに応募したら当たったんです!これが届いた時は感動手が震えましたね。自分の大好きな絵師さんが自分だけのために一枚の絵を描いてくださったという事実に。まさにお金に換えられない宝物ってやつです。

次!こちら!

今は解散してしまったバンド「NICO Touches the Walls」の「primitive disc Eden」(引っ越しでいったん実家に持って帰ってるので画像は拾い物)
これインディーズ時代のアルバムなんでめちゃくちゃ流通数が少ないです。今入手しようとしてもできないことはないですがプレミアがついててまっとうな価格では買えないですね。


ラスト。

栞ですね。これ中学のころからの友人がイタリア旅行土産にくれたんです。「N.HOMMA」って名前まで入っていて。私さっき話した通り小説とかよく読むんで栞は凄く重宝するんです。それで友人はそこまで理解して栞を送ってくれたのかなーと嬉しくなりましたね。(なんか最後いい話風に終わらせようとしているわけではない)

というわけでいかがででしたか、私の性格というか趣味というか人間性がよく表れたお宝紹介だったでしょう。
自己紹介じゃないですけどちょっとでも私の生き方的なものを知ってもらえたらと思い書きました。

最近はこのリレー日記も週二回更新で活発に動いていていいですね。
次は一年の上妻君です。お楽しみに。






 

teenager foreverにハマってます[リレー日記]

 written by 福森 雄太投稿日時:2020/02/14(金) 00:28

池内くんからバトンをもらいました、井口のANNとKING gnuのceremonyをひたすら聴きながら勉強してたら上級生に感染症の知識でぶん殴られてしょげながら亀に餌をやってます、福森です。


 

 


 

池内くんのブログを読みましたが僕も銭湯は好きな方で高校の部活後とかみんなで行ったり浪人中は銭湯寄って帰りにスーパーの安くなった刺身を頬張ってました。いいですよね銭湯。


 

 


 

僕の今の生活としては、部活も本格的に始まってきて進級も厳しくなってる中、高校みたいに勉強しなくても進級できるということはなく退校させられず医師に、それも使える医師になるために勉強が大変です。馬鹿なので余計大変です。趣味に使える時間もどんどん無くなっていく感じです。ハマっていることといえば映画好きの八木くんほど映画に詳しくありませんがキックボクシングの帰りに映画館に寄るという習慣をつけたら今年で10本くらい映画館で映画を見ました。ジョジョラビットとかリチャードジュエル、フォードvsフェラーリなんかがおススメです。


 

 


 

年をとったらお金とか権力とかは少なからず得られると思いますが今の若いうちこそ持てるものは体力だと思うので自分のしたいこと、自分の糧になることをいっぱいやりたいなぁと思ってます。中学でみんなとだべる生活も貴重だったのですが結局みんな地元に残っててあまり会えないですし。自分への投資をもう少ししとけばよかったなぁと思うので色々今年もやりたいです。直近では滝行をしてきました。







話は変わりますが日大のラグビー部のひなちゃんと僕の中学の友達が同じ高校でひなちゃんそいつのこと知ってました。高校では女子に人気だったそうですが中学では三階の音楽室の窓からションベンするようなやつでした。人って怖いですね。去年友達の結婚式で会いましたがめっちゃスタイル良くなってました。ショートでめっちゃ野球うまかったしおもろかったしあのスタイルはそりゃモテますね。







女の子は慎重に人を選びましょう。



 


 

次は趣味を貫いているほんまさんお願いします。


 

 

温泉巡り[リレー日記]

 written by 池内 俊介投稿日時:2020/02/11(火) 21:38

徹成先輩からバトンを受け取りました池内です。



防衛医大ラグビー部でもトップクラスのムキムキの身体を持つ徹成先輩からいい身体になってきていると言われ、



これまでの筋トレや食トレが少しずつでも実を結んでいることに対して喜びを感じるとともに、これからも先輩方の様な



身体に近づけるようにそれらを継続していこうと決心している所存です。







さて、今回のブログでは趣味(?)である温泉巡りについて簡単に紹介したいと思います。



まず温泉巡りが趣味になったのは防衛医大に入ってからで、高校時代に余り運動をしてこなかったツケからかラグビー部の激しい練習の後に急激な筋肉痛や関節痛に悩まされていた(いる)ため、これらを少しでも良くしたいと思ってのことでした。この様な経緯があって、道後温泉という愛媛が誇る至宝があったので少し小馬鹿にしていたスーパー銭湯に行くことになったのですが、利用してみると、温度が様々に異なっていたり沢山の泡によって皮脂の汚れを落としたり香りが違っていたり岩盤浴があったりとものすごく多彩であったし、又筋肉痛などが和らいだことが実感できたのでどハマりしてしまいました。今では1,2週間に一回はほぼ必ずどこかの温泉に行っています。







効能としては、当然ですが血流がよくなって新陳代謝が活性化するようになったり、静水圧によって内臓が刺激されたり、温泉成分が体表から吸収されることによる薬理的な効果があったり、浮力によって全身がリラックス状態になってα波がでやすくなったり、又効果があると思いこむことによる精神面での効能があったりするそうです。







これからも温泉パワーで頑張ってラグビーを続けていきたいと思っています!又皆さんも疲れが抜けない時や痛む箇所がある時は温泉に入ることも検討してほしいなと思います。







さて、今回のブログはこの辺りで切り上げて次は福森先輩にバトンを回したいと思います。



ありがとうございました。



 
次へ>>

<< 2020年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アーカイブ

ブログ最新記事

リレー日記 1年後の自分に  2020/02/21(金) 00:12
フォワード日和 意識  2020/02/19(水) 12:54
リレー日記 趣味人による需要のないお宝物紹介  2020/02/17(月) 20:53
リレー日記 teenager foreverにハマってます  2020/02/14(金) 00:28
リレー日記 温泉巡り  2020/02/11(火) 21:38

最新トラックバック