ブログ一覧

ブログ 塚本 旬さんが書いた記事

JUDORUGBY部としての1年[リレー日記]

 written by 塚本 旬投稿日時:2010/12/27(月) 12:38

はじめまして。33期の杉澤です。
私は柔道部でありながら、今年のメディカルセブンスを始め、多くの試合に出場させていただきました。
ラグビーを始めたきっかけは、同室の前キャプテン塚本からの誘いでした。

5月、メディカルセブンス。柔道の合間にしか練習ができず、ラグビーのルールといえば、ボールは後ろにしか投げれないことしか知らなかった私が、熊谷ラグビー場のピッチに立てたことは非常に光栄なことでした。しかし、私が試合に出ることで、ラグビー部員の一人が試合に出れなくなるわけで・・・
練習をしない者は試合に出てはいけない。
ルールを知らない者は試合に出てはいけない。
試合に出るならば、柔道部からのお客さんではいけない。
そう強く実感したのがこのメディカルセブンスでした。

8月、柔道の東医体が終わった後の夏合宿から、本格的にラグビーの練習に参加しました。
仲間の大切さを認識したのが夏合宿でした。
ボールをもらった時、タックルをされた時、自分がつらい状況になった時
振り向けばそこに誰かがいてくれました。
いつもフォローされてばかりやったね。
柔道で、試合場の中では常に1人で戦っていた私には、それがとても新鮮でした。

9月、公式戦が始まり、防衛医大は快進撃を続けていました。
しかし、山梨大学戦、防衛医大は公式戦初の敗北を味わうことになりました。
その日、私は柔道の試合があり、山梨大学戦には出場できませんでした。
結果的に公式戦唯一の敗戦となったこの時に、全員が悔し涙を飲んだグラウンドに
一緒にいることができなかったことが心残りです。

12月、目標にしていた入れ替え戦。その前日、練習の最後に円陣を組みました。
心は落ち着いているのに、涙が溢れそうで、上を向きました。空は快晴でした。
入れ替え戦、ノーサイドになった時よりもその瞬間の方が心に焼きついています。
試合前に片づけた自分の部屋、磨いたスパイク、ソックスにいれたマネさん手作りのミサンガ・・・

「試合の前に結果はもう決まっている」
その意味が少しわかった気がします。

シーズンが終わり、私は、柔道部のお客さんではなくなったでしょうか。
試合に出る資格があるほど練習をしたでしょうか。
臙色の14番に袖を通す資格はあったでしょうか。

入れ替え戦後、益子先生に「お前はラグビー部員だ」と声をかけてくださった時に
私はホッとすることができました。

ルールを教えてもらった部屋、作戦を確認した夕食、初めて行った菅平、土砂降りで凍えた夜の練習、試合前に行った温泉、痛み我慢して走り続けた日々
振り返ると同期3人の顔が一番に浮かんできます。

この1年、多くの貴重な話を聞くことができ、たくさんの方々に指導をいただき
私自身、成長できた気がします。ありがとうございました。

ラグビーをしてよかった。
ダルマの目入れをした12/24

START☆[リレー日記]

 written by 塚本 旬投稿日時:2010/10/06(水) 16:36

Blogを滞らせてしまい大変申し訳ありません。
昨日1~3年のテスト期間も終わりました。ラグビー部は今年から勉強会を実施していました。今回の定期試験はラグビ-部で勉強会を実施した結果が出た()のでしょうか。まだ全ての結果が出ているわけではありませんが今回はみんなの意識が高いためか順調にクリアしていってるようです。ラグビー部にとって再試はこれからのシーズン結果を左右するほど天敵です。テストも終わりこれからって時に再試だのなんだのでラグビーができないようでは今までの蓄積が台無しになってしまいます。ラグビー部は勉強も出来なければいけません。

さてテスト期間も終わり今週は並木祭です!!ラグビー部といえばそう!鉄板焼きです!!今年は遠藤想が店長を勤めます!ラグビー部員が誠心誠意を込めて作った鉄板焼き!おいしくないはずがない!!皆さん是非いらしてください!ラグビー部の人気キャラクターSEGAちゃんにも会えます!!

