• HOME
  • BLOG
  • 実は明日24歳の誕生日を迎えます。

リレー日記

実は明日24歳の誕生日を迎えます。

投稿日時:2020/12/29(火) 08:19

皆様、おはようございます。

森田くんからバトンを受け取りました、井階正惇です。
森田くんと同じく、僕も体重がみんなと比べると軽い方なので増やさなきゃいけないんですが、なかなか思うような増やし方はいかないですね。最近ムチムチしたと言われます。
部内では軽かったら45キロくらい?といじられ、太ってきたらムチムチしてると言われ、、、
努力不足は否めないので、今年は健康的に体づくりに励もうと思います。

さて、2020年の総まとめを任されたので、今年を振り返っていこうと思います。

僕は内主務というポジションで、主にOBの先生方や首脳陣の先生方、学校との調整などに取り組みました。
春以降はCOVID-19の影響により、例年とは全く異なるシーズンとなったため、責任学年一同手探りで運営していきました。
合宿や試合を行うにあたり、普段から十分な感染対策を行っていかなければならなかったので、ガイドラインや他の学校の取り組みなどを調べたり、アルコール消毒液を買いに走ったり、写真を撮って報告書を作成したりなどなど未経験なことばかり取り組んでいました。



































感染リスクは日常生活を送る限り、絶対に0になることはありません。
その中で、いかにそのリスクを減らしていくか、そしてその意識をいかに部員に徹底させるかというのをひたすら考えていたような気がします。

なんとかして引退される6年生の先輩方の活躍できる場を設けたい

その一心で少し神経質なくらい部員には感染対策を徹底させました。
その気持ちが伝わったのか、部員の感染対策の意識も自然と強まっていったような気がします。
「いうて大丈夫」という気持ちが積み重なることが感染リスクを高めることに繋がるというのはご理解できると思いますが、この心理は感染対策に限らず、試合に向けての様々な準備を怠ることにも繋がりかねないと個人的には思います。
交流戦に勝利し、メディカルセブンズ優勝という結果を残せたのは、こうした準備がきちんとできたことも大きいのかなと僕は信じています。















メディカルセブンズの決勝戦では昨年の雪辱を晴らして優勝し、その舞台には6年生の先輩方が4人全員立つことができました。もちろん先輩方の努力の賜物ではあるのですが、僕も微力ながら貢献できたかなと嬉しく思っています。


さて2020年はもうすぐ終わりますが、来年はどういった年になるでしょうか。
まずは何よりCOVID-19が終息に向かい、日常が戻ってくることを祈念して、今年のリレー日記を締めたいと思います。

新年最初のリレー日記は、最近僕に会うたびに自分の体型を自慢をしてくる代くんお願いします。ギャルにモテようと必死です。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

トラックバック一覧