リレー日記

<<前へ

暇つぶし

 written by 中村 太紀 投稿日時:2023/02/02(木) 12:46

お久しぶりです。
あっという間に1月が終わり、1年生も終盤に差し掛かってきていることに、時の速さを実感しています。
今回は僕がよくしている読書について少し書こうと思います。
僕は、休日は基本暇で、寝るか、YouTubeを見るか、本を読んだりして時間をつぶしています。休日の夜には、所沢に行って夜ご飯を食べた後、その週に読む本を買って帰るのがルーティンみたいになっています。別に本が特別面白いと思っているわけではないのですが、ただだらだら過ごすよりかは有意義な気がして読んでいます。そんなこんなで入校してから、30冊以上は読んできました。

ただ、割と多くの冊数を読んできたものの、思い返すとほとんどの本の内容を覚えていないことに気づきました。読んでる最中はへぇーとかなるほどと思ったりすることも多いのですが、読み終わるころには、ほとんど忘れています。僕は、人と話すのがかなり苦手なので、本の内容が話すときのネタになればなーとか思ったりしたのですが、生かせたことがないです。まあ、時間潰れて楽しめればそれでいいですけど、少し残念な気がします。ほかの人もそんなものなのか、はたまた自分の記憶力がただ悪いだけなのか気になります。

ちなみに、僕が最近読んで面白かった本は、

『映画を早送りで観る人たち』 稲田豊史
『忘れる読書』 落合陽一
『この部屋から東京タワーは永遠の見えない』 麻布競馬場

です。暇があったらぜひ読んでみてください。

次は、本田君です。
 

三秒ルールってあるじゃないですか。基本的に落としてしまった食べ物は食べませんが、中学生の時、中国のマクドナルドで床にハンバーガーを落としてしまったが、もう一つ買うお金は持ち合わせておらず、かといって昼を抜けるほど大人でもなく、食べ、事なきを得るという間違った成功体験を得てからどうしてもの時は万能な魔法として三秒ルールを信じてます。絶対に大丈夫だと。信じてます。信じる者は救われる。

 written by 上田 壮佑 投稿日時:2023/01/23(月) 00:00

お久しぶりです。第一学年の上田です。 

原因不明瞭の腰痛に昨年末は悩まされていましたが、その後何とも言えない形で新年を迎えました。できることからコツコツと精進したいと思います。 



さて、もう一つ2022から解決できていない問題がありまして「体を洗う石鹸、いったいいつまで清潔なのか」問題です。 

非常にどうでもいいと思いますが、僕の洗体ルーティンをお伝えするところから始めたいと思います。ボディソープを手に取り泡立てながら腕、胸、腹と下っていき足の先まで行ったところで首に戻り、背中を何とか洗ってシャワーヘッドを手に取って洗い流すわけです。 

果たして首や背中をぬぐっているとき、清潔なものを私は体に塗りつけられているのでしょうか... 



先日Early Exsposureと題されまして初めての病院実習といいますか見学をさせていただける機会がありました。 

そのとき手術部にてこんな言葉が飛んできました。 

 

「君たちは不潔だ、近寄らないように」 

 

手術室における清潔不潔の認識とは理解していたものの、なかなかこうも他人に汚いとストレートに言われることはないものですから、なぜだかウキウキしちゃって「僕だけじゃなく隣のあいつもこいつも不潔でおもろ~」なんて感想を得てその日も学生舎に戻りました。 

 

しばらくしたらやってくるわけです。 

 

そう、 

 

お風呂の時間が。 

 

いつも通り体を洗う、今日は不潔と言われたな、ちょっと強めに洗おう、なんて考えながら、洗った。 

。。。 

 

 

 

泡は絶対清潔ではなくない...???? 

 

私の洗体ルーティンだと腕胸腹と微粒子レベルで汚れを泡でコーティングしながら次へ次へと塗り付け、首や背中にたどり着くころにはいわゆる汚そうな部分を経た立派な私の酸いも甘いも知る擦れ切った大人泡へと成長しているわけです。 

 

洗い流した後、多少体に汚れが残っていたっていいじゃない。汚れを一身に受け、最後を自分を犠牲に流れ去っていく泡に脱泡。 

。。。。。 

 

 

 

そもそも学生舎という性質上...? 

