• HOME
  • BLOG
  • やっぱラグビー部入って正解だった

リレー日記

やっぱラグビー部入って正解だった

投稿日時:2016/09/06(火) 23:55

飯田君よりバトンを受け取った栄 裕介です。どうも初めまして。
英語でさんざん苦しみ続けて、解放されたと思いきやまだまだ苦難が続くらしいのですが、その話はまた今度ということで…
飯田君からの紹介にもあったとおり、僕は今回入部した部員の中で唯一の2浪生ということになります。
中高6年間は基本的に文化系の部活しかやってなかった上に、2年間体育すらない生活をしていた自分は、入校時はユルユルな運動部に最低限所属して、音楽系の部活をいくつも兼部する気満々でした(笑)
で、そんな僕がなぜガチ系運動部、それも激しいコンタクトスポーツであるラグビー部に入部しようと思ったのか、という話です。
そもそもは、「やっぱり何の運動もしたことない、体力の無い医者とかちょっとなぁ…」という現実的な問題でした。そこで、大学の間くらいは何かガチなスポーツをして体力錬成をしよう、と思い至った所から始まります。
そして、仮入で先輩方に誘われて学習院大学との練習試合を見たときに、「知的だからこそできるスポーツで仲間に入りたい」、と。
これが決め手でした。自分は知的とは縁遠いですが…
結局他の運動部へはほとんど仮入に行くこともなく、同期たちとかけ離れたフィットネス、筋力、知識を埋めながら、「やっぱラグビー部でよかったな」と思う日々を過ごしています。

さて、そろそろバトンを渡しましょう。
次回は練習に来ていないことに誰にも気づかれていなかった島影君におねがいします。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

トラックバック一覧