ブログ一覧

ブログ 2009/9/15

京都大学山中教授[マッシードリーム号]

 written by 益子 俊志投稿日時:2009/09/15(火) 18:54

昨日、アメリカで活躍する日本人の輝ける歴史の1ページのニュースがありました。一つはイチローの9年連続200本安打です。もう一つはips細胞の研究の第一人者の山中教授が医学分野で画期的な業績を挙げた研究者に贈られる米医学賞「ラスカー賞」の2009年受賞者に選ばれたことです。この賞がどれだけすごいことなのかわかりませんが、その2割はノーベル賞を受賞しているそうです。山中先生は、実はラガーマンだったのです。神戸大学で始めは柔道部だったそうですが、3年生からラグビーをやりました。柔道・ラグビーを通して怪我が多く、卒業後はスポーツ外傷の道に進みました。それから薬理学から今の研究に移っていきましたが、こんなところにもラグビーを感じてくれてた人がいたのにはちょっと嬉しいですね。イチロー選手にしろ山中先生もこの活躍は一朝一夕で成し得たことではありません。日々の努力をこつこつとやってきた成果でしょう。誰にもできることではありませんが、1%才能と99%の努力でしょう。私は常ずね言っていますがラガーマンは世界で勝負できる人間を作る。決して海外で仕事をすることが勝負することではありません。世界のどんな人間ともどこに行っても物おじすることなく対等に仕事ができる。相手もラガーマンとして認めてくれるでしょう。それは常に紳士的であることです。「One for All,All for One」「Noblsse oblige」の精神でこれから世界に進出する若い人たちには頑張ってほしいですね。

<< 2009年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック