ブログ一覧

ブログ 小林 和貴さんが書いた記事

次へ>>

上級生へ[リレー日記]

 written by 小林 和貴投稿日時:2017/11/16(木) 18:24

こんばんわ。
ずっと溶連菌で寝込んでてブログの更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
ここ3ヶ月で3回なってるんですよね、なにが原因なのやら。

さて、今回書く日記がおそらく現役で最後の日記になるかと思いますので、まじめな内容でも書こうかなと思います。

6年間やって考えるのは防衛医大ラグビー部でラグビーをする意味です。
まだ6年しかたってないので、生意気かもしれませんが、今の僕の考えをいうと、防衛医大ラグビー部の文化を知り、そこから学んで、自分の中で昇華することではないでしょうか。

当たり前のことではないのか、とも思われますけども、これを強く意識するようになったのは今年に入ってからです。

ご存知の方も多いでしょうが、防衛医大ラグビー部の戦い方、練習の内容はこの1年でがらりと変わりました。
今まで体が大きくて走れる奴が勝つ!ということで走りまくって筋トレしまくって…でしたがスキルの部分を伸ばすような練習が増え、戦い方も変わり、5年間続けてきたラグビーが変わったものですから、軽くショックを覚えました。
今思えば、監督変われば戦術も考え方も変わるなんて当然のことなんですけども。

そうなったときに防医のラグビー部で部活としてラグビーをやる意味って何だろうと考えたら、確実に戦術ではないなと。
今の自分がラグビーで一番影響を受けたのは何だろうと考えたら、部活の文化、メンタルの部分だなと思い当たりました。

端的に言うと益子先生を中心として、多くのボウイOBの先生方が作り上げてきた文化です。

簡単なところでいうと、ラグビーは、ブラックシューズにホワイトカラーだし、試合前はスパイクを磨け、毀誉褒貶、物をとるな、うそをつくな、言い訳するな、潔くあれ(もっとありますが割愛します)。
こういったことをずっと言われてきて、それだけは守ってきたつもりです。

しかしながら益子先生もいらっしゃらなくなり、それを伝えるのは強く影響を受けてきた4,5,6年生の役目なのではないかなと。
戦術とか、スキルの部分は話し合いながらチームで高めあえばいいことですが、文化に関しては違う。
こういうものは先輩しかわからないことだし、伝えていかなければならないものです。(もちろん明らかにおかしいものは変えていくべきですが)

具体的に、一つどうしても言いたいので書かしてもらいます。スパイクに関して、今時カラースパイクしかない、黒スパイクはださいとか、そんなもん守ることにどんな意味があるんだとかいろいろありますが、黒を基調としたスパイクを履くのはボウイの文化だと思います。そこにごちゃごちゃゆってくるのは見当違い。
履かないにしろ、黒を履くことの意味と理由を知ったうえで違う色のものを履くべきです。

気づくのがおそすぎて、どれほど後輩にボウイのラグビーはこういうところ、っていうのを伝えられたかわからないので、これは今の5,4年生にパスしたいと思います。なのでタイトルは「上級生へ」です。
ノックオンはせんといてください。

最後ですが、僕が人生でラグビーに対して、真剣に試合に臨めるのもあと2戦。
できれば6年全員で出たいものですが、気合入れてがんばります。

次はどんだけさぼるんだってくらいさぼり倒してる海士にバトンを渡します。

バックス日和[フォワード日和]

 written by 小林 和貴投稿日時:2016/11/24(木) 09:13

川先からなぜか回ってきたので書かせていただきます。
バックスの小林です。

FW日和というタイトルなので、FWについて一言書いてからバックスのお話をしたいと思います。
うちはFWのチームです。他のチームがボウイの強みは?って聞かれたら、FWが強い、立ってつないでくる、スクラムは押してくるって答えるでしょう。(適当ですいません笑)
なので、うちのFWの人たちは、医歯薬でも非常に強いFWであるという誇りをもってプレーしてほしいなって思います。
慢心はよくないですけど、矜持をもってプレーする人はかっこいい。

で、バックスのお話をさせていただきます。
なんやかんやいろいろありまして、バックスリーダーをやらせていただいてます。
今年はほんとにいろいろありましたが、よくバックスとして、ここまでまとまってくれたと思っています。
バックスでも十分勝負できると、自信をもって言えます。

一方で、バックスは仲が悪いってよく言われます。
別れの最中に言い合いをするなんて当たり前です。中にはバックス怖いっていうマネさんもいたそうですが。

先輩後輩関係なく言いたいことをいう、言われたことに言い返すのは、悪いことではないし、ラグビーならではだと思います。
試合中は呼び捨てだし、怒鳴ることはある、練習では思いっきりタックルするけれども、グラウンド外に出れば普通の先輩後輩に戻る。
指示に対して言い返すのは、自分で考えてプレーしているから。

練習では、とくに言いたいことを言っているので、口悪いし仲悪いように見えるかもしれません。
でもそれだけ真剣だし、試合中は全員を信頼して、こいつならドライブしてくれる、トライをとってくれる、フォローに来てくれる、そう思ってプレーできてると思ってます。

まじめな話はこれくらいにして。
バックスの選手に一言ずつ書いて終わろうと思います。

まずは代君。
経験者だけあってWTBのエリアの取り方完璧だし、キックもめちゃくちゃうまいです。これからのバックスを背負っていくことになるでしょう。バックスリーではずいぶん助けられてます。普段へらへらしてますけどね。頼れる1年生です。
飯田。
1年生なのに素晴らしいタックル、ドライブの持ち主。今年はあまり試合に出れなかったですけど、出るようになったらとんでもない選手になるって期待しています。センターやってみようか?
島影。
今年はハーフのサブとしてやってもらいました。本職はFW。今年は申し訳ないと感じています。でもハーフでやったパススキルとか、FWでもきっと役に立つと思います。来年はFWとして、つかんだらはなさないタックルを見せつけてほしいです。
杉山。
今年はプライベートで成功してにやにやがとまってないですね。杉ちゃんとはよくディスカッションを重ねているけども(笑)、スゴイ信頼しています。女房みたいな感じです。最後もよろしくね。
丹原。
3年か4年くらいの風格ありますね。まだ2年生なのがおどろき。BKの中のFWと自負しているように、体は非常に強いです。何とかして彼を生かしてあげたいんだけど、なかなかそれができない。申し訳ない、俺らがもっとうまくなるからな。
櫻井。
問題児。ええ、ひと夏の思い出を作りに来た問題児ですね。ラグビーは成長してるかな。この前ハンドオフとかしてて、タッチフットもパスがうまくなってました。練習すれば、絶対SOできる!試合にでたいってだれよりも思ってるでしょう。伝わってるからな。
タクム君。
器用なプレーヤ―。キャッチ、キック、問題なくこなします。いわれたらやってみるという素直さもある。僕としてはWTBにいてたら安心感があります。ハーフ狙ってるとか。でもハーフよりもSOとかFBとかやったらすごくいいと思うんだけど、どうでしょう。
りょうすけ。
強みはなんといってもスピード。海士かそれ以上のはやさがあります。最近はぶつかるときの強さも出てきて、かなりいい感じ。来年バックスリーダーの自覚が出てきたんでしょうか。エース候補だと思ってます。あとはハンドリングだけかな。
岩間。
責任学年として、僕のサポートをやってもらってます。岩間はすごい暖かさがあって、殺伐としたBKでもオアシスのような存在。俺は強くいうけど、岩間は優しくフォローしてくれてました。ありがとう、おかげでバックスのまとまりが増しました。
海士。
まぁふざけんなよと(笑)。今の絶対的エースです。一緒に試合でたかった。それに尽きます。そういや焼き肉つれてってもらってないけど、いつ行く?六歌仙やんな?
武さん。
今年からSOに派遣されました。BKでも圧倒的存在感があって、武さんのおかげで勝利がもぎ取れました。キック、パス、タックルすべてチームで1番うまくて、でも足りないところは自主練して、みんなお手本にするべきです。
最後にうっちーさん。
ラグビーができなくなるってわかって、おれ、こんなにラグビー好きだったんだ、ってわかったという熱いハートの持ち主。武さんとSO、CTBができてなんやかんやうれしそうなのは内緒ですよね。最後の1戦、絶対勝ちましょう。

長くなってしまいました。申し訳ないです。
最後1戦、笑顔で、バックスの集大成みせつけて勝ちましょう!

