ブログ一覧

ブログ 井階 正惇さんが書いた記事

次へ>>

1年生についてご紹介☆[リレー日記]

 written by 井階 正惇投稿日時:2021/08/20(金) 22:00

今年の合宿を無事終えることができ、ホッと一息と行きたいところですが
このご時世もあってどこかに遊びに行くこともなく、来週に控える卒業試験に向けてぼちぼちと歩き始めています。
こんばんは、井階です。お久しぶりです。
マスク生活になって久しいですが、肌荒れがずっと続いています。そろそろツルツルになってほしいです。

防衛医大では既に授業や実習などが再開されていますが、医学科6年生は臨床実習が終了したため、金曜日の午後を除いて特にスケジュールがありません。
ただひたすら時間を与えられ、「勉強せよ」という命だけがくだっているのです。

多くの方に共感していただけるかと思いますが、時間がありすぎると逆に使いづらくて計画的に過ごせませんよね。



わたくし、完全にそれに陥っております。




もちろん勉強はしているのですが、実習と部活に追われていた時の方が自分をコントロールしてできていたような気がします。
非常にまずいですね。
僕は高校時代から忙しい時の方が成績がよくなる傾向があるので今の自分が怖いです。

今週は時間の使い方がうまくできなかったので、反省して来週から厳しく過ごしていこうと思います。


さて今回は、前回書いた時から自分のことについては特に変化がなかったので、まだやっていないことをやろうかなと思います。
それは1年生の紹介です!
入部から3ヶ月ほど経ちましたが、まだ彼らはブログを書いておらず、平素よりブログをご覧になっている方も彼らがどんな子なのか、まだご存知ではないかと思います。
夏合宿も経験し、すっかり防衛医大ラグビー部の一員となった1年生3人をご紹介します!















左から銘苅(めかる)くん、森くん、板井くんです(ミンナ カワイイ)

とりあえず、3人とも若い!!!!!かわいい!!!若くてフレッシュで元気が良いです。
6年生にもなるとおじさんになった気分です。時の流れは残酷です。

さて、左から順に僕から見た印象を紹介しますね。

銘苅くんは入部当初は朴訥なタイプかなと思っていたんですが、実はとても明るくてラグビーにもとっても積極的です。
積極的すぎて僕のことを呼び捨てしちゃったんですが、僕は割と親しみを込めて名前を呼んでくれる人を募集してるので約束通り下の名前で呼んでほしいですね(外堀から埋めて行くスタイル)
写真の日本代表ジャージは、新入生歓迎のタッチフット大会で僕と徹成くんからプレゼントしたものです。
















めちゃくちゃ似合ってません!!!!!?????本人の顔が良いのもあるんでしょうが、これあげた人超センス良いと思います(自画自賛)
同期の代くんが鍛えてあげてる様子をよく見るので、揉まれて頑張ってほしいなと思います。

続いて森くんは飄々といろんなことができちゃうタイプなんじゃないかと予想しています。




























絶対落とすだろうなってボールを器用にキャッチする姿を何度も目にしています。
普段は4年生の八木くんとともに毎日激しい筋トレをしています。八木チルドレン略して「八木チル」と巷では言うそうです。
さぞ辛いんだろうな…と思っていましたが、この前「逆に筋トレがない日はなんか変な感じがする」みたいな発言をしていたので完全に八木くんに染まっていますね。ひょーま、もっと鍛えてあげて~
まだまだ自分の中身を完全に出してない感があるのでこれから曝け出していってほしいです。

最後は板井くん 


唯一の経験者、唯一のFWということで割と入部当初から激しいFWの練習に参加させられてます。
それが本人にとって嬉しいことなのかどうかはわかりませんが笑
でも自らのフィジカルを活かした、激しいプレーをしてくれてます。
なんてったって90キロ超えてますからね。合宿中、情けないことに吹っ飛ばされました。
あと、我々の同期であり、既に卒業した友納くんと顔が激似だと入部前から話題になっていました。
この写真に写る時の表情とかもそっくりだなあと個人的に思っています。
友納くんみたいに激しく暴れてくれるFWになってくれるはずです。

そんな3人と撮った自撮り写真を最後に載せます。

とにかくかわいいです。

僕と彼らは1−6年生と離れていますが、グラウンドに立てば関係ありません。
僕が1年生の時に、6年生の先輩方がとってもよくしてくださったことは今でも鮮明に覚えています。
僕も偉大な先輩方のためにと、若輩者ではありましたが必死に頑張りました。

このご時世ですので、今シーズンも試合がどうなるかはわかりませんが、先輩方から受け継いだ防衛医大ラグビー部の魂を、少しでも彼らに引き継いでいけるよう、自分らしく今後も仲良くやっていこうと思います!

