フォワード日和

<<前へ

好きなことで、生きていく

 written by 草間 和心 投稿日時:2022/09/05(月) 20:58

こんにちは。草間です。
「暇だからブログ書いて」と言われたので、せっかくだからフォワード日和に何か書こうと思います。


僕は最近とある悩みを抱えています。
YouTubeで動画を見ようとすると、

「私たち、タップルで出会いました!」

と知らないカップルが唐突に、意気揚々と自慢してくるのです。
見るたびに不愉快な気持ちになるので、何度も「この広告の表示を停止」を押し、

・繰り返し表示される

・不適切

・関連性が低い

など広告の問題点を再三再四にわたって指摘しているのですが、すぐにゾンビのように蘇って僕の目の前に立ちはだかってきます。

どうして一々見ず知らずの人間に、出会いのきっかけを報告されなければならないのでしょうか。
僕は何の義理があって、それを聞かなければならないのでしょうか。一体何の当てつけなのでしょうか。
どうか構わず、勝手に幸せにお過ごしください。放っておいてください。
僕はただRTA in Japanを見たいだけなのに。




そもそも、最近のYouTubeは広告が多すぎます。本当に。
最初はすぐに広告をスキップすることができたのでそれほど気になりませんでした。

しかし、次第に5秒待たないとスキップできないようになり、挙げ句の果てには2つの広告を見終わらないと動画を視聴できなくなりました。

しかも、かつては広告が出現する時間が下に黄色で表示されていていつ広告が出てくるのかが分かったのに、最近は不意打ちで突然広告を流してきます。
せっかく楽しく動画を見ているのにこの仕打ちはかなり興が削がれます。

「そんなに広告が嫌なら、YouTube Premiumに入ればいい」と言う方も居るかと思います。確かにその通りです。現在のYouTubeが広告収入で成り立っている以上、広告を無くす対価に料金を支払うのは当然です。

しかし、よく考えてみてください。人を広告で散々煽り散らかしておいて、見たくないなら金払えというのはヤクザとやってることが同じではないでしょうか。
しかも、通常月額1180円のところiPhoneユーザーは特別に1550円を取られます。
いよいよもって阿漕な商売です。

嫌がらせをやめてもらうためにわざわざ金を払うなんて、馬鹿馬鹿しくてできやしません。
僕は決して暴力には屈しません。





YouTubeがこんなことになってしまったのは、YouTuberが増えたことが一因にあると思います。
特に日本では、HIKAKINが一躍有名になってからYouTubeが商業的な雰囲気を帯び始めました。
つまり、諸悪の根源はHIKAKINと言っても過言ではありません。
彼は今僕が感じている一切の苦痛の原因です。

かつて彼はビートボックスを投稿しており、そのことを揶揄して「音の出るゴミ」などと言われのない謗りを受けていました。
それでも彼はめげずに毎日動画投稿を続け、今では聖人君子のように扱われるようになりました。
この名誉は彼の努力の賜物に相違ありません。

しかし、彼の行いは多くの人に「好きなことで生きていく」という夢を抱かせ、その夢を貪るYouTubeという化け物を肥え太らせるに至ったのです。
彼は今も子供たちに夢を与え続けています。
それが名状しがたい怪物に餌をやることになるとも知らずに……

僕はHIKAKINを決して許しません。彼は最早我々には手の負えないものを生み出してしまいました。もう人類にはYouTubeに従うか抗うかの2択しか残されていません。
もちろん僕は抵抗します。拳で。
しかし既に生殺与奪の権は握られているようなものです。
直に僕もYouTubeの一部になります。

自我も何もかも飲み込まれ、決して腹が満ち足りることない物言わぬ怪物の一部と成り果てることでしょう。

今までありがとうございました。







次の記事はなにか思いついたら書きます。

スケート見てます

 written by 井階 正惇 投稿日時:2022/02/09(水) 21:42

こんばんは。

先週末、医師国家試験を終えて一息ついている井階です。

国家試験後数週間は休暇を取れるので、例年であれば海外旅行などを満喫する人が多いです。
残念ながらコロナ禍が続いておりますので旅行にも行けず、はしゃぐこともはばかられるので部屋でおとなしくオリンピックを見ています。

そのオリンピックですが、やはり注目はフィギュアスケートでしょう!

