ブログ一覧

rss

ブログ 小林 洋太さんが書いた記事

rss

沖縄訓練‼[リレー日記]

 written by 小林 洋太投稿日時:2016/04/30(土) 00:25

どうも佐々木君から引き継ぎました小林洋太です。

今回は先日まで行っていた沖縄訓練について書きたいと思います。
沖縄訓練は三泊四日で、日中は主に基地などの施設の見学や戦史教育などが行われ、夕方から夜にかけては、短い時間ではありますが外出と自由時間が認められるというものです。首里城などの沖縄の歴史を学べる施設を訪ねることも、南西部の防衛拠点としての沖縄を学ぶこともできとても有意義な訓練です。

今回の訓練は熊本の大地震の中の研修となったため、自由時間の飲酒は自粛という形になってしまいました。しかし人生初の沖縄ということでゴーヤチャンプルー、ラフテー、海ブドウなどなどの沖縄料理をたくさん食べることができ、自由時間もたいへん楽しいものにすることができました。同期全員で泊りで訓練に行くことはこれで最後になっるため、学生時代最後の思い出を作ることもできた最高の訓練であったと思います。
佐々木君は是非来年沖縄を満喫してほしいです。

次は沖縄を共に楽しんだ輿石君にまわしたいと思います。

明日は日大戦![リレー日記]

 written by 小林 洋太投稿日時:2015/10/24(土) 22:15

こんにちは、佐々木君から日記が回ってきた小林洋太です。

これを書いている次の日は日大戦です‼先週の筑波大戦での悔しい敗北から一週間が経ち、絶対に負けられない試合の前日なのでとても緊張しています...。
ジャージ授与も終わり、スパイクなどの道具の整備も終わりあとはゆっくりと体と心を休めて明日の試合に万全の状態で臨みたいと思います‼
この緊張も明日になれば少し和らいで、いい精神状態で試合をむかえられることでしょう..

明日の試合は、チーム、個人ともにベストを尽くして絶対に勝ちを奪いに行こうと思っています‼

次は明日の試合での活躍が期待される同期の番長こと輿石君に回したいと思います。

春訓!![リレー日記]

 written by 小林 洋太投稿日時:2015/05/06(水) 21:47

南先輩から指名されました小林洋太です。

今回は三年生の春の定期訓練の話をしたいと思います。
三年生の訓練では、太平洋戦争での激戦の地、映画でも有名な硫黄島に行ってきました。
沖縄と同じくらい南にあるというだけあって、四月なのにもう夏‼といった感じの暑さでした。

硫黄島には日本軍、米軍ともに多くの英霊が眠っており数々の慰霊のための施設や戦争で日本軍のゲリラのために使われた郷、戦車や砲台などなど様々な戦争の痕跡が残されており、戦争の悲惨さを改めて実感するとともに国を守るために闘ってくださった英霊の方々への感謝の気持ちがあふれてきました。

硫黄島には基本的に自衛隊の関係者か気象庁の人しか入ることができず、このような貴重な体験をさせていただけただけでもこの学校に入学した意味があるなと感じました。この体験を通じてもう一度戦争と向き合っていき、自衛隊の医官になるものとして見分を深めていきたいと思います。

次はラグビー部のマスコット、番町こと輿石くんに回したいとおもいます。

夏訓![リレー日記]

 written by 小林 洋太投稿日時:2014/08/29(金) 12:19

輿石君からまわってきました、小林です。

僕は夏訓の中で印象深かった、朝霞での野営訓練について書こうと思います。
なぜこの野営訓練が印象に残ったかと言うと、三日間お風呂に入れずコンビニにも行けなかったからです!!
猛暑のなか朝霞の基地の中を10㎞行軍したその日も、射撃訓練で緊張し汗まみれになった後もお風呂に入れず唯一の癒しは自動販売機のジュースのみ・・・

空腹と不快感と戦った三日間・・・当たり前のようにお腹がすいたらコンビニでお菓子を買い、お風呂に入っていた僕たちの生活がどれほど貴重で恵まれているのかを改めて実感することができました。
また、射撃と言う非日常を体験できたことでこの訓練の印象がさらに強いものになりました。

次は、同期の佐々木君にまわしたいと思います。

新入生の皆様へ[リレー日記]

 written by 小林 洋太投稿日時:2014/03/10(月) 17:21

受験生のみなさんこんにちは!
ラグビー部1年の小林です。
受験も終わり、そろそろ進学先について決定をくださなければならない時期になりました。

そこで、第一志望でも滑り止めとしてでもいいのでここ防衛医大に入校しようと考えている人のために防衛医大についての情報を提供したいと思います。

まず生活の問題ですが、何も心配はいりません!
新入生が着校すると同時に対番というお世話係の2年生が新入生ひとりひとりにつきます。そして、生活に慣れるまで誠心誠意、優しく対応してくれます。
対番が洗濯の仕方から食事の取り方、部屋での生活や勉強までも面倒を見てくれるので、
「ひとりぐらしとかぁ、まぢむりぃ…わたし生活してぃけるのぉ??」
って人でもなに不自由なく生活できます!!

また、寮での集団生活を不安に思っている人(僕もそうでした)も多いと思います。
ここ防衛医大は、1人の時間や空間はもちろん確保されていますし食事や風呂、授業の時間を同期の仲間とともにすごすことは生涯の友との絆を深める大切なプロセスであり、他の大学では経験できない防衛医大の利点です!!
休日は先輩にご飯に連れて行ってもらうことも多々あり、この集団生活は横だけでなく上下のつながりをも強固にします。

最後にラグビー部について。
この部活は部員との関係がとても深く、6年生と1年生がご飯に行くこともあるくらいです!防衛医大に入ったことでできたつながりをより深くしていくことは絶対にプラスになるはずです!!
また、カラダに適度な筋肉がつくのでモテモテ防衛医大ライフが待っていることは間違いないです。実際、同期の佐々木君や樋口君は同期の中でも群を抜いてモテモテです!!

この記事を見て防衛医大、ひいてはラグビー部に入ってくれる人がいるとうれしいです。それでは4月に防衛医大の校舎でお会いできることを心からお待ちしておりますm(_ _)m

次はラグビー部のマスコット、輿石君に回したいと思います!!
 

<< 2017年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

最新トラックバック