終始後輩愛がにじみ出てしまい、若干気持ち悪くなってしまったことをお詫び申し上げます汗
なんか結構楽しかったので、これから他の学年についてもやるかもしれません。

次はコーヒーを淹れている時にこぼれてしまったものを掃除するように言ったら逆ギレしてきた代くんです。
ちゃんと掃除してね。

元・ブログファンより[リレー日記]

 written by 井階 正惇投稿日時:2021/03/19(金) 14:20

こんにちは!ご紹介に預かりました、井階正惇です!

学生隊学生長というのは、学生隊と呼ばれる学生組織の長にあたる役職で、簡単に言うと生徒会長のようなものです。
生徒会長がそうであるように、僕も一人の学生であることは変わりませんし、お給料が変わるわけでもありません。森田くんに怖がられる理由にはなりませんね笑 
しかも森田くんも2大隊学生長と呼ばれる副会長のようなポジションですしね。ちなみに二人とも新6年生の中で投票で選ばれました。
しっかり働かねばと思います

さて、このブログを読んでくださっている皆さんの中には、防衛医大への入校を検討していて、いろいろと調べている中でこのブログにたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は僕もそうでした。

僕はとある国公立大学医学部の前期試験を落ちてしまい、後期を受けるか、すでに合格が決まっていた防衛医大に入るかしばらく悩んでいました。
防衛医大のことは当時ほとんど知らなくて、知り合いもいないし、入ってやっていけるのかもよくわからない状態でした。

そんな中、ネットでいろいろ調べているうちに、この防衛医大ラグビー部のブログと出会いました。
このブログは写真が数多く使われていたり、ラグビー部のことだけではなく、学校生活の日常までいろいろ知ることができるとても貴重なツールでした。特に益子先生が書かれていた「マッシードリーム号」は2008年くらいまで全て遡って読んだ記憶があります。
(なお『賢者の学び舎』という防衛医大の生活をテーマにした漫画が今ではありますが、あれはあくまでフィクションです笑)

僕は最初はもちろん不安な気持ちでいっぱいだったのですが、このブログを読み進めるうちにだんだん防衛医大のことがわかってきて、さらに防衛医大の生活が楽しみな気持ちになり、最終的に前向きに防衛医大に入ることを決めました。
これが防衛医大に着校した初日の僕の写真です笑 懐かしいですね
(隣の先輩は1学年上のお世話担当(対番)の先輩です。つい先日ご卒業されました。)














今防衛医大への入校を考えていて、いろいろご縁があってこのブログにたどり着いた皆さん。
不安な気持ちは当然です。でも、みんなそうでした。
ぜひ、このブログのいろんな記事を読んでみてください。
そして防衛医大での生活を感じてみてください。
きっとお役に立てることと思います。


何もわからずに入ってきた僕も、いろんな先輩や同期に支えられながら日々を過ごし、今では全学生の長として新入生を迎える準備を進めています。僕も新入生の皆さんが防衛医大に来る日を心からお待ちしています!

まだまだいろいろ書きたいことはあるのですが、長くなりそうなので次のテーマはFW日和のコーナーで書こうと思います。

次は代くんに回します。代くんの名前は漢字が変換しにくくて、読みもあまり知られておらずとても変換しづらいです。なんとかしてください。

追伸 ブログを読み込み過ぎて、初めてお会いしたラグビー部の先輩に「〇〇先輩こんにちは!」と挨拶したら不審者と間違えられました。まあそうですよね。外で名札もつけてないのにいきなり会ったこともない1年生から名前呼ばれたんですから笑

実は明日24歳の誕生日を迎えます。[リレー日記]

 written by 井階 正惇投稿日時:2020/12/29(火) 08:19

皆様、おはようございます。

森田くんからバトンを受け取りました、井階正惇です。
森田くんと同じく、僕も体重がみんなと比べると軽い方なので増やさなきゃいけないんですが、なかなか思うような増やし方はいかないですね。最近ムチムチしたと言われます。
部内では軽かったら45キロくらい?といじられ、太ってきたらムチムチしてると言われ、、、
努力不足は否めないので、今年は健康的に体づくりに励もうと思います。

さて、2020年の総まとめを任されたので、今年を振り返っていこうと思います。

僕は内主務というポジションで、主にOBの先生方や首脳陣の先生方、学校との調整などに取り組みました。
春以降はCOVID-19の影響により、例年とは全く異なるシーズンとなったため、責任学年一同手探りで運営していきました。
合宿や試合を行うにあたり、普段から十分な感染対策を行っていかなければならなかったので、ガイドラインや他の学校の取り組みなどを調べたり、アルコール消毒液を買いに走ったり、写真を撮って報告書を作成したりなどなど未経験なことばかり取り組んでいました。



































感染リスクは日常生活を送る限り、絶対に0になることはありません。
その中で、いかにそのリスクを減らしていくか、そしてその意識をいかに部員に徹底させるかというのをひたすら考えていたような気がします。

なんとかして引退される6年生の先輩方の活躍できる場を設けたい

その一心で少し神経質なくらい部員には感染対策を徹底させました。
その気持ちが伝わったのか、部員の感染対策の意識も自然と強まっていったような気がします。
「いうて大丈夫」という気持ちが積み重なることが感染リスクを高めることに繋がるというのはご理解できると思いますが、この心理は感染対策に限らず、試合に向けての様々な準備を怠ることにも繋がりかねないと個人的には思います。
交流戦に勝利し、メディカルセブンズ優勝という結果を残せたのは、こうした準備がきちんとできたことも大きいのかなと僕は信じています。















メディカルセブンズの決勝戦では昨年の雪辱を晴らして優勝し、その舞台には6年生の先輩方が4人全員立つことができました。もちろん先輩方の努力の賜物ではあるのですが、僕も微力ながら貢献できたかなと嬉しく思っています。


さて2020年はもうすぐ終わりますが、来年はどういった年になるでしょうか。
まずは何よりCOVID-19が終息に向かい、日常が戻ってくることを祈念して、今年のリレー日記を締めたいと思います。

新年最初のリレー日記は、最近僕に会うたびに自分の体型を自慢をしてくる代くんお願いします。ギャルにモテようと必死です。

ドラマ☆[リレー日記]

 written by 井階 正惇投稿日時:2020/09/15(火) 21:48

お久しぶりです。井階です。

9月も中旬となり、たまに涼しい日もありますがまだまだ暑い日が続いていますね。

暑がりなので涼しい場所で過ごしたいのですが、クーラーが苦手なのでその調整が難しいです。

 

さて、春先から夏にかけての自粛期間中、部屋で動画やテレビを見る機会が増えました。新しいドラマの撮影も延期せざるを得なかったため、よく昔の人気ドラマの再放送をやっていたので、ご覧になった方も大勢いらっしゃると思います。今ではネットで簡単に見られますしね。

僕はテレビをあまり見る方ではないのですが、医療系のドラマやドキュメンタリー番組、自然科学や歴史の番組が好きなので、平日に撮りためたものを休日に見ることが多いです。

現在放送中のものから昔のものまで様々ありますが、今回はその中でお勧めの2つを紹介したいと思います。あまり詳しい内容には触れませんので、興味ある方は是非ご覧になってください!

 

「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」NHK、毎週金曜日夜10時 現在も放送中
https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/

このドラマはよくある医療ドラマというよりは、医療訴訟やモンスター患者といった医療の世界の様々な問題に焦点を当てたドラマです。ふとテレビをつけた時にたまたま見たのですが、人間関係に葛藤する主人公を演じる貫地谷しほりさんの演技に思わず入り込んでしまいました。途中から見始めたのでいつか最初から見たいと思っています。

昨今医療従事者の患者さんに対する態度や倫理観が問題とされることが多いですが、一方で患者側の医療従事者に対する態度が問題となることもあります。これは医療に限らず、「お客様は神様」をいいように解釈して飲食業や教育機関などに必要以上に苦情を言ったり謝罪を求めたりする方が残念ながら少なからずいます。ありきたりな言葉になりますが、互いに尊重できる社会がもっと広まるといいなと思っています。

 

「グッド・ドクター」フジテレビ系2018年放送、今年地上波で再放送していました。
https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/

これは非常に珍しい小児外科医に焦点を当てたドラマです。自閉スペクトラム症をもち、人とのコミュニケーションが苦手な主人公は問題を起こしたり周りから疎ましく思われることもありますが、子供たちに対する誰よりも真摯な姿勢は少しずつ周りの人々を変えていきます。僕は今のところ専攻科を小児科第一志望としており、その意味でも非常に興味深いドラマでした。

