ブログ一覧

ブログ 坂元 崇洋さんが書いた記事

責任学年として[リレー日記]

 written by 坂元 崇洋投稿日時:2010/12/17(金) 17:31

自分が一年生の時の責任学年は稲村さん、井上さん、濱本さん、松橋さんだった

当時から、非常になる先輩方でした。今、自分が責任学年になって、その先輩た
ちのように自分がなれた自信があるかときかれても、胸を張って「はい、なれま
した」とは言えません。
シーズンが終わって、こんな自分を含めた責任学年についてきてくれて後輩たち
、ご指導してくださった、OBの先生方や先輩たち、周りで支えてくださったスタ
ッフの皆さん、マネージャーさんたち、本当に一年間ありがとうございました。
この一年間は長かった
よく一年間振り返ってみるとあっという間だったという人もいますが、自分はと
ても長かったように感じました。
春の習志野合宿、夏の沖縄合宿と菅平合宿、シーズンに入り、観閲行進訓練に練
習時間を阻まれながら何とか、ひとつずつ試合に勝っていきました。勝負の場で
もし、なんて話すのもおこがましいかもしれないが、自分はこのシーズンを振り
返って常々思うことがある。もし、あの山梨戦で1トライも決められなかったら、
もしコンバージョンキックを外していたら、
3チーム勝ち点数が同点になった時、Aリーグ1位になれず、たすき掛け戦の相手も
変わってきて今の状況も違っていたかもしれない。本当に誰か操作したドラマの
ように自分は感じた。抽選でAリーグ2位を引いて、入れ替え戦に参加することに
なったのも最初から決められていたのかもしれない。
12月12日、いよいよ迎えた最終戦。前半は大量得点して相手を突き放すものの、
後半19点の失点も許し、シンビンで一時退場する選手もでた。最後は相手のペナ
ルティからのラストワンプレイ。これ以上の失点をなくし、確実に勝つためタッ
チキックを指示し試合終了。試合が終わった瞬間、大量得点できたことと過去最
悪の失点、今までにないシンビンが出てしまったことで、全てが満足いく試合内
容でなかったことに素直に喜べなかった。レフリーのノーサイドの声がかかり相
手の陣地に行き、グラウンドの外に向かって礼をして、自分の陣地に帰ろうと、
その方向をみた時、涙があふれでてきた。
AWAYにもかかわらず、遠くまで応援にきてくださった、OBの先生方や同期のみん
なが喜んでくれている姿をみて、自分達がこの一年間の結果を出すことが出来た
ことを初めて自覚できて本当に嬉しかった。試合内容に関しても益子部長から、
防衛医大の最後5分間の攻撃は練習の集大成だったといって頂いたこともすごく
うれしかった。
10年かかってようやく達成できた3部昇格。やっと次のステージにたつことがで
きた。次は2部昇格。
入れ替え戦後の打ち上げでのお酒は、元々お酒が苦手な自分であるが、あのとき
のお酒は美味しかった。
また、来年も勝利の美酒を飲みたい。

 

怒涛の一カ月[リレー日記]

 written by 坂元 崇洋投稿日時:2010/10/15(金) 12:30

どうもEXILEの坂元です。9/19の東海戦から翌週から前期試験、並木祭準備から並木祭本番、観閲行進訓練、10/24の観閲行進訓練本番。4年生に関しては11/4からの進級試験。入れ替え戦直前にあるCBT試験。そしてそのなかであるラグビーシーズン。
下級生にとってはとてもつらい時期となり、前々から覚悟していたとはいえかなりしんどいと思う。観閲行進訓練本番が今年であることを除けば、毎年同じことで、全てを終えてみれば11月下旬にラグビーシーズンは終ってしまい、毎年グラウンドで涙を流してきた。毎年たすき掛け戦に出場することすらできなかった。今年こそは、今年こそはと思いながらとうとう自分たちの代が責任学年になってしまった。
 しかし、今年で「今年こそは」は最後にしたい。みんながつらいのは自分も下級生のときも同じように感じたはずだから、わかる。でもこんなことで、前々からわかっていたことで、1月から始動し、習志野での春合宿をはじめ、夏の沖縄合宿から菅平合宿をやってきて、「今」がつらいから今の練習を投げ出すのは今までの9ヶ月間を捨てるようで悲しい、誰もそんなことはしないと思うが。誰もがつらい、そして負けるやつもでてくるだろう。負けるやつがいるからまた勝つやつもいる。それがラグビーにもでてくる。みんなつらいけどここで「負ける」わけにはいかないのだ。12/12の入れ替え戦に勝利するまで走り続けよう。そのために「今」を頑張ろう。少し辛気臭い話になったが、みんなで頑張ろう。
それでは、次のバトンは今回の並木祭の店長で、観閲行進訓練の指導する立場でもある遠藤 想、頼むぜ。 

