リレー日記

<<前へ次へ>>

私って無能?

 written by 上野 新太 投稿日時:2024/04/29(月) 11:52

どうも皆さんお久しぶりです。今年度で寮生活11年目に入った上野です。

いよいよ自分も責任学年となってチームを引っ張って行く側となったのですが、未だに信じられません。

自分が入部した時、責任学年の先輩達は物凄く遠い所にいたように感じていたので。

はたして今の一年生から見た自分はかつて自分が先輩達に感じていた物を見せられているんでしょうかね。

おそらくというか全然まだまだなのでしょうね。もっと頑張ります。

さて、そんなこんなで新入部員が3人入ってくれました!

今年の新入部員もそれぞれポテンシャルが輝く子達です。

しっかり光るように一緒に磨いていこうね。

さて、突然ですが皆さんピーターの法則って知ってますか?

簡単に説明すると人間は無能になるまで昇進するといったものです。

もちろんこれは能力至上主義での話ですが面白いですよね。

要するにこれが適用されると世の中無能しかいなくなるわけです。

では能力で決めない方がいいかというとそういうわけでもなさそうですよね。

能力であまり判断しない一種として年功序列があげられると思います。

部活での構成もこれに近いのではないでしょうか。

下級生は雑用が多く上級生は管理する側が多い。

大まかには似てますよね。

細かく言ったら違うかもですけど一旦今はこういうことで。

ではこれを能力至上主義に変えるとどうなるでしょう。

おそらくですが部活としては崩壊すると思ってます。

先輩後輩の関係が崩れるからです。

しかしながらできない人が管理しても崩壊は免れないでしょう。

そこで重要になるのがフォロワーシップだと思います。

あくまで先輩と後輩を保ちつつフォローをしていく。

1番難しい役割だと思います。

ですがこれが1番社会に出る上で重要になってくる能力だとも思います。

まあつらつらと長いこと色々書きましたが後輩達にはこれからも頼って行こうと思ってます。

ウザいなとかこうすれば良いのにと思うことがあると思います。

ですが、そこは色々フォローして欲しいなと思います。

僕個人としても責任学年全体としてもお願いしたいですね。

なんだか最初にかっこいい背中を見せるために頑張る的なことを書いたのに最後は情けない感じになっちゃいました。

ということで助けられながら責任学年頑張ります。

それじゃまた~

海外行きたい

 written by 神宮 辰太郎 投稿日時:2024/04/21(日) 22:15

お久しぶりです。冬休みに同期と台湾行ってきました。

学生のうちにまだまだ海外旅行を行きたいと思っているので行ってみたい国をいくつか挙げてみたいと思います。

まずは日本からとても近い韓国です。

韓国といえば、コスメやファッション、K-POP、美味しいグルメなど、流行の最先端を行く街というイメージです。

韓国でははじめにショッピングしたいです。

ソウルの中心地にある明洞は、数え切れないほどのショップが軒を連ねているそうです。ノースフェイスのアウターなどを安く買いたいです。

明洞でショッピングを楽しんだ後は、韓国グルメを堪能したいです。サムギョプサルやチヂミ、ビビンバなどの定番料理はもちろん、韓国ならではの新感覚のグルメも食べたいです。

(むかし、福森先輩と韓国行きたいねって話したことがあるのでいつか楽しみにしてます。)

次に行ってみたい国はウズベキスタンです。

韓国とは対照的に、ウズベキスタンはシルクロードの面影を残す、歴史と文化が息づく国であり、特に、首都タシュケントと古都サマルカンドの街がおすすめっぽいです。

タシュケントでは、昔の壮麗な建造物や、活気あふれるバザールを訪れることができます。また、ウズベキスタンの伝統料理であるプロフやラグマンを味わってみたいです。

サマルカンドは、かつてシルクロードの中心地として栄えた街だそうです。青色の装飾を施したイスラム建築を生でみてみたいです。夜になるとライトアップされた街並みは、幻想的な雰囲気があるそうなのでそれも魅力的です。

まだまだあるのですが今回はここまでにしておきます。海外旅行は、非日常を味わったり、新しい文化に触れたり、自分自身を成長させるための貴重な機会です。ぜひ、皆さんも海外旅行のプランを立ててみてください!

世界は1冊の本であり、旅をしない人はその1ページしか読んでいないようなものだ。― 聖アウグスティヌス

 written by 甲斐 竜征 [趣味] 投稿日時:2024/04/10(水) 22:24

新入生のみなさん、改めてご入学おめでとうございます!
遂に仮入部も始まりましたね。ラグビーに興味ある人も ラグビー初めましての人も、是非一度は仮入部にお越しください!
楽しくて良い先輩たちとラグビーを体験してみて、そのままラグビー部に入っちゃってください笑!素晴らしい青春の日々は約束します。
みなさんグラウンドでお待ちしております!


どうも、いよいよ5年生ともなり 新入生のキラキラした若さに歳の差を感じ始めた甲斐です。
あと1か月も無く24歳になります。光陰矢の如しという言葉の重みをひしひしと感じる今日この頃です。

さて みなさん、旅してますか?
旅行というのも千差万別、いろんなものがありまして、ゆっくりする目的のリゾート旅、観光地に行ったり名物を楽しむ旅行、グループでの交友目的の旅行など、ちょっと非日常を味わう時間は いつの時代も娯楽や趣味となっているものです。

かく言う自分も 旅行が好きで、九州の実家に帰省するついでに何度か日本横断をしたり、北海道での用事の帰り道で東北6県巡りをしたりしてます。
自分の旅のほとんどは 喩えるならスタンプラリー、ゲームの実績解除みたいなもので、行ったこと無い名所や名物を制覇しようってモチベーションで行動してることが多い気がします。


ついこの前の春休みにも、自転車で東海道(≒国道1号線)を踏破してやろうと 5日間で660kmくらい漕いで旅して来ました。

朝6時に日本橋、東京大手町を出発して 箱根駅伝のコースを箱根芦ノ湖まで進んだのですが、山登りが想像を絶するきつさと寒さで 寄り道で温泉休憩してたらゴールしたときには18時になっていました。休憩も荷物も無いとはいえ これを5時間台で走破する駅伝選手たちには尊敬です。
箱根では ホテル代をケチるためテントで野宿をしたのですが、その夜 人生最大級の生命の危機を体験しました。スマホの充電もほぼ無く手足が凍えながらも 1時間くらい眠れたと思ったら15分しか経ってなかったあの地獄の一夜は 一生忘れないと思います。強風注意報の出てる氷点下の山頂で軽装備で1泊すると 本当に遭難しかねないと学びました笑。

その日以降は 割と惰性で進捗を稼いでいた感じでしたが、富士山と伊豆と駿河湾を一望できる薩埵峠の絶景や 真っ暗な町をひたすら抜けて賑やかな街明かりにやっと出会えた浜松や名古屋での安心感など、この旅のおかげで得られた思い出はかなりあります。

三重から滋賀に進んだ日は雨天でのスタートだったため、県境でもある鈴鹿峠の少し手前、関という宿場町の道の駅でギブアップ、3時間ほど雨宿りしていました。全身ずぶ濡れな上に気温は4℃。またもや凍えながら 自販機のあったか~いペットボトルに深く感謝しました。そこで 京都から愛知に原付で行こうとしてて同じくずぶ濡れの同い年の兄ちゃんと友達になったりして、人間の温かさも実感できました。1人旅はやっぱりどこか寂しいのかもしれません。

最終的には、京都の三条大橋(東海道の西端)、大阪の梅田新道(国道1号の西端)を通過して 神戸の中華街まで辿り着きました。最後に食べた麻婆豆腐は最高に美味しかったです。
この自転車旅のおかげで、今まで5日間遥々西進してきた道のりをたった2時間で帰れてしまう新幹線にも感動できました。景勝地で圧倒的自然に感動する観光客は珍しくありませんが、文明の素晴らしさに感動できる旅行者はそう居ないと思います。


リレーブログにしては長大な旅行記をここまで読んでくださってありがとうございました。
今後の目標は、未だ行ったことのない北陸と山陰をコンプリートすること、卒業までには海外に挑戦することです。PCM派遣に選ばれたのに入院で急遽行けなくなった悲しい出来事もあったので、タイにはぜひ行ってみたいと思います。

では この辺で筆を置かせていただきます。
ラグビー部きつそうだなって不安になってる新入生には「ちゃんと趣味に費やせる時間もあるよ。心配しないで」とメッセージを伝えたいです。
ぜひとも充実した学生生活を送ってください!

防衛医大最高っっ!

 written by 板井 健悟 投稿日時:2024/04/04(木) 09:51

オフシーズン、他のFW陣が増量を強いられている中、7kgほどの減量に成功しました。板井です。
夜ご飯を豆腐に変えるというシンプルなものでしたが意外と痩せれてよかったです。これも目標を持って取り組んだからですかね!(2つ前の森くんのブログ参照)
もう少し絞ろうかなと思っていましたが最近は飽きてきて体重は停滞しています。
夏までにあと5kgほど落とす予定です。


さて、皆様はこの春いかがお過ごしでしたか?
僕はこの春休みを利用し普通二輪の免許を取りました。来週には公道での初ライドが控えており楽しみで仕方がありません。
僕は自動車の免許がAT限定であり、これまで幾度となくMT勢に馬鹿にされてきましたがこれでようやく対等になれました。今から免許取る方はできるならMTで取っておくことをお勧めします。



少しでもバイクの免許とろーかなと思ってくれた方にざっと免許取得にかかる費用をご説明します。
(普通自動車免許取得済みの場合)
・車校費用…11万5千円
・防具代…2~5万円(ヘルメット)、2~5千円(グローブ)
・免許センター費用…4千円
合計15万円ほど



こんなもんですね期間としては毎日2、3時間通えば1週間ほどで取り終えたので手頃だと思います。乗るだけですし。
バイクに乗ることは親をはじめとする周りの人から反対の声も多いかもしれませんがバイクがかっこいい!バイクに乗乗りたい!と思ってしまったのであればぜひチャレンジしてほしいと思います。
自分の人生なんですから自分の気持ちには正直に後悔なく生きましょう。



本題のようで補足のようになってしまいましたが、改めまして新一年生入学おめでとうございます。防衛医大に入ったからには勉学に部活動に課外活動に全力を尽くし心身の全てを国のために捧げる覚悟でいなければなりません。甘えることなど我々には許されていないこと、国税をいただきながら勉学できていることを重々承知してください。そのような覚悟がなければ今すぐにでも予備校に入り直し、来年の共通テストの勉強でもしといてください。1人でも志高い医学生と切磋琢磨できることを心より楽しみにしております。


防衛医大では部活動の公平性を重視しており部活について言及することができないためラグビーに関する情報をお届けできず残念ではありますがこの辺で終わりにします。



次は、病院実習も始まりますますお医者さん感が出てきている5年生です。

最後に僕の乗りたいバイクを数台載せておきます。かっこよさに共感できる方はバイクの免許を取り次第連絡ください一緒にツーリングしましょう!!

 

チャレンジ!

 written by 銘苅 大介 投稿日時:2024/03/30(土) 23:10

みなさん、お久しぶりです。銘苅です。
無事進級が確定し4年生になることができました。
自分が1年生のときの先輩方のように大きな背中を見せられるようにプレーや筋トレをこれからも一生懸命頑張りたいと思います(もちろん勉強も頑張ります)。

さて、前回の森君が最後に書いてくれたように、僕はあることでしばらくの間忙しくしていました。なんでしょう?みなさん、わかりますか?


それは映画です!


もともと読書をするのは好きだったのですが、映画を観るのは苦手でした。
なぜかは自分でもいまいちわからないんですけど、2時間じっと画面を眺めているのが性に合わなかったんですよね。でも、最近映画好きの友達が増えて、彼らが実に楽しそうに映画の話をするのは聞き、これは勿体ないなと思いました。映画を観るだけで、映画それ自体も楽しむことができるし、友達ともその楽しさを共有できるじゃないか、と。

そこで、オフシーズンに何の予定もなかった僕は1日1本映画を観よう!100日間!そしたら、ちょうどオフシーズンが終わる頃には見終われるぞ!と思い、まだ冬もその厳しさを示さない時期から映画を観続けることになりました。

始めたときには結構楽観的に始めたんですけど、結構きつかったですね。
12月あたりは余裕だったんですが、50本越えたあたりからは映画を観る行為自体にも飽き、試験期間に入ったのもあり、かなりしんどかったです。それでも、友達にこのチャレンジのことは知らせていたので、今更やめるわけにもいかず、なんとか続けられました。
無事にチャレンジを終えた今はめちゃくちゃ達成感を得られました。人生で最高の映画にも出会えました。お気に入りの映画や監督にも出会えました。
森君も書いていましたが、何か目標を立てて、達成することは確実に僕らの身になります。

最後に最高の映画を紹介して、締めとさせていただきます。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』 監督:ガス・ヴァン・サント
あらすじ: 実際に親友同士のマット・デイモンとベン・アフレックが脚本・出演し、アカデミー脚本賞含む数々の映画賞を受賞したヒューマン・ドラマ。過去のトラウマから心を開くことができず非行に走る天才青年と心理学者の交流を描く。

ウィル(マッド・デイモン)を正面から受け止めてあげるショーン(ロビン・ウィリアムズ)の姿に最後20分ばかり涙が止まらなかったですね。あと、ウィルが地元を抜けて彼女の待つカルフォルニアで勝負をするかどうか迷っているときに、親友のチャッキー(ベン・アフレック)がウィルにこんな言葉を投げかけます。

お前と一緒にバカやるのは好きだ。でも俺の一日の最高な瞬間は、お前が家を出るのを待つ10秒間。ドアをノックしてお前が出てこないんじゃないかと思う。この瞬間が最高にワクワクするんだ

親友の背中をこんな強く押してくれるチャッキーカッケエエ!ってなっちゃいました。


この映画について書くには、あまりにも時間が足りないので、ここいらで終わります。


次のブログは、最近減量に成功して萎んでしまった板井君です。
新一年生に向けて熱い言葉をかけてくれると思います!!!
 
«前へ次へ»

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30