リレー日記

<<前へ次へ>>

ラグビーラグビーラグビー

 written by 丹原 悠貴 投稿日時:2020/11/24(火) 18:24

※サイトの不具合により、本来先週木曜日に更新されていたはずの文章です。ご了承ください。


6年丹原でーす。

学生生活も残ることあと少しなので、今回はあまり触れてこなかった僕のラグビー愛について記し、ここに残したいと思います。

ラグビーと僕が初めて出会ったのは実は小学校のころで、当時オーストラリアのタスマニアにいたんですけど、そこの学校の体育の授業でプロラグビー選手が二人遊びに?来てくれたんですよね。
そのころの記憶ではなんや知らんデカい人二人が ラガーマンは最強のスポーツマンだ だの 漢のスポーツだ だの、あとはボールでかいし後ろにしか放れないしなんやこれとしか思わなかったんですけど、今思うとその二人の内の一人がグレーガン選手だったんですよね。 サインほしかったなぁ~

そんでまあそれから丹原少年はいろいろあって高校でラグビー部にはいることになりました。
これも実はもともとサッカー部1筋だったのが気づいたらボールを手に走っていましたね。 ほんとですよ。
そしてラグビーと出会ってしまってからは一気に虜になりました。
ここから先は文脈とかなくただひたすらに僕がラグビーについて連ねるだけなので興味ある人だけで大丈夫で~す

さて、そんで、
ラグビーってばなんて楽しいんだと!
後ろにしか放れない特性上、前にゲインするには基本的にはもう我が肉体で勝負するのみ!しかしそれもじゃあ猪突猛進こそ正義かというとそうでもなく、うまいことdfの虚をつくことででも突破ができる!
肉体+頭脳+心理戦!オールインワン!!
もうね、こんなスポーツ中々無いんじゃないですか。
さらに言うと、そのすべてを常時フル稼働させとかないといけない!言わば極限状態を味わえるんですよね。
ラグビーやったことない人は一度このような状態を想像してみてください。おそらくできないと思います。つまりこのような臨場感はラグビーでしか味わえないんですよ。
ラグビーは戦争だという人もいますけど、こういった点では確かに共通してるかもと思います。
他にはですね、このスポーツ性?と言うんですかね。やっぱりチームみんながそれぞれ身体をはるんで、つまりわが身をチームのため仲間のために削るんでチームメイトとの結束もだいぶ強くなる気がします。それこそ友達とか仲間とかいったもの以上の関係になれると思います。
それもあって練習中すげぇ頑張るやつとかは僕個人的にすごい好きですね。信頼できます。試合中安心して任せることができます。

ホントはまだまだ書きたいんですけど、締め切り過ぎててこれ以上は怒られちゃうんで続きはまたの機会にでもxD

次は渡部君でーす。最近世界地図を眺めるのにハマってるらしいでーす。ラグビー中も国名つぶやいてまーす。

久しぶりの試合

 written by 上妻 楽 投稿日時:2020/11/16(月) 23:57

こんにちは、医学科第2学年上妻楽です。

ブログを見ている方は知っているかもしれませんが、なんと昨日、1年ぶりに念願の試合がありました!!!

コロナの影響で全く試合がなく、歯がゆい毎日でモチベーションを維持するのが大変な中決まった試合で、チームの士気が一気に高揚しました!

しかしコロナの影響でいつも通りとはいかず、

病院実習のある5年生は試合に参加出来ず、下級生がチーム構成の大半を占め、初めて試合する人も半数近くいるなど

不安の中始まる試合となりましたが、

見事勝利を収めることが出来ました!!

特に1年生の神宮は初出場ながらもフルで試合に参加し、頑張ってくれました。

色々な困難のある試合でしたが、だからこそ、この勝利はチームにとってとても大きいものだったと思います。

しかし今の僕は勝利の余韻に浸っているヒマがありません…。

なんと明日は進級をかけた壮絶な戦い、生理学の試験があるのです!全5回のテストのうち、初回のテストで大コケしてしまった僕は今、死にものぐるいで勉強しております!

今週末もセブンズの試合がありますが、その前に生理学の試験でいい成績を修め、週末にいい流れを持っていきたいと思います!

次は、最後までチームを湧かせてくれた丹原先輩お願いします!

え、今年もう後50日しかないの?

 written by 栄 裕介 投稿日時:2020/11/12(木) 20:46

皆様お久しぶりです、5年の栄です。
模試も近づいてきつつあり、勉強しなければという思いと、やりたくないというワガママとに挟まれる日々を過ごしております。
ほんと浪人時代は飯、風呂、通塾、睡眠以外は平日も土日も何時間でも勉強し続けれたので、一時的にあの頃に戻りたいような…やっぱり嫌ですね(笑)

さて、新型コロナによって大いに振り回されてきた今シーズンも、いよいよ集大成の時期となってきました。
「病院実習やってるから5年は試合ダメね?」という処刑宣告(?)で実はかなりメンタルやられてました。
怪我と病気(と努力不足)によって公式戦に出れない4年間でしたが、5年目はまさかのコロナでした…
今は1試合しかない交流戦で、後輩たちが勝利をもぎ取れるように練習相手になる日々です。
もちろん翌週のセブンズも優勝目指して欲しいですが、個人的にはこの交流戦が最大の山場だと思ってます。

しかしながら、この状況はいつまで続くのでしょうか…



さて、地元大阪の方ではまたもや大阪都構想が僅差で否決されたそうで…
まぁ都構想といいつつ、大阪市を東京23区のように再編する案だったので、もし可決されても「大阪都」が誕生する事はなかったのですが…
まだ地元に居た頃から橋下徹知事が提案していただけに、生まれ育った町が今のまま残ることには安堵しました。
まぁ色々と気になることはありますが、立場上政治と宗教の話は深掘りすると地獄を見そうなのでここらで止めておきます。



最後に、またもやVtuberの紹介を。
以前「にじさんじ」を紹介しましたが、今回は「MonsterZ MATE」というVtuberです。
ボーカル担当アンジョーとラップ担当コーサカの2人組音楽ユニットで、もう単純に曲がかっこいいです。
今のラインの音楽は「千年愛」という曲です。3年ぶりくらいに変えました(というか面倒で変えずに放置してた)
ラップってよく分からないせいか苦手だったんですが、MonsterZ MATEに限っては好きになれそうです。
ちなみに音楽ユニットなのにしょっちゅうロシアンシュークリームやってます。
Vtuberが好きな方は是非ご覧ください。


次は上妻君お願いします。

交流戦に向けて

 written by 杉浦 誠司 投稿日時:2020/11/10(火) 17:05

本摩さんからバトンを受け取った杉浦です。



毎度のごとくネタがないので、今週の試合について書きたいと思います。今シーズンは試合はないかなぁと思っていたのですが、先輩や先生方が色々と動いてくださり、千葉大学さんと交流戦を行うことになりました。海城ラクロス部時代の先輩と戦うのが楽しみです。



しかしながら、5年生が試合に出れないとのことで、なかなかに危機感を感じております。FWに至っては去年とメンツがほとんど違い、セットプレーも一から合わせ直しでした。また、6年生も最後の試合で、新しいチームになる感じがして、少し面白いですが、同時に不安もかなり感じております。せっかくなので伸び伸びプレーしていきたいです。



今週の試合では、みんなが怪我することなく良い試合を出来ればなと思います。ちなみに僕の目標は、思い切りのいい走り込みです。去年と全く変わっていないような気もしますが、スルーしてください。



次は栄さんお願いします。

本紹介 ニリツ著「絵に才能はいらない」

 written by ハクセンさん 投稿日時:2020/11/06(金) 23:08

こんばんは本摩です。

今回もちょっと本の紹介でもしようかと思います。

突然ですが皆さんは「才能」という言葉をどのような時に使いますか?
例えばトップアスリートを見て「あの選手は才能がある。」、有名な曲を聴いて「このミュージシャンは才能がある。」、あるいは自分に対して「俺は才能があるから」。

才能があるから成功する。逆に才能がないから成功しない、というように「才能」という言葉は(ことスポーツや芸術の分野において特に)将来を占う根拠のように語られがちだと思います。

この「才能」というものに疑問を投げかけているのがこの一冊。「才能はいらない イラストで食う技術」(ニリツ著)



この本は簡単にいうとイラストレーターを目指す上での基本的な考え方についてニリツ先生がまとめたものです。
ニリツ先生はイラストレーターとして仕事をする傍ら、専門学校で講師をしている中で、「才能がなければイラストレーターになれない」という言葉をよく耳にしたそうです。
そして、それに対するニリツ先生の考えは「認めなさい。(自分を含めて)ほとんどの人には才能なんてない。」
ではなぜニリツ先生は一流のイラストレーターにまでなれたのか。結局は練習なんですね。長い時間をかけ、多くのものを学び、蓄積し、その蓄積が一定量を超えた人がプロとして活動していけるとニリツ先生は考えています。

少し余談ですが「イラストは芸術ではない」。というのもイラストは根本的にはコミュニケーションツールとしての役割に重きが置かれているからだと本書では書かれています。自分以外の誰かが伝えてほしいと思ったことを、その人の代わりに絵に込める、言うならば他己表現こそがイラストの本質だそうです。

閑話休題。イラストの良さを定義づけるのは一つのパラメータではなく、デッサン力、キャラ造形、構図、線画、色彩感覚、さらには流行まで多様な視点から総合的に評価されます。だからこそイラストは「才能」がなくても、弱点を克服するあるいは強みを磨くことで総合的に良い作品を作る技術を身に着けることが可能なわけです。

こういう事を言うと必ず「努力を続ける才能」とやらを持ち出す輩が現れます。これはニリツ先生の意見でもあり、僕の意見でもあるのですが、そこに「才能」を持ち出すこと自体がナンセンスです。これはイラストに限った話ではなく「才能」というという概念は「自分には才能がないから諦める」、「自分には才能があるのにうまくいかないのは指導者が悪いからだ」というように自分の成長を自分で縛るものとなりがちです。

だからこそ「才能」の有無といった基準を一度取っ払って、自分が成長するために必要なものが何かを真に見極めることが大事だ、というのが本書を読んで私が一番感じたメッセージです。

グダグダとりとめのない紹介になってしまいましたが、少しでも興味持った方はぜひ買ってみるか、私に言ってください。貸しますんで。

結局何が言いたかったかというと俺にイラストの才能はない。

次杉浦君よろしく。

 
«前へ次へ»

<< 2020年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30