ブログ一覧

ブログ ハクセンさんさんが書いた記事

次へ>>

隙あらば自分語り。[リレー日記]

 written by ハクセンさん投稿日時:2020/08/11(火) 21:07

どーも、白線流しを毎日更新しようとして、二日目で体調を崩してやる気を失った本摩です。
ちなみに今は元気なのでご安心を。

高校の頃の話になるんですが、当時の担任の先生がホームルーム中にこう話したんです。
「自分が夢中になれるものを何でもいいから見つけろ。ただしゲームはダメだ。あんなものはただの反射神経だ。」と。

またある日、こういう話もしました。
「犯人が分かってるミステリー小説なんてつまらない。だからミステリー小説を何度も繰り返し読むことはないだろ?」と。

これらの話を今思い返してみて思うんです。
あの先生は本気でゲームに取り組んだことはないし、本当に面白いミステリー小説を読んだこともなかったんだろうなあ、と。

私は去年1年ほどとある格闘ゲームをまあまあ本気で取り組んでいたのでわかるのですが、ゲームは勿論最終的には反射神経が必要ですが、それ以上に研究、分析にどれほど時間をかけたかが勝敗を左右します。
また、ミステリー小説についていうと、犯人がわかってても読み返してみたい小説は腐るほどあります。

でもふと思うんです。もし私が格闘ゲームに真剣に取り組んだ経験がなかったら、あるいは読書が好きではなかったら、あの時の先生の言葉はそのまま事実として私の中に刷り込まれてしまっていたのではないか。

我々は日常生活で、SNSで、部活で、他人からいろいろなことを教わります。しかしそれはハッキリいうと「他人の経験」なわけです。ではどうやって「他人の経験」を自分の中に落とし込むのかといえば、「自分の経験」を物差しに測るしかないないと思います。
他人から教わったことを鵜呑みにせず、自分で実際にやってみる、あるいは自分の過去の経験と照らし合わせて判断する、ということが(最終的教わったことと違う形で自分のものになっても)成長につながるのではないかと感じています。

少しとりとめのないことになりましたが今回はこの辺で終わり!
ありがとうございました!

次は松浦君お願いします。

大学生の読書感想文①「ネット絵史」[ハクセンさんの白線流し]

 written by ハクセンさん投稿日時:2020/08/06(木) 23:30

こんばんは。夏合宿中は頑張って毎日更新したいハクセンです。
今回は読書感想文を書いていこうかなと。


私は絵心がなく、学校の授業以外で絵を描いたことは全くありません。そんな私が「イラスト」(まあ特に萌えイラストですね)に深く興味を持つようになったのは大学に入ってから読むようになり、今では月に10冊は読んでいるライトノベルがきっかけです。

ライトノベルとイラストの発展は相互に切り離して考えることはできません。ライトノベルの出現、普遍化により「物語性を持ったイラスト」を描く技術やノウハウは向上し、広まりました。つまり、描かれているキャラクターの生きる世界観やその性格、大まかな作品ジャンルを(イラストとしての魅力を損なわないまま)伝えさせる技術が発展したのです。

このようになラストの発展にはライトノベルの出現をはじめとして、その在り方を大きく変えるターニングポイントがいくつかありました。そのターニングポイントを語っていく上で欠かせない大きな要素が「インターネット」なのです。

今回紹介する「ネット絵史 インターネットはイラストの何を変えた?(虎硬 著)」はまさにイラストのターニングポイントにおいてインターネットがどう関わってきたのかが、30年の歴史と共にまとめられた一冊です。



本書では「個人サイト、掲示板」「SNS」「ソーシャルゲーム」という三つのイラストを大きく変えたターニングポイントについて記されています。
この三つの中で、「SNS」についてはイラストに興味がない皆さんでもイメージしやすいと思います。SNS登場以前はイラストレーターはそれぞれの個人サイトでイラストを公開し、それをまとめサイトやリンクで共有するのが一般的でした。しかし、SNSという包括的で大規模なコミュニティの登場によりイラストを容易に、そして大多数の人間に対して公開できるようになりました。それはつまり、イラストが客観的かつ多角的に評価されやすくなったことを意味します。中にはランキング付けをするサイトも存在し、ゲームのようなヒエラルキーがつけられるわかりやすいシステムには、イラストを描く側も見る側も興奮し、イラスト文化は爆発的に発展しました。