僕はフィギュアスケートという競技がとても大好きで、毎年冬になるとスケートの季節がやってきたなあとワクワクしているくらいに好きです!自分で言うのもなんですがルールもかなり詳しくて、演技を見て何点くらい出るかというのは感覚的にわかるくらい試合を見ています。
ラグビーよりも見ている時間は長いと思います笑 確実に
ちなみにどの選手も応援していますが、一番は同じ愛知県名古屋市出身の宇野昌磨選手を応援しています。


オリンピックという最高の舞台で自分の最高の演技をするというのはどんなアスリートでも目標にしていると思いますが、オリンピックを見ていると、どんなトップアスリートでも絶対にそれができるというわけではないということを痛感します。
フィギュアスケートに限りませんが、ずっと優勝を続けていたり世界記録を持っていたりして優勝候補筆頭とされている選手がオリンピックのその一回だけは実力を発揮できない、ということが結構あります。残酷だと思うこともあります。
「オリンピックには魔物が住んでいる」と言われることがあるくらいです。

フィギュアスケートで言えば、ショートプログラムの2分50秒、フリーの4分だけで全てが決まります。
スケーターたちはその短い時間に4年間の思いを全てぶつけます。

僕が敬愛するスケーター浅田真央さんが、バンクーバーオリンピックのフリーが終わった後の会見でこんな言葉を残しています。
「長かったというか、あっという間でした。」
一見矛盾していますが、こう続けます。
「いろいろ考えたりして長かったんですが、本当にあっという間に終わってしまいました。」
この時の真央さんはフリーの後半にミスが出てしまい、自分のベストな演技をすることができませんでした。オリンピックを夢見て努力し続けてきた4年間は非常に長かったと思いますが、全てを出し切ることができなかった4分間は本当にあっという間だったのだと思います。どれほど悔しかっただろうかと想像するしかありませんでしたが、その涙を僕は一生忘れないと思います。

うまくいってもいかなくても、メダルが獲れても獲れなくても、スケーターが見せる演技の数々は本当に美しいものです。


明日は男子シングルのメダルが決まるフリーが行われます。
誰にメダルを取ってほしいとかそういう思いもありますが、僕は全ての選手が今までやってきたことを全てぶつけられるように祈ります。きっと美しい演技、素晴らしい大会となると思います。
みんなで応援しましょう!

駆け込み其の参(数字が漢数字な理由は鬼滅に影響を受けているから)

 written by 井階 正惇 投稿日時:2021/12/04(土) 17:16

連日の投稿失礼します。
ちなみにその2、その3を其の弐、其の参と書いてあるのはちょっと鬼滅の刃に影響を受けているからです。

今回は44期の紹介をします。



























左からエリオくん、日大歯学部の松浦くん(まっつん)、上村くん、悠太郎くんです。
明日まで責任学年でもあります。

























悠太郎くんです。
間違いなく防衛医大の要のプレイヤー。
思えば1年生の時から7人制も15人制も大活躍でしたね。

あっ!ラグビー以外は敢えて触れませんよ!!!決して良い子であるなんて口が裂けても言えませんね!!!!!
基本的に悪ガキです。
僕も何度泣かされたことかわかりません。































目標立ててるけど1ミリも思ってなさそう。
表情がその証左。






















あまり知られていませんが、もりしゅーくんとは対番の関係にあります。
もりしゅーくん着校の写真ですが、二人とも今と全く変わってませんね。
不老?
































相手チームから最大級に警戒されますが、圧倒的な走力でねじ伏せるスタイルは外から見ていて気持ち良い。
明日のセブンズも期待


























上村くんです。
ラグビー部じゃない人から「あの人多分ラグビー部だよね」って思われてそうランキング堂々の1位(井階調べ)
印象に残りやすいんですよね。

最前列でスクラムを支える人。
だけどその武器はもしかしたらトーク力なのかもしれない。
並木祭の野外ステージで司会を務めている様子がこちら。

























 




ごめんなさい。
これは漫才でめちゃくちゃ緊張した表情をしている森くんでした。
腹筋バキバキですね。

上村くんの写真はこっち


 

 

























なお本人はすでに数年前に漫才大会で優勝している。
こんな感じなのにメンタル面が僕並みに繊細(?)なのが面白い。



























この写真はまだ若いですね。
バックに映える青空、緑の芝、脚長効果でキマってる写真。




























なかなか躍動感のある写真。
来シーズンもFWは任せた。



























松浦くんです。普段はまっつんと呼んでいます。
丹原先輩とパシャリ。
日大歯学部の5年生で最近は毎日歯をゴリゴリ削ってるらしい。
縁あって僕が2年生?の冬~春くらいに防衛医大の練習に来てくれるようになりました。
(ちなみに僕は人見知りなので最初の方は敬語を使っていました)



























それからは練習だけでなく試合にも出てくれるようになり、正式に合同チームとして防衛医大ラグビー部の一員に。
最初にプレーを見た時はうますぎてびっくりしました。



























これは数年前に医歯薬選抜チームとして慶應大学との試合に臨むまっつん、杉山先輩、悠太郎くん
僕はこの時ドリンク係として参加させてもらいましたが、下級生主体とは言え慶應大学ラグビー部と熱戦を繰り広げる姿を間近で見ることができて痺れました。






























コロナ禍になってなかなか活動が制限される中、良き先輩として後輩を引っ張ってくれました。
FWでもBKでも引っ張ってくれる存在です。

他のメンツは褒めながらもいじっちゃうんですが、まっつんに関してはいじる要素すら出てこないですね笑






























いじりはしませんが敢えてこの写真載せちゃう!!!!(僻み)


























最後はエリオくん
明日はキャプテンとして迎える最後の試合になります。
きっと苦労も多かったはず。
でも今年は良いこともあったもんね!!!(言いません)


























偉大な杉山先輩と現役スクラムハーフのメンツ
小柄ですが持ち前の頭脳を生かしてチームを引っ張っていく姿勢は後輩の良い見本となっているはず。























体育祭で卒業生の飯田くんに顔面を殴られかけている瞬間。
メンタルは異常な強さを持つエリオくんですが流石に実力行使はダメですよ。


























これは並木祭の茶道部のお茶会に僕と福森くんとでお邪魔した時の写真。
八木くんは制服でしたがエリオくんは着物でお迎えしてくれました。
そういえばラグビー部x茶道部の通称「茶ゴリラ」系列は途絶えちゃってるんですかね。







































今シーズンもイレギュラーなことが多く、大変だっただろう責任学年
明日で一区切りです。

みんなの努力が報われますように。

駆け込み其の弐

 written by 井階 正惇 投稿日時:2021/12/03(金) 14:01

時間がないので続けざまに部員紹介ブログ行きます!!!!!

今回は45期(4年生)です。

なんで4年生(45期)って書かないかって?
必ずしも入校のタイミングと現在の学年が一致してない人が数名いるからです。深堀は禁物


























左から吉川くん、福森くん、八木くん、杉浦くん、森田就くんです。
この学年は僕と1−3の学年の関係にあたるので思い入れが強い学年でもあります。
それは防衛医大では1−3の関係で入校当初に服装や掃除、挨拶などへの指導を行うからです。厳しく指導した分、互いに思い入れが強くなりますね。































吉川くんです。
暑い日の土曜練の後にご飯に行った帰りのサーティーワンだと思います。
よく食べることで有名です。































白米をおかずにして白米を食べているという噂が立つほど。
筋トレも人一倍頑張っていて、入部当初とは別人のような身体です。
最近はちょっとエッチなスポーツウェアが好きらしい。































これは確か初めて試合に出た時に喜んでいる様子。
めっちゃ嬉しそうですが、他校の人数が足りなくてピンチヒッターとして入ることが決まった後。なので防衛医大のユニホームではありません。喜んで良いのかな?笑

下級生の頃は怪我にも悩まされていましたが、地道に努力を重ねた結果、先日の試合ではFWとして誰よりも体を張ったプレーを見せてくれていました。
ちょっと感慨深かったです。
勉強も同じくらい頑張ってね()

























福森くんです。この時坊主ですね。
ちなみに別に嫌がらせでこの顔の写真を選んでいるのではなく、いつも写真の時に変な顔をしています。





























これは菅平合宿最終日に名物のカツサンドを頬張る様子。
この写真のチョイスはちょっと悪意あるかもしれませんね。反省してます。



























ラインアウトのスローワーをずっと務めてきた僕が試合に出られないとなってから徹底してスローイングを鍛えました。
ここに関しては一切妥協しませんでした。
写真ではおちゃらけてる福森くんも練習は真剣。
自らスローやタックル、ランニングなどの自主練を行なっている姿もよく見ます。
練習の成果もあって、今シーズン初戦ではスローイングはうまくいきませんでしたが、15人制最終戦では成功率100%でした。
来シーズン以降も頼んだ。



























杉浦くんです。睨んできて怖い。
もともとラクロスをやっていて、人にぶち当たることには何の抵抗感もない状態(本人談)で入部しました。































先輩である森田諒くんと肩を組んでますが、写真からはどっちが先輩かわからないですね。
調子乗ってそう。






























1年生の時はこんなに素直そうだったのに…
杉浦くんもゴツくなりましたね。



























今年になって特にFWを引っ張っていく姿勢が見られます。
きっと来年もまとめてくれることでしょう。


















八木くんです。
ひょーまと呼んでいるのはおそらくこの学校では僕だけ。
多分誰よりも入部当初から体型が変わった人。
圧倒的なフィジカルとメンタルで敵を粉砕します。































1年生の時の写真がこちら。
体型よりも服装に注目しちゃいますね。
これは部活動対抗リレーに臨む様子。































これは海釣りに行った時に2匹連れてご機嫌な様子。
ちなみにこの時僕はびっくりするくらい釣れなくて終盤はふてくされてました。


























筋トレ班長として森くん、上野くんを鍛え上げました。おかげで二人もゴツくなりました。
誰よりも自分に厳しいから後輩も弱音すら吐けないとか。
きっと引退して次に会った時にはもっとゴツくなっていることでしょう。






























最後はもりしゅーくん
爽やか系ですね~
次期キャプテンです。

























何話してるんですかね。
この学年はどの学年よりも同期の仲が良い気がします(決して他の学年が仲悪いとかではなく笑)。






























真ん中のガンつけてくる不良にどうしても目がいっちゃいますね。
来シーズンはどのポジションをやるんでしょうか。

























これは数年前にもりしゅーくんに誘われて脱出ゲームに参加した後の写真です。
あまりにも無力すぎて申し訳なかった。
休日にはよく脱出ゲームに参加してるそうです。
























雨の日にレスリング場でタックル姿勢の基礎練習をしている様子。
新しいシーズンからはもりしゅーくん中心にこういったメニューを組み立てていくんでしょうね。
大変だと思うけど頑張って!

総括として、みんなゴツくなりました。
びっくりするくらい変わってます。
1年生の時の写真がこちら。


























細いってのもありますが、何よりもみんな幼い笑
なんなら5人中3人はこの数ヶ月前まで高校生でしたからね。

ひとえに彼らの不断の努力の成果です。

今週末の試合を区切りとして彼らは新しい責任学年となります。
防衛医大ラグビー部の新たな歴史を作っていく彼らをこれからも見守っていってください!

ラストは44期(5年生)です!

駆け込みブログ

 written by 井階 正惇 投稿日時:2021/12/02(木) 16:27

こんばんは。

引退までに残りの部員紹介を終わらせようと思っていたのですが、いろいろバタバタしていてもう3日しか残っていないことに気づきました。さすが師走です。

ってことで今回は3年生の紹介をします!

























