ブログ一覧

ブログ ラグビー

次へ>>

後悔と未来への展望[フォワード日和]

 written by 栄 裕介投稿日時:2017/06/18(日) 03:06

どうも皆さんこんばんは、およそ3ヶ月ぶりの更新となります、第2学年の栄裕介です。
今日は(もう既に昨日ですが…)千葉大学のラグビー部さんとホームで試合をさせてもらいました。
多数のOBの先生方のみならず、高橋洸元学生も応援に駆けつけてくれて、自然と気持ちが高まる試合でした。

糸球体腎炎による入院や指の骨折で、練習に参加できない期間が長かった自分にとっては、30分ハーフをフルで戦うのが初めての経験であり、ただただ今の自分にできる事を全力でやろう、という気持ちで臨んだ実質的デビュー戦。
期待よりも不安ばかりで始まった自分の出番。
結果は、はっきり言って「酷い」の一言。
体力、気力、根性、経験、判断…何もかもが、仲間に比べて明らかに、根本的に、圧倒的に足りていない。
30分間終始、自分だけが他の14人と違うゲームをしているか、あるいはただの足手まといだけれど、お情けでただ出してもらってるかのような余りにも情けない状況…
今まで1年やってきた練習は何だったのか?
自分だけ何も成長できてないんじゃないか?
ただ頑張ってる「つもり」なのでは?
今まで辛いことから逃げ回ってきたから、また逃げてしまってるのでは?
せっかくだから大学でこそは、と一念発起したものの、無駄だったのでは?
正直なところ、黒歴史として記憶から葬り去ってしまいたい、何もなかったかのように生きたい。
試合後からそんな考えばかりが頭を離れない。
でも、前を向かないと何も始まらない。
ここで目を逸らせば、それこそ昨日までの自分と何も変わらない。

"Stand up and walk. Keep going forward. "
"At least you have strong legs to take you there."
by Edward Elric
自分が初めて夢中になった「鋼の錬金術師」での名言、これを思い返して明日からまた頑張ればいい。
不器用な自分にできる事など、それ以外に何もないのだから。
ラグビーをやりたくても諦めざるを得なかった人もいるのなら、自分が頑張らなくてどうする?
明日も明後日も、ただ全力で闘う、それでいいじゃないか。

最後に同じく「鋼の錬金術師」から、ラグビーに何かしら通じると自分が思う名言を2つ紹介して終わろうと思う。

痛みを伴わない教訓には意義がない
人は何かの犠牲なしに何も得ることはできないのだから
しかしそれを乗り越え自分のものにした時……人は何にも代えがたい鋼の心を手に入れるだろう
by 荒川弘(作者)

理想とか綺麗事と言うが それを成しとげた時
それはただの”可能な事”になり下がる
理想を語れよ
理想を語れなくなったら人間の進化は止まるぞ
by ロイ・マスタング

お久しぶりです(^^)[リレー日記]

 written by 友納 惇之介投稿日時:2017/01/26(木) 09:55

お久しぶりです!栄くんからバトンを受け取りました、看護学科1年の友納(とものう)です!
では早速、栄くんからのフリにお答えして、友納の最近あったイイ事発表します、、、、、、、
実は私、最近彼女ができました!!!イエェェエェェーーーーーーーイ!!!
これはもう完全にラグビー部のおかげですね。受験生の皆さん、ラグビー部、、、モテますよ笑 是非入部を♡

はい、浮かれるのはここら辺にして真面目に行きます。今日はラグビー部の魅力について少々語りたいと思っています。

最近自分が生活していてよく思うのが、部活の楽しさ、充実度についてです。これはかなり大事です。なぜなら看護学科なら2年間、医学科ならば4年間、運動部に半ば強制的に加入しなければならないからです。
部活選びに失敗すれば、★昼休みも放課後も部活の仕事に追われたり、★先輩との険悪な関係に悩まされたりetc…とにかく部活に行きたくなくなっちゃいます!そんなのウンザリですよね!!(見てると本当にかわいそう)
そんなしがらみがないのが、そう!ラグビー部!!これはもうホントにつくづく思います。周りのほかの部活の同期の話を聞いていても(聞いてると本当に申し訳ないくらい)、絶対ラグビー部が一番楽しいです!!少し挙げると、
☆先輩後輩の仲も本当にとてもいいですし、
☆先輩は毎週ご飯に連れて行って下さるし、
☆部活の技術面についてもよく面倒を見て下さるし、
☆OBの先生方もよく練習に来てくださって現役の壁を越えて繋がりができるし、
☆運動部特有の、後輩になにかにつけて無理やりネタをやらせたり飲ませまくったりすることもないですし、
☆なんといっても今田監督をはじめとした豪華首脳陣!!etc…
挙げだしたらホントにきりがありません(マジで)

