ブログ一覧

rss

ブログ 今田 圭太さんが書いた記事

rss
次へ>>

vs 立正大学~勝負の神様は細部に宿る~[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2017/05/13(土) 21:24

サッカー日本代表元監督である岡田武史氏はインタビュー等で度々
「勝負の神様は細部に宿る」
という発言をしている。

今日、あいにくの雨模様の中、関東大学リーグ戦2部に所属している立正大学さんとの試合。
立正大学は昨年度リーグ戦2部で2位。強豪である。
グランドは最高級の人工芝。
やはり緑のグランドはテンションが上がる。。
201705132214_1-300x0.jpg

体のサイズはひとまわりもふた回りも違う。

そのような相手にどうのような
「姿勢」
で戦うか。

正確な点数は把握していないが、結果は大敗。

しかし、結果はどうでもいい。
問題は2つの姿勢だ
1つ目は
「体の姿勢」
大きい相手、強い相手に勝つためには
・スペースを奪う
・足を刈る
ということが鉄則。
その2つを実現するために必要なこと、それは
「正しい、低い姿勢」
だ。
今日はどうだっただろう。
前に出ないコンタクト、待ちに待ったタックル。
高いボールキャリー、高いタックル。
これでは勝てるわけがない。
ラグビーでは避けることのできないコンタクトの局面。
今日は強者である相手の方がこの点についても徹底してやりきっていたように思う。

2つ目は
「態度としての姿勢」
試合後の集合で喋ったことが全て。
試合が進むにつれ、トライをされた時、インゴールに歩いて戻る人数が増える。
次のキックオフにセットする時に歩いてゆっくりセットする。
そして、プレーが消極的になる。
それは、負けているチームが取るべき「姿勢」だろうか。
もっといえば、試合前の準備として、最低限相手に失礼の無いように用意しておくべき物を用意していない。
その「姿勢」は優勝という目標を目指すチームが取るべき「姿勢」なのだろうか。

タックルにいったふり、行ける時に行かない。
相手にビビってスピードなくボールをもらいにいってボールを落とす、ジャッカルされる。

そんな「姿勢」が今日一番の問題。

タックルを外されてもいい、ノックオンしてもいい。
それは練習すればできるようになる。

そんな部分の問題じゃ無い。

プレーに入る前の動き出し、プレーが切れてから、トライを取られてから歩くのかジョグするのか、そんななんでも無いような細かい部分での「姿勢」
それこそが勝利、目標達成する上で大切なこと。

立正大学さんはトライを取った後、常にジョグバック、それをしていない味方には周りが「ジョグバック」の声をかけていた。
また、プレー中の素早いセット、試合球が我々が使っているボールとメーカーが違うとなれば「ボール貸し出しましょうか」と声をかけてくださった。
そのほかにも試合運営に関する細かな気遣い。
本当に細かい部分が徹底されていた。

今日はそうした細かい部分、細部で圧倒的に劣っていた。
チームとして、その部分で圧倒的に劣っていたということの責任は監督である私にある。
今までも、気になりながらも指摘することを徹底できていなかった私の責任である。

「勝利の神様は細部に宿る」
なぜこの言葉を多くの成功者たちが発するのか。
その意味を考えさえられる1日だった。

自戒の念を込めて。

この敗戦から学んだことを胸に。また、火曜日から。

なぜ?の大切さ[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2017/05/08(月) 20:56

GWが終わり、また今日から日常に戻った。

GW。
世間的にこれは
「GOLDEN WEEK」
の略語。
しかし僕は
「GROW WEEK」
の略語だと捉えている。

GROW
成長する

つまり、成長する期間ということである。

みんなは今回のGWでどのくらい成長できましたか?

