リレー日記

<<前へ次へ>>

本紹介 ニリツ著「絵に才能はいらない」

 written by ハクセンさん 投稿日時:2020/11/06(金) 23:08

こんばんは本摩です。

今回もちょっと本の紹介でもしようかと思います。

突然ですが皆さんは「才能」という言葉をどのような時に使いますか?
例えばトップアスリートを見て「あの選手は才能がある。」、有名な曲を聴いて「このミュージシャンは才能がある。」、あるいは自分に対して「俺は才能があるから」。

才能があるから成功する。逆に才能がないから成功しない、というように「才能」という言葉は(ことスポーツや芸術の分野において特に)将来を占う根拠のように語られがちだと思います。

この「才能」というものに疑問を投げかけているのがこの一冊。「才能はいらない イラストで食う技術」(ニリツ著)



この本は簡単にいうとイラストレーターを目指す上での基本的な考え方についてニリツ先生がまとめたものです。
ニリツ先生はイラストレーターとして仕事をする傍ら、専門学校で講師をしている中で、「才能がなければイラストレーターになれない」という言葉をよく耳にしたそうです。
そして、それに対するニリツ先生の考えは「認めなさい。(自分を含めて)ほとんどの人には才能なんてない。」
ではなぜニリツ先生は一流のイラストレーターにまでなれたのか。結局は練習なんですね。長い時間をかけ、多くのものを学び、蓄積し、その蓄積が一定量を超えた人がプロとして活動していけるとニリツ先生は考えています。

少し余談ですが「イラストは芸術ではない」。というのもイラストは根本的にはコミュニケーションツールとしての役割に重きが置かれているからだと本書では書かれています。自分以外の誰かが伝えてほしいと思ったことを、その人の代わりに絵に込める、言うならば他己表現こそがイラストの本質だそうです。

閑話休題。イラストの良さを定義づけるのは一つのパラメータではなく、デッサン力、キャラ造形、構図、線画、色彩感覚、さらには流行まで多様な視点から総合的に評価されます。だからこそイラストは「才能」がなくても、弱点を克服するあるいは強みを磨くことで総合的に良い作品を作る技術を身に着けることが可能なわけです。

こういう事を言うと必ず「努力を続ける才能」とやらを持ち出す輩が現れます。これはニリツ先生の意見でもあり、僕の意見でもあるのですが、そこに「才能」を持ち出すこと自体がナンセンスです。これはイラストに限った話ではなく「才能」というという概念は「自分には才能がないから諦める」、「自分には才能があるのにうまくいかないのは指導者が悪いからだ」というように自分の成長を自分で縛るものとなりがちです。

だからこそ「才能」の有無といった基準を一度取っ払って、自分が成長するために必要なものが何かを真に見極めることが大事だ、というのが本書を読んで私が一番感じたメッセージです。

グダグダとりとめのない紹介になってしまいましたが、少しでも興味持った方はぜひ買ってみるか、私に言ってください。貸しますんで。

結局何が言いたかったかというと俺にイラストの才能はない。

次杉浦君よろしく。

 

試合したい

 written by 松浦 孝将 投稿日時:2020/11/02(月) 16:00

こんにちは



キャプテンに身体を褒められて嬉しい日大歯学部、松浦です。体に見合うプレーができるよう頑張りたいと思います。



さて、世の中のラグビーも動き出してきて、ついに防衛医大も交流戦、メディカルセブンスに出場できるそうです。僕達日大歯学部はまだ活動が許可されていないので、試合に出られず悔しいですが、嬉しいこともあります。



公式戦デビューの後輩がたくさんいることです!!!!



OB戦を抜いたら、公式戦どころか、試合自体去年の夏合宿以来やっていない人も多くいます。例年通りなら巡ってこなかったこのチャンスを後輩達は全力でやって楽しんでほしいです。この1試合で一皮も二皮もむけたプレーヤーになってほしいです。



真面目な話はここまで。急に話は変わりますが最近小倉トーストを食べたい欲が爆発しそうです。ご存知の方も多いと思いますが、小倉トーストは名古屋発祥で、厚めにスライスした食パンをトーストした後に、バター塗って小倉餡を乗せたものです。昔どこで食べたかも覚えてないですが、本当に美味しい。餡子大好き、乳製品大好きな自分にはドストライクです。



久しく食べてないのでどうせなら東京ではなく、本場名古屋まで行って食べようと思います。



次、食への妥協は許さない、本魔さんお願いします。

激辛

 written by 代 昂史 投稿日時:2020/10/29(木) 11:55

杉山先輩からリレー日記を託された5年代です。

最近、朝早く起きて外を歩くと、カラッとして冷たい空気で、ラグビーの季節になったなと感じます。
今年について色々話したいところではありますが、やはりそれは交流戦やOB戦が終わったあとにしようかなって思います。

さて、最近の自分がハマっているものについて話したいと思います。

それは蒙古タンメン中本です。

中本を知らない方のために、下記がホームページ上の紹介です。
「辛いラーメン」で有名なお店です。ただ辛いラーメンであればどこにでもあるのですが中本のラーメンはどのメニューも辛さと旨さの絶妙なバランスを保っており、一番辛い「冷し味噌ラーメン」や「北極ラーメン」でも慣れると辛さより甘味を感じるほどです。また、中本には中毒性がありハマると中本無しでは生きていけなくなります。毎日のように食べる常連さんもたくさんいます。

自分は以前辛いものをあえて食べる必要はないと考えていましたが、中本に出会い、普段の食事では刺激が足りないと思うようになってしまい、自分から辛くするようになってしまいました。最初は王道メニューである蒙古タンメンを汗だくで食べていたのですが、毎週通うことにより、今では北極ラーメンを食べられるようになりました。そして、上で書いてあるまでは行かないまでも、北極の中の甘味を感じられるように鍛えあげました。夜になって小腹が空いてくるとYouTubeで中本を食べる動画を見てしまっていて、もう中本の無い生活は考えられなくなってしまいました。

今の目標は、勝手ながら、食堂の甘いカレーでも辛いと言う井階君が蒙古タンメンを食べれるまで鍛えることです。

次は、BKとは思えない体をしている、松浦に回したいと思います。

続・キャンプ

 written by 杉山 正乙 投稿日時:2020/10/26(月) 21:19

どうも、ラグビー歴最長の噂がある杉山です。
始めたのはたしか小学生高学年でしたが、ラグビーの魅力に取り憑かれこんな所まで続けてきてしまいました。

まぁ…歴に見合うだけの実力は無いんですけどね…悲しみ…


それはさておき、前回のブログで宣言した通り、キャンプ行って来ました!
今見返してみたところ、別に宣言はしてなかったですね。

キャンプ地は長野。広大な自然でのキャンプ。憧れですね



テントとタープを張って、近くのコンビニで買った食事と酒でキャンプを満喫しました。
標高が高いこともあり、星が綺麗に見えました。
次回は行程や場所に余裕を持って、キャンプ飯ができたらなと思いました。

今年は夏合宿できなかったので、菅平に寄ってから帰りました。


では、今年1年大変な状況の中、チームをまとめている代キャプテンにバトンを渡そうと思います。

 written by 高橋 徹成 投稿日時:2020/10/23(金) 17:38

こんにちは。
防衛医大ラグビー部5年の高橋徹成です。

いつのまにか上着が手放せない季節となりましたね。
僕は丈夫な上着のジャージを持ってないのでいつも練習中半袖で寒いですが…。

秋はサツマイモが美味しい季節ですね。サツマイモといえば芋けんぴですよね。
僕は芋けんぴが本当に大好物で高知出身の友達がたまーにくれたり後輩が差し入れで持ってきてくれたりするのですが毎回その日のうちに食べ切ってしまいます。
ハイカロリーなので太れて一石二鳥ですね。

友人によると高知県では芋屋金次郎という店が有名みたいですね。
僕も頂き物で何度か食べましたが市販のものとは一線を画した美味しさでしたね。甘すぎずサツマイモの風味がしっかりしているところがいいですね。高知県では出来立てのものが売っているようなので一度食べてみたいですね。

次はそろそろ引退が近づいているラグビー歴最長の杉山先輩です。
«前へ次へ»

<< 2020年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30