 

近寄って触れただけで汚染されてしまうという事実がある中、だれが前に使ったかわからない椅子に座って共用の大浴場で体を洗い、洗う順番なんて些末なものよ、その後気持ちよく誰かが入った湯船につかるのだから。 

 

こんなことを考えるくらいには浴槽で快適に過ごし、あがった後は気持ちばかりシャワーで浴槽の湯を落とし、体をふき、今この文章を打っています。 

 

僕は信じています。きれいだと。清潔です。他人に何と言われようと。清潔だと思います。 

たとえ股間を洗った泡を首に運んでいようが僕の首はきれいに洗えました。 

僕がそれでいいと思ったので、それでいいんです。そう。思い込みます。 

 

2022からの疑問は解決したのかごり押しで納得したのか、 


2023年は自分が信じたことに自信をもって過ごしたいと思います。流されず、人にあわせず。泡だけに(?) 

 

こんなどうでもいいことばかり考えていないで来る二年生、もっとまじめなことを真剣に考えていきたいと思います。 

追伸、基本的にきれい好きです。医者になれましたら、徹底した衛生管理のもと生活をしたいです。

次はひっさしぶりに顔を合わせた上原拓真君。同じフロアの子にこの話をしたら湯船につかりたくなくなったとか潔癖っぽいことを言い出しました。多分あまり気にしない君はどこから体を洗いますか? 

おすすめの曲

 written by 福森 雄太 投稿日時:2022/12/20(火) 18:58

皆さまいかがお過ごしでしょうか。今校内ではコロナが流行っており部活が自主練となってしまい、本来部活である時間帯に僕はこの文章を書いています。



先日後輩の一年生におすすめの曲を紹介したところLINEミュージックにしてたのが可愛く思え、自分の好きな曲をお薦めしようとこの文章を書いています。今から先ほどランニング中に聞いていたプレイリストを載せますので是非お聴きください。また下級生は曲の感想を教えてくれたら一月中まで割引券が使える中華料理屋に行きたいので先着2名ほど連れて行ってあげます。ちなみに自分が誰かはこの曲を聴きながら誰が聞いているかを想像してLINEをしてきてください。このプレイリストを聴きながら自主練期間中フィットネスの無い子たちはランニングに勤しんで欲しいと思います。



 



1.10-feet 第ゼロ感



2.Wiz khalifa See you again 



3.BUMP OF CHICKEN 才悩人応援歌



4.RADWIMPS アイアンバイブル



5.Mr.Children over



6.the pillows スケアクロウ



7.ブルーノマーズ the lazy song



8.斉藤和義 歌うたいのバラッド



9.super beaver 美しい日

二兎追う者は二兎得てこそ漢

 written by 甲斐 竜征 投稿日時:2022/11/15(火) 09:52

どうも甲斐です。
次の日曜日に、陸上部でハーフマラソンに出場します。
奇しくもその日は 東邦戦の当日です。そのため、とても残念なことに、僕は今年度防医大ラグビー部の超重要な一戦を 生で観戦することが叶わない訳です(泣)
運動部を兼部するとこういった弊害もしばしば起こり得ます。

特に運動部の兼部というのは だいぶ珍奇なものだそうで、同じ境遇でアドバイスしてくれる先輩がほぼいないのです。
なので、この場をお借りして、後輩たちへ向けてアドバイスを残しておこうと思います。


まずは改めて自己紹介です。僕は元々陸上部、山岳部、音楽部、ME部(これは幽霊部員)に所属していて、これらに加えて 2年生の夏にラグビー部に入部しました。

兼部のデメリットととしてまず挙げられるのは、スケジュールが被ったときの調整です。
今回のように、大会などが同じ日にちに被ってしまったりすると、どちらかは諦めなければなりません。
普段の練習についても、時間帯が同じことが多いので 優先順位を付けて参加しなければいけません。例えば僕は、来夏に陸上部を引退するまでは陸上部優先、それ以後はラグビー部優先にしようと考えています。逆に、時間が被らなければ 1日に2部練、3部練となることもたまにあります。兼部する部活にもよりますが、かなり体力勝負だと思います。
他にも、卒業式や仮入部期間中など、いろんな部活が同時並行で動くようなイベント中は、身体が複数個無い限り不可能なスケジュールになることも多々あります。
また、主に週末に活動している山岳部などは 金曜や土曜の練習に被らないようにすると、オフシーズンだけしか参加が厳しかったりもします。