脱臼。。。[リレー日記]

 written by 小林 和貴投稿日時:2015/07/07(火) 18:00

どうも、休日が充実しまくってる小林です。

なぜ休日がそんなにも充実しているのかといいますと、なんと、セブンスの大会でけがをしてしまったのです。
右ひじ脱臼。
毎年夏前のこの時期はいい思い出がありません。
1年次は肉離れからの右手指骨折、2年次は左中手骨骨折からの手術(想さんすいません笑)、3年次は足の疲労骨折。
そして4年次はごらんのとおりでございます。

この時期は1年生も入ってきてみんな上をむいて頑張れるいい雰囲気のところなのですが、練習に参加できず、
毎日面白くありません。
1年生に教えてあげようにも、メンタルが下を向いてしまっているのでまともに教えてあげられているか不安です。

そんなこんなで、休日も楽しく遊べないのが現状です。
とはいいつつも、夏合宿には間に合うそうなので、そこはよかったかなと思ってます。
一人だけ夏合宿の参加回数が少ないと同期に文句を言われてますので(笑

5、6年のときは大けがもなく、平和に過ごせることを願いつつ、実は合宿参加回数があやしい湯浅君に次のバトンを渡します

部活決定![リレー日記]

 written by 小林 和貴投稿日時:2015/04/19(日) 22:14

2幕かつ学友会運動系委員長として大活躍中の小林です。
立場的に、1年生の前で話す機会が多いのに、なかなか覚えてもらえません。
すごく悲しいです。部員からは影薄いとか言われるし。

さて、前置きはこれくらいにして。
明日は、いよいよ!待ちに待った!

部活決定日です!!!!

勧誘かなり頑張りました。1年生はたぶんラグビー部員の熱い思いを受け取っていると思います。
こんなにも手厚く、一生懸命勧誘している部活はほかにないです。
これを読んでてまだ迷ってるって子は、えいやって入ってみてください。時には考えるんではなく、直感で動くっていうのも大切です。
防衛医大に入ろうってなったとき、そんな風に入ってきた子もいるんじゃないですか?
20人いる部員全員が、入部して後悔はしないって言ってるんだから、だまされて入ってみましょうよ。
だまされてよかったって、来年の今頃は1年生を勧誘してると思います。

悩んだ末にやめたって子も、明日からは各学友会の一員として活躍するわけです。
それならそれで、後悔がないように頑張ってください。もし、やっぱラグビーが楽しそうだなってなったら、いつでもグラウンドに来てください。ウェルカムです。


気づいたら4年生になってて、自分らが1年生として入部したときの、最強世代といわれた先輩方とおんなじ学年です。
自分らが1年生だったとき感じたことを、そのまま新しく入部してくれる子が感じてくれるか不安です。
ただ、全く同じようにはできないでしょうけど、自分には頼もしい同期が6人もいますから、何とかなる気もします(笑)。
楽観的すぎますかね。でもone for all,all for one.がラグビーの精神なんで、きっと大丈夫でしょう!

ま、1年生云々の前に自分がもっとうまくなってレギュラー取らなきゃいけないんですけどね(笑)。

最後に、1年生の入部を祈念して、4年随一のマッチョマン、南きんにくんにバトンを渡したいと思います。

合宿!![リレー日記]

 written by 小林 和貴投稿日時:2014/05/04(日) 21:53

海士からバトンをもらった小林です。
1中付きということで1年生をかわいがっていたのですが、1中隊からは一人も入ってくれませんでした。
悲しい限りです。もっと強烈に勧誘すればよかったです。

さて、今はゴールデンウィークということで、休みを返上してラグビー三昧です。
試合が連続すことは合宿でしかありえないので、みんな気合十分です。
僕は脳震盪からの復帰だったので、久々の試合でわくわくしています。

今日は駿河台との試合で、防医大は惜しくも敗れてしまいました。
フルバックで出してもらったのですが、全然思うようにいかないです。
スキル以前に、足のマッスルが足りてないみたいです。タイヤ引き、頑張ります。

そして何より、今の6年生がいる間に少しでも多くのことを吸収しなければと思うばかりです。

次は、彼女ができて、しかもスタメン!?、波に乗りまくってる川先君にバトンを渡します!
 
次へ>>

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最新トラックバック