リレー日記

<<前へ

お久しぶりです。友納です。

投稿日時:2021/01/18(月) 23:17

 

どうも!昨年まで看護学科に所属しておりました、友納です!先日は誕生日でした!いえーい!

看護学科は4年制なので、6年制の医学科の同期(代や井階など)より先に卒業しました!OBですが、まぁノリで書かせていただきます!



私は今は自衛隊福岡病院で手術室の看護師として働いております。かっこいいですね。コロナに振り回された看護師一年目でしたが、免許を持った責任ある立場として、求められる質の高さは学生の比ではありませんでした。勉強以外の面も含め、揉まれに揉まれ揉みしだかれた一年目でした。そしてもうすぐ後輩が来ると思うと恐ろしいです…



現役の皆さんはこのコロナ禍での活動かなり大変だったと思います。お疲れ様でした。また、そんな中部を引っ張ってきた同期の責任学年の皆さんは本当にお疲れ様でした。メディカルセブンスも優勝したし、おじさんはとても嬉しいです。



そういえばですが新しくエリオ君を主将として新シーズンがスタートしましたね!なんか聞く限り去年より大変そうですね…(頑張れみんな!)やれることもかなり限られているようですが、いい機会だと捉えて、文武・公私ともに今できることに最大限心血を注いでほしいです!

そこで!卒業した私からお伝えしたいことは1つ!



「学生時代は目一杯楽しまなきゃ損!!」です!



学生は圧倒的に時間と心身の余裕があります!やりたいことはお金とか気にせず何でもやってください!でも他人に迷惑かけるのはダメです(当たり前)!!!貯金もしちゃダメです。僕が貰いに行きます。是非ご一報ください。



そして実はもう1つ!



「人間的な成長を心がけてほしい!!」です!



偉そうなこと言ってますけど、ワタシゼンゼンデキテマセン^ ^ でもこれはわかると思うけどホンマ大切やで。社会に出てからじゃ遅いので、今のうちに、今だからこそ自分を顧みて、自分本位で動いてないか、人に迷惑かけてないか、誠実な行動ができてるか、コミュニケーションは十分にとれているか、感情的な言動ばかりしてないか、自分を客観視できてるか、そもそも自分の悪いところは治せているか……などなど考えてみてほしいです。私もやりますすいません。

本当にこんな偉そうなこと言って本当に恥ずかしいしこのブログも実は15日にアップしなきゃいけないんですけどまぁいいやって思ってましたすいませんブログ係の山本さん。そんなこんなで自分もまだまだ未熟でどうしようもないですけど、これからもなんとか頑張っていこうと思ってます。



最後になりましたが、現役の皆さんの成長をすごく楽しみにしております。練習行きたいしOB戦できたらしたいです。マネさんたちはラグビー部をどんどん好きになってくれると嬉しいです。そして国試を控えた看護4年生と医学科6年生はとにかく頑張ってください!!!!



次はなんだかんだで卒業後も絡みがある、天才と馬鹿は紙一重、のスレスレで馬鹿の方、上妻くんにバトンを回します!(思ってないよ!)

年一発目が私?

 written by 代 昂史 投稿日時:2021/01/07(木) 22:02

あけましておめでとうございます。
井階君に最近体重負けてしまっているので、ちょっと焦っている代です。(井階君より良い体はしてますが笑
皆さん冬休みをいかがお過ごしでしょうか。私は昨年を振り返り今年はどういった一年にしようか考えています。コロナウイルスの影響で今年も見通しが立ちにくい一年になりそうです。しかし、それともうまく付き合っていくしかないですね!
井階君が一年間を振り返ってくれたので、自分は何を語れば良いのでしょうか?笑
とりあえず新シーズンについておじさん的立場で考えてみようと思います。
新しい責任学年に変わり、エリオ君を主体として責任学年は色々と考えていることと思います。去年の自分たちも、ものすごく考えていたのを思い出します。そういえば、森田君が克己復礼というワードをサブテーマ的にあげていたのを思い出しました笑(消滅しましたが、、、、)
責任学年にはこれから1年、大変だけど頑張ってほしいですね。
昨日の練習で、山本と渡部とキック対決をしました。本来ポールの間を通すことでゴール成功なのですが、それを競うわけでなく、誰が先にポールに当てることができるかを競うゲームです。今まで負けたことがなかったのですが、初めて渡部に負けました笑
キックは積み重ねだと改めて実感したのと同時に、今年は最後の年ですが、現状維持じゃなく、上達しないとなと思いました。
そこで今年は、去年自分のことが出来なかった分、ラグビースキルを高める、その上でしっかり後輩君たちにも還元していけたらなと思います。
最後になりますが、今年も防衛医大ラグビー部をよろしくお願いいたします!
次は、なんと看護学科初代卒業生の友納君にバトンを渡したいと思います。これってOBも書くんですね笑
どんなこと書いてくれるかすごい楽しみです!
それと、友納君からもらった自転車を何度も航空公園で回収されて迷惑かけちゃってごめんね!笑

実は明日24歳の誕生日を迎えます。

 written by 井階 正惇 投稿日時:2020/12/29(火) 08:19

皆様、おはようございます。

森田くんからバトンを受け取りました、井階正惇です。
森田くんと同じく、僕も体重がみんなと比べると軽い方なので増やさなきゃいけないんですが、なかなか思うような増やし方はいかないですね。最近ムチムチしたと言われます。
部内では軽かったら45キロくらい?といじられ、太ってきたらムチムチしてると言われ、、、
努力不足は否めないので、今年は健康的に体づくりに励もうと思います。