新チームがスタートしてから今まで、我々は新しいスキル、考え方にチャレンジしてきた。

それが現段階でどの程度できているのか。
私個人としてはそこにフォーカスしてこのGWを過ごした。

東薬セブンスを除くと3試合と1回の合同練習を行なった。

その中で、やろうとしているラグビーの大枠部分は全員の理解が深まり、そしてある程度の形になったと実感している。
ここまでのみんなが歩んできた道に間違いはなかったということだ。

チームとしての成長は確実に見られた。

しかし当然課題もあった。
単純なミスの連鎖はその筆頭だろう。

今後は枠の中の細部を詰めていく作業になる。

より一層、個人の自覚、意識が大切になってくる。

つまり、チーム練習以外のところでいかに「個」のスキルを磨いていくかということがとても大切である。

考えて欲しい。
「なぜ」厳しい練習をしているのか、「なぜ」ことして成長しなければならないのか・・・


それはこのチームの目標が
「一部優勝」
だから。

その大義の下、全員がその大義に向かっていかなければならない。

チームは「個」の集合体である。
チームを強くする上で「個」の成長は避けられないもの。

斎藤のブログにも書いてあるように僕は常々
「準備の大切さ」
「練習以外の時間の過ごし方の大切さ」
を説いている。
(書こうと思っていたネタを斎藤学生が先に書いてくれていたのでネタ被り感アリアリで恥ずかしい・・・笑)

課業終了後、練習開始までの時間を何も考えずダラダラ過ごすやつ
練習がOFFの日に何も考えずダラダラと学生舎で過ごすやつ

そんな選手に「個」の成長は見込めない。

だから僕は5日の練習後に
「OFFダラダラ禁止令」
を出した。

例えOFFであろうが、いや、OFFだからこそしっかりと計画を立て、過ごさなければならない。

彼女や彼氏とデートする。
友達とご飯を食べにいく。
一人で知見を広げにいく。

何でもいいが貴重なOFFに対してしっかりと計画を立て行動する。
そして「なぜ」その計画を立てたのか。

そういうことを考えられるような人間になれれば、プレーに対しても同じような準備ができ、プレーヤーとしても成長すると思っている。

日々あらゆることに対して、しっかりと「なぜそうするのか」という大義の下にしっかりと準備し、行動するようになって欲しい。

それが
「一部優勝」
に近づく大きな要因の一つだと思うから。

そんなことを感じたGWでした。

ダラダラと、文章だけのつまらないブログになってしまい、すみません。

また、写真付きで更新していきたいと思います・・

では、またお会いしましょう!!

東薬seven's[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2017/04/29(土) 21:04

いよいよGWが始まりましたね。
防衛医大ラグビー部のGWはまさにラグビー一色。
まさにラグビーゴールデンウィーク。

あっ、どうも今田です。

前回のブログで書かせていただいた、ヨーロッパ選手権は3位という結果で帰国いたしました。

さて、本日、GW第一弾の東薬セブンスに参加して参りました。

幹部候補生学校は9連休らしく、38期の橋本先生が応援にかけつけくれました。
201704292149_1-300x0.jpg

 タクムも気合満点。
その気合に吸い寄せられたのか、ヘッドキャップに葉っぱがくっついて離れない。。
201704292149_2-300x0.jpg201704292149_3-300x0.jpg

さて、この東薬セブンス。
小林主将となって参加する初めての大会。
「今まで取り組んできたことがどれだけ出せるか」
をテーマに臨みました。


結果は優勝。

スペースを使う。
ボールを運ぶ。

試合でとったトライのほぼ全てに今シーズン取り組んでいるスキルが凝縮されていた。

決勝戦後半に見せたトライは本当に美しいものだった。

確実に上手くなっている。
進化している。

ただし、大会通じて見られたコミュニケーションの少なさ、1v1タックルの甘さは今後に向けての大きな課題だろう。

また、今日は多くの下級生が試合に出場した。
ラグビーを始めて一年足らずの彼らが見せてくれたプレーはどれも光るものがあり、今シーズンのポジション争いが非常に楽しみになってきた。
そんな中でもひと際輝いたのが、看護学科2年の飯田将康。
201704292149_4-300x0.jpg
誰もが認める才能。
しかし、怪我などで中々才能を発揮する機会に恵まれなかった。
そんな飯田が今日はその持てる才能の一端を見せた。
決勝ラストプレーで見せたステップ。(直前のスローフォワードでトライにはならず・・)
部内上位の俊足を生かした独走トライ。
持ち味の激しいタックルで相手を仰向けに倒した。
今大会で鮮烈な印象を残した彼の今後がより一層、楽しみになった。