多様性を尊重する社会と言われていても、まだまだ現実は厳しいと聞きます。

「発達障害の特徴は決して0にはならないし、僕は治さない。それは病気ではなく『個性』である。」

これは以前プロフェッショナル仕事の流儀という番組で、発達障害がご専門の精神科医・本田秀夫さんがおっしゃっていた言葉です。人とのコミュニケーションが苦手だからこそできることや伝わることもあれば、コミュニケーションが原因で人を傷つけることもあります。このドラマはその両側面をしっかりと描きつつも、これからの社会のあるべき姿を示してくれているような気がしました。

 

最近の医療系ドラマでは、病院薬剤師や男性看護師など、今まであまり注目されてこなかった職種に焦点を当てることも多く、また、医療監修もきちんとしているのでいろんな勉強になります。是非防衛医大ラグビー部の後輩諸君も興味関心を持って医療系のドラマを見て欲しいですね。

このブログをご覧になった方が少しでも興味を持ってくれたらなと思います!

 

次は期待の新人2人目の神宮(じんぐう)くんにバトンを渡したいと思います。井階という名字も珍しいとよく言われるのですが、神宮ってすごいですよね…。

マネさん座談会!スタンドオフ編[フォワード日和]

 written by 井階 正惇投稿日時:2020/07/16(木) 14:14

2年マネさんたちが防衛医大ラグビー部のプレイヤーについて語る!!!
その名も『マネさん座談会』👏
・マネさんだけが知っているあの先輩の表情
・あの先輩のマル秘エピソード
・マネさんは練習中プレイヤーのここを見てる!
などなど
ざっくばらんに語っていただきましょう😁

前回の更新以来大変長らく滞らせてしまい大変申し訳ございませんでした。
今回はスタンドオフの3人、(写真左から)M2渡部、M6櫻井、M5代についてです!
それではどうぞ!
ーーーーーー✂︎ーーー✂︎ーーーーーー
井階 次はスタンドオフの皆さんです
























長峯 良い写真!

井階 拡大しないと顔がわからないんだけど笑

細田 もうね、代さんが可愛い♡

井階 代、可愛いの?笑

長峯 えー、可愛いギャルが好きってイメージが強すぎて…笑

鳥羽 代さんお兄ちゃんにほしいです!

長峯 えー!?

   可愛いギャル好きなんだよ?笑

細田 性癖ばちばち出してくるんだよ?笑

井階 あんまブログに書けなさそうなこと言わないで!笑

高瀬 えー、でもこの3人はみんな仲良いイメージがあります。

細田 3人ともかっこいいよね?

三宅 代さんかっこいい!

細田 代さんはホントにかっこいいよ。

井階 代人気がすごい…笑

   代は下級生の頃からマネ人気がすごかった。

一同 へぇ~

細田 普段はいっつもいやらしくニヤニヤしてるんですけど、キャプテンになって素敵な雰囲気を作り出すのが上手い人だなって思うようになりました。

   追いコンの時も、私たち初めてなんで何もわからなかったんですけど、大丈夫?って優しく声かけてくれて。追いコンでめちゃくちゃ株が上がりました!

井階 代を褒める会になってるな笑 他の2人はどうですか?

鳥羽 櫻井さんは、「俺もう無理だよ~」ってよく叫んでます

高瀬 この中だと圧倒的に櫻井先輩がいじられキャラですよね

細田 櫻井さん反応が面白いから~!

鳥羽 あと櫻井先輩はいつもタイミング悪い人だな~って思ってます。

井階 ん、どゆこと?

細田 何言ってるの?笑笑

 

井階 渡部はどう?

細田 べべ(渡部のこと)は~、楽ちゃん(M2上妻のこと)のモノなんで~♡

三宅 コソ練してます

井階 コソ練?

三宅 なんか、いつも自主練してるイメージです。

高瀬 確かに

細田 べべは真面目だから

井階 僕全然渡部に真面目なイメージないんだけど笑

高瀬 やんちゃではあるんですけど、やるときにはやるというか

三宅 裏で練習してます

鳥羽 中身は悪くないって印象ですね

細田 どういう目線!?笑

 

井階 スタンドオフっていうポジションについてはどうですか?

鳥羽 スクラムハーフから最初にボールをもらう人ですよね?

井階 そうそう 司令塔って呼ばれることもある

三宅 でもこの3人はそんな感じがします!

高瀬 うんうん、しっくりくる。

鳥羽 この写真も「俺らがメインじゃない」って感じがして良いですね

三宅 カッコつけてるのに?笑

細田 そこが良い!

スタンドオフはやはりマネさんにも人気があるポジションでしたね~。

イケイケな中にも優しさや真面目さがあるのがモテポイントなんでしょうか。

次はフロントロー編です!

次へ>>

<< 2021年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

最新トラックバック