また、半分愚痴になりますが、部の運営も大変だということを ここ数ヶ月でひしひしと実感しています。
殆どの部活では 医学科は3年生で幹部学年を務めます。
やってみて改めて感じたのですが、複数の幹部学年を同時に務めるのは なかなか骨の折れることです。あと数ヶ月で音楽部、来夏まで頑張ったら陸上部の幹部学年は終了ですが、来冬からはラグビー部の幹部学年です。
幹部学年をやっていると、その競技に深く関わらざるを得ないので とても理解が深くなるのは恩恵があるんですが、その分 時間や体力などのリソースを割いているので シンプルに大変です。


さて、デメリットばかり列挙すると 陰鬱になってしまうので、兼部の素晴らしい点も挙げて バランスを取っていこうと思います。

まず、楽しいです。
好きで その部活をやっている訳なので、楽しいです。「あれもやりたい、これもやりたい。なら全部やってしまおう」の精神で生きてたら、気付いたらこんな有様でした。大変だけど、楽しいです。
幾つも兼部していると 日常生活のほぼ全ての時間を部活に費やすことになりがちですが、スポーツや音楽など、趣味を部活の枠組みでやってるだけなので、楽しいです。

次に、交友関係が広がります。
大学時代の交流範囲は殆ど、所属しているコミュニティの和集合になるので、運動部に2つ入ると その範囲はほぼ2倍になります。
学科や学年が異なる人とは 部活が一緒じゃなかったら出会ってもなかったというパターンはとても多く、特に外部との繋がりが希薄な防医大では、知り合いが増える分 学校生活が賑やかになると思います。
ただ、ごはんや差し入れなど、奢ってもらえる量が2倍になる分、後輩に奢ってやる量も2倍になります。既に懐は寒いですが、これから上級生になっていくので お金を貯めようと頑張っています。


では、今回はこの辺で筆を置きます。
次は上妻さんです。松葉杖の印象が付きすぎて、この前 真っ暗な外で見かけたときに シルエットで先輩を判別できるようになりました。手術、無事に終えて良かったです

見えないものを見ようとして

 written by 上野 新太 投稿日時:2022/11/12(土) 01:33

虫好きの次は天体に詳しくなったらしい上野です

噂って怖いですよね

この前の並木祭ですれ違った子が隣の子に「あれがラグビー部の…」と何やら話してました

そうです。私があれです。

それはさておき別に僕は天体詳しくないですがせっかく神宮が話題に出してくれたので天体の話でもしますか

11/8の皆既月食皆さん見ましたか?

綺麗?というか暗かったですね

今回の月食は天王星が横切るからレアだそうです

そんなこと言われても知りませんよね肉眼で見えないんだもん

日中に流星群がきます!って言われてるようなもんです

見えなきゃ感動もしようがない

流星群で思い出しましたが月食の前にはオリオン座流星群もありましたね

冬って流星群多い気がします

幼い時は流星群と聞くとポケモンの技のようにむっちゃ降ってくるのかと心をウキウキさせて待っていたのですが実際そんなことないですね

流れ星が見れる確率が高いよくらいですね

でも綺麗なのは間違いないです

次の流星群がいつかはわかりませんがまた来ると思うので機会があれば見てみるといいと思います

冬は見応えのある星座も多いですよ

オリオン、カシオペア、ぎょしゃ、おうし色々見えます

たまには何も考えず夜空を見上げてみるのも良いかもしれませんよ



見返してみてもやっぱり天体は詳しくはないですね

この噂は無しで

次は甲斐にバトンを渡したいと思います

今度ハーフマラソン走るらしいです

体重い自分からしたら気がしれません

でも頑張ってほしいですね

それでは



 
«前へ

<< 2023年2月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28