部長からのメッセージ


防衛医大4期卒、ラグビー部OBの妻鳥元太郎です。 
 本日(平成23年1月21日)付をもちまして、防衛医科大学校学友会会長(防衛医大学校長)早川 正道先生からラグビー部長の委嘱を受け、新部長として上番いたしました。 これまで部長を続けてこられた益子先生は、顧問として引き続きラグビー部の指導に当たられますので、ご心配なく。
 さて、委嘱状によりますと、部等の長は「医学教育」及び「幹部自衛官教育」を通じ「医師である幹部自衛官」を育成する防衛医科大学校の教育訓練方針を念頭に、「学生の心身を錬磨し、親睦を図り、幅広い人間性を養う」学友会の目的を達成しえるよう、部員の指導及び部等の活動の監督にあたるものとする。・・・・とあります。なかなか重い職務ですね。
 部員の自主性を尊重しつつ、顧問、監督、コーチ陣の皆様からのこれまで通り熱いご指導を得られればと思います。さらにOB会長を中心としたOB会の活性化を、現役の活躍を契機に図っていこうと考えています。OB各位のご協力を賜りましたら幸いです。
 新年の誓いである2部昇格を、付帯条件付(大怪我なし、学業不振なし)でクリアすべく、部員と共に精進したいと思います。皆様よろしくお願いします。

 
 

主将からのメッセージ

 

昨年度の主将得津先輩のあとを務めさせていただきます今期の主将の丹原です。

新年度を迎えるにあたって。

 

まず、昨シーズンは関東医歯薬リーグ1部準優勝という結果でした。

 

これに関しては様々な意見がありますが、私個人としてはとても悔しい。

得津先輩率いる昨年のチームは、みんなが1つの目標を見据え、堅い守り、統制された攻めをしていた。まさに昨年のスローガンsame page にふさわしい良いチームに出来上がっていた。故に筑波との敗戦は“悔しい”の一言に尽きる。

 

では、今年こそ関東医歯薬リーグの王座奪還を成すには昨年何が足りなかったのか、今年何をしなければいけないのか。それを考え、チームに示し、率いていくのが私の役目、責任学年の使命だと思っています。

 

次に、主将を任されてから私は部活のあり方について以前より考えるようになりました。

結論から言いますと、私はラグビー部を“良い部活”にしたいと思っています。

先ほど記した通り、関東医歯薬リーグ1部優勝を志すのはもちろんのことですが、それだけではなく、いつか本校を卒業して何年と経った時に、私は防衛医科大学校のラグビー部なんだぞと誰にでも胸を張って言える、そんな部活にしたいと思っています。

ここからは主に部員に向けての言葉になるのですが…

まず、益子先生がいつも仰ってくれていた “ラグビー部は家族” という言葉を今一度心に留めておいてほしい。その言葉の真意は今年度をもって御卒業された海士先輩が2月の記事にて記してくださっている。

続いて、自分のとる行動が、防衛医科大学校ラグビー部の一員がとる行動として認識されるということを忘れないでほしい。周りから “ラグビー部はいい部活だよね” と言われるように日々の生活を、これを意識しながら過ごしてほしい。

今すぐに完璧に理解するのは難しいだろうが、これらは先輩方が、継承され、次の世代へと繋いできた教えであって、時代に関係なく守るべき伝統であると私は思っている。

 

そして最後に、新入生となる皆様へ、

まずはおめでとうございます!

そして、これから防衛医科大学校という特殊な環境に身を置くことになるだろうが、困ったときに乗り切るための言葉3つ!

進んだ先に出口は必ずある!

辛いのは自分だけじゃない!

ラグビー部が君を待っている!

 

以上、これをもって新年度の主将挨拶とさせていただきます。

至らない点も多々あると思われますが、どうかご指導のほどをよろしくお願いします
 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

お問い合わせ先

防衛医科大学校ラグビー部および当サイトへの連絡、お問い合わせは下記までお願い致します。防衛医科大学校についての質問もわかる範囲でお受けいたします。

ndmcrfc@yahoo.co.jp