 

話は戻り、勉強。テストは結局個人がやる気になってくれないと受からないんですが、ラグビーも一緒です。チームプレーは大事ですが、チームは結局個人の集まりなんで個々が弱いと簡単にブレークされてしまいます。課題は言わなくてもみんな気づいていると思います。
今まで一皮剥けなかった防衛医大同志。

公式戦第一戦も終わりましたがみんなこれからの一戦一戦の勝ち方が具体的にイメージできているでしょうか。最後の入れ替え戦12月12日を意識しているでしょうか。今のままではまだまだ。他大学はこの時期にどんどん伸びてくる。毎年これからの時期の過ごし方で勝負が決まってるのが事実。やるもやらへんも自分次第。人生変えるも変えないも自分次第。

 

さあみんなここからが勝負やで!!!

次は防衛医大のEXILEこと、副主将坂元にバトンタッチ!!

夏合宿 ~第一弾~[リレー日記]

 written by 塚本 旬投稿日時:2010/08/31(火) 13:29

 どうも!!夏合宿前に坊主にしたはずがもうこんなに伸びちゃったラグビー部キャプテンの塚本旬です!!防衛医大の夏合宿は8月9日~8月20日まででした。個人的に8月1日~8日までの間、埼玉県トップレフリー研修およびB級認定講習に参加させていただきましたので今回はその話をさせていただきたいと思います。
 約半年ぶりのレフリーでめちゃくちゃ緊張しましたが、腹をくくっていざ出陣!!8月1日にうちのスーパー主務佐々木惇也氏に菅平まで送ってもらい、スタートしましたが一日のPlanは午前午後ともに実技研修をし、空き時間で自分のレフリングについてビデオ反省、夕食後、レフリングの講義といった感じでした。自分を含め埼玉県レフリーチームは菅平の「ペンションさわがに&ロスタイム」に宿泊しました。

 ここは本当にすごい宿で食事が本当にめちゃくちゃおいしく、部屋もきれいでとても快適でした。その他、スキーのオリンピック選手が従業員であり、有名なラグビー選手たちのサインが壁一面に貼られていています。そこにはもちろん現役時代の益子先生のサインもありました(笑)そしてなんといっても名物オーナー杉本さん!!オーナーの杉本さんはラグビー選手(今も現役)で尚且つ前長野県協会レフリー委員長という肩書きを持つ本当にナイスガイなオーナーです。オーナー目当てにペンションに訪れる人も沢山います!
 自分が合宿を行っているときも「さわがに」には夜な夜なラグビー界の重鎮が集まってきました。そのときはちょうど高校のスキルアップと重なっていたため、前明治大学監督の藤田剛さんや早稲田の名キッカー今泉清さん、大八木淳史さん、「suzuki」の社長などなどたくさんの人が杉本さんに会いに来ていました。しかもそこはやっぱりラグビー!!自分のような名もないぺーぺーでもその飲み会に混ぜてもらいました。ラグビーのまじめな話からここでは話せないようなことまで(笑)最初はみなさん冗談ばっかり言っているのですが、一度ラグビー界の将来の話になるといろいろな意見が飛び交い真剣な大討論会になります。日本のラグビー界をどうにかしないといけないというみなさんの気迫が伝わってきました。本当に様々なおもしろい話を聞かせてもらいました。もちろん益子先生の話でも盛り上がりました!!
 一日空き日ができたのでオーナーと埼玉県委員長と自分と三人で川釣りに行って川釣りの極意も教えてもらいました。本当に楽しく貴重な時間を過ごさせてもらいました。杉本さんには一時代を築いたラグビー選手の話から杉本さん自身のレフリーの貴重な体験談や自分のふがいない怪我の世話までしてもらい本当にお世話になりました。是非また伺わせてください!!
自分は諸事情があり昨年よりBOSSである益子先生に半ば強制で(笑)レフリーをはじめましたがレフリーをさせていただいて本当に世界がぐっと広がりました。本当にたくさんの方々にお世話になって今の自分があります。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
明日は第二弾行きます!!


