ブログ一覧

rss

ブログ 岩間 公隆さんが書いた記事

rss
次へ>>

勧誘期間大詰め[リレー日記]

 written by 岩間 公隆投稿日時:2015/04/16(木) 00:00

どうも御無沙汰してます。チーム1おしゃれな髪型の岩間です。
僕が今から書く内容も以前書いたブログの内容とほぼおなじなんですが、今年は勧誘期間が短く、さらに学生舎が離れてしまったということもあり、一人一人とじっくり話するのが難しいので、このブログを見てくれた新入生のためにもう一回書きたいと思います。


新入生のみなさんは受験生活を終えて少し燃え尽きているかもしれません。それはほとんどの人がいままでの生活の中心は「勉強」で自己承認の方法も「勉強」であったのがこの学校に来たことで崩れつつあるからだと僕は思います。
それはプレスとか点呼とかのせいもありますが、上級生になったとしてもそれはおそらく変わりません。

そこで!これからは自己承認の方法を「自らの人間性」にしてほしいと思います。ラグビー部にはすばらしい先生方、先輩、後輩、そして同期がいます。その雰囲気の中で6年間過ごすことができれば間違いなく優れた人間性をもったいい医者になれると思います。

仮入の残り日数は少ないですが「ラグビーは自分には無理だ」とか「武道系に入るときめているから」などと悲しいことを言わずに是非とも仮入に足を運んでラグビー部の雰囲気を味わってください。まってます!…というか誘いにいきます!(笑)

それでは次は大隊幕僚2係として権力をふりまわしている小林君に回します。

 

新入生歓迎[リレー日記]

 written by 岩間 公隆投稿日時:2014/04/16(水) 00:00

どうも南君からバトンをうけとりました岩間です。
僕自身は3年生になっても特にかわりばえのない生活を送っているので今日は1年生に向けたメッセージを書きたいと思います。

まずは新入生の皆さん入校おめでとうございます。おめでとうございますとはいっても1年生はこの時期とても大変です。
なれない生活、上級生からの指導、訓練・・・。もしかしたら自分を見失いかけている人もいるかもしれません。

しかし!そんなことは言ってられません。部活決定がもうすぐにひかえています。部活決定はこれから6年間の生活、あるいは卒後にまで影響する大イベントなのです。だからプレスが忙しくて仮入部に行かないというのはありえません。ぜひ前段、後段ともに仮入部に行ってほしいですね。もちろんラグビー部の仮入部には是非みんなで誘い合って来て下さい。
そして後悔しない部活選びをしてくれれば幸いです。

次はスーパーマン湯浅君に回します。

倍返しだっ![リレー日記]

 written by 岩間 公隆投稿日時:2013/11/08(金) 00:00

どうもこんばんは。岩間です。
橋本さんの高尚な記事とは一転しますが僕が最近まとめてみているドラマについて書きたいと思います。
タイトルでみなさんおわかりでしょう(笑)そうです。半沢直樹です。
これから見る方もいるとおもうので内容には触れませんが大雑把にストーリーを説明すると、銀行員の半沢が自分を貶める不正などによる理不尽な仕打ちに立ち向かっていくというものです。
人気のドラマではあったもののそこまで期待せず見はじめたんですけどめっちゃおもしろいです。何がおもしろいかというと半沢は相手に仕返しをするためには手段を選びません。どんな汚い手を使ってでも相手に仕返しします。これが僕たち見る側の爽快感のようなものにつながる感じがします。自分が属している組織に不満が強いあなたにこのドラマはおすすめです(笑)
現代社会はストレス社会です。もちろん社会に出ていない僕たち学生ですら強いストレスを感じることは多いです。
つぎはこの学校で一番ストレスを感じる機会が多い立場である一年生の小嶋君に回します。

ゴールデンルール[リレー日記]

 written by 岩間 公隆投稿日時:2013/09/11(水) 23:00

お久しぶりです。岩間です。そんなに絶好調ではないです(笑)
書くことが見つからないので僕が以前朝礼の講話で話した内容を書きたいと思います。

さて、最近は特に面白いこともなくあたらしい発見もなく生活を送っている人は多いでしょう。
僕もそのうちのひとりです。
しかしそんな生活の中でも誰しも何か求めています。もっと知識を涵養していい医者になりたいという高尚な目標を持っている人もいればとりあえずお金が欲しいとか遊びたいと思っている人もいると思います。
それらの目標を達成するために必要なのはもちろん努力ですがもう一つ大事なのは意識です。

心理学者のジョセフ・マーフィーによれば人生は潜在意識によって形成されています。世の中に成功している人が少ないのは多くの人は何かアクションを起こす際に悪い結果を想定して失敗した時のショックを減らそうとしているからで、だから成功するためには成功した自分をはっきりイメージできるということが不可欠だというのです。逆に言えば成功への一番の近道は理想像をどれだけ具体化できるかにあります。

身近に実践できることとしては部屋のポスターを憧れの人にしてみたり携帯の待ち受けをお金の画像にしてみるなどですね。
少し宗教的ですが(笑)騙されたと思ってやってみれば人生変わるかもしれません。

次は観閲行進大好き南くんです。


ボウイ[リレー日記]

 written by 岩間 公隆投稿日時:2013/01/22(火) 18:00

受験生のみなさんこんにちは。頼れる湯浅君からバトンを受け取った岩間です。このブログを見ている受験生のみなさんには二種類あると思います。一つは防衛医大に入る意気込みに満ち溢れている人。もう一つは他の大学がダメだったら防衛医大入ろうかなとか
迷ってる人。大半の人は後者だと思うので後者の人むけに話します(笑)
まずはみなさんが防衛医大に持っているであろう疑問におおざっぱに答えよう思います。

・自分は体力がないが防衛医大に入ってやっていけるのか?
→これに関しては全然大丈夫です。むしろ体力がない人の方が多いです。訓練も普通の部隊がやるようなひたすら厳しいものではなく、我々の体力に見合ったものになっています。

・寮生活に適応できるか心配…
→たしかに慣れるまでは少し大変かもしれません。しかし食事が出るので食べる心配はいりませんし、大浴場にゆっくり入れるなどメリットもあります。なにより友達との絆が深まりますしね。

・平日、休日の過ごし方は?
→平日はほとんどの時間は授業です。スケジュールには点呼など自衛隊的なものはありますが、医大ですので基本は勉強です。逆に休日は平日頑張った分外に遊びにいきます。ラグビー部は仲がいいので一年生みんなでご飯に行ったり、先輩がご飯に連れて行ってくださることもあります。

以上軽く書きましたが実際は入ってみなければわからないこともたくさんあります。もし防衛医大に入ることになったら一度はラグビー部に仮入部に来てみてください!勧誘の手厚さと差し入れの豪華さは一番ですよ!

次はラグビー部一年の希望の星川先くんです。


次へ>>

<< 2017年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最新トラックバック