リレー日記

<<前へ次へ>>

あな、コロナ憎きかな

 written by 栄 裕介 投稿日時:2020/03/05(木) 22:00

4年間の長い座学を終え、やっと始まったと思った実習でしたが、なんとたった2週間で中止を食らいました。
まさかの事態に、正直どうしていいかよく分かっていません。
どうも、4年生の栄です。

全国的に勢いを増すCOVID-19の影響により、先週頃から病院実習を中止する大学が出現しており、我らが防衛医大も今週より、もれなく中止となりました。
学生の外出にも時間制限が発生し、医学科6年生、看護学科4年生の追い出しコンパが中止になった部活もあったようです。
現時点ではとりあえず2週間中止だそうですが、正直いつまで続くのか…
学校によってはGWまでの中止を既に決めたところも有るとか無いとか…??

ちなみに私はCOVID-19の影響をもろに受けました。というのも、週末に予定されていたイベントが中止になり、 めっっっっったにイベントなんて行かない私は結構打ちひしがれています。
そんななかTwitterを見てみると、4年間勉強してきた医学の世界とは真逆の内容の報道が出ていたりと、いわゆる「似非科学」が溢れていました。
勿論医療関係者による正しい(と考えられる)啓発も多いのですが…

前回の杉山先輩のブログにもあったとおり、ネット世界は玉石混交です。
時には、テレビ局各社が足並み揃えて「報道しない権利」とやらを主張し、埋もれかけた事実がネットによって暴露されることも「ときどきは」あります。
しかし基本的には、匿名で書かれる記事は、記名で報道される事物よりは信頼性が低いとされます。
(これまた時々とんでもない誤報が新聞、テレビで記者名付きで流れることもあるので絶対ではないのですが…)

さて、防衛医大へ進学するか迷ってこのブログを読んでいる人がもしいれば、ぜひメディアリテラシーを身につけて防衛医大に来ることをオススメします。
防衛医大は自衛隊としての規則の面で、平日の外出や家電製品の所有が制限されることも多く、情報収集は必然的にネットに頼りがちになります。
よく分からない噂にだまされず、これは正しいのかな?と疑ってかかるのは大事な姿勢だと思います。

次回は、あの快足が帰ってきた?試合に出たくてうずうずしていた(??)、2年森田君にお願いします。

最近話題の…

 written by 杉山 正乙 投稿日時:2020/03/02(月) 21:58

どうも、前々回の模試で下から9位で危機感を覚え、一時期だけ猛勉強していた杉山です。
先輩方からは、その成績タイプは国試に落ちやすいと言われました…

というわけで、今回は医学生らしく最近話題のコロナウイルスについて書いていこうかなと思います。


COVID-19という名称は今年2月11日にWHOが命名したもので、Coronavirus Diseaseの頭文字に最初の患者が報告された2019年の19を付けたもので、コロナウイルス科コロナウイルス亜科ベータコロナウイルス属に分類されています。

コロナウイルス科のウイルスはエンベロープを有する1本鎖プラス鎖RNAウイルスで、そのエンベロープの形状が太陽のコロナに似ているためにコロナウイルスと命名されました。ヒトのみならず他の哺乳類や鳥類に対しても病原性や感染力を持つウイルスです。
このコロナウイルス科には上記のCOVID-19のみならず、2002年に全世界で感染が拡大し最終的に8,422人が感染916人が死亡したSARSコロナウイルス、2012年に発見され現在までに感染者2,494人、死者858人を出したMERSコロナウイルスの他にHCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1の4種のウイルスがヒトに感染症を引き起こすことが知られています。
このコロナウイルス科のウイルスの感染経路は接触感染と飛沫感染があると考えられており、その感染予防には手洗い、うがい、咳エチケット、部屋の加湿、人混みを避けるなどが有効とされてます。
…なんて大層なことを書きながら、これらは全部Wikipediaからの引用なので間違ってたらごめんなさい。以下リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/コロナウイルス
https://ja.wikipedia.org/wiki/2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患



そんな調べても分かるような情報だけ並べられてもつまらないって?
じゃあ色々とっておきの"情報"をお教えしようかと思います。

・コロナウイルスの発生地は武漢ではなく、メキシコのモデーロ社で作られたものだというのは有名な事実であり、アメリカで行われた調査では実に38%もの人間が同社の商品を買わないと回答した。→関連
・ごま油を皮膚や鼻の下に塗ることでコロナウイルスの感染を防ぐことができる。→関連
・中国での研究によると、新型のコロナウイルスは熱耐性に乏しい。そのため、お湯をこまめに飲む、生姜を摂取して身体を温めるなどの方法で肺炎を予防できる。→関連
・現在日本全国でマスクやハンドソープ、トイレットペーパーなどの日用品が品薄となっている。その中で特にトイレットペーパーの品薄解消は当分先の見通しであり、理由は感染拡大で工業が滞っている中国に製造を依存しているからである。→関連
・トイレットペーパー品薄に関連して、トイレットペーパーをデジタル端末に置き換えた「ペーパーレストイレ」を設置した港区にある株式会社パナマヘイブンが注目を集めている。→関連



さぁて何人が関連を読んだのでしょうかね…?もしくは検索してみた人は…?
誰もが情報を手に入れられる便利な世の中ではありますが、その質は玉石混淆と言うにふさわしいものです。ではその中から玉を見つけるには?
一般に書籍などの情報は信憑性が高く、ネットの匿名情報は信憑性に乏しいとされています。
我々医学生が学ぶ医学は、多数の執筆者によるもので何版も改訂を受けた専門性の高い教科書、学術誌に掲載以前に査読を受けた論文、そのような最新論文を多数もとにしたガイドラインなどが中心になっています。特にガイドラインについては多くの専門家の目を通り、検証されたもので、多くの合意を得ています。だからこそガイドラインに基づいた標準治療は「現在利用できる最良の治療」とされるのです。

…とか何とか言いつつも、自分が試験勉強で頭に入れたのは膨大な量の上澄みの一部にも満たないもので、こんな調子で国試に受かるのかと心配です…

コロナウイルスについて何も話してなくね?というツッコミは聞かないことにしながら、次に回そうかと思います。
それでは、最近病院実習が始まった4年生の栄くん、よろしくお願いします。

試験がんばれー

 written by 櫻井 陸 投稿日時:2020/02/27(木) 22:21

お久しぶりです。無事進級試験も受かり、最終学年になれることが決定いたしました櫻井です。あとは悪さをしないように気を付けて生活していきます。

さて、下級生はテスト期間が始まりましたね。以前もテスト期間中にブログを書いたような気がするのは気のせいでしょうか。明日は2年生が感染症の試験があるらしいので、後がない悠太郎と上村は徹夜で勉強してください。僕は感染症の試験を落としたことがないので、きちんと勉強すれば2人もたぶん大丈夫でしょう。もちろん他の2年生の5人もちゃんと勉強して一発で受かってくださいね。まあ正直2年生と3年生についてはそんなに心配していません。心配なのは1年生です。1年生は時々勉強面で不安になる噂を聞くので、本当にちゃんと勉強してください。再試に引っかかるのは最悪構いませんが、留年だけはやめてください。

話は変わりますが、最近あるチャレンジを始めました。その内容は恥ずかしいので今は秘密ですが、100日後を楽しみにしていてください。僕も自分がどうなっているか今から楽しみです。1週間とかで飽きないように頑張ります。

書くことが無くなったのでこれで終わりにしたいと思います。次は、5年ラグビー部の中で最も頭のいい杉山くんです。よろしくお願いします。

OB戦を終えて

 written by 杉浦 誠司 投稿日時:2020/02/25(火) 21:41

どうも、上妻くんからバトンを受け取りました杉浦です。



先週の日曜日にOB戦があり、新チームとしての初めての試合を行いました。卒業される先輩達が敵チームにいるのは少し変な感覚でしたが、そんなことを思う暇もなく先輩の気迫に圧倒されてしまいました。本当に先輩と同じチームで良かったです、、、



話が変わりますが、僕らM2は明日から試験が始まります。感染症が金曜日に控えていることもあり、なかなか睡眠時間を削る日々が続きそうです。しかし、上の学年の話を聞くと、今の自分の量と比にならない勉強量が求められていて、この先が恐ろしいです。とりあえずは、目の前の試験を乗り越えて、春休みに入りたいと考えています。



次は、来年度から最上級生の櫻井先輩にバトンを渡したいと思います!

1年後の自分に

 written by 上妻 楽 投稿日時:2020/02/21(金) 00:12

バトンを受け取りました1年の上妻楽です。



今回僕は好きなアーティストを紹介しようと思います。



それは、史上最年少の18歳でグラミー賞受賞5冠を達成し、ポップ界の神童と呼ばれ、世界中で最も注目されている歌手のビリー・アイリッシュです。彼女の代表曲「Bad Guy」は多くのチャートで1位を獲得し、グラミー賞の年間最優秀楽曲と年間最優秀レコードを受賞してます。



彼女の魅力は、簡単に言うとカッコいいところです。MVにしても、ファッションにしても、歌詞にしても、全て独特な自分の感性を大事にしており、何者にも真似できない凄みがあります。



そんなことよりも、僕が彼女を好きなのは、人間性がとてもかっこよく、尊敬できるからです。



僕はある動画を見ました。



それは、「1年前と同じインタビューを受ける」というものです。



彼女はこのインタビューを16歳の頃から3年間続けています。



その中で、初めて自分の変化に驚いたりしています。でも、自分が大事にしているものは変わらない、過去の自分を否定せず、成長を素直に喜ぶ、その姿がかっこいいと思いました。



そこで、僕は、1年前の自分を振り返って変化したものはものはあるのか、変化の中にも貫いているものはあるのか、考えさせられました。変化が決して良いものではなかったとしても変化すること自体が大事だと、この動画を見てそう思いました。苦悩や失敗も未来につながるのではないかと。



彼女も苦悩をいっぱい経験したと語っていました。彼女は16歳の頃、ただ有名になりたいと言っていたのですが、17歳になって有名になることの苦悩を知っています。しかし、18歳になるとその苦悩すらも受け入れられるようになり、それ自体がとても楽しいと語っていました。苦悩したことも含めて成長だと僕は解釈しました。



人間誰しも1日1日変化している。ただその変化を自覚できるということはとても難しい。自分のことを一番知り、理解できるのは自分であるはずなのに、その自分でさえ分からないことが多い。だから、過去あるいは今の自分を振り返り、些細な変化にも気付いてあげることは、とても大事だと思うのです。例えば、部活においてもその日のコンディションなど気遣っていなければ、怪我もしやすくなります。



今、ラグビー部では1ヶ月ごとに細かい目標設定をして、部活に取り組んでいます。目標設定や先月の反省などを振り返ることで、やっと気づけることもあります。そういった分析を大事にして、高みを目指していきたいです。



部活に限った話ではなく、1年後の自分が振り返って後悔しない今を生きようと思います。



次は、2年生の杉浦先輩にバトンを渡したいと思います。

«前へ次へ»

<< 2020年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31