朝からラグビーを![リレー日記]

 written by 坂元 崇洋投稿日時:2009/10/21(水) 22:27

どうも、お疲れ様です。 赤尾からの紹介の詳細をまず述べたいとおもいます。

並木祭二日目の野外ステージに用意された企画、乙男(オトメン)コンテストに出場したしだいです。

このコンテストの趣旨は女装した男子学生が美を競うというものなのですが、結果は6人中4位…

どうせやるからには本気でやろうと考えて挑んだのですが、みんな強豪ぞろいでした。

さて、話はラグビーに移します。自分はFWに関しては2年生ですが、実際に試合を意識したときにいつも

思うことがあります。それは試合が始まるとき、またプレイが一度切れて再び再開するときに最初にボールを触るプレ

イヤーは必ずFWであるということです。キックオフや、スクラム、ラインアウトもそうです。

そこをさらに突き詰めていくと、セットプレイができないFWがいるチームはゲームが破たんしてしまうことを意味しま

す。そのセットプレイで自分がこだわりたいのがラインアウト。そして自分が考えるよいラインアウトはプレイヤーが全

員意志統一できて、きまった動きができることだとおもう。同じことを何回も繰り返して、精度を上げていく。

シーズン中は点呼免除は取っているもののやはり時間がたりないもの。時間がなければ、時間は作ればいい。

朝点後にみんなでラインアウトの練習を10本します。もちろんボールをいれて。

自分はジャンパーなので、朝起きたら、戦闘服に着替える前に、寝巻きからスパッツとラガーパンツをはいてから戦

闘服を着ます。朝点終了後はその戦闘服を外で脱いで、ラインアウト練習に備えるわけです。

山梨は負けてしまったためもうあとはありません。地道な練習が勝利へとつながっている日々信じて練習に精進して

まいります。

それでは並木祭でも、大活躍だった山田、次頼む。

激走400km[リレー日記]

 written by 坂元 崇洋投稿日時:2009/03/19(木) 07:27

3月20日から4日間にわたって行われた自転車合宿についてかきたいと思います。タイトルの400kmというのはおよそ100km計算の結果であり、実際はもう少しあったような気がします。

生活のリズムとしては日の出とともに出発し、日の沈む1800ぐらいには宿に到着している感じです。

ルートとしては、一日目は所沢を朝出発して、相模原、厚木を越えて、小田原まで。2日目は小田原から伊豆半島ほぼ南端、下田市弓ヶ浜を目指す。3日目は、伊豆半島の真ん中、天城峠を越えて、修善寺を通り、三島まで行き、箱根峠を越えて、芦ノ湖へ。4日目は箱根から、小田原を経由して、1日目とほぼ同じルートを通って最終日は1700に寮に到着。ひたすらこぎ続けました。3日目あたりから筋肉痛が…

         湘南の海で男四人で記念撮影(左から 岩永5 赤尾1 濱本2 坂元3)

自転車は4人か3人、1グループで行きました。自分の班はFW4人衆でした。この班は岩永さんが先頭を行き、2番目にこうえつor自分が行き、最後に赤尾がついてくるという状態でした。一日目はダントツの早さで目的地に着くことができたのですが、2、3日目の坂道が出てくると遅くなり、最後でした。4日目は自分が箱根を超えたところで、風邪をひいてしまい、メンバーに迷惑をかけてしまい最後に到着。風邪をひきながらの100kmはとてつもなくきつかったです。

                    みんなで力を合わせて!

うちの班は幸いパンクすることはなかったけど、他の班は結構大変だったみたいです。個人的には箱根より天城越えの方がきつかったと思う。この合宿を終えて、みんないろいろなことを話し、今までの合宿とはまた違った側面からお互いの見つめなおしいい充実した4日間だったと思います。

 

さて、もうすぐ1年生が入ってきますね。自分としては、ひょんなことで同室が来年も一年生がくることもあって、とても楽しみです。2枚目の写真の道路を颯爽と走っていく背番号6番。自分の最初の同室の石坂さんです。おそらく、石坂さんがいなっかたらたぶんラグビーやってなかっただろうな…

というわけで、石坂さんよろしくお願いします。

とりもあえず…[リレー日記]

 written by 坂元 崇洋投稿日時:2008/03/13(木) 00:04

 ご紹介にあずかりました、最近FWになった坂元でございます、はい。

 

だんだんとFWの動きもわかってきてなれはじめたころです。 モール練習で首の調子が悪くなったり、耳が餃子になりそう…

 

まぁ、いろいろです。

 

さて、学生の本分である学業のほうに先日区切りがついたみたいです(笑)

 

自分の期には学業的な問題児がいるわけで…

 

二年生の後期試験のヤマは薬理学と生理学。  相場としては薬理は受かって、生理は再試験で受かるのが妥当とのことでした。

 

つまり、両方落とすことは危険であり、うちらの期ではそれは仮進級か留年を意味してました。

 

 

二人とも両方落としてたみたいだけど、進級できてよかったね♪

 

夜中に鉛筆をはさんでハチマキを捲いて、愛媛産のポンジュースを飲みながら勉強したかいがあったね.

 

とりもあえずみんな進級できました。めでたし、めでたし…

 

 

つい先日に鹿児島県人会でいじめられた?稲村先輩にバトンをわたしたいです。よろしくおねがいします。

 

 

 

 

<< 2021年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック