部長からのメッセージ


防衛医大4期卒、ラグビー部OBの妻鳥元太郎です。 
 本日(平成23年1月21日)付をもちまして、防衛医科大学校学友会会長(防衛医大学校長)早川 正道先生からラグビー部長の委嘱を受け、新部長として上番いたしました。 これまで部長を続けてこられた益子先生は、顧問として引き続きラグビー部の指導に当たられますので、ご心配なく。
 さて、委嘱状によりますと、部等の長は「医学教育」及び「幹部自衛官教育」を通じ「医師である幹部自衛官」を育成する防衛医科大学校の教育訓練方針を念頭に、「学生の心身を錬磨し、親睦を図り、幅広い人間性を養う」学友会の目的を達成しえるよう、部員の指導及び部等の活動の監督にあたるものとする。・・・・とあります。なかなか重い職務ですね。
 部員の自主性を尊重しつつ、顧問、監督、コーチ陣の皆様からのこれまで通り熱いご指導を得られればと思います。さらにOB会長を中心としたOB会の活性化を、現役の活躍を契機に図っていこうと考えています。OB各位のご協力を賜りましたら幸いです。
 新年の誓いである2部昇格を、付帯条件付(大怪我なし、学業不振なし)でクリアすべく、部員と共に精進したいと思います。皆様よろしくお願いします。

 
 

主将からのメッセージ

 この度新しく主将を務めさせていただくことになった41期の得津です。新たにチームを作り上げていくにあたり、所信の一端を述べさせていただきます。
 自身が本校に入校した年に関東医歯薬リーグで初優勝を体験しその後も準優勝も2回体験させていただきました。そのような輝かしい戦績を残した先輩方からバトンを受け取った今は不安もありますが、入校して以来チームについて考えてきた思いを体現し再び優勝に返り咲くという思いの方が強いように思います。
 去年から新しく今田監督を迎え戦術も新しくなり、いい意味でも悪い意味でも変化があった年でした。その中で我々部員は同じ方向を向けていただろうか?と自分はふと思いました。変化があることに人は戸惑いますし、色んな思いがあると思います。ここ数年で今までいらっしゃったOBの先生方や益子先生、監督、コーチをしてくださった方々、自衛官で面倒を見てくださった方々が学校を離れてしまいましたが、先人の方々文化やメンタルの部分も含めた教えや伝統は生き続けます、いや生かし続けなければなりません。しかし今のチームを作るのはなにより我々部員でしかできません。ですから、過去への思い未来への不安を皆で共有し昇華していかなければならないと思います。そのために、防衛医大ラグビーが過渡期であることも踏まえ主将である自分の考えと監督、コーチ陣の考えを少しでも部員にかみ砕き浸透させ、言われたことをやるだけでなく皆が主体性をもって常に同じ方向を向き続けることができれば、一人一人の小さな力もかならず大きな力となり優勝できるチームになると信じております。
 そのために今年度もお互いを信頼できるためのhard workや徹底を念頭に練習し、部としての規律を皆が守り準備していく所存です。年間を通じてチームの“再生”を感じとれるように活動をしてまいりますので今後も応援の方よろしくお願いいたします。
 
 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

お問い合わせ先

防衛医科大学校ラグビー部および当サイトへの連絡、お問い合わせは下記までお願い致します。防衛医科大学校についての質問もわかる範囲でお受けいたします。

ndmcrfc@yahoo.co.jp