奥右から上妻くん、池内くん、マネージャーの三宅さん、渡部くん、草間くん、日大歯学部の熊野くん
手前右から日大歯学部マネージャーの今橋さん、細田さんです。
これは先日の千葉大学医学部との試合後の一枚ですね。医学科46期生、看護学科6期生になります。


































上妻くんです。
46期で唯一の経験者ですが、ずっとBKをやっていて紆余曲折あってFWに転向させられしました。
FWとしては小柄ですが(僕が言える立場じゃないけど)その運動量は随一です。



























そういえば入部当時は僕の同期の徹成くんのことをまじでびびってましたね。
めっちゃ怖い先輩だと思っていたみたいです。
今も思っているみたいで自ら肩は組めないらしいです(嘘)



































これは超大盛りの定食屋さんに行かされた時の嬉しそうな上妻くんです。何かと闘っていますね。その辛さよくわかります(僕も経験済み(2回))
イケメンかつがっつり二重でぱっと見チャラそうなんですが、案外失敗も多くいじられることも多いのが面白いですね。でもラグビーにはめちゃくちゃ真剣です。その真摯な思いは最新の上妻くんのリレー日記を是非お読みください!
間違いなく今後もFWの中核です。



























池内くんです。
大学に入って初めてラグビーを始めました。運動も本格的なのは初めてなんだとか。
長い間怪我などに悩まされてきた苦労人です。2年生になって初めて試合に出たそうな。
その分やれる時にやろうという気持ちが伝わってきます。
「今のどうでしたか?」「今のどうすればよかったですか?」と頻繁に質問をくれます。吸収する姿勢を持つことは絶対自分のプラスになります。
























これは2年前に行った餅つき大会の様子です。
池内くん張り切ってお餅をついてます。
鬼のように懐かしいですね。この後コロナ禍になって気軽に集まれなくなってしまいました。































これは去年の目標みたいなんですけど達成できましたかね。
彼女募集中なのに二股を目標にするなんて悪い男ですねぇ。
部活もプライベートも来年はきっと充実するでしょう!




続いて渡部くん
現3年生の中では唯一のBKです。
入校当日にラグビー部入部宣言をしてくれて、部員勧誘に必死だった我々上級生を喜ばせてくれたのが懐かしいですね。
4年生の福森くんの下対番ですが、敬愛のあまり福森くんのTシャツを借りパクしちゃった事件がありました。結局返したんでしょうか笑































代くんの後継者となるべく、スタンドオフの練習やコンバージョンキックの練習も頑張ってます。
なんとなく髪型も似てる?
































上3人の初々しい写真を見つけちゃいました。みんな幼い笑
これは夏合宿の練習後にアイスバスに入っている様子。でも足伸ばせてませんね。
ちなみにアイスバスは同時に入ることで水かさが増すという利点があるのですが、他の人が動くと超絶冷たい波が体を襲うという欠点があります。


































最後は草間くんです。
寡黙ですが喋ると面白い。だからこそ期待されて困るんだとか。
昨年の防衛医大ラグビー部勧誘PVの主人公でもあります。




























入部した時は誰よりも細かったですが、必死にFWとして食らいついてます。
どうせきついなら一番きつい部活に入ろうと思ってラグビー部を選んだそうなので、もしかしたらFW向きなのかも。


























これは上妻くんが苦しんだ超大盛りの定食を目の前にした様子。
嬉しい…のかな?
食べきれるんでしょうか…



























飄々と食べています。
この時僕も一緒に行ったんですが、余裕そうでした。
なんなら誰よりも早く食べきってました。すごすぎる。
























上村くんや卒業生の友納くんにはよくいじられてますが、誰よりも期待してくれているのも事実。
上村くんのいじりはまだまだ続きますが適度にスルーして頑張って!


以上3年生の紹介でした!

次は4年生を紹介します!

«前へ

<< 2022年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31