夏休み出発申告の際の一枚、菅平これみて頑張りました。

負けてられん[リレー日記]

 written by 塚本 旬投稿日時:2009/12/21(月) 23:32

さてさて、Mr.マッスル赤尾氏から故郷について書けとの司令が来ました。

我が故郷京都には若かりし頃のいろんな思い出がありますが、今回は観光スポットについてではなく、自分が幼少期に過ごしたラグビースクールについて話したいと思います。

自分は幼稚園の年中の時ぐらいに親父に 「男やったらラグビーやってこんかい」 と言われ始めました。普段から5歳年上の兄がおもしろそうにやっていたのを見ていたので全然抵抗はありませんでした。その時自分は4歳くらいだったんで、そのスクールの中でも一番年下です。ユニフォームも練習着も持っていなかった自分は幼稚園の体操服でやり始めるはめになったのですが、その体操服がダサくてダサくて嫌だったことを今でも覚えています。

初日から試合形式の練習に混じりました。もちろんルールもパスの投げ方も何もわかりません。最初は訳も分からずボールを持っている選手に向かって走って行ってました。鬼ごっこみたいなもんです。

そしてついに自分のところにボールがまわってきました。足の速さは誰にも負けん!!と意気込んで走り出した瞬間、何者かに横からタックルされて転んでしまいました。 「離せやこのボケ!!」 途端に小学校の上級生たちに囲まれ、ボールをとられそうになりました。それはもう袋叩きみたいなもんですよ。人生初めての洗礼です(笑)。

ノットリリースなどのルールも何も知らない自分は本能のまま 「絶対渡すかボケ!!」 と思い、 「離せや!!」とボールを奪ってくる上級生と格闘していると、おじさん先生が 「離しなさい。」 と言ってきたんです。 

「なんで!?」

悔しかったです。前日の雨でグランドの状態が悪く、全身泥だらけになっていたことも悔しさを倍増させました。帰ってからお風呂につかりながら泣きました。

でもそれからずっとラグビーに夢中です。小学校6年生までお世話になったんですが、いろんな事がありました。同期もだんだんと人数が増えました。ちっちゃいけどパスがやたらうまいやつ、足が速くてステップキレキレのやつ、いつも相手チームにケンカ売ってる亀田みたいなやつ、やたらデブくて暴れたら止まらないやつ、多種多様でした。でも不思議なもんで、そんな個性あふれて一見バラバラそうに見えるメンバーもラグビーやると一つにまとまるんです。自分たちはだんだん結束力が強くなり、毎年開催される府内のスクール対抗ではいつも優勝してました。神戸製鋼の大八木選手や堀越選手に教えてもらったこともありました。ほんとに楽しかったです。

あの時の仲間は今、東芝(吉田朋生)、トヨタ(北川俊澄)、NEC(櫻谷勉)、ホンダ(西垣友博)などなどいろんなところで活躍しています。この前、秩父宮にホンダヒートの試合を見た帰りに西垣と話をする機会がありました。何よりもまず、体格があの頃とは比べものにならず、やばかったです。血のにじむような努力をしてあの鎧を手に入れたのでしょう。(チューとAKAOにも見せてあげたかった)あと、プロップのくせにやたら足が速かった。試合中盤に少し疲れていたので、 「もっと走らなあかんぞ」 とだけいって別れました。それでも、山田の100倍は走ってたぞ。。

なぜか声は・・・・・・昔のかわいい声のままでした(笑)。懐かしかったです。

さて俺らもガンバらなあかんな!!

いや違う。 ガンバるのはどこのチームもしてる。それにガンバるって言葉もあんま好かん。

さらにその上やな。 

血のにじむような努力。魚住先生がいつも俺らに言い聞かせているコツコツ努力する才能をもっと磨いていこうぜ!!