「個人サイト、掲示板」「ソーシャルゲーム」について記された章でも、それぞれがイラストをどう変えたのかが分かりやすく解説されており、イラストがたどってきた歴史についての知識と興味がますます深まりました。
また、インターネット以外にも、デバイスやソフトの発展とイラストの関係について書かれています。他にも、インターネットの台頭以前から活躍し、今なお絶大な人気を誇るredjuice先生などのインタビューも掲載されており、これ一冊でイラストの歴史と変遷が大まかに網羅されています。

私は今までイラスト好きを自称してきましたが、イラストの何が好きなのか、あるいは一枚のイラストについて、このイラストはどうしていいのか、を漠然と感覚的にしかとらえられず言語化はできずにいました。それは私がイラストを好きになってまだ数年であるから、そして自分自身が絵を描かないためイラストに詰め込まれている技巧、技術を知らないからです。
今回紹介した「ネット絵史」を私が読もうとしたきっかけはここにあります。イラストの歴史を、技術を知ることでもっと一枚一枚のイラストを深く見て、読み取り、知ることができるようになると思っています。

今後もこういうジャンルの本を紹介することがあるかもしれませんがお付き合いいただければ幸いです。
ではまた。

楽しく自粛生活[リレー日記]

 written by ハクセンさん投稿日時:2020/05/07(木) 21:45

 どーもこんばんは!自粛生活を全力で満喫しにかかってる本摩です。
 今日は私がこの自粛生活をいかに過ごしているかを皆様にご紹介できればと思っております。

 この自粛期間が始まったばかりのころ、私は普段通りライトノベルを読んだり、アニメを見たり、ゲームをしたり、(時々勉強したり)しながら時間を潰していました。
 しかしどうもそれだけでは時間を持て余す!ライトノベルを読む集中力なんて一日三時間持てばいい方ですし、アニメやゲームも同様、自粛期間でまるっと空いた時間を消化するには足りない。何か新しい趣味を開拓したいなあ、と思っていた折のことでした。

 「俺ギター始めるわ」(by同室F)
 その手があったかと思いましたね。かねてより楽器に触ってみたいという願望がうっすらありまして、ロックも好きでよく聞いていたので、始めてみるには良い機会かと。 
 それで買いました。プレシジョンベース。



 何でギターではなくベースにしたかというと、ベースの低くて渋い音が好きだったから。
 そうしてベースの練習をはじめまして、最初のうちはギターと比べて大きいボディーやネック、太くて固い弦に扱い辛さを覚えていたのですが、それにも最近慣れてきました。ハンマリングやプリングといった技術も少しずつできるようになってきて、そろそろ簡単な曲を一曲弾けるようになりたいと思っているところです。


(撮影:同室F)

 新しいことを始めると、出来なかったことができるようになる快感を久しぶりに感じて、それが凄く楽しいです。
 特に目標とかもなく完全に趣味でやってるので、誰にもせかされることなく、自分のペースで好きな時に、好きなだけ練習し、気楽に楽器と触れ合えています。ただ卒業するまでに同室君をはじめとして、仲のいい連中で一曲カッコイイのを弾いてみたいというのはありますね。
 まだまだベース初心者、これからも飽きずに続けられたらと思ってます。

 まあ今回のTake home message的なものとしては、折角家にいる時間が増えたのだから、今までやってみたかったけど時間がなくてできなかったこと、やってみたかったけど何となく踏み出せずにいたら始めてみたらいいという事です。絶対楽しいんで。一緒に同じ趣味を始める友人がいたら一層楽しいと思います。

 とりあえず今回はこの辺で、次は自粛期間に入ってから全く顔を見ていないため、何をして時間を潰しているのか全く不明な松浦君につなぎます。ではまた



おふざけ宣材写真風off shot↓↓↓

迷ったけど上の奴の方が気に入ったからボツ

メガネ外し忘れたからボツ
 

趣味人による需要のないお宝物紹介[リレー日記]

 written by ハクセンさん投稿日時:2020/02/17(月) 20:53

どーも、最近部屋にこもってたら寝てるだけで一日が終わってしまうことに気づき、週末はラノベを二、三冊持って出掛けてマックやスタバに長時間居座ってる本摩です。
遂に責任学年になってしまいましたね、、、、
まあ代キャプテン以下同期の皆々様の足を引っ張らない程度には汗を流そうと思っております。

今回はですね、相変わらず私は部活関係で話すネタなどを持っていないのでまた趣味の話でもしようかと(そこ!またか、興味ねえよとか言うな

はい、今日は私所蔵の、死んでも手放さないお宝もの紹介します!

まずはこちらの商品!(商品ではない)

これ全部イラスト集です。昨年くらいからイラスト見るのにハマって最近はこうやってイラスト集買い漁ったり、pixiv眺めて過ごしたりしてます。
これ確か全部で100冊は余裕で越えていたと思います。中には今では入手困難なものや、作者様に直接サインして頂いたものとかもあるので大切なコレクションです。

続いてはこちら!


イラストレーター藤ちょこ先生の直筆サイン入り20点限定ジークレーとニリツ先生直筆イラストサイン色紙ですね。

ジークレーってのは簡単に言うとめっちゃ手間のかかった方法で印刷されたポスターです。(雑な説明)
これどうしても欲しくて買ったんですけどそんじょそこらのポスターとか印刷物より圧倒的に色彩が綺麗ですよほんと。豊かな色彩と幻想的な世界観で絶大な人気を誇る藤ちょこ先生のイラストを十二分に楽しめますよ。

イラストサイン色紙の方はですね。これホント凄いですよ、人気イラストレーターのニリツ先生が作家デビューした記念に行われたキャンペーンに応募したら当たったんです!これが届いた時は感動手が震えましたね。自分の大好きな絵師さんが自分だけのために一枚の絵を描いてくださったという事実に。まさにお金に換えられない宝物ってやつです。

次!こちら!

今は解散してしまったバンド「NICO Touches the Walls」の「primitive disc Eden」(引っ越しでいったん実家に持って帰ってるので画像は拾い物)
これインディーズ時代のアルバムなんでめちゃくちゃ流通数が少ないです。今入手しようとしてもできないことはないですがプレミアがついててまっとうな価格では買えないですね。


ラスト。

栞ですね。これ中学のころからの友人がイタリア旅行土産にくれたんです。「N.HOMMA」って名前まで入っていて。私さっき話した通り小説とかよく読むんで栞は凄く重宝するんです。それで友人はそこまで理解して栞を送ってくれたのかなーと嬉しくなりましたね。(なんか最後いい話風に終わらせようとしているわけではない)

というわけでいかがででしたか、私の性格というか趣味というか人間性がよく表れたお宝紹介だったでしょう。
自己紹介じゃないですけどちょっとでも私の生き方的なものを知ってもらえたらと思い書きました。

最近はこのリレー日記も週二回更新で活発に動いていていいですね。
次は一年の上妻君です。お楽しみに。






 

ハクセンさんの休日~サイン会~[ハクセンさんの白線流し]

 written by ハクセンさん投稿日時:2019/09/20(金) 14:38

一人だけラグビー完全無視の異色のブログ、またまたはじまるよー

まあ今回はラグビーに全く関係ないわけではないとも言えるので(多分)許してください。

今回紹介するのはまたイラストレーターなんですがダイスケリチャード先生ですね。
まあ正直この方を知っている人はこのブログを見ている人の中にはまずいないと思ってます。
まだあんまり有名ではないのでね。
ただダイスケリチャード先生の絵はすごく独特で他にない魅力があります。

これはダイスケリチャード先生の初画集「気化熱」の表紙です。
雑多な部屋の中でけだるげにくつろぐ女の子の絵ですね。
ダイスケリチャード先生の絵はこのような「けだるげな女の子とそれを取り巻く日常と非日常の融合」が特徴的だと考えています。以前紹介した森倉円先生やAnmiのような繊細で作りこまれたイラストとは全く作風が異なりポップで明瞭な作風になってます。

今回はこのダイスケリチャード先生のサイン会に参戦してきたのでちょっとレポートしていけたらと。

ハクセンさんはサイン会開始の10分前くらいに到着しました。事前に整理券を配られていたのでギリギリでも全く問題なかったです。
それで並んでサイン会開始を待っていたんですが、正直めちゃくちゃ緊張していました。というのもサイン会といったアーティストの方と直接お話しするイベントは初めてでして、、ハクセンさんコミュ障で陰キャなのでうまく話せるかすごく不安だったんです。

それでもまあそんなこんなしているうちにサイン会が始まって順番が回ってきました。
ダイスケリチャード先生にお会いしました。20代後半という事は知っていたのですがすごく若く見えましたね、髪の毛赤いですし、マスクにフードだったので顔とかはそんなにわからなかったですけど。

それで最初の会話
ダ「凄く体格いいね!何かスポーツやってるの?」
白「大学でラグビーやってます!わかります?」
ダ「わかるわかる」

まあわかりますよね自分でも鏡見て「こいつでかいな」と思うことありますから

ダ「いやー凄いねー僕なんて最近全く運動してないからうらやましいよ」

なんでも10年前くらいまでではサッカーをしていたがそれ以降はまともにスポーツをしていないとのこと

ダ「腕とかすごい太いよね」
白「いやあ僕腕は細い方ですよ太ももは太いって言われますが」
ダ「本当?(自分とハクセンさんの太もも比較)ホントだ!」

ここで謎の太ももの太さ比べ入りましたね。因みにダイスケリチャード先生もサッカー経験者という事でFWほどではないですが防医のBKではいそうなくらいの足の太さはありましたね。

ダ「そうだ、サイン書くからお名前を」

そう、謎の太ももトークに話を膨らませていましたがこれはサイン会なのでした。

白「カタカナで『ハクセン』でお願いします。」
ダ「かっこいいね。本名?」
白「いやまさか。ニックネームみたいなもんです。」
ダ「まあそうだよね。でもときどきいるよね。本名でこういう名前のひと人」
白「いますいます」

ここで名前トーク始まりましたね。ハクセンはもちろん本名じゃないですが確かに本名でこういう名前の人いそうですよね。

ダ「そのTシャツのデザイン、、、」
白「ああ、これはsupercellのTシャツです」

この日は先日書いたspcl shopで購入したsupercellのTシャツを着ていました。

白「ちなみにこのキャップは『三月のパンタシア』のグッズですよ」

「三月のパンタシア」というのはハクセンさんが好きなアーティストの一人でCDのカバーイラストやライブのキービジュアル、グッズのデザイン等の多くにダイスケリチャード先生が携わっています。
ハクセンさんがダイスケリチャード先生を知るきっかけとなったアーティストですね。

ダ「あ、そうなの((笑))。いやあ三月のパンタシアさんには凄くお世話になってます。三月のパンタシアさんから僕のこと知ったっていう人凄くおおい多いんで。」

とまあこの辺でだいたい頃合の時間になりまして

ダ「いやあ今日はありがとうございました。ラグビー頑張ってください。」
白「はい、こちらこそありがとうございました!この時期暑くて日焼けとかすごいですけど頑張ります。(このサイン会は8月末でした)」
ダ「ホント凄い日焼けしてるね」
白「日焼け止め一応塗ってるんですけどね」
ダ「ホント?チョロっとしか塗ってないんじゃないの(笑)」
白「いやいやすぐ汗で流されちゃうんですよ(笑)あと、もともと地黒なんで」
ダ「あーなるほどね」

最後に日焼けトーク挟んでサイン会終了しました。
始まる前はうまく話せるか不安だったんですが話し始めたらダイスケリチャード先生すごく気さくで話しやすくて、むしろほかの人より長く話せましたね。

最後に宣伝ダイスケリチャード先生の最新の画集「水槽」

ダイスケリチャード先生の作風にさらに磨きがかかっていて最高の一冊になっています。

今回はサイン会のレポートでしたが、いいですね、アーティストの方と直接お話しする機会ってなかなかないですし単純に嬉しかったです。
皆さんもこういう機会があれば積極的に参加してみてはいかがでしょうか
ではまた
次へ>>

<< 2020年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ブログ最新記事

リレー日記 続・キャンプ  2020/10/26(月) 21:19
リレー日記   2020/10/23(金) 17:38
リレー日記 今年度  2020/10/19(月) 10:48
リレー日記 ばつまる  2020/10/17(土) 22:09
リレー日記 生きづらい世の中になりました。  2020/10/12(月) 23:01

最新トラックバック