そのほかにも、3年生・斎藤謙太郎の出来は出色だった。

今日得た収穫と課題。
それはこのチームの進化を加速させてくれるだろう。
201704292149_5-300x0.jpg

Franceから[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2017/04/10(月) 22:00

bonjour!
現在、フランスのコンカルノーという都市にいる今田です。

前回のブログでも書かせていただいた通り、今僕はU18 JAPANのコーチとしてU18 Europ Rugby Championshipという大会に参加しています。

有名な港町らしく、非常に趣のある、綺麗な街です!
201704102206_1-300x0.jpg
ただ、朝の7時の時点ではまだ真っ暗。
夜の9時でもかなり明るく、太陽に関しては感覚的には日本と2~3時間ズレているように思います。
これには未だに慣れません。。笑

参加している大会自体は街中やホテルにポスターが貼ってあり、なかなか規模の大きな大会という印象です。

チームは初戦のBelgië戦に勝利し、明日は準決勝のGeorgia戦です。

集合からわずか4回の練習で初戦を迎え、息も合わず、うまくいかないこともありましたが、チーム全員が自分のチーム内での役割を探し、理解してくれているおかげで、ここまではとても順調にチーム作りが出来ています!

さて、防衛医大ではいよいよ仮入部期間が始まる頃だと思います。
まずは医学科44期・看護科4期の皆さん、入校おめでとうございます。
是非、この仮入部期間にラグビー部の練習に足を運んで頂き、ラグビー部の雰囲気、ラグビーの魅力に少しでも触れて下さい!

そして、周りの意見や評判に左右されず、自分で決断して下さい。

1人でも多くの皆んなとグランドで楕円球を追いかけたいと思っています。

日本に帰って、皆んなと顔を合わせるのを楽しみにしています!!

お土産が話だけになるかもしれないのは、イマダから言える話。。笑

とりあえず、明日の準決勝、頑張ります!
では!!
merci!!
201704102206_2-300x0.jpg

桜の季節[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2017/03/31(金) 21:57

昨日までの暖かさは何処へやら・・・
習志野の寒さを思い出す今日。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
監督の今田です。

今日で2016年度も今日で終了。
いよいよ明日からは2017年度の始まりです。

東川の桜も徐々に咲き始めています。
月曜日には新1年が着校となります。

僕が防衛医大に来て1年。
この1年、僕は成長できたのか、学生たちに成長のきっかけを与えることができたのか、振り返り、反省し、新たな1年を
スタートさせたいと思います。

さて、今回はご報告です。

この度、フランスで行われる2017 Rugby Europe Men’s U18 European Championshipという大会に参加するU18日本代表のコーチとして参加させていただくことになりました。 
(https://www.rugby-japan.jp/2017/03/08/u18rugby_europe_championship2017_member/)
これは、日本のユース世代(高校生世代)の代表チームとしては初めて海外のチャンピオンシップに参加する大会になります。

一昨年、昨年と高校日本代表のコーチとして海外遠征に参加させていただき、今回またこのようなチャンスをいただけたこと、本当に嬉しく思っています。

桜のエンブレムを胸に、日の丸を背負い、試合前に肩を組み、大声で涙を流しながら国歌を歌い、国の代表として海外のチームと戦う。
この経験は本当に特別で幸せなものです。

この遠征を通して、コーチとしても、人としても、教員としても成長して帰ってきます。
防衛医大ラグビー部の代表として恥ずかしくない姿勢、態度で誇れる結果を残してきます。

必ず結果を出してみんなと再会します。
ヨーロッパチャンピオンになってきます。

みんなは勧誘がんばってください!!

最後に。
約3週間、一年で一番大切と言っても過言ではない勧誘の時期にチームを離れること、本当に申し訳なく思っています。
また、今回この遠征に参加するにあたり、参加を許可してくださった廣瀬先生、小林主将を中心とした学生、コーチ陣の皆様には心から感謝しています。



また、時間があれば現地からブログも更新したいと思います!
次へ>>

<< 2017年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

最新トラックバック