• HOME
  • BLOG
  • 看護学科新入生の皆様に

リレー日記

看護学科新入生の皆様に

投稿日時:2015/03/03(火) 12:57

防衛医大看護学科入学をお考えの皆様に向けて

 間もなく長い受験も終わり、入学校の選択にお悩みの方も多いと思われます。その中には「防衛医大の看護学科合格したけれど、去年新設だからよくわからないし…」と入学を悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな皆様に、特に将来の看護男子に向けて看護学科ラグビー部、中村龍太から一筆書かせていただきます。

 新設の看護学科、みなさんが気になるのは「医学部との違い」ですよね。今回はそこに焦点を置きながら説明させていただきます。医学科については、前記事で得津君が書いているので、まだご覧になっていない方はそちらもご一読いただければ幸いです。
さて、話を戻しまして、看護学科についてです。
まずは学生舎です、実家を離れて生活する環境、一体どんなものなのか気になりますよね!
来年入学される方も住むこととなる看護学科学生舎はなんと新築一か月!!
更に校舎もこの間完成したばかり、この「新しさ」が看護学科の売りです。
 制度やルールなど、ソフトの面については、看護学科が4年制であることなどから多少差はありますが、基本的に医学科とあまり変わりません。医学部学生と同様に生活し、勉強し、部活をします。
ただ男女比は大きく異なります。医学科が男子が多めなのに対して看護は女子がほとんど。看護1期男子は少数が故の団結力で日々楽しく生活を送っています。防衛医大での寮生活、慣れないことも多いですが、みんなで頑張れるのでつらいことも乗り切れます!
 この精神は僕らの部活、ラグビー部にも生きています。
僕らの部活は、得津君も書いていますが、サークルというよりはいわゆる「部活」に近いです。
夏場の練習や筋トレなど練習がしんどい時もありますが、その時周りで先輩や同期ががんばっているのを見て「自分も頑張ろう!」ともう一頑張りできます。それは自分だけでないからこその頑張りであり、大学生活ではなかなか実感できない素晴らしい経験だと思います。
 その一方で防衛医大ラグビー部は経験者が少なく敷居が低いので未経験者、スポーツバリバリやってない方も気軽に始められます、インドア派だった僕が言うので間違いありません!
防衛医科大学校看護学科、医学科入学の際は、是非ラグビー部に入って一緒に頑張りましょう!
これで僕の新入生へのメッセージとさせていただきます。
読んでいただきありがとうございました

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
1bf7970e27ed8737cf6a2d38f67c6ed9.png?1506384669
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ

トラックバック一覧