次のバトンは今年のフィットネス番長、長野先輩!!故郷についてお願いします!!

お待たせいたしました[リレー日記]

 written by 塚本 旬投稿日時:2008/04/08(火) 12:15

リレー日記ながらくお待たせしました。お待たせしまくった罰として今回はちょっと長めに。

その前に遅ればせながら医学科、看護科の卒業生の先輩方、国家試験合格本当におめでとうございます。またラグビーも人生もご指導のほどよろしくお願いします。

さて今回はDFについて自分の思うところを書いてみようかと。この前の埼玉医大との合同練習での俺の狙いはBKのDFの確認やった。が、何回もきれいに抜かれた。BKのみんなの頭ん中では「このサインにはこれで」というものを理解してても実際には体が思うように動いていない。それは、相手の仕掛け、サインを判断するのがまだまだ遅かったり、焦って早くズレて背中見せてしまったのもあった。でも何よりコミュニケーションがまだまだとれてない。自分が声出してるつもりでも相手に伝わってなかったら意味ないし、練習中からもっと味方に伝わるやり方で声出していかなあかんと思った。春合宿では漠然とコミュニケーションってみんなゆってたけどもっと細かいとこ、具体的にどの場面でどういうコールが必要か、どうゆったら味方に伝わるか、どの情報が要求されてるのかをさらに突き詰めていく必要があるなぁと思った。あとプレーがいったん切れた後でのコミュニケーションも大事。ズレかツメかキーマン誰やとか、コミュニケーションはチームプレーである限り永遠の課題やからね。ラグビーは1人でも2人でもできひん。15人でもできひん。プレーヤーだけじゃなくてベンチもマネも含めてみんなで戦ってる。そういう意味ではつい最近までグランドの外から「なんでタックルいかねぇーんだよぼけー!」とかゆって檄飛ばしてくるマネもいたけど(笑)全員で情報共有しあって意思統一して、みんなそれぞれが意図を持ってプレーする。それがあって初めて勝ちのストーリーが出来上がるんや。ほんで俺はそれを実現できるようゲームコントロールしたい。まさに百姓一揆やな。

なんか話が脱線してもうたな。そうそうBKのDFの話やった。あとはやっぱり出足。今よりもっともっと前でてプレッシャーかけてDFでゲインしてやろう。ほんで相手なえさしたるんや。こっちもDFでゲインできたら勝ちや。まあDFラインの出足が上がると相手は裏に蹴ってくるからバック2、3も強化せないかん。・・・新入部員が待ちどうしいな。

なんだかんだゆっても最後は接点での激しさやな。特にうちは自分も含めてサイズとしては大きいほうじゃないから低く刺さっさて仰向けに倒してやらな相手に失礼ってもんや。ほんで倒れたところをダブルタックルでボールいただきに行くと。毎度あり。タックルするだけじゃずーっとヤンボのままやからな。積極的にボールに絡んでいかな。もっとみんなずる賢くならな。先輩からゆわれたことをただ単にこなしてるだけじゃいつまでたっても成長せん。これからは防衛医大らしく優秀な頭使って考えよう。一つ一つのプレーの意味考えよう。

まあいま思いついたものを上げてみたけどこれらは全部ひたすら練習するしかないな。一番いいのは外のチームとの試合や練習で数こなすことかな。やっぱうちわじゃ攻めのパターンも偏ってくるしそれに慣れると考えへんようになってしまう。それはマズイ。試合に対応できへん。まさに練習のための練習や。実際試合をするのは外のチームとなわけでレンジもスピードも攻め方もぜんぜん違う。シーズンではそのチームそれぞれに対応した修正を加えて応用していかなあかん。練習はあくまでその基礎を得る場やから。応用は練習中にどんだけ試合をイメージしてるかと試合での実践でしか得られんと思う。

話は変わるけど今日は医学科35期生の入校式やった。自分の入学当初を思い出して・・・胸が痛い。新入生勧誘がんばろーっと。なっダメ男!!

<< 2021年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

最新トラックバック