あれれ!!実は前回もラグビー部の魅力について語ってる!!(俺ラグビー部好きすぎやん!)とまぁこんなにもラグビー部が好きになります。

はい、今日は防医大ラグビー部がこんなに楽しくて充実したところだということを紹介しました(?)

最後に、防医大に入ろうかどうしようかって人がこのブログを見てるかはわかりませんが、進路選択の助力になれば幸いです。
出願、よく考えて悔いのないようにして下さい。受験生の皆さんのご健闘をお祈りしております。
それでは皆さん!是非防医大ラグビー部へ!!!さよなら!!!


次は、実は部活中も踊ってる!♡ダンス部やらなにやらと兼部で忙しそう!でも働き者のマネージャー(アリガトウ!)吉田さんにバトンを渡したいと思います!

第1戦 vs日本歯科大学[イマダの今だから言えること]

 written by 今田 圭太投稿日時:2016/09/18(日) 20:36

どうも。
コーチのイマダです。

情報は鮮度が命。

ということで、気合い入れての連日の投稿です。

いよいよ本日、関東医歯薬リーグが開幕しました。
公式戦のドキドキ感、やっぱりいいですね!

防衛医大は日大稲城グランドで日本歯科大学さんと対戦。
結果は・・・
20−29で初戦を落としてしまいました。
201609182047_1-300x0.jpg
気持ちの入ったウォーミングアップ。
201609182047_2-300x0.jpg
いい試合を予感させるものでした。

201609182047_3-300x0.jpg
そして部歌を歌い、気持ちを一つに試合開始のホイッスル。

試合の入り、みんなの気持ちがひしひしと伝わってきて最高の展開だったと思います。
201609182047_4-300x0.jpg

しかし、その後はミスや日本歯科大さんの巧さで試合の流れは徐々に日本歯科大さんに。。

途中、うまく流れを引き戻せそうな時間もあったものの、ここでもミスから流れを失い、結局追いつくことができずノーサイドを迎えることになってしまいました。。

201609182047_5-300x0.jpg
そして試合後お互いユニフォーム姿のまま、すぐにアフターマッチファンクション。
まさにノーサイドの精神。ラグビー文化の素晴らしいところです。
201609182047_6-300x0.jpg

もう少し試合を振り返ってみると、湯浅キャプテンを筆頭に素晴らしいプレーも数多く見られました。
練習で取り組んでいたことが見られた場面もありました。
決して悲観する内容ではなかったと思います。
でも、結果は負けてしまいました。

細かいことは置いといて、僕なりに2点、ポイントがあったと思います。
それは
・コントロール
・Off the Ball
の2点です。

・コントロール
Miss、Discipline、Area、Decision
コントロールできることを自分たちでしかっりとコントロールするということ。
特に、ペナルティーの繰り返しは自分たちを苦しめる結果になったと思います。

・Off the Ball
これは僕がよく言うことですし、本当に大切だと思っていることです。
一つ一つのプレーの精度はもちろんそうなのですが、最近、よく一人の選手がボールを持っている時間、プレーしている時間は2分にも満たないと言われています。

つまり、残りの58分間を一人一人がどのように過ごすかで試合の優劣が決まるということであると僕は認識しています。

58分以上あるプレーと直接関係ない時間の過ごし方がチームにオプションを増やし、チャンスをものにできる可能性を広げ、ピンチの芽を摘む回数を増やすと思います。
その時間に価値を感じるチームが強いチームだと思います。

今日はその58分間の動きが勝つためには少し足りなかったのかなと感じました。

なんか、途中から僕のラグビー観みたいな話になってしまいました。。
スミマセン。。

でも、課題は伸びシロです。
このチームはこれからまた一段と強くなる!

次戦までの1ヶ月半、またみんなで努力しようね!

201609182047_7-300x0.jpg201609182047_8-300x0.jpg
サポートしてくれるマネージャーがいるから選手かラグビーに集中できる環境がある。
201609182047_9-300x0.jpg
マネージャーが仕切るウォーミングアップ。
笛の吹き方、声の出し方がぐんぐん上手くなっていて、もう普段の練習でコーチできるのではと思ってしまうレベル!

改めてマネージャー、選手みんなで防衛医大ラグビー部を作っているということを実感。


5試合しかないリーグ戦での1敗の持つ意味は大きいですが、優勝の可能性はまだまだ残されてます!
次の試合の日程は決まっています。
試合は待ってくれません。
つまり、下を向いている時間はありません。次に向かって前を向いて練習に励むしかありません。

最後に、本日お忙しい中、多くのOBの先生方に来ていただき、ありがとうございました。
ぜひ、お時間があるときに学校のグランドにも来ていただき、一緒に汗を流し、選手たちに身をもって指導していただければと思います!笑

拙い長文を最後まで読んでいただきありがとうございます。
いつまで息が続くかわかりませんが、とりあえずしばらく頑張って更新を続けていきたと思います。。

防衛大戦[パパラッチおじさんのブログ]

 written by 佐々尾 宙投稿日時:2016/06/12(日) 23:41

6/5(日)に防衛大学校との試合が行われました。防衛医大創部当初から行われてきた試合ですが、自分が学生の時のようにどんなに人数が少なくても行ってきた大事な試合です。春は防衛大グラウンドで、秋は防衛医大グラウンドで行う…ということが多いのですが、秋はお互いのシーズンの兼ね合いもあり行われないこともあります。春の防大戦は天候が悪いことが多く、今のような人工芝の素晴らしいグラウンドができる前に泥沼で試合したことも今となってはいい思い出です。おかげさまで蜂窩織炎で後輩とともに1週間入院しましたが。
そんな私にとって防衛大は特別なチームです。卒後3年目だった平成20年6月に防衛大にある医務室の医官として勤務する傍ら、ラグビー部にも関わらせてもらいました。私が異動になった後も、後任の後輩たちが引き継いでくれており、防衛大のサポートをできるだけしている状況です。実は試合当日の午前中には朝早くから後輩2人とともに、防衛大の新入生のメディカルチェックをしていました。かれこれ5年前から行っていますが、ラグビー部に入部するのは経験者だけではなくて未経験者も入ります。未治療の怪我や、なんらかの予防策を講じることが望ましい学生を抽出する作業を行います。学生スタッフの意識も高く、たぶん安全対策は防衛医大より防衛大の方が進んでいるような…。そんなわけで関わりが深いチームなので、防衛大のスタッフの方々とも交流があり、いつもどちらに肩入れするのか?どちらのネクタイをしてくるのか?といじられます。ハーフ&ハーフのネクタイの着用をすすめられましたが…。
さて試合の方ですが、春合宿から蓄積してきた負傷者の影響もあり、ポジション変更、新入生の起用もしながらの綱渡り状態でしたが勝利することができました。相手はC・Dチームではありますが、防衛大はすべてのカテゴリーで春シーズン順調に仕上がっていたようでしたので、とりあえず勝ててほっとしました。試合後にはアフターマッチファンクションを開催していただきました。こうした場での交流は非常に大事です。将来どこかで一緒に仕事をすることもあるかもしれません。下級生はまだわからないかなぁ…。卒業したらよ~くわかります。ラグビーを通じた人間関係にいろいろと助けてもらっています。
春シーズンも終盤です。今日の東大戦の様子はまたアップします。
 
201606130021_1-450x0.jpg
201606130021_2-450x0.jpg
201606130021_3-450x0.jpg
「群れを嫌う男」と勝手に名付けました
201606130021_4-450x0.jpg
バックスにもチャレンジ
201606130021_5-450x0.jpg
201606130021_6-450x0.jpg
201606130021_7-450x0.jpg
201606130021_8-450x0.jpg
201606130021_9-450x0.jpg
201606130021_10-450x0.jpg
経験者の1年生も出場しました
201606130021_11-450x0.jpg
201606130021_12-450x0.jpg
201606130021_13-450x0.jpg
いじられるタッチジャッジ
201606130021_14-450x0.jpg
201606130021_15-450x0.jpg
201606130021_16-450x0.jpg
201606130021_17-450x0.jpg
エール交換
201606130021_18-450x0.jpg
部歌斉唱
201606130021_19-450x0.jpg
メディカルチェックにはOB29期 松橋先生が来てくれました
201606130021_20-450x0.jpg
防大に行く途中に見かけました。幸せになれるらしい?