さて、2020年の総まとめを任されたので、今年を振り返っていこうと思います。

僕は内主務というポジションで、主にOBの先生方や首脳陣の先生方、学校との調整などに取り組みました。
春以降はCOVID-19の影響により、例年とは全く異なるシーズンとなったため、責任学年一同手探りで運営していきました。
合宿や試合を行うにあたり、普段から十分な感染対策を行っていかなければならなかったので、ガイドラインや他の学校の取り組みなどを調べたり、アルコール消毒液を買いに走ったり、写真を撮って報告書を作成したりなどなど未経験なことばかり取り組んでいました。



































感染リスクは日常生活を送る限り、絶対に0になることはありません。
その中で、いかにそのリスクを減らしていくか、そしてその意識をいかに部員に徹底させるかというのをひたすら考えていたような気がします。

なんとかして引退される6年生の先輩方の活躍できる場を設けたい

その一心で少し神経質なくらい部員には感染対策を徹底させました。
その気持ちが伝わったのか、部員の感染対策の意識も自然と強まっていったような気がします。
「いうて大丈夫」という気持ちが積み重なることが感染リスクを高めることに繋がるというのはご理解できると思いますが、この心理は感染対策に限らず、試合に向けての様々な準備を怠ることにも繋がりかねないと個人的には思います。
交流戦に勝利し、メディカルセブンズ優勝という結果を残せたのは、こうした準備がきちんとできたことも大きいのかなと僕は信じています。















メディカルセブンズの決勝戦では昨年の雪辱を晴らして優勝し、その舞台には6年生の先輩方が4人全員立つことができました。もちろん先輩方の努力の賜物ではあるのですが、僕も微力ながら貢献できたかなと嬉しく思っています。


さて2020年はもうすぐ終わりますが、来年はどういった年になるでしょうか。
まずは何よりCOVID-19が終息に向かい、日常が戻ってくることを祈念して、今年のリレー日記を締めたいと思います。

新年最初のリレー日記は、最近僕に会うたびに自分の体型を自慢をしてくる代くんお願いします。ギャルにモテようと必死です。

体重増えてます

 written by 森田 諒 投稿日時:2020/12/26(土) 16:01

最近体重増加に成功した森田です。

長年苦しんだ増量になんと+3kg成功し歓喜しております。

 



どうでもいいですね。





ようやく冬休みに入りました。

最近コロナ感染者が急増し、変異種なるものも爆誕したので冬休みの行動には気をつけたいものです。

この学校でコロナ感染者がほぼ出ていないというのも逆に恐ろしい話ですよね。

つい最近地元の愛知でも感染者数の記録を出し続けており、海外旅行は大分先の話になるのかと思うと悲しくなりますね。





さて、ちょうどこの前責任学年を終えたので軽く振り返ろうと思います。

自分は外主務とフィットネスメニューを担当していました。外主務ではいろいろ対外試合を計画していましたが、コロナのせいで結局1つも練習試合は組めませんでした。その点は非常に申し訳なかったなと思います。

情勢があれでしたがもっといろいろ経験を積める場を作ることができてたらなと思います。

唯一交流戦が出来たのが救いでしたね。

これもいろいろ交渉を頑張ってくれた同期の恩恵が大きいです。



今思えばフィットネスメニューの作成が1番悩ましかったです。

ラグビーのフィットネスは一般的にどういう形で行われているのかは良く分からないのですが、なるべく実戦の要素を入れて、飽きないように種類を増やすことを心掛けていました。

しかしながら、ミーティングではダメ出しばかりだったので実はかなり同期の修正を受けていました。

結構苦労してたので少しでも今年のフィットネスから獲られるものがあったら嬉しいです。



こんなところで振り返りを終わろうと思います。

今年はちょいちょい怪我をしていたので来年は怪我なしで生きていたいです。





次はいかいくんです。期待しましょう。

また趣味の本紹介してる

 written by ハクセンさん 投稿日時:2020/12/16(水) 18:37

最近さらに一層趣味に励んでいる本摩です。

いつも趣味のことを書いたりしてますが、今回は特にはなしたいことないですねえ。(珍しい)

昨シーズンが終わって以降、まとまった時間がとれるようになったのでいくつか新しいことを始めたりもしてるんですが、今のところブログで公開する気はないですしねえ、、、また最近読んだ本紹介でもしますか。(思いつき)

「mignonがしっかり教える『肌塗り』の秘訣」/mignon(ミニョン)

こちらはですね、まあイラストの参考書というか、技法書です。
イラストを描く際、色塗りの工程で悩むのはやはり「髪」と「肌」。この二つのクオリティが作品の出来の大半を決めると言っても過言ではありません。
そこで、業界随一の「肌塗り」を誇るミニョン先生が「肌」の塗り方についてその考え方やメソッドを記したのがこの一冊。

私がこの本を読んで感じたのは、リアリティーと魅力を兼ね備えた肌を描くには、人体の構造を詳しく理解していることがとても重要ということです。
というのも平面上で起伏や立体感を表現するには「影」をいかに入れるかが大事で、その影をリアルに描くには人体の構造への理解が必須なのです。実際プロのイラスレーターさんでは筋肉や骨の解剖学の本を読んでまで人体を勉強してる人は少なくないです。


(影を塗るためのランドマークを正確に得るためには人体を理解しておきたい、というページ)

この本では肌だけでなく、髪や服、背景の塗り方も解説されていて、これ一冊で塗りについてはかなり上手くなれるのではないかと思います。
イラストに興味があったり、イラストの参考書に迷ってる方はぜひ買ってみてください。

今日のところはこの辺でサラバ。
«前へ

<< 2021年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31