メディカルセブンズ 2日目[パパラッチおじさんのブログ]

 written by 佐々尾 宙投稿日時:2016/06/08(水) 22:39

更新が滞っていました。もうすでに10日くらい前の話になりますが、メディカルセブンズ2日目の話です。
この日、OBも現役も朝早い時間帯からのゲームでした。 きっと前日は飲まなかったでしょう。あの人を除いて…。そんなOBチームの初戦の相手は帝京大OBチームでした。さすがに負けられません。こんな朝早くにあっさり負けてしまわれては、残りの時間帯のモチベーションがなくなってしまいますから。あっさり先制点をあげたものの、ここからは防戦一方。前半を相手リードで折り返し、後半途中には10点差。しかしあきらめませんでした。徐々に差を詰めて、ラストワンプレーで逆転。前日の2戦目の逆の展開となり、劇的な逆転勝利で試合終了…のはずでしたが、なぜかまたキックオフから開始。???となってしまいましたが、マイボールキックオフのボールをキープすることができ、そのままトライ。結果的にはよかったよかった。というわけで2回戦へ進出。現役の初戦は日本歯科大学戦でした。そんな矢先に医務室に戻ることとなり観戦できず。4トライ取られて完封負けだったようです。残念。OBの2回戦は筑波大学OBチーム。昨年1部で優勝を争ったチームですが、若い卒業生も多く難敵です。惜しくも1トライ差で敗戦となってしまいました。これで防衛医大のメディカルセブンズは終了しました。
自分は医務室の担当だったので、その後もずっと急患対応でした。肩関節脱臼×2、肘関節脱臼、肩鎖関節脱臼×2、鎖骨骨折、足関節骨折…。昨年に比べてやや大変でした。現役の試合は1試合も観ることができず。でもいいトレーニングになります。防衛大の棒倒しの対応に比べればまだまだ楽ですが。
さて、現役のカップトーナメントは、2連覇を狙う信州大学と、日本歯科大学に圧勝した獨協医科大学の決勝戦でした。両チームとも力の差はなく、信州大学のキックミスで流れが一変し、獨協医科大学が逆転で初優勝を飾りました。OBのカップトーナメントはレベルが高く、本当に仕事をしているのか疑いたくなるほどでした。われわれのOBチームに勝利した筑波大OBチームはその後の2試合を快勝し、プレートトーナメントで優勝していました。
来年こそは現役・OBともに表彰式に残れるようにしたいですね。
 
201606082316_1-450x0.jpg
201606082316_2-450x0.jpg
201606082316_3-450x0.jpg
昨晩、飲んでしまったようです。予想通りですが…。
201606082316_4-450x0.jpg
アキレス腱を切らないように自主的にストレッチ
201606082316_5-450x0.jpg
益子GM、廣瀬先生もスタンドから応援
201606082316_6-450x0.jpg
201606082316_7-450x0.jpg
201606082316_8-450x0.jpg
201606082316_9-450x0.jpg
201606082316_10-450x0.jpg
201606082316_11-450x0.jpg
201606082316_12-450x0.jpg
OBチーム、初戦終了後に集合写真
201606082316_13-450x0.jpg
石坂先生、このときはまだ大丈夫だったの??
201606082316_14-450x0.jpg
201606082316_15-450x0.jpg
逆光ですが、今井先生??
201606082316_16-450x0.jpg
来年はOBチームに登録しますよ
201606082316_17-450x0.jpg
やっぱり最後は集合写真。今井先生、鍛えられた筋肉が邪魔で後ろが見えません。
201606082316_18-450x0.jpg
久米村コーチは、2日目Aグラウンドの担当でした
201606082316_19-450x0.jpg
201606082316_20-450x0.jpg
201606082316_21-450x0.jpg
初日にはなかった信州大のユニフォームが、2日目の朝に飾られていました
201606082316_22-450x0.jpg
来年こそはこの場に立とう!
次へ>>

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最新トラックバック